NAVITIME Travel

神田・秋葉原の旅行/観光スポット一覧

  • 湯島天満宮(湯島天神)
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区湯島3-30-1
    文京区湯島にある神社で、江戸・東京の天満宮の代表格である。458年に雄略天皇の勅命により、天之手力雄命を祭神として建てられたと言われる。その後、南北朝時代に菅原道真公を合祀。学業の神様として受験生の参拝が多い。境内は趣深く、歌川広重ら浮世絵師により画題とされた。2月上旬からの梅まつりでは境内の梅が見事に咲き誇り、見物客で賑わいをみせる。

    湯島天満宮の表鳥居を入ってすぐ右手にある宝物殿になります。入館料は大人500円でした。1階にはお祭りで使われるような神輿が飾られており、地下には絵画や衣服などが飾られていました。

  • 東京大神宮
    rating-image
    4.0
    429件の口コミ
    旅行/観光
    東京都千代田区富士見2-4-1
    伊勢神宮の遥拝殿として明治13年(1880)に創建され、「東京のお伊勢さま」として親しまれる神社。当初は日比谷にあり、関東大震災後に東京都千代田区へ移転した。主祭神は、天照皇大神と豊受大神。神前結婚式を創始した神社でもあり、結婚式場としても人気。良縁を願う参拝客が多く訪れる。毎年4月に行われる例祭のほか、毎月多くの祭典行事を執り行っている。

    若い女性の参拝客が多かったです。社務所でグッズを求める方たちも多かったですね。巫女さんたちも忙しそうでした。

  • 神田神社(神田明神)
    旅行/観光
    東京都千代田区外神田2-16-2
    東京都千代田区外神田にある1300年近い歴史をもつ神社。かつては「江戸総鎮守」として篤く崇敬されていた東京108町会の総氏神である。昭和9年(1934)に竣功した総朱漆塗の荘厳な社殿や、若者たちが力試しに用いたという大石など、記念撮影スポットが多い。祭神は、大己貴命(だいこく様)・少彦名命(えびす様)・平将門命。5月中旬の神田祭は、江戸三大祭のひとつに数えられる。近年はアニメ作品とのコラボでも有名。
  • 靖国神社
    rating-image
    4.0
    1589件の口コミ
    旅行/観光
    東京都千代田区九段北3-1-1
    千代田区九段北にある、国内外の国事に殉じた軍人・軍属などを主な祭神とする神社。幕末・明治維新期の志士から太平洋戦争の戦没者まで246万6千余柱におよぶ英霊を、身分や勲功、男女の区別なく祀っている。境内には約400本の桜が植えられており、花見スポットとして有名。

    7月には御霊祭り、4月には屋台も出ている花見など1年中イベントなどが催される神聖なる神社です。日本人だったら一度は訪ねるべきスポットだと思います。

  • TOKYO FM HALL(トウキョウ エフエム ホール)
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区麹町1-7 FMセンター2F
    半蔵門駅徒歩3分、千代田区麹町のFMセンタービル内にある多目的ホール。クラシックに限らずジャズやロックのライブ、演劇、格闘技など多彩なジャンルの利用実績がある。7パターンに変化できるステージは幅広いイベントに対応が可能。また、最大308席の座席は全て取り除けるため、空間を使った舞台稽古やリハーサルとしても利用できる。備品にはスタンウェイのピアノがあり、こだわりの音響設備と高い天井で他のホールにはない音の広がりを実現している。
  • 根津神社
    rating-image
    4.0
    634件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区根津1-28-9
    東京都文京区根津にある歴史の古い神社で、1900年ほど前に日本武尊が創祀したと言われている。主祭神は須佐之男命・大山咋命・誉田別命。宝永3年(1706)に建てられた総漆塗りの社殿は権現造の傑作とされ、7棟が国の重要文化財の指定を受けている。境内の乙女稲荷神社には朱塗りの鳥居が立ち並び、記念撮影スポットとして人気。3000株のつつじが咲き乱れる4月と江戸三大祭の1つとされる例大祭が行われる9月には多くの参拝客が訪れる。

    本殿の隣に小さめの鳥居が連なっています。 伏見稲荷大社と比べて、まさに「ミニ千本鳥居」といった感じですが、頭をかがめて潜るのも楽しいです。

  • 科学技術館(休業中)
    rating-image
    4.0
    175件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区北の丸公園2-1
    科学技術館サイエンスホールは410名収容の本格的な劇場型ホールだ。講演会やセミナー・シンポジウム・各種発表会に最適な施設となっている。

    北の丸公園の中にある科学技術館は、科学の面白さや身近な不思議さをさまざまな展示とワークショップによって紹介している体験型の施設。 実際に見て・触って・からだ全体体感でき、楽しみながら科学や技術に興味・関心を深められるようになっているので、子育てファミリーにはお勧めの場所です。 入館料は2019年の10月より値上がりして大人が880円、中高生が500円、4歳以上の子どもが400円になりました。 それ...

