東京の神社スポット一覧

  • 靖国神社
    rating-image
    4.0
    1617件の口コミ
    旅行/観光
    東京都千代田区九段北3-1-1
    千代田区九段北にある、国内外の国事に殉じた軍人・軍属などを主な祭神とする神社。幕末・明治維新期の志士から太平洋戦争の戦没者まで246万6千余柱におよぶ英霊を、身分や勲功、男女の区別なく祀っている。境内には約400本の桜が植えられており、花見スポットとして有名。

    子どもの宿題のために、生まれて初めて行きました。子ども一人で行くには酷暑だった為同行しました。 近隣の駐車場はお昼前で満車、市ヶ谷駅の方でようやく駐車が出来るくらいでした。 かなり家族での参拝もあるのと、想像以上の混雑と人の多さに驚きを隠せなかった。 賛否は生まれる前からあるのは知っていたのですが、歴史をしっかり学ぶ事が大事と再度認識をしました。

  • 浅草神社
    rating-image
    4.5
    1341件の口コミ
    旅行/観光
    東京都台東区浅草2-3-1
    浅草寺の本堂の隣にある神社。師真中知命・檜前浜成命・檜前武成命を主祭神とすることから「三社権現」「三社様」の通称をもつ。慶安2年(1649)に完成した現存の社殿は、拝殿・幣殿・本殿が国の重要文化財に指定されている。毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる例大祭「三社祭」は、迫力ある神輿や大行列で有名。

    浅草寺は何度もいっていますが、そういえば浅草神社いったことがないなと参拝しました。日曜ですが、朝の6時なので観光客はいなく、ジョギングしながら訪れた人がいたぐらいでNO密で参拝できました

  • 東京大神宮
    rating-image
    4.0
    449件の口コミ
    旅行/観光
    東京都千代田区富士見2-4-1
    伊勢神宮の遥拝殿として明治13年(1880)に創建され、「東京のお伊勢さま」として親しまれる神社。当初は日比谷にあり、関東大震災後に東京都千代田区へ移転した。主祭神は、天照皇大神と豊受大神。神前結婚式を創始した神社でもあり、結婚式場としても人気。良縁を願う参拝客が多く訪れる。毎年4月に行われる例祭のほか、毎月多くの祭典行事を執り行っている。

    飯田橋駅から徒歩5分くらいの場所にあります。東京のお伊勢さんの通称で地元の人々に親しまれています。恋愛運にも御利益があるようで、女性の参拝者が多いです。境内の桜の花も開花して参拝者が多かったです。

  • 日枝神社
    rating-image
    4.0
    667件の口コミ
    旅行/観光
    東京都千代田区永田町2-10-5
    東京都千代田区永田町にある神社で、文明10年(1478)に太田道灌が江戸城を築城する際に、鎮護の神として川越日枝神社を勧請したのが始まりとされる。その後は江戸城の鎮守や皇居の鎮護として崇敬された。現在の社殿は再建されたもので、拝殿天井には復興50年記念の板絵が123枚掲げられている。赤坂方面に建つ独特の形状をした山王鳥居も有名。毎年6月の山王祭は江戸三大祭の1つで、約300mの祭礼行列は見ごたえがある。

    2月17日10:30頃 参拝すると 本日11:00から神事が行われますと案内がありました。 偶然だったのですが 日枝大社三大祭[2月 祈年祭、6月 山王祭、11月 新嘗祭]の時のみ 境内の[本殿]前に《四神旗[青龍(東の守護神) 朱雀(南) 白虎(西) 玄武(北)]》、[本殿]と[神門]の間に《幢(どう)》が並び 日頃知る[日枝神社]の雰囲気が 大きく異なりました(添付 写真参照)。 但し 今年は...

