NAVITIME Travel

つくばの旅行/観光スポット一覧

  • 筑波山
    旅行/観光
    茨城県つくば市筑波
    茨城県つくば市にある標高877mの男体山と女体山の2つの峰を持つ筑波山。朝と夕方とで山肌が変わることから「紫峰」とも呼ばれており、古くから信仰の山としても栄えてきた。1000種類以上の植物が群生しており、年間を通して様々な植物を鑑賞できる。ケーブルカーやロープウェイで簡単に山頂に行くことができるので、子供からお年寄りまで美しい眺望を手軽に楽しむことができる。10月から2月末の土日祝日の期間中(荒天時、年始、検査時除く)は夜景が楽しめる「スターダストクルージング」が開催されている。
  • 筑波山神社
    旅行/観光
    茨城県つくば市筑波1-1
    関東の霊峰「筑波山」を御神体とする「筑波山神社」は、奈良時代の万葉集に筑波の歌二十五首が載せられており、その頃から親しまれていたことがわかる、実に約3000年の歴史を有する古社だ。筑波の大伸は「いざなぎ・いざなみ」の両神で、縁結び・夫婦和合など多くのご利益がある。元旦祭や年越祭(豆まき)など多くの人で賑わう。
  • 筑波山ロープウェイ
    旅行/観光
    茨城県つくば市筑波1
    筑波スカイラインの終点であるつつじヶ丘駅(標高542m)と女体山駅(標高840m)、およそ1300mを結ぶロープウェイ。関東平野を一望できるのが魅力で、都心のビル群やスカイツリー、気象条件が良ければ富士山が見られることも。夜間営業も行っているため、光り輝く夜景を楽しむことができる。
  • 宇宙航空研究開発機構JAXA(ジャクサ)筑波宇宙センター(2020/5/31まで休業中)
    旅行/観光
    茨城県つくば市千現2-1-1
    約53万平方メートルの敷地がある「筑波宇宙センター」は、緑豊かな環境と最新の試験設備を備えた施設だ。ここでは宇宙開発の研究や、開発の現場としての様々な取り組みを、展示や見学ツアーで知ることができる。個人の場合は自由見学となっており予約は不要。説明員によるガイドは一日5回行っている。
  • サイエンス・スクエア つくば(2020/6/1まで休業中)
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県つくば市東1-1-1
    産業技術総合研究所の研究と成果を紹介する、いわば産業と技術のPR館。学園東大通り沿いの並木二丁目交差点に入口があり入場は無料。事前予約すれば40分ほどのガイド付きツアーにも参加できる。館内では生活支援ロボットやips細胞など最新の研究成果を紹介。少し先の未来を「見て」「聞いて」「触って」体験することができる。他にも生き物や人のカラダにまつわる不思議といった「身近な不思議」も紹介。子供たちが科学へ興味を持つきっかけを与える展示方法がなされている。

    バブルがはじけてから国立研究機関にも予算が厳しくなり、いろんな研究機関が産総研になったわけですが、このように一般受けもするような工夫が必要になっているのですね。頭が下がる思いでした。

