酒田・鶴岡の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 国宝 羽黒山五重塔
    rating-image
    4.5
    215件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町字羽黒山地内
    明治時代までは神仏習合の権現を祀る修験道の山だった出羽三山のひとつ羽黒山にある五重塔は、国宝に指定されている。現在の塔は長慶天皇の文中年間、庄内の領主で羽黒山の別当であった、武藤政氏の再建と伝えられており、優美な姿で杉小立の間に建っている。

    特別拝観で、五重塔の中に入れました。撮影NGだったので写真はありませんが、通し柱や、中の構造が分かり、とても勉強になりました。

  • 土門拳記念館
    rating-image
    4.5
    90件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市飯森山2-13 飯森山公園内
    酒田市飯森山の県道355号線沿い、飯森山公園内にある写真専門美術館。地元出身の写真家・土門拳から寄贈された全作品、約7万点を保存している。約3ヶ月周期でテーマを設定した展示を行い、作品を順次公開している他、館内には彫刻家・イサム・ノグチをはじめ、土門氏と親交のあった芸術家たちの彫刻や庭園も配されている。

    私が行ったときは、古寺巡礼と文楽を中心に展示されていました。土門拳の写真の迫力を感じます。感度の高くないフィルム時代の撮影と現像のプロセスに思いを馳せると、気力・体力・知力のすべてを駆使して作り上げた作品であることが、展示作品から伝わってきます。館内の展示と照明が最適で、作品を堪能することができました。この記念館の建物そのものも、鳥海山・月山をバックに素晴らしい作品だと感じます。ただ、ちょくちょく...

  • 舞娘茶屋 相馬樓 竹久夢二美術館
    rating-image
    4.5
    68件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市日吉町1-2-20
    酒田市日吉町1丁目にある複合施設。酒田の有名料亭「相馬屋」を改装したもので、1階には「茶房くつろぎ処」、2階には舞娘さんの踊りを見ながら食事が出来る演舞場がある他、竹久夢二美術館も併設。母屋は明治27年(1894年)の庄内大震災の直後に建てられたもので、国の登録有形文化財に指定されている。

    昭和にタイムスリップしたような建物と、色鮮やかな着物を着た舞妓さんがとても素敵!! 3月だけ色んな雛人形が飾ってあるそうです☆

  • 本間家旧本邸と別館「お店」
    rating-image
    4.0
    72件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市二番町12-13
    出羽の豪商「本間家」の三代目当主・光丘が、幕府の巡見使一行を迎える宿舎として、明和5年(1768)に建てた武家屋敷である。武家造りと商家造りが一体となった全国的にも珍しい建築様式で、樹齢400年以上といわれる赤松が見事。

    ここに着いたのは、午後4時半ちょっと前。もう見学には充分な時間がなかったのが残念。 2019年2月10日は、数日前からの雪で、見どころと紹介されている綿積石(海神石)は雪をかぶって見えなかったが、雪の中で見上げる伏龍の松はなかなか趣があった。 本間家旧本邸の御勝手は大きな釜を3つ並べられる竃があり、ここは本間家のプライベートな邸宅のはずだが、使用人も含めてずいぶんな大所帯だったんだなと想像でき...

  • 本間美術館
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県酒田市御成町7-7
    酒田駅から徒歩約5分のところにある庭園美術館。昭和22年(1947)、豪商、大地主として知られた本間家の別荘と庭園を私設美術館として開放したのが始まり。収蔵品は本間家が代々受け継いできた美術工芸品を主として、古書、骨董、絵画など貴重な美術品を陳列している。また、美しい京風木造建築別荘「清遠閣」や、初夏は白ツツジ、秋は紅葉が美しい日本の代表的庭園として名高い、池泉回遊式庭園「鶴舞園」も見どころの一つ。

    本間氏別邸の庭園です。別邸の2階和室から庭園を眺めると、静かでゆったりとした時間が流れて、気持ちがとても落ち着きます。美術館、庭園、別邸とセットで見て回ることができました。

