NAVITIME Travel

千葉・幕張の文化/見学スポット一覧

  • 千葉市動物公園(休業中)
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市若葉区源町280
    昭和60年(1985)に開園した「千葉市動物公園」は、動物のエサやりや乗馬ができる「ふれあい動物の里」もある動物園で、いくつかのコース案内もしてくれる大きな動物園だ。バーベキュー施設やレストランもあり一日ゆっくり楽しめる。売店で購入できる「レッサーパンダラーメン」は、売上の一部が動物園に寄付されることから人気商品の一つとなっている。

    寒い日だったからか動物たちの動きがイマイチでしたが、カンガルー、フラミンゴ、ハシビロコウなど見学してなかなか楽しめました。科学館とかいう建物がなかなか面白いらしいのですが、改修中で入れず残念でした。

  • 市原ぞうの国
    遊ぶ/趣味
    千葉県市原市山小川937
    国内最多飼育数のぞう10頭をはじめ、ラクダ・カバなど100種類の動物たちが暮らしている「市原ぞうの園」。サッカーやダンスなどの芸をするショーの後で、ぞうの背中乗って記念撮影等もできる人気の動物園である。予約をすれば小湊鐵道「高滝駅」と、市原鶴舞バスターミナルから無料送迎バスも使えて便利。
  • 稲毛海浜公園
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市美浜区高浜7-2-1
    東京湾沿岸に広がる海浜公園。人工のいなげの浜で海水浴が楽しめるほか、三陽フラワーミュージアム(料金:300円)や稲毛の歴史、風土が分かる稲毛記念館(入館無料)などの文化施設、野球場や競技場、プールなどが集まっている。
  • 千葉県立中央博物館
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区青葉町955-2
    千葉県の自然と歴史に関する総合的な博物館。展示解説員が案内。企画展示も開催。県立青葉の森公園内にある。
  • 千葉市都市緑化植物園
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区星久喜町278
    千葉市中央区星久喜町にある植物園。バラ園やハーブ園、シダ園などをはじめ、園芸実習園や生垣見本園、灌木見本園、花木見本園などの様々な庭園からなる。園内に併設された「みどりの相談所」では、各種講習会や相談コーナーによって、園芸の知識を深めることも可能だ。

    千葉市の中心からは遠いですが、駐車場があるので車での来園が便利です。季節によっていろいろなイベントが開かれていて、10月にはバラが見ごろでした。100種類くらいのバラが植えられていて、種類によって開花状況も違うのでいろいろな姿・形・色をしたバラが楽しめました。

  • 千葉市立郷土博物館
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区亥鼻1-6-1
    亥鼻公園内にある博物館。千葉氏の居城・亥鼻城の跡地にあり、火縄銃や刀、甲冑などの歴史資料の常設展示のほか、千葉氏をはじめ千葉県の歴史に関する企画展などを開催している。天守閣を模した4層5階建ての建築で、最上階は展望室となっている。

    駅からも徒歩圏内なので、車が無くても行ける場所に こんな施設があったんですね、しかも入場無料です。 千葉の歴史に触れられる素敵なスポットでした。

  • 千葉県立中央博物館
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区青葉町955-2
    青葉の森公園内にある博物館。「房総の自然と人間」をテーマに「房総の自然誌」、「房総の歴史」、「自然と人間のかかわり」の3つから構成される常設展示を行っている。房総の自然を再現したジオラマや化石、小動物の飼育展示や文化財の複製展示などにより、房総の自然と歴史について学ぶことができる。企画展やイベントも開催するほか、同公園内には房総の動植物の生態を観察できる生態園も併設。

    県立博物館だけあって入館料は非常にリーズナブルです。反面、展示は非常に充実しており地学や歴史に興味がある方であれば非常に楽しめると思います。駆け足で見て1時間30分くらい。ゆっくり見るなら3時間くらいをみたほうがいいかもしれません。

