NAVITIME Travel

青梅・奥多摩の旅行/観光スポット一覧

  • 日原鍾乳洞
    rating-image
    4.0
    98件の口コミ
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
    東京都西多摩郡にある、関東でも最大級の規模の鍾乳洞で、東京都の天然記念物に指定されている。年間を通じて気温約11℃を保っている洞内は、夏は涼しく冬は暖かい。自然の織り成す厳かで幻想的な景観や雰囲気を味わえる。

    6月の平日に行きましたが、空いていてノンビリ見学できました。 JAFの会員カードを提示すれば大人、子供ともに割引が受けら未就学児は無料です。 やや蒸し暑い日でしたが内部はヒンヤリして涼しく気持ち良かったです。ただ内部は所々に急な階段が上り下り共にあったり前日まで雨がやや強く降っていたこともあって通路は水溜りになってる場所もあったので歩きやすい靴で濡れても良い靴が良いと思います。 また天井から水...

  • 武蔵御嶽神社
    rating-image
    4.0
    89件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳山176
    青梅市・武蔵御岳山の山上にある神社で、山岳信仰の霊場として栄えた。創建は崇神天皇7年(紀元前91年)と伝えられている。東京都指定有形文化財の旧本殿や神明造りの本殿、権現造りの拝殿などが並ぶほか、宝物殿では国宝「赤糸縅大鎧」を見ることができる。毎年6月第3日曜と9月の敬老の日には太々神楽の一般公開を行う。おいぬ様を祀っていることから愛犬の健康を願う参拝者が増え、愛犬祈願も受付している。

    初詣で1月2日のお昼過ぎに訪れました。ケーブルカー下まで車で行きましたが、駐車場がそれほど大きくないので、駐車するのに1時間ほどかかってしまいました。神社自体はそれほど混雑しておらず、並ばずに参拝することが出来ました。ケーブルカーの上から神社まではゆっくり歩いて30分程。アップダウンはありますが、舗装されており老若男女、誰でも無理なく参拝することが可能です。東京方面が一望でき、天気が良かったのでス...

  • 東京都檜原都民の森
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    旅行/観光
    東京都西多摩郡檜原村数馬7146
    奥多摩三山の最高峰、三頭山の中腹に位置する施設。檜原村都民の森水源林として水源の森百選にも指定されている。敷地内には複数のハイキングコースがあり、中でも「大滝の路」は、東京都内で初めて森林セラピーロードに認定されたコース。ウッドチップが敷き詰められ、とても歩きやすい道となっている。敷地内のレストランは、都内で最も標高が高いレストラン。

    ここはチップが敷き詰められたセラピーロードで散策したり、三頭山に登ったり、ちょっとしたウォーキングからハイキングまで楽しめます。私はここの木工体験(キーホルダー作り)が好きで、時々訪れます。

  • 奥多摩湖
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町原
    都民が利用する水の約2割を供給する貴重な水源。東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都留郡丹波村に跨る人造の貯水池で、正式名称は小河内貯水池。周囲を山に囲まれていて、春の桜から新緑、紅葉、雪景色と季節ごとに鮮やかな景色が見られる。通称ドラム缶橋と呼ばれる歩行者専用の浮橋が2つかけられており、奥多摩の観光名所として有名。なお、昔はドラム缶橋には実際のドラム缶を使用していたが、現在はドラム缶状の合成樹脂製の浮体が使用されている。
  • 塩船観音寺
    rating-image
    4.0
    85件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市塩船194
    青梅市塩船にある真言宗醍醐派の寺院。大化年間(645-650)に八百比丘尼により開山されたとされ、御本尊は鎌倉時代作の十一面千手千眼観自在菩薩。境内ではアジサイやユリ、ハギやヒガンバナなどが季節ごとに開花し、特に春のツツジの開花時期にはつつじ祭りも行われる。

    12月半ばにハイキングで河辺駅から歩きました。1時間ほどで着きましたが、時間が早かったせいか、ほとんど参拝客はいませんでした。つつじで有名な寺院ですが、この時期のなかなか良いものです。紅葉が終わりかけていましたが、もう少し早ければ紅葉も楽しめたと思います。ぼけ封じにご利益があると言われていますので、まじめに祈願してきました。

