青梅・奥多摩の旅行/観光スポット一覧

  • 奥多摩湖
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町原
    都民が利用する水の約2割を供給する貴重な水源。東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都留郡丹波村に跨る人造の貯水池で、正式名称は小河内貯水池。周囲を山に囲まれていて、春の桜から新緑、紅葉、雪景色と季節ごとに鮮やかな景色が見られる。通称ドラム缶橋と呼ばれる歩行者専用の浮橋が2つかけられており、奥多摩の観光名所として有名。なお、昔はドラム缶橋には実際のドラム缶を使用していたが、現在はドラム缶状の合成樹脂製の浮体が使用されている。
  • 日原鍾乳洞
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
    東京都西多摩郡にある、関東でも最大級の規模の鍾乳洞で、東京都の天然記念物に指定されている。年間を通じて気温約11℃を保っている洞内は、夏は涼しく冬は暖かい。自然の織り成す厳かで幻想的な景観や雰囲気を味わえる。
  • 御岳山
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳山
    元旦の初日の出や紅葉シーズンには多くの参拝客が訪れる標高929mの山。ケーブルカーやリフトも利用でき、気軽に登山が楽しめる。ケーブルカーの「御岳山」駅から武蔵御嶽神社に続く参道には複数の宿坊があり、一般客も宿泊可能。見どころは天然記念物の神代ケヤキ、ほかにも展望台や七代の滝などが人気。武蔵御嶽神社では愛犬祈願を行っているため、犬連れの参拝客も多い。
  • 武蔵御嶽神社
    rating-image
    4.0
    92件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳山176
    青梅市・武蔵御岳山の山上にある神社で、山岳信仰の霊場として栄えた。創建は崇神天皇7年(紀元前91年)と伝えられている。東京都指定有形文化財の旧本殿や神明造りの本殿、権現造りの拝殿などが並ぶほか、宝物殿では国宝「赤糸縅大鎧」を見ることができる。毎年6月第3日曜と9月の敬老の日には太々神楽の一般公開を行う。おいぬ様を祀っていることから愛犬の健康を願う参拝者が増え、愛犬祈願も受付している。

    ケーブルカーで御岳駅まで上がり、その後登り下りと徒歩で約15分。ちょっとしたハイキングのつもりで登るべき場所だと思います。神社へ参拝と軽く考えると少々くたびれてしまうかもしれません。でも天気の良い日は空も広く、かなり遠くまで見渡すことが出来ます。東京都内における日帰り旅行に良いと思います。

  • 秋川渓谷
    旅行/観光
    東京都あきる野市内
    JR五日市線武蔵五日市駅から西の秋川沿いに広がる緑豊かな渓谷。東京都心からおよそ1時間というアクセスが良い。それでいてバーベキューや渓流釣りといったアウトドアを楽しめるので夏のシーズンには多くの家族連れで賑わうようになる。また6月初旬にはアユ釣りが解禁。周囲の食事処で旬のおいしさを頂くこともできる。それ以外にも秋川渓谷のシンボル「石舟橋」周辺は夏にかけて新緑が広がり、秋には紅葉が色付き、冬には雪で一面が白くなるという四季ごとの風景が楽しめるのも魅力のひとつ。散策コースも充実しており、山の雰囲気を感じながら森林浴を楽しむにも良い。
  • 塩船観音寺
    rating-image
    4.0
    85件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市塩船194
    大化年間(645-650)に八百比丘尼により開山されたとされる、真言宗醍醐派の寺院。御本尊は鎌倉時代作の十一面千手千眼観自在菩薩。境内ではアジサイやユリ、ハギやヒガンバナなどが季節ごとに開花し、特に春のツツジの開花時期にはつつじ祭りも行われる。

    12月半ばにハイキングで河辺駅から歩きました。1時間ほどで着きましたが、時間が早かったせいか、ほとんど参拝客はいませんでした。つつじで有名な寺院ですが、この時期のなかなか良いものです。紅葉が終わりかけていましたが、もう少し早ければ紅葉も楽しめたと思います。ぼけ封じにご利益があると言われていますので、まじめに祈願してきました。

  • 清流ガーデン澤乃井園
    rating-image
    4.5
    47件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市沢井2-770
    元禄15年(1702)より日本酒を作り続けている奥多摩の酒造・小澤酒造に隣接する庭園。多摩川のほとりに広がる園内には澤乃井の酒やわさび漬け、酒まんじゅうなどを販売する売店のほか、うどんやそば、おでんなどを販売する軽食コーナーを完備している。人気商品は敷地内のまんじゅう工房で作った手作りまんじゅう。小ぶりなまんじゅうはお土産にも最適だ。多摩川を見下ろすロケーションで、御岳渓谷の自然散策やハイキングの一休みに立ち寄る人も多い。