  • 根津神社
    rating-image
    4.5
    41件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区根津1-28-9
    東京都文京区根津にある歴史の古い神社で、1900年ほど前に日本武尊が創祀したと言われている。主祭神は須佐之男命・大山咋命・誉田別命。宝永3年(1706)に建てられた総漆塗りの社殿は権現造の傑作とされ、7棟が国の重要文化財の指定を受けている。境内の乙女稲荷神社には朱塗りの鳥居が立ち並び、記念撮影スポットとして人気。3000株のつつじが咲き乱れる4月と江戸三大祭の1つとされる例大祭が行われる9月には多くの参拝客が訪れる。

    根津駅から不忍通り沿いの商店街を歩いて7分ほどで、根津神社に着きました。ゴールデンウィーク期間中ということもあり、通りからかなりの人でした。根津神社の敷地内に、丘一面につつじが植えられており、とても見ごたえのある光景でした。甘酒茶屋の休憩所などがあり、ここでゆっくりと休めるようになっていました。

  • 亀戸天神社
    rating-image
    4.0
    462件の口コミ
    旅行/観光
    東京都江東区亀戸3-6-1
    東京都江東区亀戸の菅原道真を祀る神社。かつては、九州の太宰府天満宮に対して「東宰府天満宮」と呼ばれていた。学問の神様として、冬期は受験生で賑う。境内には、筆塚や神牛など道真公・太宰府天満宮ゆかりのスポットが多い。季節の花の名所として有名で、4月下旬からの藤まつりでは「東京一の藤の名所」と名高い神社一面の藤を見ることができる。亀戸駅から神社まで続く、下町情緒あふれる街並みも魅力。

    藤の季節に伺いました。ただ天気が高温が続いたのもあって、すでに散り際に近かった。でも藤の優雅な姿に癒されました。朝早めにうかがったのものあり、参拝するときにも人が少なくゆっくり参拝できました。

  • 水天宮
    rating-image
    4.0
    516件の口コミ
    旅行/観光
    東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
    水天宮は、現福岡県久留米市にある久留米水天宮の分社であり、安産・子授けの神として広く知られている神社。久留米水天宮を代々崇敬していた久留米藩主の有馬家が、江戸上屋敷に分霊を勧請したのが始まり。安産祈願や子宝を願う参拝客が絶えず、境内には自分の干支を撫でるとご利益のある「子宝いぬ」や河童の親子像などがある。安産御守のほか、可愛らしい親子犬の福絵馬も人気。毎年5月5日には例祭が行われる。

    水天宮に行ってみました。近代的なコンクリートの基礎の上に建つ神社。新しいスタイルのお宮さんだと思います。新しい建物であることもあり、明るいように感じます。本殿はしっかりとした建物ように思います。みんなが寛げる空間であるように思います。

  • 今戸神社
    rating-image
    3.5
    192件の口コミ
    旅行/観光
    東京都台東区今戸1-5-22
    招き猫発祥の地として知られる台東区今戸の神社。1063年、源頼義・義家が奥州討伐に際して京都・石清水八幡宮を今戸の地に勧進したのが始まりとされる。招き猫の起源は諸説あるが、16世紀から今戸で焼かれていた今戸焼がルーツと伝えられている。境内には「今戸焼発祥の地の碑」や「なで猫」などゆかりのものが多い。縁結びの神社として女性の参拝客が絶えない一方、新撰組・沖田総司の終焉の地として歴史好きの参拝客も訪れる。

    日曜ですが9時時から開門ということで、9時過ぎにいきました。参道にもだれもおらず、NO密でゆっくり参拝できました。 あちこちにねこにまつわるモチーフが置かれています。本堂には「恋はつづくよどこまでも」のポスターがおかれていて、自分が初めてロケ地とわかりました。

  • 上野東照宮
    rating-image
    4.0
    522件の口コミ
    旅行/観光
    東京都台東区上野公園9-88
    徳川家康(東照大権現)を祀るため、寛永4年(1627)に創建された神社。徳川吉宗・徳川慶喜も祭神としている。上野恩賜公園内にある。慶安4年(1651)の改築以降、天災や戦災による消失を免れており、当時の面影を残した本格的な江戸建築を間近で見られる貴重なスポット。社殿は金箔を使った豪華なつくりで「金色殿」とも呼ばれる。境内にはぼたん苑があり、春に行われる「ぼたん祭」が有名。

    上野公園内にある東照宮、2回目の訪問です。5月の雨の日でしたが参道の緑が綺麗でした。今回は花手水を撮ろうしてやってきましたが、残念ながら少し時間がたってしまっているようでした。

  • 富岡八幡宮
    rating-image
    4.0
    327件の口コミ
    旅行/観光
    東京都江東区富岡1-20-3
    東京都江東区富岡にある神社で、「深川の八幡様」の呼称で親しまれている。創建は寛永4年(1624)。徳川将軍家の保護のもと庶民の信仰を集め、8月15日頃に行われる例祭「深川八幡祭(深川祭)」は江戸三大祭りのひとつと言われ、一の宮神輿は日本一の大きさを誇る。江戸勧進相撲が生まれた地としても有名で、境内には「横綱力士碑」など相撲にまつわる石碑が多い。

