NAVITIME Travel

町田・高尾・八王子のスポット一覧

  • 町田市民ホール(2020/4/12まで休業中)
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都町田市森野2-2-36
    町田駅西口から徒歩7分ほどの、町田市役所に隣接した市民ホール。地上4階からなる建物に大規模ホールやギャラリー、会議室などを備えている。多様なジャンルの催し物を開催することで身近なコミュニティのステーションとなり、気軽に交流を図れる施設となるよう町田市により設立された施設だ。最大862名収容可能なホールでは年間を通じてコンサートや演劇、講習会などを開催。アップライトピアノ設備のある練習室はサークルや同好会などの発表会に向けた練習の場としても最適だ。個人単位で借りることもできる。

    初めて行きました。落語を聴くためです。駅から約7分ほど歩きました。客席はワンフロアなのは良いと思いますが、座席は前の人と重なるように設置されている点は良くないと思いました。古いホールだと感じましたが、歴代演者の音や芸が染み込んでいる感じがしないのが不思議でした。

  • 丸治屋せんべい店
    お買い物
    東京都町田市森野4-7-16
    創業から半世紀以上という長い歴史を持つ米菓の専門店。周囲の街並みに溶け込んだお店で、米の旨味を生かした手焼きせんべいと軽い食感のおかきを中心に販売している。ぱりっとした独特の食感に伝統の風味が漂う「まちだおかき」は、市の名産品等推奨委員会が認定した町田の名産品。国産餅米と天然醸造醤油を使用しており、一度食べれば癖になると評判で、醤油・味噌・からし味噌の3種類を取り揃えている。賞味期限が長いため贈り物や手土産にも最適だ。
  • 独逸屋
    お買い物
    東京都町田市成瀬台2-2-8
    「混ぜ物のない本物のハムやソーセージを食べてもらいたい」そんな思いから創業した手作りハムとソーセージのお店。本場ドイツをイメージしたスタイリッシュな外観のお店で地域密着型の手作り加工食品を作り続けている。定番の「無塩漬ウィンナー」は市内の学校給食でも使用される安心安全なウインナーで、卵や牛乳といった特定7品目や発色剤を使用していないのが特徴だ。ドイツのマイスターに習った教えに基づき、創業以来高品質で新鮮な国産豚肉のみを使用している。
  • キャトル 成瀬台店
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    お買い物
    東京都町田市成瀬台3-25-15
    閑静で緑豊かな住宅街・成瀬台にあるパティスリー。明るい外壁と鮮やかな青いオーニングが一際目を引くお店で本物の味を追求したお菓子を販売している。人気の「うふプリン」は新鮮な奥久慈卵をたっぷり使ったカスタードプリン。「うふ」とはフランス語で「卵」のこと。その名の通り本物の卵の殻を容器にした可愛らしい見た目が好評の人気スイーツだ。容器としてスーパーでよく見かける生卵のパックを使用しているのも面白い。カスタードは通年販売しており、春夏には抹茶、秋冬にはかぼちゃのプリンも登場する。

    今日ケーキを買いに行ったのですが、店員さんの高ぴーででヒステリックな接客に、がっかりしました。 ケーキはおいしいのですが、不愉快さの方が強く、残念な一日となってしまいました。

  • モーヴァン乗馬クラブ
    遊ぶ/趣味
    東京都町田市相原町1575
    新宿及び横浜から電車で一時間、八王子から10分と、アクセス良好ながらも緑豊かなロケーションが自慢の乗馬クラブ。都内とは思えない静かな森の中に角馬場3面とミニトレッキングコースを備えている。中でも馬との交流に一際力を入れているのがこのクラブの特徴で、馬との触れ合いを通じて自然や生き物の大切さ、仲間同士の絆や思いやりを学ぶプログラムを開催している。A級ライダーや国体馬場馬術審判員といった経験豊富なスタッフが指導にあたるため、初心者でも安心して乗馬体験が楽しめる。
  • パンの木
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    お買い物
    東京都町田市相原町1667-3
    町田街道沿いにある三角屋根が目印のパン屋さん。創業以来アットホームな雰囲気と昔懐かしいパン屋のイメージを保ちながら、新しいパン作りに挑み続けている。「丸ごとりんご」はテレビや雑誌など各種メディアにも登場する人気商品で、その名の通り丸ごと1個のリンゴをラム酒に漬け、中央にカスタードクリームなどを詰めたボリューム満点の一品だ。東京、神奈川を中心とした各地のイベントにも出店している。

