NAVITIME Travel

東京の演芸場スポット一覧

  • 新宿角座
    遊ぶ/趣味
    東京都新宿区新宿3-20-8 WaMallトップスハウス4F
    東京都新宿区にある松竹芸能の劇場で、江戸時代から続いた大阪の演芸場「道頓堀角座」の名称を引き継ぎ、2011年に開業した。松竹芸能に所属する芸人の演芸ライブや演劇、落語、イベントを行う会場として主に利用されている。客席はステージが見やすい階段状。館内には、オリジナルTシャツやタオル、タレントグッズが購入できるショップもあり。公演スケジュールや出演タレントは、公式ホームページから閲覧できる。
  • 神田連雀亭
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区神田須田町1-17 加藤ビル2F
    淡路町駅A3出口から徒歩約2分の立地にある、落語の寄席。落語家の階級で上から2番目に位置する「二ツ目」の落語家のみが出演する。客席は35席ほどで、間近で落語を楽しむことができる。時間帯によってスタイルの異なる寄席を公演しており、昼の「ワンコイン寄席」は、500円、その他の「日替わり寄席」や「きゃたぴら寄席」も1000円と非常にリーズブル。世代を問わず、気軽に落語を楽しむことができる。
  • 大衆劇場 立川けやき座
    遊ぶ/趣味
    東京都立川市曙町1-36-1
    劇団が各地を巡業しながら時代劇・舞踊・歌謡などを行う「大衆演劇」の専用劇場で、JR立川駅より徒歩6分の立地にある。客席は桟敷席・たまり籍・椅子席の3種類。役者の表情まではっきりと見えるほど客席と舞台の距離が近く、臨場感あふれる芝居を楽しめる。国内各地から人気劇団を招いて公演を行うため、月替わりで様々な演目が観劇できるのも魅力。
  • 池之端しのぶ亭
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区池之端2-5-47
    東京都台東区池之端にある寄席。落語家の三遊亭好楽氏が新築した自宅1階を利用し、平成25年(2013)より営業している。収容人数は40人から50人、フローリングに座布団を敷いた小規模な寄席だが、最大の魅力は演者と客席の近さ。マイクを使わず、生の声で落語を楽しめるスポット。最寄は根津駅。
  • TBスタジオ
    遊ぶ/趣味
    東京都北区志茂1-1-9
  • 明治神宮 神宮会館
    遊ぶ/趣味
    東京都渋谷区代々木神園町1-1
  • 中野あくとれ
    遊ぶ/趣味
    東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンションB1
  • 国立演芸場
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区隼町4-1
  • お江戸両国亭
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区両国4丁目30-4

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す