    東京深川にある有名な神社、富岡八幡宮。境内を歩いていると、横綱力士碑や大関力士碑など、相撲関連の石碑をたくさん見かけました。 実はこの富岡八幡宮は、江戸勧進相撲発祥の神社なんだそうです。それなので、大相撲関連の石碑が数多く建立されているんですね。

  • 赤坂氷川神社
    rating-image
    4.0
    149件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区赤坂6-10-12

    六本木駅から赤坂方面にむかつ途中にあり、立ち寄りました。このあたりは六本木のにぎやかな感じとは違い、住宅地エリアにあり、おちついた雰囲気でした。コロナ対策でお手水のところが水がながれているようになっていて、お花がおかれていて風情がありました。こんな都会で落ち着く場所です

  • 小網神社
    rating-image
    4.0
    164件の口コミ
    旅行/観光
    東京都中央区日本橋小網町16-23
    中央区日本橋にある神社。御祭神としてお稲荷さんを祀っており、「強運厄除の神さま」として長年信仰を集めている。境内には「銭洗いの井」で金銭を清めることで財運にご利益があるとされる通称「東京銭洗い弁天」や、徳を授けると言われる七福神・福禄寿の像もあり、参拝に訪れる人の姿が後を絶たない。

    強運厄払いであり、銭洗い弁天があることで有名になったので、私もTVで観ていきました。人形町駅から徒歩15分くらいだったと思います。こじんまりしたお宮さんですが、たくさんの方々がいらしてました。私もお金を洗ってパワーをもらってきました。

  • 烏森神社
    rating-image
    4.0
    200件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区新橋2-15-5
    港区新橋2丁目、新橋駅から徒歩2分ほどにある神社。平安時代、藤原秀郷が夢に現れた白狐のお告げに従って創建した稲荷社が起源とされる。倉稲魂命(うがのみたまのみこと)や瓊々杵命(ににぎのみこと)、また芸能の神様とされる天鈿女命(あめのうづめのみこと)を祀っており、必勝祈願や技芸上達、商売繁盛、家内安全などにご利益があると言われる。

    新橋駅烏森口から出て、 徒歩5分くらいの場所にありました。 初めて訪れました。 烏森神社の存在は、 知っていましたが、 通りから奥まった場所にあり、 たまたま見つけました。 小さな神社です。 派手な色の御朱印があるようです。 とても古く歴史がある神社みたいです。 新橋駅から、 近いのでまた訪れたいと思います!

  • 愛宕神社
    rating-image
    4.0
    402件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区愛宕1-5-3
    東京都港区愛宕のオフィス街にある神社で、自然の山である愛宕山の上に建てられている。慶長8年(1603)に徳川家康の命で防火の神として創建され、主祭神は火の神である「火産霊命(ほむすびのみこと)」。正面の石段は「出世の石段」と呼ばれ、武士が騎馬で上り下りし徳川家光の称賛を得た故事で有名である。境内は桜や紅葉なども楽しめる都会のオアシス的な存在であり、近隣のオフィスワーカーが多く訪れる。

    商売繁盛を祈願しにお参りに行きました。 初めていったのですが、出世の階段は圧巻でした。東京都内で1番高い天然の山(標高25.7メートル)らしく、石段を一歩一歩進みました。 今はお正月の混雑も落ち着いたのか、かなりスペース的にも余裕を持って参拝することができました。 「商売繁盛」だけでなく、「印刷・コンピュータ関係」「火に関するもの、防火、防災」「恋愛、結婚、縁結び」など、いろいろなことにご利益...

