千葉の博物館/科学館スポット一覧

  • 航空科学博物館
    rating-image
    4.0
    284件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県山武郡芝山町岩山111-3
    航空に関する科学知識や航空科学技術について学べる「航空科学博物館」は、屋外展示広場にセスナ等の航空機やヘリコプターもある博物館で、航空アート展や航空無線通信士受験直前セミナーも開催している。ミュージアムショップでは、航空機のスケールモデルなど航空関係のグッズが豊富だ。

    体験館という新しい棟が完成していて、よりファミリー向けになりましたね。 模型でなく実際の機体を使った展示は、航空会社からの譲受が多いので古いのは仕方ないですし、その分子どもが計器を触っても怒られないものが多いです。 シミュレーターは最近の機材も多いので、有料ですが体験しがいがあります。 オプションの体験プログラムは、開館と同時に申し込み締め切りの枠もあるので、午前中がおすすめです。

  • 千葉市科学館
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区中央4-5-1 複合施設「Qiball(きぼーる)」内 7-10F
    千葉市中央区中央の東金街道沿い、千葉中央駅から徒歩6分にある科学館。プラネタリウムと展示エリアからなる。展示エリアは、地球環境や宇宙などについて学べる「ジオタウン」、暮らしに関する科学と技術について学べる「テクノタウン」、音や光、数について学べる「ワンダータウン」に分かれており、それぞれに体験型の展示などを行っている。

    子供から大人まで楽しく勉強できる参加体験型の科学館があり、建物内部にある球体の最新式大型プラネタリウムは、1000万個を超えるリアルな星空と迫力ある映像を楽しむことができます。プログラムはいろいろ用意されているので、何度行っても楽しめます。

  • 国立歴史民俗博物館
    rating-image
    3.5
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県佐倉市城内町117
    歴史学・考古学・民俗学の調査研究の発展、資料公開による教育活動の推進を目的に、昭和56年(1981)に設置された研究機関である「国立歴史民俗博物館」。総合展示物の他、期間限定の貴重な現品を見ることが可能な特別展なども企画されており、日本の歴史に深く触れることができる場所となっている。

    古代米のカレーライス、食後にケーキとコーヒーを頂きました。春の桜の季節に来てみたいですが、人がすごそう。桜の季節は民族大移動が起こるので、オフシーズンに行くしかないのかな。食事だけでも楽しいです。

  • 千葉県立関宿城博物館
    rating-image
    3.5
    37件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県野田市関宿三軒家143-4
    関宿城を再現した天守閣を有する博物館。「河川とそれにかかわる産業」をテーマに展示を行っている。利根川水運中継地としての関宿の歴史や風俗、関宿藩や関宿城の歴史に関する資料展示を、模型や映像なども駆使して行っている。また、歴史や郷土食に関する講座や、体験教室などのイベントも開催している。

    片道50km弱の距離にあり、非常によい目標地点になっています。施設自体はかなりこじんまりしていて、中は見たことないですが、小一時間ってところでしょうか。

  • 千葉県立中央博物館 大多喜城分館
    rating-image
    3.5
    91件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481
    房総の城と城下町を常設展のテーマとした歴史博物館。房総の中世・近世の城郭と、それに関わる武具や調度品・古文書及び武家社会や城下町の生活などに関する資料を展示している博物館である。徳川四天王の一人「本多忠勝」が城主だったことからも有名な「上総大多喜城本丸跡」に建てられた。

    閉鎖されていて中に入ることはできませんでしたが、町歩きをしていて、大多喜小学校からの眺めが良かったです。小学校から見ると近代建築と古い建築の対比が楽しめます。小学校も屋根は瓦だがコンクリートの近代的な様式で、丘の上の城が映えます。

  • 浦安市郷土博物館
    rating-image
    4.0
    50件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県浦安市猫実1-2-7
    浦安市猫実1丁目にある博物館。屋外展示場「浦安のまち」をはじめ、屋内には船の展示室「海を駆ける」とテーマ展示室「海とともに」を備え、漁師町として栄えた時代を中心に浦安の暮らしと海の関わりを紹介する常設展示を実施している。館内にカフェレストランを併設するほか、土日には屋外展示場の三軒長屋を使った駄菓子屋も営業している。

    浦安公園に隣接した施設です。昔の海苔や漁業を営んでいた頃を再現、解説しています。昔の街並みを再現した区画があり、小舟に乗ったり、べーごまや昔懐かしい遊びを体験することが出来ました。

