NAVITIME Travel

東京の資料/郷土/展示/文学館スポット一覧

  • 講談社野間記念館
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区関口2丁目11-30
    初代社長・野間清治が収集した日本画・洋画・彫刻・陶器・刀剣・刀装具など多彩な美術品を展示。講談社の所有する展示品も企画展示で公開される。

    期待して折角来たのにぃ- 館内整備のため休館中でした。 次回は、必ず入れるよう、よく調べてから来たいと思います。

  • 畠山記念館
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区白金台2-20-12

    お宝鑑定団で耳にする作陶家や絵師の本物が展示されています。 記念館は地下鉄高輪台駅にほど近いのですが、鬱蒼とした森に囲まれて、こんな所が都会の真ん中に残っているのだと感心します。

  • 明治神宮宝物殿
    旅行/観光
    東京都渋谷区代々木神園町1-1
  • 台東区立下町風俗資料館
    rating-image
    4.0
    239件の口コミ
    旅行/観光
    東京都台東区上野公園2-1
    上野恩賜公園内にある博物館。関東大震災や戦禍によって失われ、復興とともに忘れられようとしていた古き東京・下町の文化を後世に残すべく、昭和55年(1980)に開館した。1階展示フロアでは、長屋や駄菓子屋、人力車など、江戸の風情を残す大正時代の下町を再現。2階は、台東区を中心とする下町ゆかりの資料や生活道具などの展示フロアになっている。

    上野公園不忍池の入り口に、位置しています。赤いポストが、目印です。風俗資料館というネーミングが、目の前を通る人をドキッとさせるのですが、文化を伝える、ごく普通の歴史資料館です。

  • 台東区立浅草文化観光センター
    rating-image
    4.5
    829件の口コミ
    旅行/観光
    東京都台東区雷門2-18-9
    東京都台東区雷門にある観光案内施設で、台東区を訪れる観光客に役立つ情報やサービスを提供している。平屋を積み重ねたようなインパクトのある外観も特徴的。館内には、日本語・英語・韓国語・中国語に対応可能な案内カウンターや外貨両替所、観光情報コーナーのほか、無料のPC、FREE Wi-Fi、多目的スペースなどがある。8Fにある無料展望テラスでは、浅草の街や東京スカイツリーが一望できる。

    雷門の真正面に位置しています。結構奇抜な外観をしていて目立つのですがどうも入口が大人し目?なせいか中に入れるとはすぐに思えず。仕事で上階の会議室を利用した際に展望テラスや飲食店まである事を知りました。この展望テラス、ドローンを使わなくても雷門から仲見世、浅草寺までの空中からの写真が撮れる穴場スポット。ただ、エレベーターが非常に混み合いますので要注意です。

  • 東京税関情報ひろば
    旅行/観光
    東京都江東区青海2-7-11 東京港湾合同庁舎2F
    江東区青海の東京港湾合同庁舎2階にある展示施設。江戸時代の運上所を前身とする税関の歴史や、X線検査や麻薬探知犬を用いた現在の税関の仕事についての展示を行っている。本物のブランド品とコピー商品の展示なども。
  • 大正大学 すがも鴨台観音堂
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    東京都豊島区西巣鴨3-20-1
    平成25年(2013)に完成した「すがも鴨台観音堂」は、大正大学構内に建築され、大乗仏教精神に基づく建学の理念「智慧と慈悲の実践」を具象化した仏教文化施設だ。「梵字般若心経の功徳」が書かれた往路の上り階段の壁面・「鴨台観音」、そして千住博画伯 作「滝」などを見ることができる。

    以前、旧中山道をランニングで東京・日本橋から京都・三条大橋まで走った際には気づきませんでした。栄螺堂、アチコチで古いものに上がった事はありますが、こんな近代的なものは初めて見ました。登って降りるまで一本道なのに決してすれ違う事のない栄螺堂の不思議。こんな身近で体験出来るとは。

  • GAS MUSEUM(ガスミュージアム) がす資料館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    東京都小平市大沼町4-31-25
    小平市にある、ガスの歴史博物館。東京ガスの歴史と、暮らしとガスとのかかわりを展示・紹介している。2棟の展示館は、明治時代に建てられた東京ガスのレンガ造りの社屋を移設・復元している。収蔵品は、明治期からのガス機器約1200点や明治錦絵約400点、東京ガスの広告など、ガスにまつわるコレクションが多数。また、地域の人との文化的交流の場として、明治錦絵の企画展やスケッチ展、コンサート、ファミリーイベントなど、定期的に開催している。