  • 清流ガーデン澤乃井園
    rating-image
    4.5
    46件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市沢井2-770
    元禄15年(1702)より日本酒を作り続けている奥多摩の酒造・小澤酒造に隣接する庭園。多摩川のほとりに広がる園内には澤乃井の酒やわさび漬け、酒まんじゅうなどを販売する売店のほか、うどんやそば、おでんなどを販売する軽食コーナーを完備している。人気商品は敷地内のまんじゅう工房で作った手作りまんじゅう。小ぶりなまんじゅうはお土産にも最適だ。多摩川を見下ろすロケーションで、御岳渓谷の自然散策やハイキングの一休みに立ち寄る人も多い。

    安心できる場所にあります。ただ、結構賑わうのでお忍び旅行には向かないかもしれません。庭が気持ちいいので、安らかな気持ちにもなります。東京にもあったんですね、こんば場所。

  • 奥多摩水と緑のふれあい館
    rating-image
    3.5
    49件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都西多摩郡奥多摩町原5
    奥多摩の自然と歴史・水と自然の大切さやダムの仕組みなどをわかりやすく知ることができる「奥多摩水と緑のふれあい館」。映像と展示だけではなく体験しながら学ぶこともできる。またパノラマレストラン「カタクリの花」では、窓の外に広がる奥多摩湖と自然を眺めながら奥多摩の郷土料理を味わうことができる。

    無料の見学施設があります。湖畔にある駐車場は広く、また湖を眺めることができる広場やベンチがあり、ドライブではここはちょうどいい休憩スポットです。

  • 玉堂美術館
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市御岳1-75
    近代における日本画の巨匠・川合玉堂が暮らした、東京都青梅市御岳にある美術館である。季節に合わせて年に七回展示が替わり、何度訪れても新鮮な感覚を味わえる。館内はバリアフリーに配慮されており、展示だけでなく当時を再現した画室なども見所。また、併設された食事処いもうとやでは豆乳湯葉うどんを食べられる他、地酒や菓子など地元の土産も充実している。

    川合玉堂の作品の展示と、再現された画室などが見られます。 周囲を山に囲まれた庭がとても綺麗です。ベンチに座って眺めると落ち着きます。

  • 青梅赤塚不二夫会館
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市住江町66
    類稀なるギャグセンスで一世を風靡した、昭和を代表する漫画家・赤塚不二夫氏のテーマ館。約100点の原画や、著名人との交友を物語る本人の写真などを展示。キャラクターとの記念撮影スポットや、グッズショップも。

    青梅駅南側にある商店街の中の赤塚不二夫さんの絵や写真を展示した場所です。 入館料は450円。開館時間は10-17時で、月曜は休館日でした。 近所には昭和幻燈館、昭和レトロ商品博物館があり、3館めぐり券を購入すれば1050円のところ800円になるようです。 どれも昭和風情のある素敵な雰囲気のお店でした。 赤塚不二夫さんのプロフィールを見る限り青梅との関連は見れませんでしたが、さびしくなる商店街を活...

  • 東京都 奥多摩ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
    奥多摩駅から徒歩で約2分、青梅ICから車で約50分。駅を出てすぐ、交差点に差し掛かった右手奥にあるビジターセンター。奥多摩で登山やハイキングをする際に役立つ情報を提供しているほか、周辺で見られる動植物の展示等も行なっている。マップの配布もしているので観光する前に訪れるのがオススメ。ラウンジとしての利用や体験会の開催もある。外国人向けのサービスも充実している。

    早い下山をしたので寄ってみました。奥多摩駅周辺として、貴重な観光施設だと感じました。また地図などももらえるので、観光に役立つと思います。冗談抜きに実用的な情報として、クマ出没の日時情報がありありました。

  • 澤乃井櫛かんざし美術館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市柚木町3-764-1
    青梅市柚木町の都道45号線沿いにある美術館。著名な収集家であった岡崎智予氏のコレクションを継承し、素材、細工ともに様々な櫛やかんざしなどの髪飾りに加え、衣装や生活用品などの女性風俗に関する品々を約4,000点所蔵している。

