東京のその他の名所スポット一覧

  • テレビ朝日
    rating-image
    3.5
    153件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区六本木6-9-1
    東京都港区六本木にあるテレビ朝日の本社ビル。「六本木ヒルズ森タワー」とは、広場を挟んで隣接している。メインエントランスであるアトリウムは一般見学が可能。同局の人気番組のセットを再現した展示やアニメキャラクターなどのディスプレイは、記念撮影スポットとして人気である。番組グッズを販売するテレアサショップやガラス張りのおしゃれなカフェがあり、六本木ヒルズと併せて訪れる観光客も多い。

    テレ朝番組のアメトーク・相棒・ドクターXなどのグッズが販売されています。 ドラえもんなどもあるので、外国人観光客にも穴場かもしれません。

  • 迎賓館赤坂離宮
    旅行/観光
    東京都港区元赤坂2-1-1
    紀州徳川家の江戸中屋敷の跡地を利用し、明治42年(1909)に東宮御所として造られた建物。現在は海外からの賓客を迎えるための迎賓館として使われており、日本の外交の要ともいえる施設である。日本唯一のネオ・バロック様式の優美な西洋風建築で、明治以降の文化財として初めて国宝に指定された。
  • 新田神社
    旅行/観光
    東京都大田区矢口1-21-23
    武蔵新田駅から住宅街を進んだ先にある新田神社。祭神は新田義貞の次男新田義興。非業の死を遂げた義興の霊を慰めるために創建され、以後新田大明神として祀られるようになったのが由来とされる。そのため神社には新田氏由来の武具や工芸品が多数収められている。また門前の茶屋が義興の矢と称して売っているのを見た平賀源内が魔除けの矢(矢守)を考案したことから「破魔矢発祥の神社」とも言われている。
  • テレコムセンタービル展望室
    旅行/観光
    東京都江東区青海2-5-10
    お台場・青海エリアの「テレコムセンタービル」21階にある回廊式展望台。窓際のテーブル席でのんびりと夜景を眺められるスポットで、比較的空いていることが多い穴場。大きくとられた窓からは、東京ゲートブリッジやレインボーブリッジ、フジテレビなどお台場のランドマークを見渡せるほか、都心のビル群の間にはライトアップされた東京タワーも見える。最寄はテレコムセンター駅。
  • 晴海埠頭公園
    旅行/観光
    東京都中央区晴海5丁目
    メインストリートから少し入り込んでいて穴場。花壇は四季折々の花が咲き、夜景の美しい国際色豊かな公園。海を大小の船が行き来する。
  • 時代屋
    旅行/観光
    東京都台東区雷門2-3-5
    台東区雷門2丁目にある、観光人力車の運行や日本文化の体験サービスを行う会社。人力車の他、和太鼓や三味線をはじめとした伝統芸能の出張パフォーマンス、昔ながらの紙芝居、駄菓子の出張販売、和風ウエディング、和風小道具の貸し出しなど、様々なサービスを展開している。
  • 白丸調整池ダム
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町
    昭和37年(1962)に竣工した発電専用ダム。白丸発電所、多摩川第三発電所に送水され、合計約1万7千kwもの電力を発電する。高さ約30m、堤頂の長さ61mとやや小ぶりな重力式コンクリートダムだが、都内最大規模の魚道が整備されていることで有名だ。魚道とは魚の通り道を確保する構造物のことで、ここ白丸ダムではヤマメやアユ、ニジマスなどが魚道を通って遡上する。魚道そのものが全国で30程度しか存在しないといわれており、この規模の高低差を持つダムに魚道が備えられることは全国的にも珍しい。
  • 隅田公園
    旅行/観光
    東京都台東区花川戸1他
    浅草駅から徒歩で約5分。隅田川沿いにある公園で、南北に長く広がっているのが大きな特徴。敷地内には正岡子規などの俳人や明治天皇に縁のある史跡が多く残されている他、水戸徳川邸にあった池を利用した日本庭園などもある。桜の名所としても知られており、毎年3月には桜まつりも開催。浅草流鏑馬や隅田川花火大会といったイベントも行なっている。現在は東京スカイツリーが見られる絶好のスポットとしても人気で、夜には桜橋のライトアップと共に楽しめる。
  • ロックガーデン
    旅行/観光
    東京都青梅市御岳山
    御岳山のハイキングコースの中に、大きな岩がゴロゴロし、冷たい水が流れる場所がある。案内板に「岩石園」と書かれているのがロックガーデンである。緑と岩と清流は趣を感じるが、雨の日やその翌日は水量が増すので注意が必要。
  • ほたる公園
    旅行/観光
    東京都福生市南田園3-9-1
