茨城の漁業/農業体験スポット一覧

  • 大津漁港
    旅行/観光
    茨城県北茨城市大津町地内
    北茨城ICより車で約15分のところにある港。茨城県内随一の施網漁港で、年間数万トンの漁獲量を誇る。松ヶ崎の美しい景色が港湾の東に広がり、船が出入りする情景や、朝焼け夕焼けの景色は素晴らしい。桜田門外ノ変ゆかりの地でもあり、幕末の頃、異人が上陸したとの記述が残されている。足場も良くファミリー向けの釣り場としてもオススメで、主にアイナメ、メバルなどが良く釣れる。港の側には、漁港直送の鮮魚などの直売所や食堂があり、食事と買い物も楽しめる。
  • 那珂湊漁港
    旅行/観光
    茨城県ひたちなか市和田町3-11
    那珂川の河口付近に造られた大きな港で、港内各所で海釣りが楽しめるスポット。アジやハゼ、イワシ、キス、アイナメなど多彩な魚が釣れることで知られ、初心者から上級者や子供連れのファミリーまで幅広い釣り人が訪れる。周辺は食事処や市場などがあり、県外からの観光客も多いエリア。
  • ウミウ捕獲場
    旅行/観光
    茨城県日立市十王町伊師640
    日立北ICより車で8分。日立市十王町の伊師浜海岸にある全国唯一のウミウ捕獲・供給地。捕獲された「ウミウ」は、岐阜長良川鵜飼いなど全国11箇所の鵜飼地へ供給されている。ここでは、捕獲が行われていない1月-3月、7月-9月の期間のみ一般公開され、捕獲場を見学することができる。断崖の捕獲場につながる専用のトンネルには、鵜飼地についてのパネルが展示されている。また、捕獲者の方からウミウの生態や捕獲方法について話を聞くことができる。
  • 観光帆曳船
    旅行/観光
    茨城県土浦市川口2
    茨城県はJR土浦駅からほど近くにある霞ヶ浦で行われている伝統漁業。見学は土浦港から発着する遊覧船で行える。帆曳船は明治13年(1880)に出島村で考案された漁業。昭和40年(1965)頃にトロール船の台頭で姿を消したものの重要な文化的遺産として「観光帆曳船」として復活した。高さ9m、幅16mの巨大で真っ白な帆を張り、風の力で船が横に流れるようにして進むさまは見応え充分。なお操業は夏から秋にかけて行われる。
  • プラトーさとみ
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    宿泊/温泉
    茨城県常陸太田市里川町863-35
    広大な敷地の牧場にあり、バーベキューハウスも完備。

    見晴らしは最高です。高原なので、空気が澄んでいて何度か雲海も見たことがあります。宿泊は4回目でしたが、家族はみんな前の料理がよかったと言っていました。 今度泊まるとしたならば、隣の建物のロッジにして、バーベキューしたいです。 お風呂は温泉ではありません、夜、天体観測できるので土曜日は混んでいて、小さくもないお風呂がいっぱいで待ってはいりました。

茨城の主要エリア

茨城の写真集

目的から探す