    あまり興味はなかったのですが思ったより楽しめました。 櫛だけでも色々な材質やデザインがあり美術品のように美しいものもたくさんありました。かんざしや箸も展示されていて小さな建物ですが結構見ごたえがありました。

  • 御岳ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳山38-5
    青梅市・御岳山の山上にあり、秩父多摩甲斐国立公園の入口にあたる御岳山周辺の登山道や自然情報を得られる施設。ガイドウォーク(野外解説)やスライドショーでの解説、クラフト工作教室などを行っている。校外学習や自然体験活動など団体への対応も可。

    御嶽神社に行く途中にトイレ休憩で寄りました。展示物は多くはないですが、鹿の角が置かれており、実際に持ったのは初めてでした。

  • 昭和幻灯館
    rating-image
    3.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市住江町9
    青梅駅から徒歩6分にある博物館。近隣にある「昭和レトロ商品博物館」の別館である。墨絵作家の有田ひろみ氏、ぬいぐるみ作家の有田ちゃぼ氏による青梅発のユニット「Q工房」の常設展を行っており、猫をモチーフにした墨絵やぬいぐるみが多く展示されている。

    青梅駅南側にある商店街の中の小さい博物館。 旧青梅街道沿いの店で、近所には昭和レトロ商品博物館や青梅赤塚不二夫会館もあり、昭和のままの佇まいで営業する素敵なお店でした。 立ち寄りませんでしたが猫に関連した展示物やお土産・グッズを販売してる店のようでした。 怪しげな店頭も昭和幻燈館の雰囲気に合っていて良いですね。昭和レトロ商品博物館の別館のようです。 入館料は250円。開館時間は10-17時で、月...

  • 大悲願寺
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    東京都あきる野市横沢134
    あきる野市横沢にある真言宗の寺院。鎌倉時代の武将・平山季重(ひらやますえしげ)により建久2年(1191)に建立されたと言われる。白萩の名所としても知られ、寺を訪れた伊達政宗がこの白萩に魅せられ、後日飛脚を送って分けてもらえるように所望した際の書簡も残っている。

    東京都あきる野市にある真言宗豊山派の寺院。 創建は1191年(建久2年)で、武蔵国平山の武将平山季重が醍醐寺三宝院の僧を招いて開山としたとされる寺院です。 とても静かな場所にありますが、建造物が実に見事でした。特に良かったのは仁王門と観音堂ですね。 仁王門は安政6年(1859年)に再建された2階建ての重厚感ある見事な門で、色鮮やかで迫力ある仁王像、素敵な天井絵が注目です。 観音堂は寛政6年(17...

  • 青梅市立美術館(2020/9/18まで休業中)
    rating-image
    3.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市滝ノ上町1346-1
    多摩川を臨む青梅街道沿いに建てられた美術館。青梅が誇る美しい自然の象徴ともいうべき多摩川を臨む景勝地で、近現代の日本画や洋画を中心とした約2200点を収蔵している。充実したコレクションが多くの人に親しまれるよう実技講座や講演会、音楽界など様々な主催事業を開催しているのが特徴だ。様々な視点から分かりやすく紹介した企画展をはじめ、特別展や地元に所縁のある作家の紹介など、この美術館ならではの個性的な展覧会も多い。1階の市民ギャラリーは美術館が使用しない日に限り一般利用も可能だ。

    青梅街道沿いの美術館。駐車場は美術館過ぎてスグ左側。館蔵企画展「裸体画の誘惑」を見に行きました。観覧料大人200円。「人体を描くことは、技術を研鑽する手段として、画家はその修業時代から取り組みますが、その中でも女性の裸体画は、芸術表現の一つとして、独特の存在感と魅力を放ちます。」という趣旨にマルっと同意。福生市生まれの栗原一郎画伯が描く≪おんな≫50選は必見。

