NAVITIME Travel

伊豆七島・小笠原諸島のスポット一覧

  • 泊港海水浴場
    遊ぶ/趣味
    東京都新島村式根島
  • 愛らんどセンター御神火温泉
    宿泊/温泉
    東京都大島町元町仲の原1-8
    東京都大島の元町港から徒歩すぐの日帰り温泉施設で、赤い大きな屋根が目印。館内にはジャグジーや打たせ湯、サウナなどが楽しめる浴室と、水着着用の温泉プールがあり、島の人々や船旅の疲れを癒す観光客で賑う。ゆったりと休める畳の休憩室と食事コーナーも完備。夜行便の船が到着する日に限り、早朝6時半から営業している。
  • 小笠原国立公園
    遊ぶ/趣味
    東京都小笠原村
    昭和47年(1972)10月に指定された国立公園で、日本列島から約1,000km南に位置する亜熱帯の島々で構成されている。海底火山の活動によってできる枕状溶岩や、ボニナイト、沈水カルスト等、世界的にも珍しい地形や地質、海洋島独自の進化を遂げた希少な動植物を見ることができる。透明度が高く、美しいサンゴ礁の海は、ホエールウォッチングやシュノーケリング、スキューバダイビング等も楽しめる。父島・母島の二箇所に観光協会があり、各種ガイドツアーの紹介やガイドブック、パンフレットの配布を行っている。
  • 三宅島
    旅行/観光
    東京都三宅島三宅村
    東京から南へ約180kmの位置にある三宅島は、東京の山手線の内側とほぼ同じ大きさの島で、年間平均気温は17.7℃、30℃を超える日や0℃以下になる日は少なく、1年を通して温暖な気候の住みやすい島である。三宅島は富士火山帯に含まれる活火山であり、近年では2000年の雄山山頂噴火、それ以前では1983年阿古地区の噴火、1962年坪田地区の噴火と約20年周期で噴火を繰り返しており、島内のいたる所で観ることの出来る雄大な火山島景観はまるで天然の火山博物館である。
  • 母島(沖港船客待合所)
    旅行/観光
    東京都小笠原村母島字元地
    小笠原諸島の父島から南へ約50km、父島二見港から定期船で約2時間。亜熱帯性の原生林が残る緑豊かな島。標高463mの最高峰「乳房山」は、ハハジマノボタンやワダンノキなど固有植物の宝庫で、特別天然記念物の固有種「メグロ」などの野鳥も多く生息している。ダイビングやボートクルージング、ホエールウォッチングなど海のレジャーも人気。ガイド付きのツアーでは、貴重な固有種が生育する場所にも立ち入ることができる。
  • 八丈島
    旅行/観光
    東京都八丈島八丈町
    羽田空港から飛行機で約55分、または東京竹芝桟橋から大型客船(夜行)で約10時間20分。東京からいちばん近い南国と呼ばれる島。周囲に広がる「八丈ブルー」と呼ばれるマリンブルーの海は透明度が高く、ウミガメの遭遇率が高いことでも知られるダイビングポイント。滝の裏側を歩ける「裏見ヶ滝」や、360度のパノラマが満喫できる「八丈富士」など見所も多い。春には約35万本のフリージアが八丈富士の麓を彩る「フリージアまつり」が開かれる。
  • 父島(二見港船客待合所)
    旅行/観光
    東京都小笠原諸島小笠原村
    東京竹芝桟橋から定期船おがさわら丸で25時間半、東京から南に1,000kmの太平洋に浮かぶ亜熱帯の島。世界自然遺産に登録された小笠原諸島の中で最も大きい。ボニンブルーと呼ばれる紺青の海で野生のイルカと一緒に泳いだり、ダイビングなどのマリンスポーツの他、陸上ではサイクリングやスターウォッチング、エコツアー体験などが楽しめる。2月から4月にかけては「ウェザーステーション」の展望台からクジラの姿を見ることもできる。
  • 三原山
    旅行/観光
    東京都大島町