  • 松戸市立博物館
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県松戸市千駄堀671
    「21世紀の森と広場」内にある博物館。「見て・触れて・体全体で感じる」をコンセプトとし、旧石器時代からの松戸の歴史に関する資料展示を行っている。同市のマンモス団地「常盤平団地」を再現した展示では、昭和30年代当時の暮らしの様子を体験することができる。

    松戸の歴史がわかります。時代ごとに展示されていてとてもわかりやすいです。 個人的にお気に入りは当時の団地を再現した展示施設です。とても懐かしい思いになるはず。

  • 千葉市立加曽利貝塚博物館
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市若葉区桜木8-33-1
    加曽利貝塚縄文遺跡公園内にある博物館。国の指定の特別史跡である日本最大級の縄文時代の貝塚、「加曽利貝塚」から発見された土器や石器などの出土品を中心とした常設展示を行っている。加曽利貝塚をはじめ、縄文時代の貝塚の特徴や、貝塚研究の歴史に関する知識を深めることができる。また年2回の縄文土器づくり講座や、夏休みの縄文時代教室など、縄文時代に関する講座や教室、体験プログラムも開催している。

    千葉市若葉区にある、5000年前の縄文時代中頃が起源の加曽利貝塚にある博物館です。発掘された土器、石器、土偶などのある常設展示のほか、屋外には貝塚の断面や復元家屋の展示があります。見学、駐車場料金は無料です。

  • 我孫子市 鳥の博物館
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県我孫子市高野山234-3
    「手賀沼の自然と鳥たち」、「鳥の世界」、「人と鳥の共存」の3つのテーマで構成された常設展示を行う博物館。始祖鳥化石レプリカや世界中の鳥の標本、四季の手賀沼を再現したジオラマなどの資料展示を通して、様々な角度から鳥類に関する理解を深めることができる。鳥に関する企画展のほか、手賀沼をはじめ周辺地域での自然観察や、資料を使った体験学習なども主催している。

    我孫子市の手賀沼の岸辺にある博物館で、世界1位クラスの規模を誇ります。 たくさんの種類の鳥のはく製を見る事が出来ますし、手賀沼の景色も楽しめます。

  • 館山市立博物館 本館
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県館山市館山351-2 城山公園内
    里見氏の居城「館山城跡」を整備した、城山公園内の博物館。約170年に渡り周辺地域を統治した里見氏の史実をはじめ、安房地方の歴史や民俗に関する資料展示、歴史に関する教室や講座を開催している。同公園の山頂にある「館山城(八犬伝博物館)」では、里見氏をモチーフとした曲亭馬琴作の「南総里見八犬伝」に関する展示を行っている。

    安房国で、170年間栄えた里見氏の歴史を中心に、安房の歴史と民俗を展示している博物館です。 しかしながら、交通アクセスは、よくありません。 JR内房線館山駅東口下車してから、 JRバス、または日東バスで、「城山公園前」下車してから徒歩3分くらいです。

  • 水郷佐原 山車会館
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県香取市佐原イ3368
    約300年にわたり脈々と受け継がれてきた「佐原の山車行事」「佐原囃子」の伝統と文化をあますことなく紹介している「水郷佐原山車会館」は、展示されている山車・彫刻・大人形はを夏祭りと秋祭りの前後に入れ替えており、毎年違った展示内容が楽しめる。「佐原の山車行事」「佐原囃子」は、国指定重要無形民俗文化財になっている。

    佐原の大祭で使われる山車の実物が展示されている。その大きさもそうだが、彫刻などの装飾がすごく凝っていて、お金がかかっていることがよく分かる。佐原はかつて水運で栄え、豊かな商人がたくさんいたそうだが、その繁栄がよく分かる。

  • 千葉県立現代産業科学館
    遊ぶ/趣味
    千葉県市川市鬼高1-1-3
    千葉県の産業歴史や、それに応用された科学技術の原理などについて、体験型の実験装置なども通じて学ぶ事ができる科学館。「現代産業の歴史」、「先端技術への招待」、「創造の広場」の3部門で構成された常設展示を行っている。その他、毎日行われる実験の実演をはじめ、企画展や工作教室などのイベント、夏季限定でプラネタリウム上映会も開催している。
  • 野田市郷土博物館・市民会館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県野田市野田370-8
    野田市の歴史や文化、伝統に関する地域資料が展示されている博物館。館内では、「野田に生きた人々の生活と文化」をテーマにした常設展や、名産品の醤油関連資料の公開を行っているほか、企画展では野田の建築や民俗芸能、醤油樽や煎餅、利根運河など多岐にわたるテーマの展示企画が開催されている。