  • 阿伎留神社
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    東京都あきる野市五日市1081
    場所はJR五日市線武蔵五日市駅から徒歩15分。創建年代は不明だが、延喜元年に成立した史書「三代実録」にて従四位下勲六等授与が記された歴史の古い神社である。境内に入ると昼でも暗く感じるほど大量の杉やヒノキに包まれ、幻想的な雰囲気が感じられる。現在は「松原さま」とも呼ばれており、9月末にはあきるの三大祭りのひとつ「阿伎留神社大祭」が開催。全国でも珍しい百貫(約400kg)の六角神輿が街中を練り歩く光景は圧巻である。

    武蔵五日市駅から徒歩15分ほど。 創建年不明。祭神は大物主神、味耜高彦根神、建夷鳥神、天児屋根命。鳥居をくぐり、参道を進むと右に直角に折れたところに社殿がある。現社殿は1888年の再建。神輿殿には立派な神輿が収められていたので、例大祭が盛大に行われるのであろう。

  • 羽村市郷土博物館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都羽村市羽741
    昭和60年(1985)に開館した市民の文化的想像を育む学びの場。メインテーマ「多摩川とともに」を掲げた常設展示をはじめ、羽村市の自然と風土、歴史や文化に関しての資料展示を行っている。これは武蔵野台地を切り拓いて築かれた羽村が、多摩川と切り離せない歴史を持つことに由来する。屋外に展示された「旧下田家住宅」は弘化4年(1847)に建設され、その後移築復元されたもの。国の重要有形民俗文化財に指定されている。

    羽村の外れにある博物館。羽村市の歴史や蚕の意図など、さまざまな展示品がある。校外学習で必ず訪れる場所

  • 三ツ合鍾乳洞
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    東京都あきる野市養沢1075
    あきる野市養沢にある鍾乳洞。長さ100mほどの3段の縦穴形の鍾乳洞内には、不老長寿の水が落ちるという「竜神の滝」、首を伸ばした亀のような姿の岩「竜宮の亀」や「オーロラ天井」などの見どころがある。

    小さくても、まあ、これが東京にあるということを評価したいです。 このようなものは、東京都の管轄下に置いて、鍾乳洞の土地の持ち主から固定資産税を取り立てるようなことをしてはいけないと思います。 東京都の都税局は、間違ったことをしているなと感じました。 教育、学術に貢献する場所であるから、それらの整備は本来、東京の都税によってなされるべきなのではないかと思う。 現実はそれと反対で、都税事務所は、取る側...

  • 青梅市郷土博物館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市駒木町1-684
    バス停「郷土博物館入口」から徒歩で約5分、青梅駅からは約15分。多摩川沿いに突き出る形となっている釜の淵公園内の博物館。郷土の自然や歴史、民俗などに関する資料の調査研究などを行っている。隣に国の重要文化財に指定されている旧宮崎家住宅がある。年に4回企画展示が行なわれるほか、展示図録等が販売されることも。郷土のあゆみ展は常設展で、重要文化財に指定されている注口土器・小形深鉢形土器や、国宝の赤糸威鎧を公開している。

    展示物に遠縁のお宅の書簡がああった! 旧家とは聞いていたがビックリしました!! 街道沿いの酒屋さん流石の歴史を感じます

  • 檜原村郷土資料館
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    東京都西多摩郡檜原村3221
    バス停「郷土資料館」で下車してすぐのところにある資料館で、名前の通り檜原村の歴史や文化について紹介している。先史時代から9000年にもわたる情報を出土品や古文書などの史料を元に分かりやすく解説。武田信玄の娘である松姫が逃亡の際に立ち寄り、残していったとされる手鏡も保管されている。休館日は火曜日で、祝日と重なった場合は翌日が休館となる。

    だいたいこの手の郷土資料館は なんでも陳列館になっていて 見ていて飽きるのだが入って左手が自然と文化 動物と無形文化財である獅子祭りのビデオ 右側が林業を中心とた生業の工具と兜造り住宅の模型 途中で大きな音がして住宅が半分下降し、内部が見られます 檜原村は縄文海進においても海にならなかったので多くの遺跡が残っている。また甲州武州との交通の道もあったために比較的要所ともいえる。 武田信玄ゆかりのもの...

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す