    伊豆大島のほぼ中央にある標高758mの火山。1777年の噴火によって誕生し、以来ほぼ定期的に噴火を繰り返して現在の姿になった。最近の噴火は昭和61年(1986)で、その際に出来た「ゴジラ岩」は観光名所のひとつ。周囲にはトレッキングコースが整備され、体力や目的などに合わせたコース選択が可能。山頂の中央火口丘には直径300m、深さ200m以上の切り立った竪坑状の火口が口を開け、周囲には視界を遮るものがない絶景が広がっている。
  • 小笠原諸島
    旅行/観光
    東京都小笠原村
    東京から南に約1,000km離れた太平洋上にある島々。硫黄島や沖ノ鳥島を含む、大小合わせて30あまりの島からなり、この地域固有の生物や植物などの貴重な自然が評価され、世界自然遺産にも登録されている。行政上は東京の一部であるが、行くには竹芝桟橋から6日に1便(時期により増便などあり)運航される定期船で24時間を要する。
  • 弘法浜遊泳場
    遊ぶ/趣味
    東京都大島町元町
    大島町元町、伊豆大島の西側にある海水浴場。島の玄関口である元町港の近くにあるため、島でも一番にぎわうビーチである。シャワーや更衣室、海の家などが整備されている他、無料のプールも併設されている。
  • シャロン 洋菓子店
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    お買い物
    東京都大島町元町地の岡65-119
    東京都の離島、伊豆大島の洋菓子店。アシタバ、椿油、大島桜葉など、伊豆大島特産の素材を使った様々なスイーツを販売している。名物のひとつが、シュー生地でハンバーグをサンドしたシューバーグ。元祖シューバーグとアシタバシューバーグの二種類がある。三原山噴火口シューラスク、三原山溶岩クッキー、地層断裂面など、大島名物をモチーフにしたユニークな土産物スイーツも人気。

    2018年2月に行きました。 大島の空港の近くにあるケーキ屋さんです。大島一周道路沿いで、広い駐車もあります。 イートインスペースで、DXショートケーキとコーヒー790円をいただきました。セットで50円引きですがいい値段です。先に会計するシステムです。 DXショートケーキは普通のショートケーキより大きくて、美味しかったです。ちなみに普通のサイズのショートケーキもありました。

  • 底土海水浴場
    遊ぶ/趣味
    東京都八丈町三根
    東京から一番近い南国と言われる八丈島にある海水浴場。島内で唯一の人工の砂浜があり、八丈島では最も多くの人が訪れる人気の海水浴場。シャワーや更衣室、トイレを併設。近くにはキャンプ場もあり、家族連れにもオススメ。海水浴シーズンになると海の家の出店もあり、好評のラーメンをはじめ、かき氷や多彩な飲食メニューが味わえる。また、ダイビングスポットとしても有名で、シュノーケリングで珊瑚や魚群を眺めたりでき、運が良ければウミガメに遭遇する事も。
  • 元町浜の湯
    宿泊/温泉
    東京都大島町元町字トンチ畑882
    伊豆半島から南東約25kmほどの距離に位置する伊豆大島の公共温泉露天風呂。元町港から徒歩3分、島の北西に位置する、伊豆半島や富士山が見える絶景スポット・長根浜公園内にある温泉だ。開放感満点の露天風呂は男女混浴のため、家族みんなで楽しめる温泉として評判を集めている。周囲は空と海を茜色に染める夕日スポットとしても有名で、夕刻日没間際には多くの観光客が訪れる。内湯はなく、水着の着用が必要だ(無料レンタルあり)。
  • 小富士
    旅行/観光
    東京都小笠原村母島
    太平洋に浮かぶ東京の離島・母島にある郷土富士。日本国内に数ある郷土富士の中で日本一南にあり、日本一小さく、日本一早く日が昇る、と日本一尽くしの山。毎年、日本で一番早い初日の出を拝むために人々が訪れる場所でもある。山頂からは南崎のコバルトブルーの海を見下ろす事ができる絶景ポイント。事前に観光協会で登録すれば、登頂者には証明書を発行してくれる。
