山形・蔵王・天童・上山の旅行/観光スポット一覧

  • 宝珠山 立石寺
    rating-image
    4.5
    892件の口コミ
    旅行/観光
    山形県山形市山寺4456-1
    仙山線山寺駅から立谷川を渡った先にある天台宗の寺院、宝珠山立石寺。通称を「山寺」といい、貞観2年(860)清和天皇の勅命によって円仁が開山。現在は蔵王国定公園にも指定され、緑豊かな約33万坪の境内に30近くの堂塔が残る東北地方随一の歴史ある霊山である。また松尾芭蕉が「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」を詠んだ場所である。その跡は「せみ塚」として残され、斎藤茂吉をはじめ多くの歌人が句碑を残している。

    全部で1015段の石段を登り頂上の展望エリア五大堂まで行きました。大パノラマで美しい景色でした。それと同時に、山に囲まれた小さなエリアに人々が住んできたことや、崖に埋め込まれた小さな家屋で僧侶が修行をしてきたことなど、過酷な環境で人々が生活してきたことを窺い知ることができました。 私は「えんどう」という食堂兼土産物屋の駐車場に車を停めました。下山後に1000円以上の購入で駐車料金が無料とのことでし...

  • 山形城跡(霞城公園)
    rating-image
    4.0
    183件の口コミ
    旅行/観光
    山形県山形市霞城町1-7 (管理事務所)
    山形市霞城町にある国指定史跡。山形城は1356年に最上家の祖・斯波兼頼が築城したと伝えられている。現在では二ノ丸の堀や土塁、石垣が残っており、二の丸東大手門などが復元され、「霞城公園」(「霞城」は城の別称)として整備、開放されている。「日本百名城」にも選定された観光名所だ。

    最上家のお城の跡だが、残念なことにお城の櫓など建物は全く残っていない。一部で復元はされているが、南の大手門については城の石がとても立派なので何とか復元の櫓ぐらいは作ってほしいところだ。公園も広いだけで特段何もないのが残念だ

  • 蔵王ロープウェイ
    旅行/観光
    山形県山形市蔵王温泉229-3
    山形県山形市蔵王温泉で運行しているロープウェイで、蔵王温泉街にある蔵王山麓駅から樹氷高原駅、樹氷高原駅から蔵王地蔵尊のある地蔵山頂駅を結んでいる。冬期はスキー客の輸送や樹氷ライトアップイベントの需要が多く、夏期は登山客の利用が多い。「フニテル」と呼ばれるゴンドラの採用により、揺れや振れ幅の少ない快適な乗り心地を実現。四季にあわせて新緑や紅葉、樹氷など、雄大な蔵王の自然を満喫できる。
  • 道の駅寒河江 チェリーランド
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    交通
    山形県寒河江市大字八鍬字川原919-8
    寒河江市大字八鍬字川原の国道112号線沿いにある道の駅。銘菓や農産物、地酒、工芸品などの山形の名産品が揃うおみやげセンターを中心とした東北最大級の道の駅となっている。山形牛や庄内豚などを使った料理を提供するレストランや軽食コーナーを併設し、道路向かいには大規模なさくらんぼ農園「八果園大沼」が位置している。「慈恩寺金胡麻くるみゆべし」などの同施設限定商品も。

    ここでは山形県村山地方のお土産物がすべてそろいます 周りがさくらんぼ果樹園で6月はさくらんぼ一色です 5月の連休にはさくらんぼの種飛ばしを競うイベントがありました

  • 山形美術館
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県山形市大手町1-63
    山形市大手町、霞城公園の東向かいにある美術館。松尾芭蕉の「出羽三山短冊」や、与謝蕪村の「奥の細道図屏風」などの日本美術や郷土美術、モネやルノワールなどのフランス近代美術のコレクションを所蔵している。コレクションに関連した企画展示のほか、山形県総合美術展など、地元の美術展、写真展、書道展の会場としても利用される。