    ガス資料館です。ガス関連の歴史を学ぶことができます。ガス灯に関する説明会を聞くことができ、資源のありがたさを感じました。たまたまですが、行ったときにはFC東京の写真展を開催していました。

  • 日本近代文学館
    旅行/観光
    東京都目黒区駒場4-3-55 駒場公園内
    日本近代文学の資料館。戦後の混乱期に散逸しつつあった文学的資料を収集、保護することを目的としてつくられた。現在、図書や雑誌を中心に120万点の資料を保管。それらの資料の一部は展示室で直接閲覧できるほか、書籍や電子媒体としても公開している。定期的に展覧会や、文学を学ぶための講座を開き、近代文学の資料について解説を行っている。
  • 平和祈念展示資料館
    旅行/観光
    東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33F
    都営大江戸線「都庁前駅」より徒歩で約3分の所にある資料館。先の大戦において、「兵士」「戦後強制抑留者」「海外からの引揚者」の労苦を国民により一層の理解を深めてもらうため総務省の委託を受けて運営されている。戦争体験のない世代にもわかりやすく理解してもらうため、ジオラマや体験した語り部の話を聞くことができる。その他、戦後強制抑留の体験を描いた「シベリアからの手紙」と、満州からの引揚げ体験を描いた「遥かなる紅い夕陽」をデジタルブック形式で閲覧できる。
  • NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)
    旅行/観光
    東京都中央区銀座5-8-1 銀座プレイス1・2F
    中央区銀座5丁目の中央通り沿いにある日産自動車の展示施設。日産の歴史に残る名車や、最新のテクノロジーを駆使したコンセプトカーなどを展示するほか、タッチパネル型のワイドスクリーンや高精細LEDモニターなどを使った展示で、日産の歴史や未来へ向けた最先端技術を紹介。モデルカーなどのグッズの売店やカフェも併設している。
  • 町田市民文学館ことばらんど
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    東京都町田市原町田4-16-17
    1階に図書館、2階に展示室、3階に会議室や保育室を有する公立文学館。町田駅から徒歩8分の位置にある。1階の文学サロンは物語や言葉の魅力に出会うためのサロンとして、小説や評論、古典や絵本など幅広いジャンルの本を取り揃えている。喫茶室が併設されているため、コーヒーを飲んだり友人と語り合いながら楽しむことが可能だ。キッズコーナーも完備しているため、お子様と一緒に本を読むこともできる。

    町田市立中央図書館と国際版画美術館の中間にある施設です。以前公民館だった施設なので古さは否めませんが、様々な企画展を行っており、マニアックですが見ごたえのあるものが多いです。1階がくつろげるスペースなので、休憩にもぴったりです。

  • 千代鶴酒造り資料館
    旅行/観光
    東京都あきる野市牛沼63
    中村酒造は文化元年創業と200年以上の伝統を持つ老舗蔵元。その資料館が圏央道あきる野I.Cを降りてすぐの酒蔵に併設されている。建物は明治17年(1884)に作られた2階建ての酒造用具蔵を改修したもの。館内では長い歴史のなかで使われてきた道具類や資料を展示している。また販売所では代表銘柄である清酒「千代鶴」を始め梅酒や柚子酒、焼酎などを販売。利き酒しながら好みのお酒をお土産として買うことができる。
  • あきる野市五日市郷土館
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    東京都あきる野市五日市920-1
    あきる野市の檜原街道五日市警察署前交差点にある地域博物館。ここでは五日市地域における昔の暮らしや文化、五日市出身の有名人を紹介。また市内の地層から発掘された化石などを展示している。その中でも海獣パレオパラドキシアの上顎骨の化石はほぼ完全な形で出土しており、これは世界的にも貴重なもの。他にも五日市憲法草案の関係資料をはじめとする地域の考古資料など見どころは多い。また毎週土曜日には本物の石臼など民具に触ることができる「さわれる土曜日」を実施。子どもたちが郷土の歴史に興味を持ちやすい工夫を行っている。

    五日市街道から入ったところにある歴史資料館です。五日市は、山と里をつなぐ町。古くから炭の市の立つにぎやかな町でした。その周辺の山の暮らし、そして明治の自由民権期にここで生まれた「五日市憲法」関連の資料が展示されています。五日市の町の歴史を知るために、是非訪ねることをおすすめします。