  • 千葉市美術館
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区中央3-10-8
    房総にゆかりの深い作家の作品や、房総の風景画を展示している美術館。江戸時代の絵画や、江戸から昭和初期にかけての版画、日本と欧米の現代美術などのコレクションを収蔵している。常設展示は行っておらず、企画展と所蔵作品展、講演会やワークショップなどのイベントを開催。建物は旧川崎銀行千葉支店の建物を保存利用した中央区役所との複合施設で、レストランや図書室なども併設している。

    JR千葉駅から徒歩15分程にある千葉市の美術館です。この度は北大路魯山人展に行ってきました。同氏の陶器制作が時系列に展示されていて、パネルで略歴紹介もあり、分かり易い内容となっていました。又、同氏が手本とした尾形乾山や、同時代を生きたイサムノグチや棟方志功などの展示もあって、盛沢山で見応えがありました。千葉駅からちょっと離れている事や、都内ではない事などもあり、平日は空いていてゆっくりと鑑賞出来る...

  • 千葉県立美術館
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
    千葉ポートパーク内にある美術館。千葉県にゆかりのある作家の作品や関係資料を中心に展示している。近代日本洋画の先駆者・浅井忠をはじめ、フランソワ・ミレーやオーギュスト・ルノワールなどの絵画や、香取秀真、津田信夫などの金工家の作品、約2,800点のコレクションを収蔵。平屋建てで内部に段差のない建築は、建築家・大高正人の設計によるものだ。併設の県民アトリエ棟には、講堂や情報資料室、アトリエなどを備えている。

    JR千葉みなと駅から徒歩10分で、ポートタワーの側にあります。館内はゆったりとしていて、都心から離れている為か人も少なく落ち着いて絵画鑑賞が出来ました。日本画家の後藤純男展が開催されていて、同氏の初期から晩年までの作品が60点ほどあり、特に奈良長谷寺の襖絵である夏冬山水は通常一般公開されていないそうで、この企画で特別展示となっています。館内にはレストランもあり、お手頃価格ですし、ポートタワー観光と...

  • Sayuri World(サユリワールド)
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県市原市山小川771
    「市原ぞうの国」から徒歩5分に位置する動物園。柵のない環境で飼育されているキリンやカピバラ、カンガルーなどの動物たちと間近でふれあえる施設となっており、園内には会員向けのペンションも併設されている。「市原ぞうの国」との共通入場券も販売している。

    市原ぞうの国のすぐそばにあります。 ぞうの国でセットチケットを販売しており、キリンがいるとのことだったので、詳細を聞かずに購入してしまいました。 結果、パーク全体がふれあい広場のようになっており、動物たちと間近で触れ合えます。 ただ、動物と触れ合うのが苦手な私達には結構苦痛でした。 セットチケット購入時に教えてくれたら良かったのにと思いました。 ぞうの国から、シャトルバスが不定期で随時出てお...

  • 千葉市立加曽利貝塚博物館
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市若葉区桜木8-33-1
    加曽利貝塚縄文遺跡公園内にある博物館。国の指定の特別史跡である日本最大級の縄文時代の貝塚、「加曽利貝塚」から発見された土器や石器などの出土品を中心とした常設展示を行っている。加曽利貝塚をはじめ、縄文時代の貝塚の特徴や、貝塚研究の歴史に関する知識を深めることができる。また年2回の縄文土器づくり講座や、夏休みの縄文時代教室など、縄文時代に関する講座や教室、体験プログラムも開催している。

    ちーばるの半券でもらえるグッズ欲しさに、超久しぶりに行きました。車で行っても分かりづらい、住宅街の中にあります。博物館自体は、建てられたそのままという感じで昭和感満載です。オリジナルグッズは、マスコット犬のクリアファイルで、結構可愛かったです。