  • 庄内藩校致道館
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町11-45
    文化2年(1805)に庄内藩9代藩主・酒井忠徳が、士風の刷新と優れた人材の育成を目的に創設した藩校である。各自の天性を伸ばすことに主眼が置かれた教育方針であった。現在は、表御門や聖廟、講堂などが残っており、国の指定史跡として一般公開されている。東北では唯一現存する藩校建築物だ。

    お城の近くで昼食を取ったので、車を駐めたままお城の周囲にある施設をのんびり見て回った。致道館博物館で洋館を見学したのち、堀に沿って歩いて致道館に来た。靴を脱ぐのが面倒だったこともあり、館内の見学は遠慮したが、孔子廟と致道館の建物を外から巡って藩が教育に力を入れていたことを十分体感できた。

  • 鶴岡カトリック教会天主堂
    rating-image
    4.0
    60件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町7-19
    鶴岡駅からバスで、市役所前下車徒歩約5分。鶴岡市にある、赤い屋根と白亜の聖堂が美しいカトリック教会。明治36年(1903)にパピノ神父の設計で建てられた、明治ロマネスク様式建築の傑作。聖堂の副祭壇には、世界でも貴重な日本で唯一の「黒いマリア像」が安置されている。また、天主堂の窓を彩っている「窓絵」は、ステンドグラスの代わりに透明な紙に描いた聖画を2枚のガラスで挟んだものとなっており、日本ではこの教会でしか見られない。

    車で訪問したので、駐車場は近隣で探す事も必要かなと覚悟していったのだが、教会の駐車場があり、見学している間なら停めさせてもらえた。 白く塗られたおそらく木造の教会は、雪が積もった敷地に美しくマッチしていた。 教会の中は、畳が敷かれていて、その上に折り畳み椅子が並べられていた。 パイプで作った折り畳み椅子が明治時代にあったと思えないから、かつては信者は畳みに直接座って説教を聞いていたのだろうか...

  • 致道博物館
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県鶴岡市家中新町10-18
    山形県鶴岡市家中新町にある博物館で、庄内地方の民俗資料などの重要有形民俗文化財8種5350点を収蔵・展示している。館名は旧庄内藩校「致道館」に由来し、同校ゆかりの品も展示。鶴ヶ岡城の三の丸跡地であり、藩主・酒井家の御用屋敷があった土地に、国の重要文化財である旧西田川郡役所や旧鶴岡警察署庁舎などの歴史的建築物が移築されている。書院造りの美しい庭園も見ものである。

    鶴岡城の西側にとても目立つ洋館が2つ立ち並んでいる。1つは元警察署らしいが、洋館なのに大きな鬼瓦があって和洋折衷が馴染んだ感じが良い。もう一つ大きな和風建築があり、外から眺めているだけでも楽しい。中は藩校である致道館にあったものが展示されている。

  • 鶴岡市立藤沢周平記念館
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町4-6 鶴岡公園内
    鶴岡市馬場町、鶴岡公園内にある記念館。地元出身の作家・藤沢周平に関する資料を収集しており、作品世界やその生涯に関する常設展示、企画展示などを行っている。作品書籍や関連する図書、インタビュー映像や作品データベースも閲覧できるサロンも併設しており、講演会や朗読会などのイベントも開催される。

    藤沢周平ファンの聖地ですね。 定期的に企画展が行われており、何度足を運んでも いつも新しい発見があるのです。 一つ残念な事は、記念館限定品の販売図に品切れが有り、 再訪しても増刷されていない模様でした。 (間違っているかもしれませんが・・) 用心棒シリーズも図録に見当たらないのです。 このシリーズも作って欲しいなー(笑)

  • 旧風間家住宅 丙申堂
    rating-image
    4.5
    32件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町1-17
    風間家は庄内藩で鶴岡一と謳われた御用商人。鶴ヶ岡城の東側に位置する旧住宅丙申堂は明治29年(1896)丙申の年に住居と営業の拠点として建てられたもの。平成12年(2000)に国指定重要文化財、平成29年(2017)に日本遺産へと指定。本来は武家屋敷に使われる薬医門を始め約4万個の石が置かれた石置屋根や主屋を中心にした4つの蔵など、当時の豪商ぶりが伺える遺産が今も残されている。

