NAVITIME Travel

東京のプールスポット一覧

  • 東京辰巳国際水泳場 (2020/4/12まで休業中)
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都江東区辰巳2-8-10
    江東区辰巳2丁目にある水泳場。公式大会にも使用されるメインプール(公開日には泳力のある中学生以上か申請を受理された小学生が利用可)、サブプール、ダイビングプールを備え、アスリートから家族連れ、ウォーキングなどのフィットネス目的などでも利用される。また、定食や麺類、カレーなどを提供する「レストラン辰巳」も併設。豊洲駅、辰巳駅、新木場駅からは無料のシャトルバスを運行している。

    大きな大会等も多数開かれているプールだが、混雑はしておらず、十分に練習できる。飛込みレーン、フィンレーン(時間限定)等もある。

  • 東原公園水泳場
    遊ぶ/趣味
    東京都青梅市今寺5-11
    夏休みの期間限定でオープンする、青梅市の屋外プール。周囲176.8mの流水プールを中心に、スライダープール、直線・曲線スライダー、幼児用プールなどを備えている。エアーマットやシャチなどの乗り物浮き具、ビーチボールやボートなどの持ち込みが可能だ(混雑時は使用制限あり)。市営のため、使用料、ロッカー使用料とも非常にリーズナブル。圏央道・青梅ICから約1キロという好アクセスも魅力の水泳場だ。
  • 多摩市立温水プール アクアブルー多摩(2020/4/12まで休業中)
    rating-image
    4.5
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都多摩市南野3-15-2
    小田急・唐木田駅から徒歩8分という好アクセスが魅力の市立温水プール。屋内プールのため、一年を通してオールシーズン利用することができる。施設の一押しは二基のウォータースライダー。一基はボディースライダーが、もう一基ではスライダーボートを使用したアイランドスライダーが楽しめる。スリル満点のウォータースライダーは、夏になると長蛇の列ができるほど。他にも本格的に泳ぎたい人向けの50mプールや水中ウォーキングが楽しめる流波プール、水温が38-39度と高めに設定されたリラクゼーションプールなどを完備している。

    日曜日の朝一番、9時に行ったが駐車場の一階はすでに満車。入口もそれなりに並んでいた。やはり朝から行くのがお勧め。

  • 国営昭和記念公園 レインボープール(休業中)
    遊ぶ/趣味
    東京都立川市緑町 国営昭和記念公園内
    首都圏最大級の総面積63,000平方メートルに9つのプール(水面積12,560平方メートル、 東京ドームの約1.4倍)を擁する本格的レジャープール。国営昭和記念公園内にあるためプールへの再入場は当日に限り何回でもフリーで、公園内と一緒にプールを利用することもできる。毎年7月中旬~9月初旬が利用可能期間となる。
  • アドベンチャードーム
    遊ぶ/趣味
    東京都あきる野市上代継600 東京サマーランド内
    東京サマーランドの目玉アトラクションのひとつである屋内プール施設。季節や天候を問わずいつでもプールが楽しめるのが魅力となる。アトラクションは中心となる巨大プール「コバルトビーチ」を始め、頭上から突然降ってくる600リットルの水をかいくぐりながら進む「ロックビーチ」や迫力満点のウォータースライド「Tikiスライド」などが楽しめる。また温浴プールや軟水ジャグジーといったリラクゼーションプールやエリア内を機関車に乗って旅する「アドベンチャートレイン」など泳ぐ以外の楽しみも多い。
  • アドベンチャーラグーン
    遊ぶ/趣味
    東京都あきる野市上代継600 東京サマーランド内
    東京サマーランドにある「冒険体験型」の屋外ウォーターエリア。6月末から9月末までの期間限定でオープンする。日本最大級となる650mの流れるプール「グレートジャーニー」を中心に4人以上6人以下まで乗れるゴムボートで巨大なコースを滑走する「DEKASLA」や、ドボン!と水に落ちる感覚が楽しめるスライダー「dobon」などなどダイナミックなアトラクションが楽しめる。また小さい子どもでも楽しめる「モンキーフロート」や温浴プール「スプリングハウス」など泳ぐ以外の楽しみも用意されている。
  • 長浜海中プール
    遊ぶ/趣味
    東京都神津島村
    神津島の北西、バス停「長浜海岸」で下車してすぐのところにある、名前通り海水を使ったプール。海水浴のシーズンに開設され、長さは約150m、幅は約30mの広さに仕切られている。海岸にそのまま設置されているので満潮時の利用はできないものの期間中は自由に遊泳可能。誤って沖合に流れる心配もないので子ども連れでも気軽に遊べるのが最大の魅力となっている。水中眼鏡を使って魚をウォッチングするのもオススメ。
  • としまえんプール
    遊ぶ/趣味
    東京都練馬区向山3-25-1
    水と緑の遊園地・としまえんに併設された、都内最大級の屋外プール。浮き輪につかまりゆらゆら浮かぶ「流れるプール」や長さ50mの「ナイアガラプール」、様々なタイプのスライダーが絡み合う水の絶叫マシン「ハイドロポリス」など、豊富なアトラクションを取り揃えている。また、近年人気を集めるナイトプールをエリア限定で開催。場所取りいらずの有料休憩スペースも完備しているため、ゆったりとリゾート気分を満喫することも可能だ。毎年夏季限定でオープンしている。
  • 平和島公園プール
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都大田区平和島4-2-2