  • 乳が崎
    旅行/観光
    東京都大島町岡田新開
    伊豆諸島最大の島・伊豆大島の最北端に位置する海食崖の岬。島の中央に位置する三原山から伊豆半島に富士山、遠くは神津島までの大パノラマが堪能できる。地質的には数十万年前に存在したと言われる火山島・岡田火山の名残の地。海に向かって高まりを見せる地層に悠久の自然史を偲ばせる、伊豆大島屈指の景勝地だ。4月上旬には中腹一帯がオオシマザクラによって白一色に覆われる。周囲は航空機の進入路になっているため、風早先燈台を背景にシャッターチャンスを待つカメラマンの姿も多い。
  • 南原千畳敷
    旅行/観光
    東京都八丈町大賀郷
    八丈島空港から車で約10分の距離にある溶岩台地。長さ500m幅100mの範囲に黒々とした玄武岩が広がっている。荒涼とした景観は八丈富士が噴火した際に流れ出た溶岩が海に流れ落ちて形成されたもので、岩壁に打ち付けた波しぶきが飛び散る様は満点の迫力だ。駐車場から南に100mほど進んだ先には関ケ原の戦で敗れてこの地へ流罪となった宇喜多秀家と、夫や子に物資を送り続けた正室・豪姫の像が並んでいる。
  • 裏見ヶ滝
    旅行/観光
    東京都八丈町中之郷
    三原川が中之郷の水田用水路と交差した際に発生する滝。滝を裏側から見るという珍しい体験ができる。「裏見ヶ滝」の名前は用水路沿いの道が滝の内側を通り、滝を裏側から見るという珍しい景観が由来。大自然の中で流れ落ちる滝は、まるでジャングルの中のような雰囲気に包まれている。遊歩道脇には山あいの景観が素晴らしい露天風呂があり、滝を見下ろしながらゆったり寛ぐこともできる(温泉は混浴のため水着の着用が必須)が、滝までの道は未舗装なため雨の日などには注意が必要だ。
  • ローカルベーカリー
    お買い物
    東京都小笠原村父島清瀬
    小笠原諸島の父島にあるベーカリーショップ。島の人々の間では「山パン」と呼ばれて親しまれている。店内には国産小麦と島の素材を使ったパン作りにこだわっており、食パンやバケットなどの定番パンからサンドイッチや店オリジナルのユニークな総菜パンまで所狭しとならびその種類の多さも特徴となっている。パンだけではなくプリンやタルト、シュークリームロールケーキなどのケーキ、菓子類なども並び、島民だけでなく観光客も訪れる。
  • JA小笠原農産物観光直売所
    お買い物
    東京都小笠原村父島東町
    小笠原諸島父島にある直売所。父島と母島で収穫された農作物や加工品などを購入することができる。冬はトマト、夏はパッションフルーツ、秋はレモンなど時期によって店のラインナップは変わる。農業が盛んな母島から届いた野菜が並ぶのは16時過ぎで行列ができるほど。30分前に配られる整理券を入手するとスムーズに入場できる。また加工品も数多く取り揃えておりトロピカルフルーツを使ったジャムや、小笠原の海水から取れた塩、島レモンを使用したフェイスマスクなどお土産にも最適な一品を購入できる。
  • 小笠原海洋センター
    遊ぶ/趣味
    東京都小笠原村父島屏風谷
    小笠原の生物の保護を目的として開設された施設。病気やけがをしたウミガメの保護や子ガメのふ化、海への放流などの活動を行っており、通称カメセンターとも呼ばれている。展示館エリアと飼育エリアがあり、展示エリアでは小笠原の歴史や世界のウミガメについて写真やパネルでわかりやすく解説されている。またより深くウミガメについて学べるウミガメ教室も開催している。飼育エリアでは250から300頭の子ガメが飼育されており、給餌体験や子ガメを手に持っての記念撮影などもすることができる。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す