福島の遊園地/テーマパークスポット一覧

  • いわき市海竜の里センター
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市大久町大久字柴崎9
    フタバサウルススズキイの化石発掘の地として知られる福島県いわき市にある。敷地内には恐竜をテーマにしたミニ遊園地があり、ブラキオサウルスの滑り台や観覧車、ドラゴンコースターなど恐竜を模型にした遊具が充実している。館内では、大久町で発掘された化石の展示のほか、海竜をイメージした室内の遊び場「いわきっずるんるん」も。観覧車とドラゴンコースターは、2019年7月現在運休中。

    じじとばばの大きいおうちの近くの海竜の里は、乗り物も手軽な料金で乗ることができます。雨の日も室内のプレールームもあり、小さな子供連れには良いところです。

  • キョロロン村
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県西白河郡西郷村大字真船字村火1
    福島県西白河郡西郷町にある自然型テーマパーク。施設内にはアスレチックやアーチェリー、スライダーなどの遊具が子どもたちの人気を集めている。コテージやキャンプ場もあり、野外レジャーを楽しむことも可能。また、バーベキューハウスでの食事や、味噌ラーメンや豆乳を使用したソフトクリームやジェラートも味わえる。

    都市部が35度に達する中でも、このへんは25度前後でした。駐車場も広く、あまり混雑していないので、白河-田島方面にお出かけの際によってみると良いでしょう。

  • 郡山カルチャーパーク
    遊ぶ/趣味
    福島県郡山市安積町成田字東丸山61
    郡山南ICから車で約5分の郡山市郊外に広がる大型レジャーランド。園内には、遊園地(ドリームランド)のほか、プールやカルチャーセンターなどがある。ドリームランドには、観覧車や絶叫マシンなど約12のファミリー向けのアトラクションがあり入場は無料。プールは、小さな子どもでも入れる幼児プールや流れるプール、ウォータースライダーなどのレジャー用プールだけでなく、競技用のプールなどもある。
  • 郡山カルチャーパーク
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県郡山市安積町成田字東丸山61
    低料金で遊べる公営遊園地。カルチャーセンター、アリーナ、プールなど施設も充実しており、家族みんなで楽しめる。

    いったりとしていていつ行っても気持ちよく遊べますよ。係の人もいい感じだし、それにやすい感じがする。また行きたいところです。

  • こどもの国ムシムシランド
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県田村市常葉町山根殿上160
    ポニーの乗馬場や、約400メートルのローラー滑り台があり、スカイモノレールやスライダーが大人気。ムシムシサイクルが新設された。

    子供の要望で、「世界三大奇蟲展」に行ってきました。 見た目のエグい昆虫が展示されていて、見ごたえがあった。 (展示ブースの死角に入りこんでいる昆虫もいたが、ビデオでの説明が迫力があった。) 子供は、大喜びでした。

  • kid’sUS.LANDMAXふくしま店
    遊ぶ/趣味
    福島県福島市曽根田町1-18

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す