    夏は野外プールも開放されて400円くらいで入場することができます。夏以外は屋内プールの使用のみのようです。暑い日に行ったら水がぬるかったので3点です。

  • 東調布公園プール
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都大田区南雪谷5-13-1

    区民憩いの場です。浮き輪以外の遊び道具は持ち込み禁止ですので、ゆったりとプール遊びができます。繁忙期でも泳ぎ用と歩き用にコースがあるのもありがたいです。

  • 萩中公園プール
    rating-image
    3.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都大田区萩中3-26-46

    20代後半男性。体形が気になりだす年齢でさね。運動不足解消のため週1ペースで泳ぎ始めました。50mプールがあるのは良い。

  • 町田市立室内プール
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都町田市図師町199-1

    目下、改修中です。子供用プールには小さな滑り台や浮マットがあります。浮マットでご機嫌。滑り台は鼻に水が入って大騒動。

  • よみうりランド プールWAI
    遊ぶ/趣味
    東京都稲城市矢野口4015-1
    流れるプールや波のプール、飛び込み台のあるダイビングプールなどの5つのプール、スピードとカーブの変化を楽しむ3種のスライダーがあり、エキサイティングな一日を満喫できる。「それいけ! アンパンマンプール」には、キャラクター勢揃いの噴水やすべり台などがあり、チビッコも大はしゃぎ。ダンス&放水ショー「ダンスプラッシュ!!」やシンクロショー「W’ait」などのイベントを日替わりで開催。期間限定でナイトプールやビアガーデンも開催。海外のリゾート地のようなライトアップやイルミネーションで開放感を味わえる。
  • 港区スポーツセンター
    遊ぶ/趣味
    東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦内
  • BumB東京スポーツ文化館屋内温水プール
    遊ぶ/趣味
    東京都江東区夢の島2-1-3
  • 葛飾区奥戸総合スポーツセンター温水プール館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都葛飾区高砂1丁目2-1

    葛飾区民以外でも大人2時間300円と、とてもお手軽にプールが楽しめると思います。室内の温水プールはこの時期でも寒くないです。

  • 利島村前浜親水レクリエーション施設
    遊ぶ/趣味
    東京都利島村1663-3
  • 赤塚体育館温水プール
    遊ぶ/趣味
    東京都板橋区赤塚5丁目6-1
  • あきる野市民プール
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都あきる野市原小宮353

    屋外プールは、スライダーや流水プールなどもあり、夏休みは多くの子供達で賑わいます。屋内プールは通年利用でき、水泳教室もよく開催されます。入り口の券売機で入場券を購入します。入る前にしっかりシャワーを浴びるよう注意されます。

  • 五日市ファインプラザ
    遊ぶ/趣味
    東京都あきる野市伊奈859-3

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す