  • 東京国立近代美術館(休業中)
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区北の丸公園3-1
    皇居に近い北の丸公園の南側入り口にたつ、日本最初の国立美術館。開館は昭和27年(1952)。12,500点を超えるコレクションの中から選りすぐりの約200点を展開する「MOMATコレクション」展では、20世紀初頭から現代に至るまでの日本画や洋画、水彩、彫刻、写真など多彩なジャンルの作品を展示。年に数回、独自のテーマに基づいた企画展も開催している。
  • 東京国立近代美術館工芸館
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区北の丸公園1-1
    東京国立近代美術館の分館として、昭和52年(1977)に開館。館内には、陶磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィックデザインなど、近現代の工芸およびデザイン作品が展示紹介されている。明治43年(1910)に建てられた近衛師団司令部庁舎を改修し、重要文化財にも指定されたも美しい建物も見どころ。
  • 講談社野間記念館
    rating-image
    3.5
    27件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区関口2丁目11-30
    初代社長・野間清治が収集した日本画・洋画・彫刻・陶器・刀剣・刀装具など多彩な美術品を展示。講談社の所有する展示品も企画展示で公開される。

    2019年7月から休館になったようです。行く前に必ずホームページなどで情報を確認してください。新施設を待ちましょう。

  • 靖國神社 遊就館
    rating-image
    4.0
    160件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区九段北3-1-1
    靖國神社の境内に併設された宝物館。靖國神社の祭神である戦歿者や国事殉難者に関する資料、遺書・遺品類、ゆかりの物が拝観できる。映像ホールでは、靖國神社や祭神、近・現代日本についての映画を上映。大展示室には、艦上爆撃機「彗星」や人間魚雷「回天」などの大型兵器をはじめ、戦跡収集品も多数展示している。拝観は有料。

    一度は訪ねてみたいと思っていた場所に行くことができました 世間でここを訪れると戦争賛美のような扱いをされますが 果たしてそうでしょうか? 先の大戦の実物展示は参考になりました

  • 秋葉原電気街
    旅行/観光
    東京都千代田区外神田
    第二次世界大戦後の闇市から電気の街として発展した日本一の電気街。世界に誇る日本有数の観光地の一つである。現在は家電商品や部品、パソコンやデジタル機器を扱う店のほか、アニメショップやホビーショップ、外国人観光客向けの免税店も増え、日々たくさんのの人々が訪れている。秋葉原駅からは徒歩5分。
  • お茶の水 おりがみ会館
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区湯島1-7-14
    安政5年(1858)創業の染紙・千代紙製造の老舗「小林染紙店」を母体として設立された会館。文京区湯島にある。紙文化の振興を目的とし、伝統工芸であるおりがみを通して日本の文化や日本の美を伝えている。紙文化の歴史や各国のおりがみ作家の作品を展示するほか、館内の工房で染めた和紙などが購入できる。和紙を使って小物やアクセサリーを作る和紙手芸教室も開催。

    やっと訪ねることができました。偶然曜日と時間が合うワークショップに参加して、ハガキに切り紙を貼る夏の作品を完成して持ち帰りました。参加費500円でした。

  • 毘沙門天 善国寺
    rating-image
    4.0
    219件の口コミ
    旅行/観光
    東京都新宿区神楽坂5-36
    文禄4年(1595)に徳川家康が鎮護国家の意を込めて創建した日蓮宗の寺院。寛政5年(1793)に現在の神楽坂へ移転した。本尊の毘沙門天像は新宿区の有形文化財に指定されており、古くから「神楽坂の毘沙門さま」と呼ばれ信仰されている。毘沙門天像の御開帳は毎年1月・5月・9月の寅の日のみ。正月に7つの寺社を回って幸福を祈る「山ノ手七福神めぐり」の中の寺のひとつ。