    山形駅から徒歩10分ほど。山形城跡の二ノ丸東大手門近くに立地している。 日本画や地元出身の彫刻家の作品の他、フランス近代絵画が充実している。訪館した時は「フランス近代絵画の精華」という企画展(入館料800円)が行われており、所蔵品の中からコロー、ミレー、モネ、ルノワールなどの作品がテーマに沿って展示されていた。なお、館内は撮影禁止である。

  • 山形市郷土館(旧済生館本館)
    rating-image
    4.0
    84件の口コミ
    旅行/観光
    山形県山形市霞城町1-1
    山形市霞城町の「霞城公園」内にある資料館。明治11年(1878)に県立病院として建設された「済生館」を移築復元し、郷土の歴史や医学に関する資料展示に利用している。建物は国の重要文化財に指定されている。

    明治時代に竣工された「擬洋風建築」の病院らしいです。入館料は無料です。 霞城公園を散策しているときに見つけました。「擬洋風建築」とは、欧米の建築を日本の大工職人が「真似て建てた建造物」らしいのですが、確かによく見ると、洋風っぽさとともに和風っぽさもあったりと面白かったですね。

  • 高橋フルーツランド HATAKE STYLE(ハタケ スタイル)本店
    rating-image
    4.5
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県上山市阿弥陀地字塩崎前1368-3
    さくらんぼやぶどう、ラフランスなどそれぞれ旬の時期に「フルーツ狩り」を楽しめる観光果樹園。敷地内に併設されている「HATAKE cafe」では、瑞々しい旬のフルーツをふんだんに使用した「季節のフルーツパフェ」などを味わうことができる。畑の中で食べているような気分になれる奥のテラス席が人気を集めている。

    中心部からは離れた立地です。何度かうかがっていますが週末は混んでいます。果樹園ですがフルーツパフェもいただけて人気です。時間に余裕をもって行かれるといいと思います。

  • 蔵王中央ロープウェイ
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    山形県山形市蔵王温泉940-1
    山形市蔵王温泉の温泉駅から鳥兜駅までを結ぶロープウェイ。101人乗りの大型ゴンドラで、延長距離1,787m、高低差524mの道のりを約7分30秒で運行している。車内から蔵王の大自然を眺めることができる他、鳥兜駅から徒歩1分の鳥兜山展望台からは上山市内が一望できる。

    お客さんの数は例年の半分くらいだそうですよ。 山形蔵王のロープウェイ、ケーブルには、大きく3つ「蔵王中央ロープウェイ」「蔵王スカイケーブル」「蔵王ロープウェイ」とありますが、その中央に位置しているのが「蔵王中央ロープウェイ」ですね。「温泉駅」と「鳥兜駅」を結ぶロープウェイです。 それなりに大きいロープウェイなので、また、例年の半分ぐらいのお客さんの数だったので、人で混みまくっている感じはなかったで...

  • 本山慈恩寺
    rating-image
    4.5
    36件の口コミ
    旅行/観光
    山形県寒河江市大字慈恩寺地籍31
    寒河江市慈恩寺にある寺院。746年に婆羅門僧正により創建されたと伝えられる。江戸時代には18か村、約2800石にも及ぶ寺領を誇る東北一の巨刹となった。現在は規模は縮小したものの、「慈恩寺旧境内」が国の史跡に指定されている他、本堂や仏像群、5月5日の「一切経会」の際に行われる「慈恩寺舞楽」など、多くの文化財を有する。

    とても静かで厳かな空気のなか、立派な山門と御堂、三重塔が迎え入れてくれました。ちょうどこの期間は秋の特別展として、阿弥陀堂特別拝観が行われており、通常拝観で目にすることができる聖徳太子立像や十二神将のほかに、阿弥陀如来座像も拝観することができました。本当に立派な仏像でした!聞くところによると、国の重要文化財等の数は、山形県内ナンバーワンとのこと!特に十二神将は海外の展示会にも出品してるほどなのに...