    一軒家的な小さなお店です。 相原の名店です。 派手さのあるパンではないですが、職人さんがこだわりを持ってつくり、焼き上げている感じのするパンやだと思います。

  • 相原ブルーベリー農園
    遊ぶ/趣味
    東京都町田市相原町2052
    町田市の最西端、相原町に広がるブルーベリー農園。市立相原中央公園に隣接した緑豊かな農園で、大粒なブルーベリーの摘み取り体験ができる。例年6月初旬から始まる摘み取り体験は収穫後に重さをはかって換算する従量制。農園の周辺にはハイキングコースも整備されているため、森林浴を楽しみながら収穫することが可能だ。時期限定で露地栽培のミニトマトやキュウリ、ナスやモロッコインゲンなども販売している。隣接する相原中央公園では、花畑や芝生広場でお弁当を持参して1日過ごす家族連れも多い。
  • 子どもセンター つるっこ
    暮らし/生活/病院
    東京都町田市大蔵町1913
    0歳の赤ちゃんから18歳までの青少年が遊べる子どものための施設。鶴川地域の子どもセンターとして広々としたプレイルームや広場、図書コーナーや調理室などを備えている。「施設の主役は子どもたち」というコンセプトのもと、センターの名前をはじめ至るところに子どもたちの考えが取り入れられているのが特徴だ。
  • 土方精肉店
    お買い物
    東京都町田市中町1-17-10 土方ビル1F
    昭和35年(1960)創業の精肉店。地域密着型のお肉屋さんとして新鮮でリーズナブルなお肉を販売している。お店のこだわりは豚肉を生きている生体の時から見て仕入れるということ。また鶏肉や牛肉、加工食品は必ず味試ししてから店頭に並べているため、安心安全で美味しいお肉が手に入ると評判だ。市内の小中高や人気飲食店に卸しているほか、店頭に豊富な揚げ物が並ぶ店としても知られている。人気の「メンチカツ」は1日40個しか販売されない限定商品だ。
  • 銀座あけぼの 町田忠生店
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    お買い物
    東京都町田市忠生1-2-1
    町田街道沿いにある和菓子店。都内を中心とする全国各地の「銀座あけぼの」の中でも工場を併設している珍しいお店。「日々の暮らしの中で本当の美味しさや美しさが楽しめる、お菓子の民芸品でありたい」という思いが込められた「味の民藝」は銀座あけぼのを代表する銘菓で、2種類のチーズをブレンドしたチーズおかきやピリ辛の松の実あられなど、個性豊かな12種類の米菓が詰まっている。日本に二十四ある季節と花をイメージした「二十四節花」は色鮮やかな小袋に包まれており、手土産や贈り物としても好評だ。

    銀座メロンは、入れ物もとても可愛らしく、色合いもメロンそのものなので、手土産に最適です。味ももちろんおいしいです。

  • 町田市立総合体育館(2020/4/12まで休業中)
    暮らし/生活/病院
    東京都町田市南成瀬5-12
    町田市制施行30周年記念事業の一つとして建設された総合体育館。成瀬駅北口から徒歩10分ほどの距離にある施設内にアリーナや小体育室、武道場や和洋弓場などを完備している。約2400平米もの広さを持つメインアリーナはバドミントンやバレーボール、バスケットボールなどの全国大会も開催可能なビッグスペース。2階観客席の中段にはジョギングコースも設けられている。団体利用はもちろん、時間帯や各教室プログラムによっては一人で気軽に利用することも可能だ。
  • ハーブ工房HCC(エイチシーシー)
    おしゃれ/ファッション
    東京都町田市南大谷1636-11
    1988年創業のアロマオイル・ハーブ専門店。品質管理に重点を置いたプロ用製品を業務用卸売価格で提供している。設立当初から行っている「ハーブを楽しむ講座」は170回を超える人気講座。延べ1000人を超える人が毎月楽しくハーブ作品を作っている。産地表示・オーガニック・従来農法を徹底しているため、安心安全なハーブが楽しめると評判。市町村や企業等様々なシーンでハーブ講習会を開催するほか、ハーブ庭園企画やアロマピクチャー、ハーブアートの考案なども行っている。
  • つるま甘納豆本舗
    お買い物
    東京都町田市南町田2-17-1
    町谷原通り沿いに佇む和菓子店。創業から40余年、ひとつひとつ丁寧に手作りした甘納豆を中心に販売している。十勝産の大納言小豆を上品な甘さに仕上げた甘納豆は、地元町田市の名産品にも推奨される人気商品。昔なつかしい豆板の「岩納豆」や小倉餡を最中生地に詰めた「最中鶴舞の里」なども販売している。ひとつひとつが手作りのため高い品質とおいしさを保てる商品は、家庭のお茶請けにはもちろん、お中元やお歳暮などの贈り物としても最適だ。
  • 旧白洲邸 武相荘
    rating-image
    4.0
    66件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都町田市能ケ谷7-3-2
    戦後外交の最前線で活躍した白洲次郎とその妻・正子の旧邸宅。緑豊かな鶴川の高台にミュージアムやレストラン、カフェなどが併設されている。「日本一格好いい男」とも称される白洲次郎はケンブリッジ大学仕込みの英語でGHQと互角に渡り合い、かのマッカーサーに反論したと言われる人物。妻の正子は、それまで女人禁制だった能の舞台に立ち「韋駄天お正」と呼ばれたほど。そんな二人の気配を色濃く残した空間では、白洲家の食卓を忠実に再現した洋食メニューを頂くこともできる。