    神楽坂通りの途中にあるお寺です。 敷地は狭く、意外とシンプルです。 狛犬ならぬ狛虎がいる珍しいお店。 ここはARASHIファンの聖地としても有名ですが 近年はジャニーズ全般のことについての聖地みたいです。 絵馬にはコンサート当選祈願などの願いが書かれていました。

  • 野球殿堂博物館(休業中)
    rating-image
    4.0
    114件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区後楽1-3-61
    JR総武線/地下鉄三田線「水道橋駅」または地下鉄丸ノ内線/南北線「後楽園駅」より徒歩5分、東京ドーム内にある野球専門の博物館。プロはもちろんアマチュアまで含めた野球の歴史と現在をわかりやすく紹介する他、歴史資料や話題性の高い資料を数多く収蔵・展示している。野球界の発展に貢献した人々の功績を讃える「野球殿堂」や、5万点の野球関連図書を所蔵する図書室などもある。企画展も随時開催。

    今年はゴールデンウイークが長かったので、東京に住む娘のアパートを拠点にして、平成最後と令和初を含む5連戦を観戦することができました。その甲斐あって、セ・リーグ優勝でした!

  • 宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)
    rating-image
    4.0
    72件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ内 黄色いビル6F
    東京ドームシティ内にある、様々な視点で宇宙を楽しめるエンタテインメントミュージアム。館内には宇宙について紹介する様々な展示や、東京大学総合研究博物館とコラボレーションした研究室分室など、見どころが多い。人気の「シアター宙(ソラ)」は、直径11mの穴が床に開いており、その中に設置されたシアターの映像を覗き込んで鑑賞する施設。足元にまで流れ込む映像を眺めていると、空中に浮かんでいるような感覚を体感できる。

    後楽園周辺で食事をした際、子供連れで行ける場所ということで訪問しました。 宇宙にまつわる様々な展示をしていますが、大人にはちょっと物足りないかも。 子供達は喜んでいたので、その点は良かったです。

  • 団子坂
    旅行/観光
    東京都文京区千駄木3-35(文京区千駄木2と3の間)
    文京区千駄木2丁目と3丁目境を東へ下る坂。名前の由来は、昔坂の下に団小屋があったからという説や、急な坂のため、雨の日に転ぶと団子のように泥まみれになるからという説がある。森鴎外の「青年」、二葉亭四迷の「浮雲」、江戸川乱歩の「D坂殺人事件」など、多くの文芸作品に登場する。坂上にはかつて、夏目漱石、高村光太郎、森鴎外が居住していた。下った先は谷中に続いている。
  • 千鳥ケ淵緑道
    旅行/観光
    東京都千代田区九段2丁目から3番町先
    皇居西側にある千鳥ヶ淵沿い、靖国通りから千鳥ヶ淵戦没者墓苑までの700mに渡って伸びる遊歩道。春の桜の開花時期には、道沿いの260本あまりの桜が咲き乱れてトンネルを形成する桜の名所として知られる。
  • 永青文庫
    rating-image
    4.0
    76件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区目白台1-1-1
    文京区目白台、肥後細川庭園近くにある美術館。細川家の屋敷跡にある旧細川侯爵家の家政所の建物を利用し、細川家の16代目・護立公と17代目・護貞氏から寄付を受けた細川家伝来の美術品や歴史資料などを所蔵している。毎年、春季、夏季、秋季、冬季に分けて様々なテーマで公開展示を行っている。

    文京区目白台1丁目にある熊本藩細川家が代々収集してきた日本や東洋の古美術を中心とした収蔵品を展示している美術館です。この場所にはかつて細川家の江戸下屋敷があり、美術館として使われている建物は、昭和初期に建てられた細川家の事務所だったものです。収蔵品のみならず、昭和初期の建物も見ごたえが有りました。

  • 伝通院
    rating-image
    3.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区小石川3-14-6
    文京区小石川にある寺院。応永22年(1415)に浄土宗の第七祖・了誉上人によって開山された。徳川家康の母・於大の方(おだいのかた)の菩提寺であり、二代将軍徳川秀忠の娘・千姫をはじめ徳川家ゆかりの人物の墓が多くあるなど、徳川家との結び付きが強い。

    1415年創建の浄土宗のお寺で、無量山伝通院寿経寺というのが正式な名称だそうです。徳川家康の生母逝去の際に菩提寺と定められ、その法名から伝通院という名がついたそうです。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す