酒田・鶴岡のスポット一覧

  • 鶴岡市立加茂水族館
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
    山形県鶴岡市にある県内唯一の水族館で、愛称は「クラゲドリーム館」。50種類以上ものクラゲを展示しているのが特徴で、種類数ではギネス世界記録に認定されたことがある。最大の見どころは直径5mの大水槽で泳ぐ約5000匹ものミズクラゲ。庄内地方の淡水魚や海水魚の展示コーナー、アシカショー、ウミネコの餌やりなども人気。キッズ向けの展示コーナーも充実している。

    ランチタイムのみの営業で閉店後でもカウンターでアイスクリームと玉こんにゃくを販売している。アイスクリームにはクラゲが入っているが無しも頼める。 歩き疲れたらここで休憩したいが狭いスペースである

  • 羽黒山
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町手向
    山形県の出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)の一つで標高414mの山である。羽黒山は蜂子皇子によって開山され、聖観世音菩薩(現在の世を生きる人々を救う仏)を祀ったといわれている神秘的な山で古くから山岳修験の山として有名である。人々の現世利益を叶える山であったことから「現在の世を表す山」と言われている。
  • 土門拳記念館
    rating-image
    4.5
    93件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市飯森山2-13 飯森山公園内
    酒田市飯森山の県道355号線沿い、飯森山公園内にある写真専門美術館。地元出身の写真家・土門拳から寄贈された全作品、約7万点を保存している。約3ヶ月周期でテーマを設定した展示を行い、作品を順次公開している他、館内には彫刻家・イサム・ノグチをはじめ、土門氏と親交のあった芸術家たちの彫刻や庭園も配されている。

    写真を趣味とする身として、土門拳の名前はどこかで聞くことになり、なんとなく興味はありました。ちょうど庄内地方を旅することがあり、同地へ行く余裕もあったので行ってみました。 展示内容はどこかで見たことある写真が多数あり、ああこれかと思う作品も多々ありました。ただ写真美術館としては面白かったですが、土門拳そのもの、全体の概観なんかを知るには情報が少ないですかね。

  • 山居倉庫 酒田夢の倶楽(酒田市観光物産館)
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市山居町1-1-20
    明治26年(1893)に建造され、今も農業倉庫として使われている倉庫。その一部を改修し観光物産館としてオープンした。酒田市の歴史や文化を展示物やパネルで紹介。オープンテラスやファーストフード店なども併設し、名物「つや姫ソフトクリーム」や玉こんにゃくを気軽に味わうことができる。また海産物や庄内米など山形を代表するお土産が揃っているお土産コーナーもある。

    酒田市観光名所の一つ、山居倉庫の横にある観光物産館、山居倉庫を改修して作られたものだそうで施設の中は趣もある雰囲気です。 店内は酒田を中心とした庄内地方や山形県の名産がたくさん。 山形らしく米菓やラフランスを使ったお土産を購入しましたがおいしくて好評でした。

  • 庄内観光物産館ふるさと本舗
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市布目字中通80-1
    鶴岡市布目の県道7号線沿いにある物産館。名産品や土産物の販売店を中心とし、「おさかな市場」、「かに問屋」では日本海の鮮魚や漁港直送のカニも販売している。また、庄内の海の幸などを使った海鮮料理や郷土料理を提供するレストランなども備える。

    レストランのほか、お土産品や、鮮魚なども取り扱っており、とても充実しています。 新潟から酒田に行く際は、高速であえて鶴岡で降りていつもここに寄ります。(実は鶴岡の先から有料道路になるためってのもありますが) 物産館とは別棟・別経営になりますが、平田牧場の直売所もあり、こちらもあわせて見るとさらにいいです。 地元庄内交通グループ系で民間の経営のようですが、道の駅と名乗ってもいいレベルの施設です。

  • 舞娘茶屋 相馬樓 竹久夢二美術館
    rating-image
    4.5
    69件の口コミ
    旅行/観光
    山形県酒田市日吉町1-2-20
    酒田の有名料亭「相馬屋」を改装した複合施設。1階には「茶房くつろぎ処」、2階には舞娘さんの踊りを見ながら食事が出来る演舞場がある他、竹久夢二美術館も併設。母屋は明治27年(1894)の庄内大震災の直後に建てられたもので、国の登録有形文化財に指定されている。

    4月から休館していた[相馬樓]は 10月1日から営業を再開しましたが 年内(12月28日迄)は 1週間前の予約が必要で 東北と新潟県(7県)のみが受け入れ可となっています。それ以外の他県の方で 訪問予定の方は 酒田舞妓による演舞を楽しむことが出来ないので この点留意する必要あります。 営業再開日の10月1日に訪問し 内部に上がることは出来ないものの 玄関近辺の装飾を見学させてもらいましたが 機会あ...