    澤乃井酒蔵を見学したあと、こちらで軽食が楽しみました。そばに川が流れていて開放的な場所で、とても心地いいです。

  • 払沢の滝
    旅行/観光
    東京都西多摩郡檜原村本宿
    北秋川の支流・セト沢にある、落差約60m・全4段からなる滝で、東京都で唯一『日本の滝百選』に選定されている名瀑。4段のうち、最下段にあたる落差約23mの滝までは遊歩道が整備されている。寒さが厳しい地域のため、冬になると貴重な滝の結氷現象が見られる。毎年8月中旬に滝のライトアップが実施されるほか、滝の結氷時期に合わせて『払沢の滝冬まつり』が開催される。
  • 南沢あじさい山
    旅行/観光
    東京都あきる野市深沢368
    あきる野市にある紫陽花の名所。JR五日市線武蔵五日市駅からは徒歩で約40分のハイキングコースとして、紫陽花が咲き始める6月中旬~7月上旬までのシーズン中は約1万人が訪れる。「南沢あじさい山」は個人の所有地。オーナーが丹精に育てた紫陽花約1万株が急峻な山間で木々を覆うように広がる。森の静けさと、華麗に咲き誇る紫陽花は、訪れる人に癒しを与える。入山には維持・管理のため入山料金がかかる。
  • 御岳渓谷
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳
    青梅市御岳の多摩川沿いに形成されている渓谷。両岸に遊歩道が整備されており、環境庁の日本名水百選にも指定されている美しい景観を楽しむことが出来る。また、ラフティングの大会も開かれるなど、リバースポーツのスポットとしても知られる。
  • 小澤酒造
    旅行/観光
    東京都青梅市沢井2-770
    東京の奥座敷・奥多摩で元禄15年(1702)の創業以来、日本酒を作り続けている酒造。奥多摩の岩清水から生まれた名酒は気品あふれる味わいで、すっきりした後味が後を引くと評判だ。館内では酒造見学を無料で行っており、お酒が出来るまでの工程や蔵に関する話などを聞くことができる。見学の最後には澤乃井の「きき酒」も用意されており、お酒好きに大人気。昔から変わらない酒を造り続けている、奥多摩の老舗だ。(当面の間、酒蔵見学休止)
  • 玉堂美術館
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市御岳1-75
    近代における日本画の巨匠・川合玉堂が暮らした、東京都青梅市御岳にある美術館である。季節に合わせて年に七回展示が替わり、何度訪れても新鮮な感覚を味わえる。館内はバリアフリーに配慮されており、展示だけでなく当時を再現した画室なども見所。また、併設された食事処いもうとやでは豆乳湯葉うどんを食べられる他、地酒や菓子など地元の土産も充実している。

    川合玉堂の作品の展示と、再現された画室などが見られます。 周囲を山に囲まれた庭がとても綺麗です。ベンチに座って眺めると落ち着きます。

  • 澤乃井櫛かんざし美術館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市柚木町3-764-1
    青梅市柚木町の都道45号線沿いにある美術館。著名な収集家であった岡崎智予氏のコレクションを継承し、素材、細工ともに様々な櫛やかんざしなどの髪飾りに加え、衣装や生活用品などの女性風俗に関する品々を約4,000点所蔵している。

    あまり興味はなかったのですが思ったより楽しめました。 櫛だけでも色々な材質やデザインがあり美術品のように美しいものもたくさんありました。かんざしや箸も展示されていて小さな建物ですが結構見ごたえがありました。

  • 昭和幻灯館
    rating-image
    3.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市住江町9
    青梅駅から徒歩6分にある博物館。近隣にある「昭和レトロ商品博物館」の別館である。墨絵作家の有田ひろみ氏、ぬいぐるみ作家の有田ちゃぼ氏による青梅発のユニット「Q工房」の常設展を行っており、猫をモチーフにした墨絵やぬいぐるみが多く展示されている。

    青梅駅南側にある商店街の中の小さい博物館。 旧青梅街道沿いの店で、近所には昭和レトロ商品博物館や青梅赤塚不二夫会館もあり、昭和のままの佇まいで営業する素敵なお店でした。 立ち寄りませんでしたが猫に関連した展示物やお土産・グッズを販売してる店のようでした。 怪しげな店頭も昭和幻燈館の雰囲気に合っていて良いですね。昭和レトロ商品博物館の別館のようです。 入館料は250円。開館時間は10-17時で、月...