    予定には入れていなかったのですが、入口を通りかかったので 寄ってみました。 当時の豪商の生活が、十分に堪能できますよ。 映画のロケに使われた事にも納得! 邸内の案内も在ります。 インスタ映えもするの建物でした。

  • 海向寺
    rating-image
    4.5
    31件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市日吉町2-7-12
    酒田市日吉町、下日枝神社近くにある寺院。1,200年前に空海により創建されたと言われる。一千日修業の結果、即身仏となった忠海上人と円明海上人を祀っており、2体の即身仏を祀っている全国唯一の寺として知られている。

    2体の即身仏が祀られている真言宗智山派の寺院です。即身仏とは自ら地中の穴に入って絶食してミイラとなった僧侶です。 二人の僧侶は、自ら死後に仏像のように拝まれることを希望していたといわれ、この寺院が即身仏を売り物にしている訳でもないとのことです。案内をしていただいた女性が、即身仏を見ると仏像の有り難みがなくなってしまったといっていましたが、その気持ちは即身仏を拝んでよく分かりました。

  • 大宝館
    rating-image
    3.5
    37件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町4-7(鶴岡公園内)
    鶴岡市馬場町の鶴岡公園内にある、大正4年(1915)建築の建造物。大正天皇の即位を記念して建てられたバロック様式を模した洋風建築で、市の有形文化財に指定されている。開館から長らく図書館などとして利用されてきたが、現在では鶴岡ゆかりの人物に関する資料展示などを行う施設として利用されている。

    致道博物館からお堀に沿って歩きながら、見事な桜並木を見ながら、春にはきっと素晴らしい景色になるんだろうと話していたら、桜の合間から白い洋館が見えてきました。上には兜のような赤い飾りがあり、説明板を読むと大正天皇を迎えるために建てられた建物で、今は博物館になっているそうです。

  • 湯殿山総本寺大日坊
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市大網入道11
    鶴岡市大網入道にある寺院。弘法大師により開山された霊地で、本尊も弘法大師の作とされる。古くから山岳信仰の聖地として信仰を集め、徳川将軍家とも縁が深い。境内には即身仏「真如海上人」や、国の重要文化財に指定されている「金銅仏釈迦如来立像」も安置されている。

    湯殿山総本寺の大日坊瀧水寺に行きましたが、拝観料の五百円を払って中に入ったらちょうど住職の色々な説明の最中でした。話の中に、即身仏のある他のお寺の悪口や即身仏の衣を切って入れてあるお守りを買わないと災いがあるような、みたいな語り口で、人の心理に付け込んだ、昔あった商法がいまだある事に驚きました。こんなお寺が今どき有るのには驚きました。

  • 出羽三山歴史博物館
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県鶴岡市羽黒町手向7
    出羽三山神社の境内にある博物館。「出羽三山」の歴史や文化について学べる資料や、「神仏習合」の修験道時代の貴重な品を収蔵している。そのほか、「鏡池」から出土した銅鏡500面の内の190面の展示、仏像や灯篭竿などを展示しており、参拝客が多く訪れている。毎年4月下旬頃から11月頃まで開館している。

    羽黒山頂神社境内にある修験の歴史を展示する博物館です。新しい博物館とは違い展示方法、解説が今一つです。訪れる人も少ないようです。三山合同社殿前の鏡池から発見された銅鏡(重要文化財)はこの地の信仰を感じさせます。時間と修験道に興味があれば見学をお勧めします。

  • 旧西田川郡役所
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市家中新町10-18 (致道博物館内)
    鶴岡市家中新町にある国の重要文化財指定の建造物。明治14年(1881)に建てられた擬洋風建築で、明治天皇の東北巡幸の際には行在所としても使用された。昭和47年(1972)に現在地に移築されてからは「致道博物館」の展示館として利用されており、建築当時の写真をはじめ、明治の文化や歴史に関する資料を展示している。