  • 道の駅あつみ 夕陽のあつみふる里物産館 しゃりん
    rating-image
    3.5
    59件の口コミ
    交通
    山形県鶴岡市早田字戸ノ浦606
    鶴岡市早田戸ノ浦の羽州浜街道沿いにある道の駅。漬物や民芸品などの地元特産品を販売する売店や、鼠ヶ関漁港に水揚げされる新鮮な魚介を活かした定食などを提供する食堂などが併設されている。イカ焼きやサザエのつぼ焼きなどの魚介や、ソフトクリームなどを販売する屋外バザールもあり、海岸沿いの立地から日本海に沈む夕日などの景観も楽しめる。

    海に面した道の駅、施設は過ごす別れていますが利用はしやすいですね。 お土産でホタテの塩辛、飲食でブルーベリーのミックスソフトクリームをいただきましたが少しコスパは悪いかな、味は良かったですけど。 ホタテの塩辛は思っていたよりは薄味で食べやすかったです。

  • 出羽三山神社
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7
    鶴岡市羽黒町、羽黒山の山頂にある神社。「出羽三山」の月山神社、出羽神社、湯殿山神社にはそれぞれ別の祭神が祀られているが、冬季には月山と湯殿山への参拝が不可能であることから、出羽神社にはそれらの神を合わせて祀る「三神合祭殿」が建てられている。現在の社殿は1818年に建てられたもので、国の重要文化財に指定されている。

    羽黒山にあります。テレビで見たことがあったので楽しみにしていました。歩いて登ったのですが、 鐘はついてはいけません的なことが書いてありました。残念でした。

  • 道の駅 鳥海 ふらっと
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    交通
    山形県飽海郡遊佐町菅里字菅野308-1
    飽海郡遊佐町菅里菅野の国道7号線沿いにある道の駅。農産物や鮮魚の直売所、特産品の販売店の他、魚介の丼やカレー、定食を提供する食堂、軽食コーナー、ラーメンコーナー、ベーカリー工房などを備える。また、直売所で購入した刺し身や焼き魚などを食堂に持ち込めば、ご飯セットと組み合わせて定食として味わうことも可能。

    国道7号沿い、高速と高速の切れ間にある人気のある道の駅ですがさすがに夕方は少し空いていました。 施設は老朽化、あまり広くなく少し使いづらい感じもしますがなっといっても焼き魚が良いですね。 訪れた時は種類も少なくなっていましたが運良くカレイをゲットできました。 焼きたてで香りも良く大満足でしたー

  • さかた海鮮市場
    お買い物
    山形県酒田市船場町2-5-10
    酒田市船場町、酒田港近くにある海鮮市場。1階の「菅原鮮魚 さかた海鮮市場本舗」では庄内浜の地魚を中心に販売している。2階には「海鮮どんやとびしま」を備え、海鮮丼や定食などをリーズナブルな価格で提供している。館内のウッドデッキからの酒田港の眺望も魅力な魚の駅だ。
  • 本間美術館
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県酒田市御成町7-7
    酒田駅から徒歩約5分のところにある庭園美術館。昭和22年(1947)、豪商、大地主として知られた本間家の別荘と庭園を私設美術館として開放したのが始まり。収蔵品は本間家が代々受け継いできた美術工芸品を主として、古書、骨董、絵画など貴重な美術品を陳列している。また、美しい京風木造建築別荘「清遠閣」や、初夏は白ツツジ、秋は紅葉が美しい日本の代表的庭園として名高い、池泉回遊式庭園「鶴舞園」も見どころの一つ。

    庭園がとても見事です。鳥海山を借景とした部屋からの眺めは見事です。天皇行幸のさいに使われたという話も納得できます。

  • 国宝 羽黒山五重塔
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町字羽黒山地内
    明治時代までは神仏習合の権現を祀る修験道の山だった出羽三山のひとつ羽黒山にある五重塔は、国宝に指定されている。現在の塔は長慶天皇の文中年間、庄内の領主で羽黒山の別当であった、武藤政氏の再建と伝えられており、優美な姿で杉小立の間に建っている。
  • 荘内神社
    rating-image
    3.5
    36件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町4-1
    鶴岡市馬場町、鶴岡公園内にある神社。酒井家初代・酒井忠次をはじめ、庄内藩の歴代藩主4人を祀る神社として、鶴ヶ岡城の本丸跡に創建された。境内の宝物殿には酒井家にゆかりの宝物が奉納されており、時期ごとにテーマを設定して展示を行っている。7月1日から7日の七夕祭りには境内のライトアップも行われる。

    鶴岡市内の中心部にある鶴が丘城址にある荘内神社は1877年、明治10年に作られた神社だ。神社では酒井家の初代酒井忠次、2代酒井家次、3代酒井忠勝、9代酒井忠徳が祀られている。神社の社殿は決して大きくはないがとても立派だ。7月に訪れたので七夕が飾られて素敵だった。