    お屋敷や庭で映画の撮影などやっていて入れない(入りづらい)事が多いです。無料で色々と見れるので、郷土資料は豊富。

  • 市立市川歴史博物館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県市川市堀之内2-27-1
    鎌倉期以降の市川の歴史や文化に関する展示を行っている歴史博物館。「海辺」、「水路と陸路」、「台地」に分けて人々の生活や、産業に関する展示を行うコーナーが設けられている。市川ゆかりの人物や文化財、民俗行事に関する展示を行う「郷土と人」コーナーからなる常設展示のほか、企画展示や体験学習などのイベントも開催している。

    入場料が無料なので魅力で、博物館の見学が終わったら、森や緑の中を散歩できます。 松戸や市川から、路線バスでも行けます。

  • 体験博物館 千葉県立房総のむら
    遊ぶ/趣味
    千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
    房総の伝統的な生活様式や技術を、直接体験することもできる「千葉県立房総のむら」は、県内各地から出土した考古遺物や、武家・商家・農家などの展示もしており房総地方の古くからの文化にふれることができる博物館だ。体験演目が多く何度行っても楽しめる。
  • 館山城(八犬伝博物館)
    遊ぶ/趣味
    千葉県館山市館山362
    館山市館山の、里見氏の居城である館山城跡を整備した城山公園内にある博物館。三層四階天守閣形式の建物を、同公園内にある「館山市立博物館」の分館として利用している。約170年に渡り周辺地域を統治した里見氏をモチーフとした、曲亭馬琴作「南総里見八犬伝」に関する読本や絵草紙、錦絵などの資料展示を行っている。
  • 谷津干潟自然観察センター
    遊ぶ/趣味
    千葉県習志野市秋津5-1-1 習志野市谷津干潟自然観察センター
    谷津干潟公園内にある施設。谷津干潟を一望できる館内から、年間110種以上の鳥をはじめ、干潟の自然を望遠鏡で観察できる。干潟の自然に詳しいレンジャーが常駐しており、館内の展示物の解説のほか、観察会や自然素材を使った工作プログラムも実施している。また、水辺の自然とともに食事を楽しめるカフェも併設されている。
  • 千葉県立中央博物館 大利根分館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県香取市佐原ハ4500
    与田浦のほとりにある水郷佐原あやめパークに隣接した博物館。「利根川の自然と歴史」「千葉県の農業」をテーマとした常設展示をしており、東下総の自然と歴史について知ることができる。特に5分の1サイズの高瀬舟模型など利根川の水運に関する史料が多く、映像と音声でも水郷地帯の歴史を紹介。小規模ながらも工夫の多い展示に魅力がある。また館内には水槽や池があり、利根川に住む生物の様子を観察することが可能。池のコイに餌をあげるなど小さな子どもでも楽しめる。

    千葉県の博物館の支店的な存在です。佐原を中心にした、利根川周辺の歴史や風俗などぉ紹介しています。コンパクトながら、内容の濃い展示になっています。

  • 船橋市総合教育センター プラネタリウム館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    千葉県船橋市東町834
    JR東船橋駅から徒歩約15分。船橋市総合教育センターに併設されたプラネタリウム。千葉県内で最大規模を誇るプラネタリウム館で、ドームの大きさは18m、座席数は255席。その大ドームに千葉県内最大の投映機・通称「コスモくん」が様々な星が映し出し、その日の夜に見られる星空をスタッフが生解説。また、時期に応じた星空案内と季節ごとにテーマを変えたオート番組も、迫力あるフルドーム映像で楽しめる。他にも、 星座のボタンを押すと光る四季の星座のシミレーションなどがある。

    時期にもよりますが、だいたい一日に3-4回投映をやっております。ただし、平日は団体向けしか投映をやっていないためその点は注意です。観覧料は大人430円、子供210円です。

  • 千葉県立中央博物館
    遊ぶ/趣味
    千葉県千葉市中央区青葉町955-2
    青葉の森公園内にある博物館。「房総の自然と人間」をテーマに「房総の自然誌」、「房総の歴史」、「自然と人間のかかわり」の3つから構成される常設展示を行っている。房総の自然を再現したジオラマや化石、小動物の飼育展示や文化財の複製展示などにより、房総の自然と歴史について学ぶことができる。企画展やイベントも開催するほか、同公園内には房総の動植物の生態を観察できる生態園も併設。

千葉の主要エリア

around-area-map

千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。

千葉の写真集

目的から探す