    鶴岡城のお堀の西側によく目立つ洋館が2つ並んで建っていて致道博物館となっている。一方は威風堂々とした青い旧警察署庁舎だが、それと並んで建つ渋谷家住宅は、細い尖塔が美しく、可憐なお嬢様という雰囲気を見せている。

  • 酒田市美術館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県酒田市飯森山3-17-95
    1997年に開館した美術館で、洋画家の森田茂氏、國領經郎氏、斎藤長三氏、彫刻家の高橋剛氏らの作品を中心とした常設展示を行っている。敷地面積約30,000平方メートル、施設面積約3,000平方メートルの広大な敷地を有し、酒田市街や鳥海山、最上川などを一望できる景観が魅力だ。企画展示室や、市民が芸術活動に利用できる市民ギャラリーも併設している。

    楽しかったです。からくり仕掛け玩具は全て木で重りやネジなどを使って車が動いたり動物が動いてとても興味深いものでした。オススメです。

  • 鳥海山大物忌神社
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    山形県飽海郡遊佐町大字吹浦宇布倉1
    遊佐町吹浦布倉、鳥海山の山頂に鎮座する神社。創建は1,400年ほど前とされる。山頂の本社の他に麓の吹浦と蕨岡の2ヶ所に「口の宮」と呼ばれるお宮がある。本殿、口の宮を含めた境内一帯が国の史跡に指定されている。

    鳥海山大物忌神社は、鳥海山の中腹にある神社です。ここまでは車で行く事が出来るし駐車場も有ります。建物の造りはコンクリート造りでした。

  • いでは文化記念館
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町手向字院主南72
    鶴岡市羽黒町手向院主南にある記念館。山伏修行で有名な出羽三山の文化に関する常設展示や企画展示、法螺貝試吹体験、修験道や山岳信仰に関する講演会やセミナーなどを通して、出羽三山や修験道について学ぶことが出来る。

    隋神門の前の坂を少し上がった所にあります。羽黒山の歴史、また山伏さんのことなどもよくわかり楽しかったです。

  • 出羽ノ雪酒造資料館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市大山2-2-8
    鶴岡市大山にある資料館。銘酒「出羽ノ雪」で知られる老舗酒造メーカーの本社に併設されており、酒造りの道具や古文書などの資料展示を行っている。酒蔵見学コース、利き酒コーナーなどを通して地元の酒造りの歴史や文化にふれることができる、一味違った資料館だ。

    ぱ酒ポートという本に紹介されていたので、新潟からスイデンテラスへの道中にちょっとだけ立ち寄ってみようとiPhoneのCarPlayのナビにしたがってやってきたのだが、目的地に近づいて道が細くなってくると、行く道の先まで続く大行列。自分たちが行こうとしている施設はいかなる魅力を持つ施設かと吃驚。交通整理をしていた警備員の方に駐車場の場所を聞いてとりあえず車を停めて、見学ができるか聞いたところ、この辺...

  • 酒田市立資料館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市一番町8-16
    酒田市一番町にある資料館。酒田の歴史や民俗などに関する資料を収蔵し、常設展や企画展を行っている。昭和51年(1976)に発生し、市の中心部の商店街に甚大な被害を及ぼした酒田大火に関する常設展示も。

    期間を定めた特別展と常設展があるようです。 半日あれば観光スポットを回り終えてしまう酒田市のなかで、個人的には特に面白かったです。 人によっては少し展示が古い?と思われるかもしれませんが、所狭しと並べられた酒田市にまつわる展示品や、昭和初期の酒田市に活気があったころの微笑ましい写真、1970年代の大火とその復興に関する資料が充実しています。 定時に鳴る壁掛けのボンボン時計の音がノスタルジックな世界...

山形の主要エリア

around-area-map

山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。

山形の写真集

目的から探す