  • 致道博物館
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県鶴岡市家中新町10-18
    山形県鶴岡市家中新町にある博物館で、庄内地方の民俗資料などの重要有形民俗文化財8種5350点を収蔵・展示している。館名は旧庄内藩校「致道館」に由来し、同校ゆかりの品も展示。鶴ヶ岡城の三の丸跡地であり、藩主・酒井家の御用屋敷があった土地に、国の重要文化財である旧西田川郡役所や旧鶴岡警察署庁舎などの歴史的建築物が移築されている。書院造りの美しい庭園も見ものである。

    鶴岡城のお堀の西側によく目立つ洋館が2つ並んで建っていて致道博物館となっている。一方は威風堂々とした青い旧警察署庁舎だが、それと並んで建つ渋谷家住宅は、細い尖塔が美しく、可憐なお嬢様という雰囲気を見せている。

  • 鶴岡カトリック教会天主堂
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町7-19
    鶴岡駅からバスで、市役所前下車徒歩約5分。鶴岡市にある、赤い屋根と白亜の聖堂が美しいカトリック教会。明治36年(1903)にパピノ神父の設計で建てられた、明治ロマネスク様式建築の傑作。聖堂の副祭壇には、世界でも貴重な日本で唯一の「黒いマリア像」が安置されている。また、天主堂の窓を彩っている「窓絵」は、ステンドグラスの代わりに透明な紙に描いた聖画を2枚のガラスで挟んだものとなっており、日本ではこの教会でしか見られない。

    鶴岡市内の中心部、鶴ヶ丘城址のすぐ近くにある鶴岡カトリック教会てんしゅどう。建設されたのが1903年と歴史があり、当時の建物が残っている日本の教会としては非常に珍しい教会だ。教会は白亜の壁、聖楼も細く高いので、とても美しい建物だ。

  • 月山
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町川代
    山形県の中央部に位置する火山で磐梯朝日国立公園の特別区域として指定されている。日本百名山、日本百名山、花の百名山、新・花の百名山など、様々な方面から名山として評価されている。その上、月山山麓湧水群は名水百選にも選ばれている。山頂には月山神社があり、登山観光客が頻繁に詣でる。4月から7月まで楽しめる夏スキー場があり、冬季は逆に雪が多すぎて危険なため閉鎖される。
  • 庄内藩校致道館
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町11-45
    文化2年(1805)に庄内藩9代藩主・酒井忠徳が、士風の刷新と優れた人材の育成を目的に創設した藩校。各自の天性を伸ばすことに主眼が置かれた教育方針であった。現在は、表御門や聖廟、講堂などが残っており、国の指定史跡として一般公開されている。東北では唯一現存する藩校建築物だ。

    鶴岡市内の中心部、鶴ヶ丘城址のすぐ近くにある藩校致道館。建物は1805に9代目の酒井忠徳が創設した藩校だ。東北地方で現存する藩校では唯一なので、その建築物の価値は高い。表御門、聖廟、講堂、御入間などが残っており、観光客にも開放されている。

  • 玉簾の滝(山形)
    旅行/観光
    山形県酒田市升田字大森
    酒田市升田にある滝。高さ63m、幅5m、杉の大木に囲まれた直瀑で、弘法大師が発見し命名したと伝えられる。かつては修験場としても利用され、現在でも滝の前には「御嶽神社」が祀られている。4月下旬から5月上旬と8月中旬にはライトアップが行われ、日中とは違った美しさが味わえる。また、1-2月の厳冬には氷瀑となるなど、季節によって様々な景観を楽しむことができる名瀑だ。
  • 丸池様・牛渡川
    旅行/観光
    山形県飽海郡遊佐町
    遊佐町吹浦にある牛渡川は、鳥海山の伏流水による湧水の豊富さと、それに伴う水の透明度の高さで知られている。隣接する池は「丸池様」の名で知られ、池の水は100%湧水からなり、高い透明度のエメラルドグリーンが見られる。池底に沈む倒木が腐らないのは、湧水が清らかな証拠であると言われている。
  • 鳥海ブルーライン
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    山形県飽海郡遊佐町吹浦・秋田県にかほ市
    遊佐町吹浦から鳥海山5合目付近の鉾立を経由し、秋田県にかほ市象潟町へ至る、全長約35kmの山岳観光道路。標高ゼロから1100m付近に一気に駆け上る快適なドライブコースとなっている。鳥海山はもちろん、眼下に庄内平野と日本海、遠くには飛島・佐渡・男鹿半島まで望み、初夏には新緑、秋には紅葉が楽しめる。ルートのほぼ中間には展望台もあり、途中にはブナの原生林や「神鹿公園」など見所も多い。10月下旬-4月下旬は冬季閉鎖。

    もろもろの自粛が叫ばれている中、鳥海山のブルーラインの通行止めとなっており今回は秋田川の少し離れたところから眺めました。 残雪の残る山はいろんな角度から見てもやっぱりきれいです。 今度はもう少し近くから眺めたいと思います。

山形の主要エリア

around-area-map

山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。

山形の写真集

目的から探す