  • CYBERDYNE STUDIO(サイバーダイン スタジオ)
    遊ぶ/趣味
    茨城県つくば市研究学園5-19 イーアスつくば2F
    つくばエクスプレス研究学園駅から徒歩1分のiiasつくば内にあるロボットミュージアム。医療用ロボットなどを開発するサイバーダイン社が運営しており、入場無料で最先端のロボット技術を見学・体験することができる。展示エリアには全長17mのスクリーンを背景に、ロボットや先端福祉機器を展示。また館内中央にあるオムニビジョンではマクロスシリーズなどを手がけた河森正治氏によるオリジナルムービーを最大270度のシームレススクリーンで鑑賞できる(要予約)。他にも有料でロボットスーツHALの装着体験を実施。未来のロボット技術に直接触れることができる。
  • つくば牡丹園
    旅行/観光
    茨城県つくば市若栗500
    およそ6万平方メートルもある広大な敷地に、550種・1万株の牡丹と、250種・2万株のしゃくやくが植栽されている庭園で、見頃を迎える初夏には多くの人が足を運ぶ。開園は例年4月下旬から5月頃。
  • ルーラル吉瀬
    旅行/観光
    茨城県つくば市吉瀬1679-1 つくば文化郷内
    常磐自動車道桜土浦ICから車で7分。四季折々に楽しめるアグリ(農業)とアウトドアとアートの里。キャンプや体験陶芸、美術鑑賞、食事などが楽しめ、農村の原風景や雰囲気に触れることができる。キャンプやバーベキューが楽しめる「フォンテーヌの森」、陶芸体験ができる「陶芸舎」、美術工芸の展示販売を行うギャラリーなど様々な施設があり、好みの楽しみ方が選べる。また、仕事や生活の場としてのオフィスやアトリエをレンタルすることも可能。
  • 稲葉酒造場
    旅行/観光
    茨城県つくば市沼田1485
    茨城県つくば市、筑波山の麓で1867年より続く蔵元。手造りにこだわって作られる酒は、蔵の敷地内から湧き出る筑波山の天然水を使用し、高い品質を保持している。創業当時の酒蔵をそのまま現在に残しており、こだわりの技法や酒造りを見学することも可能。日本酒についての理解を深めながら、3種のきき酒や酒粕を使った料理を楽しめる。酒蔵カフェもあり、予約をすれば地元野菜や食材にこだわった料理やランチ・ディナーを楽しむこともできる。
  • 茨城県つくば美術館 (茨城県近代美術館つくば分館)
    遊ぶ/趣味
    茨城県つくば市吾妻2-8
    つくばエクスプレス終点つくば駅、A2出口から徒歩3分。茨城県近代美術館の分館として開館した美術館で、個展やグループ展などが主に開催されている。展示室の他にも講座室やビデオライブラリーなど、年齢を問わずに様々なかたちで芸術に触れることができる。県内の学芸員等が経験や研鑽を通じて学んだことをはじめ、学芸員ならではの話を聞くことができる土曜講座も開催。展覧会カタログを扱うミュージアムショップや、カフェも併設。
  • 国土地理院 地図と測量の科学館
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県つくば市北郷1
    茨城県つくば駅から関東鉄道バスで約10分、国土地理院下車のところにある科学館。地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新技術などを映像やパネル、人間ものさし、ジオラマや目測体験等を通じて学ぶことができる。併設されている地球ひろばには地球の丸さを体験できる日本列島の球体模型や測量用航空機くにかぜが展示されている。また企画展以外に地図や測量に関するオリエンテーション、講習会等を開催している。

    「グーグルだけが地図じゃない」ことが、よくわかります。基本、子供向けですが、タモリ倶楽部みたいなノリが好きな大人にお薦めです。

  • 食と農の科学館(休業中)
    遊ぶ/趣味
    茨城県つくば市観音台3-1-1
    茨城県つくば市の南部、つくばエクスプレス(TX)つくば駅からつくバス南部シャトルで「農林団地中央」下車、徒歩5分のところにある科学館。日本の農林水産業に関する最新の研究成果を紹介するエリアと農業技術発達資料館からなる。研究成果の紹介エリアでは、食料の安定供給、高品質な農産物の開発、環境課題対策といった研究をパネルや動画などで紹介している。農業技術発達資料館では農業技術がどのように発展してきたのかを昔使われていた農具や民具を展示して紹介している。
  • 瀬尾果樹園
    遊ぶ/趣味
    茨城県つくば市上菅間952
    常磐自動車道・土浦北ICより車で30分ほどのところにある果樹園。ブドウの直売とブドウ狩りを体験することができる。低農薬栽培を行っており、米ぬか・木炭などを肥料に使用している。自らブドウを収穫し購入することができるもぎ取りのみと、時間無制限の「食べ放題コース」がある。栽培している品種は、コクのある甘みが魅力の「巨峰」、甘みが強い種無しの「ピオーネ」など。
  • 地質標本館
    rating-image
    4.5
    49件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県つくば市東1-1-1
    常磐自動車道・桜土浦ICから約10分のところにある博物館である。国内唯一の地学専門の総合博物館で、鉱物や化石などに関する資料を無料で見学できる。新第三紀に北太平洋沿岸に生息していた哺乳類「デスモスチルス」の化石のレプリカや、富士山と箱根火山の内部の様子を断面図として見ることができる地質立体模型など、楽しみながら地球の歴史を学ぶことができる。