  • 神戸岩
    旅行/観光
    東京都西多摩郡檜原村神戸
    西多摩郡檜原村神戸、北秋川の支流・神戸川沿いにある大岩壁。高さ最大100m、幅最大80mに及ぶチャート層の硬質な岸壁が形成する雄大な自然風景を味わえる。秋には紅葉も。都の天然記念物に指定されている。
  • 白丸調整池ダム
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町
    昭和37年(1962)に竣工した発電専用ダム。白丸発電所、多摩川第三発電所に送水され、合計約1万7千kwもの電力を発電する。高さ約30m、堤頂の長さ61mとやや小ぶりな重力式コンクリートダムだが、都内最大規模の魚道が整備されていることで有名だ。魚道とは魚の通り道を確保する構造物のことで、ここ白丸ダムではヤマメやアユ、ニジマスなどが魚道を通って遡上する。魚道そのものが全国で30程度しか存在しないといわれており、この規模の高低差を持つダムに魚道が備えられることは全国的にも珍しい。
  • 東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
    秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設「山のふるさと村」。自然解説員が常駐してさまざまな情報提供をしてくれる「ビジターセンター」、キャンプサイト・ケビンサイトがある宿泊施設・デイキャンプ・バーベキューサイトのあるキャンプ場サービスセンター、体験施設があるクラフトセンターなど、目的に合わせて自然公園を満喫できる施設となっている。複数の散策コースやレストランなどもある。

    雪の舞う奥多摩周遊道路を越えて行きました。施設内は薪ストーブが燃えていて暖かいです。空いていたので、子供が歩き回っても温かく見守ってもらえ、職員さんも一緒に遊んでいただけました。 今度は、季節を変えて再訪したいです。 ケビンに宿泊も出来るようで、冬でも週末は予約がとりづらいみたいです。

  • 奥多摩ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
    奥多摩駅から徒歩で約2分、青梅ICから車で約50分。駅を出てすぐ、交差点に差し掛かった右手奥にあるビジターセンター。奥多摩で登山やハイキングをする際に役立つ情報を提供しているほか、周辺で見られる動植物の展示等も行なっている。マップの配布もしているので観光する前に訪れるのがオススメ。ラウンジとしての利用や体験会の開催もある。外国人向けのサービスも充実している。

    早い下山をしたので寄ってみました。奥多摩駅周辺として、貴重な観光施設だと感じました。また地図などももらえるので、観光に役立つと思います。冗談抜きに実用的な情報として、クマ出没の日時情報がありありました。

  • 大悲願寺
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    東京都あきる野市横沢134
    あきる野市横沢にある真言宗の寺院。鎌倉時代の武将・平山季重(ひらやますえしげ)により建久2年(1191)に建立されたと言われる。白萩の名所としても知られ、寺を訪れた伊達政宗がこの白萩に魅せられ、後日飛脚を送って分けてもらえるように所望した際の書簡も残っている。

    東京都あきる野市にある真言宗豊山派の寺院。 創建は1191年(建久2年)で、武蔵国平山の武将平山季重が醍醐寺三宝院の僧を招いて開山としたとされる寺院です。 とても静かな場所にありますが、建造物が実に見事でした。特に良かったのは仁王門と観音堂ですね。 仁王門は安政6年(1859年)に再建された2階建ての重厚感ある見事な門で、色鮮やかで迫力ある仁王像、素敵な天井絵が注目です。 観音堂は寛政6年(17...

  • 御岳ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳山38-5
    青梅市・御岳山の山上にあり、秩父多摩甲斐国立公園の入口にあたる御岳山周辺の登山道や自然情報を得られる施設。ガイドウォーク(野外解説)やスライドショーでの解説、クラフト工作教室などを行っている。校外学習や自然体験活動など団体への対応も可。

    正直、トイレ利用で立ち寄りました。男性用でも大用が2つありました。ヨーロッパに行くと、レストランや有料の観光施設ですらトイレ利用は有料のところが多いので、日本のどこでも無料なことのすごさに改めて感心させられます。2階に行くと、ムササビの人形を動かせる装置がありました。簡単な作りですが、小さな子供なら喜ぶと思いますので、立ち寄ればよいと思います。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す