  • 三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市美浜区高浜7-2-4
    平成7年(1995)に第12回全国都市緑化ちばフェアのテーマ館「花の美術館」として誕生し、平成8年(1996)に千葉市花の美術館として開館した「三陽メディアフラワーミュージアム」。温室棟・展示棟・休憩棟と屋外の前庭・中庭・後庭で構成されており、約1600種48000株の植物が植栽されている施設である。講座が行われている花工房やレストランなどもあり、季節の花に囲まれて癒しの時間を堪能することができる。
  • 千葉市科学館(休業中)
    rating-image
    4.0
    66件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区中央4-5-1 複合施設「Qiball(キボール)」内 7-10F
    千葉市中央区中央の東金街道沿い、千葉中央駅から徒歩6分にある科学館。プラネタリウムと展示エリアからなる。展示エリアは、地球環境や宇宙などについて学べる「ジオタウン」、暮らしに関する科学と技術について学べる「テクノタウン」、音や光、数について学べる「ワンダータウン」に分かれており、それぞれに体験型の展示などを行っている。

    子供の興味をそそり、遊びながら科学が学べるので、これからも連れていきたい!プラネタリウムも綺麗で楽しい。

  • 市原湖畔美術館(休業中)
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県市原市不入75-1
    平成25年(2013)にリニューアルオープンした「市原湖畔美術館」は、高滝湖畔という絶好のロケーションを生かした、魅力溢れる美術館だ。様々な展示企画展も興味が尽きないが、美術館のシンボルマークを付したオリジナルグッズと市原ならではの物産が並ぶミュージアムショップや、房総の食材を使用したピザを中心とした食事が楽しめるレストランも外せない。

    市原湖畔ドライブがてらに連休初日に訪問。「更級日記考―女性たちの、想像の部屋」展を見に行きました。入館料800円がJAF割引で700円。館内入って右側常設展は撮影禁止、左側企画展は撮影可。紀貫之の土佐日記に習い、男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするのも宜しいでしょう。

  • ホキ美術館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
    日本初の写実絵画専門美術館である「ホキ美術館」は、巨匠から若手まで約50作家450点の写実絵画を所蔵しており、地上1階・地下2階の三層の長い回廊を重ねたギャラリーでは、一部宙に浮いている部分も見学できる興味の尽きない美術館だ。館内にあるイタリアンレストラン「はなう」は大変人気の店の為予約してからの来店がお勧めである。

    ホキ美術館に来て素晴らしい作品に感激し、余韻に浸りつつ食事して帰ろうと思った。 そしたらなんと1Fのレストランは予約で満席との表示が出ててガックリ。仕方ないので、カフェ利用となった。 ここのカフェはB1Fにあって、美術館の有料観覧者しか利用できない。観覧ルートの途中で小休憩するのに持ってこいだが、私は次々と現れる驚愕の作品群に夢中になってしまい、全てを観終わった後での利用だ。 入口のミュージア...

  • ふれあい動物園 ライフズー
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区川崎町51-1 フェスティバルウォーク蘇我2F
    全天候型・時間無制限の屋内動物園。100種類以上の動物たちと間近でコミュニケーションを取ることができ、アルパカやカピバラ、ウサギなど小動物とのふれあいや、インコやリクガメへのエサやりなどが体験できる。動物たちの細かなところまでじっくりと観察でき、記念撮影もできるほか、教育プログラムやパフォーマンスショーなどイベントも満載。子どものみならず大人も楽しめる。カフェテリアも併設。
  • 見浜園
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市美浜区ひび野2-116
    幕張海浜公園の一角にある日本庭園。形よく刈り込まれた植栽の中に水の流れを造った池泉回遊式で、山や川、海、林などが表現されている。京都北山杉を用いた数寄屋造の本格的な茶室松籟亭[しょうらいてい]では、茶室が使用されていない時のみ、一服500円で抹茶(和菓子付き)が楽しめる。

    初めての幕張でした。日本庭園があることを現地で知り行ってみました。都会の中で落ち着ける静かな庭園です。おススメです。

  • 市原市都市農業センター
    遊ぶ/趣味
    千葉県市原市安須980
    道の駅あずの里いちはらに隣接した憩いのスポット。ピクニック広場、バーベキュー広場などのレジャー施設のほか、桜の見本園など自然とふれあえるエリアがある。
  • 千葉経済大学地域経済博物館
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市稲毛区轟町3丁目59-5
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科附属緑地植物実験所
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市花見川区畑町1051

千葉の主要エリア

around-area-map

千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。

千葉の写真集

目的から探す