  • 日本の酒情報館
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区西新橋1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル1F
    東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」9番出口より徒歩3分。日本酒・本格焼酎・泡盛・みりんの歴史と文化を含む魅力のすべてを「見て・触れて・体験する」ことを通じて知ることができる施設。展示館の壁には木桝をイメージした展示棚があり、全国各地の特色ある酒器が展示されている。自由に検索できるタブレットが設置されている他、コンシェルジュを利用した情報収集も可能。全国各地の様々なタイプの酒を試飲できるコーナーもある。

    有料で試飲ができるのでおすすめです。 残念なのは土日やっていないのと平日18時までしかやっていないことです。

  • ロース記念館
    旅行/観光
    東京都小笠原村母島元地
    ロース石で作られた、大正時代の砂糖貯蔵庫を復元した民俗歴史資料館。郷土資料館。ロースとは建材の石の名で、江戸時代末期母島に定住し、開拓に貢献したドイツ人ロルフスによって発見されたことに由来する。内部には、初期の島の住民が使用した捕鯨道具や、明治時代の見事なタコノ葉細工品、島の日常生活を示す古い写真や地図が展示されており、都の有形文化財に指定された貴重な建造物だ。タコノ葉細工体験も実施している。
  • 世田谷区立郷土資料館
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    東京都世田谷区世田谷1-29-18 代官屋敷敷地内
    上町駅およびバス停「上町」から徒歩で約5分。世田谷代官屋敷の敷地内にある資料館で、昭和39年(1964)に開館した都内で最古の公立地域博物館となっている。区外でも世田谷区に関するものであれば資料を所蔵している。世田谷区の歴史と文化をテーマとした展示をしている常設展示のほか、番組をビデオブースで見ることも可能。世田谷区在住者向けに歴史講座や野外歴史教室も開催している。

    世田谷ボロ市に行った時に、寄ってみました。18時前ぐらいでしたが、まだ入館できました。入館料無料で世田谷の歴史やボロ市の由来を学ぶことができてとてもよかったです。

  • 檜原村郷土資料館
    旅行/観光
    東京都西多摩郡檜原村3221
    バス停「郷土資料館」で下車してすぐのところにある資料館で、名前の通り檜原村の歴史や文化について紹介している。先史時代から9000年にもわたる情報を出土品や古文書などの史料を元に分かりやすく解説。武田信玄の娘である松姫が逃亡の際に立ち寄り、残していったとされる手鏡も保管されている。休館日は火曜日で、祝日と重なった場合は翌日が休館となる。
  • 大島町郷土資料館
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    東京都大島町元町地の岡30-2
    大島の自然を愛し、祖先が残した貴重な文化遺産を少しでも多く後世に引き継ぎたい。そんな思いから発足した大島町の郷土資料館。大島空港滑走路の先で300点を超える民族資料を展示している。大島とは切っても切れない火山の活動に関する資料をはじめ、縄文時代の土器や石器、大島の祭りに関する資料などを公開しており、厳しい条件下で生きた先人の姿を偲ぶことが可能だ。往時の暮らしを再現した古民家なども隣接している。絣の着物に前垂れ、頭に手拭いを巻いた「あんこさん」の衣装を着て記念撮影を行うことも可能だ。

    2018年2月に行きました。 大島の歴史を学べる資料館です。あまり訪れる人も少なく、ひっそりとしていました。展示品は古びていますが、なかなかの充実ぶりです。敷地内に島の民家があって、昔の島での生活がしのばれます。入場料は200円です。

  • 東京都立大島公園椿園・椿資料館
    遊ぶ/趣味
    東京都大島町泉津字福重2
    伊豆大島の北東部、泉津地区にある広大な公園。約3200本の園芸品種と5000本ものヤブツバキを有する椿園に、椿に関する様々な情報を発信する椿資料館が隣接している。椿園は東京ドーム1.5個分にも相当する大規模な庭園で、品種数の多さだけでなく温室や展望台、休憩所などを兼ね備えている。一定の認可基準をクリアした椿園のみが認定される「国際優秀つばき園」のひとつで、他国の椿園と比べても圧倒的な規模を誇るため、国際ツバキ協会英国理事から「世界一」と評された。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す