    緑豊かな自然が残る福生市は都内でも数少ないホタルの鑑賞ポイント。昭和30年代には玉川上水沿いの木々にゲンジボタルが群れをなし、まるで光の野外劇のようだったと言われている。その後都会化の進行とともに減りつつあるホタルを保護する施設として設置されたのが「ほたる公園」だ。例年6月中旬には「福生ほたる祭」が行われ、ほたる公園と玉川上水青梅橋付近に約500匹のゲンジボタルが放たれる。会場周辺には模擬店や地元グルメの販売、特設ステージは催し物などが披露され、福生の初夏の風物詩となっている。
  • 新宿アイランドタワーLOVE(ラブ)オブジェ
    旅行/観光
    東京都新宿区西新宿6-5-1
    オフィスやテナント、専門学校が入った44階建ての高層ビル「新宿アイランド」の入り口に設置されたパブリックアート。東京を代表するランドマークのひとつでもある、この巨大な真っ赤のオブジェはアメリカの作家、ロバート・インディアナが手がけたもの。数々の映画やテレビドラマにも、恋人たちの待ち合わせスポットとして登場した有名スポットだ。オブジェの「V」と「E」の間を体を触れずに通り抜けられれば恋が実る、といった都市伝説も存在する。
  • 麦山の浮橋
    旅行/観光
    東京都西多摩郡奥多摩町川野
    東京の機長の水源・奥多摩湖にかかる浮き橋。「ドラム缶橋」の愛称でお馴染みの橋は、奥多摩湖を歩いて渡ることができる橋として注目されている奥多摩の名物だ。全長約220mの橋は、元はダム建設に伴って向こう岸まで空いていけなくなったために作られたもの。当時は実際にドラム缶を使用していたが、現在はポリエチレン・発砲スチロールで組まれている。橋の上は水飛沫や揺れも少ないため、小さい子でも安心して渡れるが、隙間が広い箇所もあるため足元に注意して渡ろう。
  • 似顔絵コインランドリー
    旅行/観光
    東京都葛飾区柴又1-43-1
    京成金成線柴又駅のホーム南側に隣接した場所にある小さなコインランドリー。一見するとよくある下町のコインランドリーだが、店内に入り込むとそこには壁や天井を埋め尽くすほどの似顔絵が多数貼りつけられている。内容は主に政治家や芸能人、スポーツ選手といった有名人。写実的でリアルなタッチが特徴だ。すべて店のオーナーによる作品であり、洗濯に来たお客さんが待ち時間中に退屈させないために始めたという。この独特な雰囲気からテレビなどのメディアにも取り上げられており、地元の有名店として知られている。
  • 湯加減の穴
    旅行/観光
    東京都新島村式根島
    式根島の東部にある市街地から、辺りを岩山に覆われた天然の露天風呂「地鉈温泉」に向かう途中にある観光名所。石垣内に湯加減の穴と彫られているのが目印となっている。名前の通り壁にぽっかりと穴が空いていて、地中の源泉と繋がっていることから中に手を突っ込むとその温かさが感じられる。冬の寒い時期には湯気も立ち上るなど温泉と合わせて楽しめるのが魅力。
  • 平井川のホタル
    旅行/観光
    東京都西多摩郡日の出町大久野2986(石山前バス停)-3882(稲村石バス停)付近
    武蔵五日市駅からバスで、日の出ICからは車で約15分から20分程度。例年6月中旬から7月中旬にかけて平井川の周辺で見られるホタル。特に上流域である大久野三ツ沢地区や岩井地区では比較的鑑賞できる機会が多い。ピークは6月下旬で時間は夜7時から8時頃がオススメ。ほとんどがゲンジボタルだがヘイケボタルが飛んでいることもある。捕獲はせず安全に配慮して鑑賞すること。
  • 地層大切断面
    旅行/観光
    東京都大島町野増間伏
    伊豆大島の南西部、野増地域で一際目を引く地層の大切断面。大島一周道路沿いに高さ約24m、長さ約630mという圧倒的なスケールの地層模様が突如出現する。昭和28年(1953)、大島一周道路の建設途中で偶然発見された地層は伊豆大島の火山噴火史を物語る証であり、地元大島では「バウムクーヘン」と呼ばれる。100層ほど積み重なった縦模様は150年に1度と言われる大噴火の降下堆積物によって形成されたもの。路面壁の一部分は1万2000年から1万5000年以上前の地層とも言われている。
  • 富士見橋
    旅行/観光
    東京都世田谷区上野毛3-3
  • 恵比寿ガーデンプレイス時計広場
    旅行/観光
    東京都渋谷区恵比寿4-20-3
  • 東京大学赤門
    rating-image
    4.0
    519件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区本郷7-3-1

    たまたま仕事で近くに行った時に赤門を見かけて入ってみました。大学の中にスターバックスもあり、いい大学だと思いました。

  • 浅草寺 雷門
    旅行/観光
    東京都台東区浅草2-3-1

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す