    白洲次郎の生きざまに触れる事が出来る 昼食 お茶 ディナーも出来るが 少し高め お昼は カレーが 2100円 オムライス1600円 お茶は ケーキセット1500円 ディナーはコース

  • 茶懐石 小すぎ
    グルメ/お酒
    東京都町田市本町田3450-133
    町田市立博物館近くに佇む懐石料理店。住宅街に溶け込んだ隠れ家的お店で日本古来の一汁三菜を基本とした茶懐石を提供している。向付に始まり椀盛や焼き物、八寸に至るまで旬の食材をふんだんに使用しており、優しい味わいはもちろんその彩りが目でも楽しめると評判だ。個人宅のお茶室で一組限定の貸切営業を行っているため、訪ねる際には事前の連絡が必須となっている。
  • 井出の沢古戦場
    旅行/観光
    東京都町田市本町田802 菅原神社境内
    南北朝時代の建武2年(1335)に起きた「井出の沢の戦い」の舞台となった場所。尊氏の弟・足利直義が信州から鎌倉幕府再興を図って南下する北条時行の軍を迎撃した場所と伝えられている。現在は菅原道真公を御祭神として祀る「菅原神社」が建っている。井出の沢は北関東から鎌倉へ通ずる街道の中でも要所だったと言われており、土地の形状から砦のような城が築かれていたとも推測されている。
  • リカーポート 蔵家
    お買い物
    東京都町田市木曽西1-1-15 蔵家ビル
    古淵駅から車で約5分の距離にある酒屋。徹底した品質管理のもとで全国、また世界中から集めた様々な銘柄のお酒を販売している。「生産者が作り出した『渾身の作品』を最大限のパフォーマンスで楽しんでいただきたい」という思いから、品質管理を徹底しているのが特徴だ。店内環境はもちろん大型冷蔵スペースを完備した倉庫の温度管理にも抜かりがない。社員の資格取得からセミナー参加まで様々な自己研鑚社内学習制度を設けているため、スタッフに好みを伝えてお気に入りの一本を探しだせるかもしれない。
  • 町田市日曜朝市
    お買い物
    東京都町田市木曽東3-1-3 町田市教育センター校庭
    町田市教育センターのグラウンドを利用して開催される朝市。毎月の第一日曜に地元町田産の新鮮な野菜や市認定の名産品などを販売している。元々は消費者と生産者の交流、また情報交換の場となるよう発足した朝市。今では早朝開催ながら多くの地元住民で賑わう人気イベントだ。生産者と消費者の距離の近さが魅力で、野菜や玉子などの農産物に留まらず生花や和洋菓子なども販売している。開店前から何台もの車が開場を待ち、開始数分で大半の野菜がなくなるという日も珍しくない。
  • ふるさと農具館(2020/4/13まで休業中)
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都町田市野津田町2288
    町田の農業を後世に継承すること、また農業への理解を深めてもらうことを目的に設立された博物館。農業をテーマとしたパネルや写真を展示するパネル館、農家が使ってきた農機具や生活道具を展示するふれあい館、七国山地区で収穫した菜種を使って油搾りを行う体験実習館の3つの建物に分かれて展示を行っている。体験実習館では月に一度行われる油搾りの他、菜種油の販売や同地区で収穫したそばの販売も行っている。道路の向かいには約330種類1700株のボタンが植栽された「ぼたん園」があり、併せて訪れる人も多い。

    実物農具やパネル展示などがされていて、地域の農業に関する紹介がわかりやすいです。また地元で収穫されたものも販売されていたり、体験学習ができるので子供と一緒でもいいです。

  • 町田市立自由民権資料館
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    東京都町田市野津田町897
    「自由民権運動」とは、明治時代に旧士族や豪農、農民たちが中心になって行われた自由を求める政治活動のこと。町田市立自由民権資料館では、この自由民権運動および町田の歴史に関する資料収集・展示などを行っている。常設展示室入口の壁面にある陶板のレリーフは、自由民権運動には様々な人が参加したことを象徴するかのよう。2016年にリニューアルした常設展では、武相地域(多摩を含めた当時の神奈川県域)を視野に入れた自由民権運動について知ることが可能だ。廊下には子供向けのコーナーも新設してあり、学校で習うのとは一足違った角度から「自由民権運動とは何か」を知ることができる。

    公共交通機関でうかがうことも可能とは思いますが、少なくとも電車駅からはとても離れていて、気楽に行くというわけにはいかないのが残念です。そう、残念というくらいに実は訪れる価値のある展示品があります。明治以降の日本の民主主義の歩みを、どちらかというと市民の眼から見たそれを紹介する企画が多いです。建物もセンス良いです、おすすめです!

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す