    標本の量が多く解説も分かりやすい。普段は気に留めない事だが、標本の一つひとつの説明を読むと色々と意味がある事に気づかされる。何度も足を運ばないと理解出来そうにはないが。

  • 筑波農林研究団地 さくら通り
    旅行/観光
    茨城県つくば市観音台2丁目-3丁目
    つくば市観音台にある通り。農業関係の研究機関が集まる「筑波農林研究団地」内に位置する約1.5kmの並木通りで、ソメイヨシノや八重桜など500本ほどの桜の木が植栽された桜の名所として知られている。また、隣接する菜の花畑とのコントラストも楽しめる。
  • 筑波農場
    旅行/観光
    茨城県つくば市小田2830
    つくば市小田にある農場。「レンゲ農法」、「特別栽培法」、「アイガモ農法」などを駆使し、農薬を最小限に抑えながら栽培された最高品質のコシヒカリ「常陸小田米」の直接販売を行っている。また、毎年5月の田植えと9月の稲刈りの時期には農業体験会も開催。
  • ガマ石
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県つくば市筑波1
    つくば市筑波の筑波山にある奇岩。筑波山ケーブルカーの筑波山頂駅から筑波山神社の女体山御本殿への道中に位置し、ガマガエルが口を開けた姿に見えることからこう呼ばれる。筑波山名物であるガマの油売りの口上が、この岩の前で生み出されたという言い伝えが残っているほか、投げた石がガマの口の中に入ると願いが叶うとも言われている。

    ガマ石の前で口上が行われています。 ガマの油は有名なので聞いたことがありますが、筑波山名物だったとは驚き! 主成分はワセリンとのことで皮膚の保湿に効果的なのだと思います。 神社の周りにはたくさんの売店がありましたが、お客さんは見かけませんでした。

  • 弁慶七戻り
    旅行/観光
    茨城県つくば市筑波1
    つくば市筑波、筑波山の女体山の登山道にある奇岩。岸壁の間に挟まれた巨岩の下を道が通っている。今にも頭上から落ちてきそうなその不安定な姿から、かの武蔵坊弁慶ですら通るのをためらったという言い伝えが残っている。
  • 女体山頂
    旅行/観光
    茨城県つくば市筑波1
    つくば市筑波にある筑波山は男体山、女体山の2つの峰からなる。女体山の山頂は標高877mに位置し、筑波山ロープウェイの女体山駅から徒歩5分ほどでたどり着ける。筑波山神社の女体山御本殿が祀られているほか、天気のいい日には東京や富士山までを見渡す眺望を楽しめる。また、男体山の山頂へ続く山頂連絡路も整備されている。
  • なかのきのこ園
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県つくば市中野145
    つくば市中野にあるきのこ農園。農薬や除草剤不使用で原木しいたけの栽培を行っている。ビニールハウス内でしいたけ狩りが楽しめるほか、園内にはバーベキュー施設も併設している。いずれも利用は要予約。

    きのこ栽培 原木しいたけがあり 焼いて食べたりしいたけ狩りしたり 土産を買ったりできます なかなか楽しいです

茨城の主要エリア

茨城の写真集

目的から探す