  • 大宮八幡宮
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    旅行/観光
    東京都杉並区大宮2-3-1
    康平6年(1063)に源頼義公により創建された神社。応神天皇とその父君、母君にあたる仲哀天皇、神功皇后を祀っており、その親子の深い絆を伝える故事の数々から、安産や子育て、縁結びなどの祈願に訪れる参詣者も多い。また、境内には菅原道真公を祀った大宮天満宮や、農業・養蚕の神として信仰を集めた御嶽榛名神社など、いくつもの末社がある。

    東京都の桜が満開のニュースを頭に桜の名所とも言われる大宮八幡宮の近くまで行ったので、訪れてみました。鳥居近くの桜は咲いていて、桜まつり中だったので期待したのですが、神輿庫前の桜以外にはまだ早く、隣接する和田堀公園の桜も満開とは言えず残念でした。 周辺は源八幡太郎義家の縁がいくつかあるようで、八幡宮だということも納得できました。

  • 武蔵御嶽神社
    rating-image
    4.0
    96件の口コミ
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳山176
    青梅市・武蔵御岳山の山上にある神社で、山岳信仰の霊場として栄えた。創建は崇神天皇7年(紀元前91年)と伝えられている。東京都指定有形文化財の旧本殿や神明造りの本殿、権現造りの拝殿などが並ぶほか、宝物殿では国宝「赤糸縅大鎧」を見ることができる。毎年6月第3日曜と9月の敬老の日には太々神楽の一般公開を行う。おいぬ様を祀っていることから愛犬の健康を願う参拝者が増え、愛犬祈願も受付している。

    日本三御嶽の一つに数えられ、長野・岐阜両県境の御嶽神社(木曾の御岳)を「雪の御嶽」、山梨県甲府市・金櫻神社(甲州御岳)を「花の御嶽」、当社(武州御岳)を「月の御嶽」と称する。紀元前91(崇神天皇7)年、武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)が東方十二道平定の時、大己貴命・少彦名命を奉斎したのが創建とされる。 736(天平8)年、行基上人が東国鎮護祈願のため蔵王権現像を彫刻し安置したと伝えられる。延...

  • 大國魂神社
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    東京都府中市宮町3-1
    東京都府中市にある神社で、大國魂大神を武蔵の国の守り神として祀っている。招福・縁結び・厄除・厄払の神として著名。景行天皇41年(111)に創建されたと言われ、源頼朝が妻・政子の安産祈願を行ったなどの伝承が残る。平安末期には6社を奉祀し「武蔵六所宮」とも呼ばれるようになった。境内には多数の社殿のほか木造狛犬などの文化財が多く、参道・馬場大門のケヤキ並木は国の天然記念物である。4月30日から5月6日に行われる「くらやみ祭り」は関東三大奇祭の1つである。

    大人4人が軽々乗れる直径180cmの太鼓を初めて見ました。とにかく大きい!! 私は関西人ですがこの大きさは見たことがないです。また、その音は是非聞く価値があります。 とても多い人出で駐車場が全くないと思ってもいいでしょう。夜店の数もハンパないです。

  • 松陰神社
    rating-image
    4.0
    134件の口コミ
    旅行/観光
    東京都世田谷区若林4-35-1
    世田谷区若林にある神社。松下村塾を主催し多くの維新志士を育てた吉田松陰を祀る神社として、明治15年(1882)に門下生たちの手で創建された。学問の神として合格祈願などに訪れる参拝客も多い。

    昨年10月26日幕末祭りに行きました。過去に松陰の生地萩などにも行ったことがあります。地元を盛り上げる場所だと思います。

  • 花園神社
    旅行/観光
    東京都新宿区新宿5-17-3
    東京都新宿区新宿の繁華街の一角にある神社で、江戸幕府が置かれる以前から新宿の総鎮守として祀られている。寛永年代の移転時に美しい花園の跡地に建てられたことから「花園稲荷神社」と呼ばれ、現在の社名の由来になった。境内には商売繁盛や子授け、縁結びにご利益のある「威徳稲荷神社」と芸能の神を祀る「芸能浅間神社」があり、女性や芸能人が多く参拝する。毎年11月の酉の日に開催される酉の市は大勢の人で賑う神社最大の行事。
  • 鳩森八幡神社
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    旅行/観光
    東京都渋谷区千駄ケ谷1-1-24
    渋谷区千駄ヶ谷1丁目にある神社。応神天皇、神功皇后を祭神として祀っている。社殿は戦火で消失して後に復元されたが、ご神木の大銀杏は戦火を免れ残っている。境内の富士塚は寛政元年(1789)に築かれたといわれ、「千駄ヶ谷の富士塚」として都の有形民俗文化財に指定。

    3月のライオンて漫画が好きで将棋会館へ もちろん将棋堂があるこちらの神社も行く 千駄ヶ谷の富士山が楽しかった! 東京観光でも行くと楽しいです!

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す