  • さくらんぼ会館
    遊ぶ/趣味
    山形県寒河江市八鍬川原919-6 道の駅寒河江チェリーランド内
    道の駅寒河江チェリーランド内にある、スペースシャトルをモチーフにした建物が目印の博物館。日本で最初のさくらんぼに特化した資料館で、寒河江市のさくらんぼ栽培に関する歴史紹介や資料展示を行っている。さくらんぼ狩りやいちご狩りの受付にもなっていて、温室さくらんぼ以外は期間限定、いちご狩りには事前予約が必要。2種類あるジェラートの販売も好評となっている。
  • 天童市将棋資料館
    rating-image
    3.5
    39件の口コミ
    旅行/観光
    山形県天童市本町1-1-1
    全国シェア約95%の、日本一の将棋の町 天童にある資料館。将棋の発生と日本への伝来・世界の将棋・駒の製作工程・駒工人の作品など、将棋と将棋駒に関することをわかりやすく展示している。様々な企画展も催されている。

    「将棋」といえば「天童」。天童駅内の1Fに「天童市将棋資料館」があります。 「将棋のルーツ、歴史」と「将棋の駒作りの職人技」の紹介展示が中心だったかな。ごじんまりとした資料館ですが良い感じでした。 ちなみに、天童駅前の郵便ポストには将棋の駒(王将)のオブジェつきでした。まさに「将棋」といえば「天童」。「天童」といえば「将棋」ですね。

  • 道の駅 天童温泉
    交通
    山形県天童市鍬ノ町2-3-41
    道の駅天童温泉は、天童市が生産量日本一を誇る「将棋駒」と「ラ・フランス」を楽しめるスポット。「将棋駒」は製作実演を行っているほか、駒工人の作品などを展示している。「ラ・フランス」は果肉を加工したパイやタルトといった限定スイーツや、旬の果物を使用したジェラートを販売している。また、屋外には遊具で遊べる多目的広場や、源泉かけ流しの足湯もある。夏は噴水が上がり、家族連れにもおすすめの立ち寄り処だ。
  • 最上義光歴史館
    rating-image
    4.0
    54件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県山形市大手町1-53
    山形市大手町の公園通り沿いにある博物館。最上家の初代・斯波兼頼の菩提寺である光明寺の跡地に位置し、山形藩の初代藩主・最上義光をはじめ、最上家に関連する資料を収蔵。刀や鎧などの武具や、文献、絵画などの貴重な資料を展示している。

    入館料無料の「最上義光歴史館」です。「山形に最上義光あり」という感じでした。 戦国時代から江戸時代前期にかけての出羽国の大名である「最上義光」ですが、大まかにいうと、山形城を中心とした当時の山形県の街つくりに貢献したとわかるような展示だった覚えがあります。 「山形に最上義光あり」という感じでした。入場料無料なので訪れても良いかもです。

  • 山寺芭蕉記念館
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    旅行/観光
    山形県山形市大字山寺字南院4223
    山形市山寺の県道19号線沿いにある、俳人・松尾芭蕉の記念館。芭蕉の自筆草稿や手紙などの資料を所蔵しており、芭蕉の生涯に関する常設展示や、映像コーナーでの映画の上映、芭蕉に関連した企画展を行っている他、俳句大会などのイベントも開催している。畳敷きの研修室や茶室は、伝統芸術文化の大会、茶会などに利用が可能だ。

    「松尾芭蕉」についてよりも、企画展の「紅花文化」の紹介がとても良かったでした。 ちょうど企画展で「山寺と紅花」というのがやっていて、「ひな人形」が展示されてあり、「何故かな?」と思い、展示を見ていくと理解できました。 「最上紅花文化」と「近江商人」。そして天台宗の山寺「立石寺」。この3つの点である言葉を結ぶと「ひな人形」につながります。山形で栄えた高価な紅色を出す「紅花」。京都に近く、天台宗、比叡...

  • 鈴立山若松寺
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    山形県天童市山元2205-1
    天童市鈴立山の山中にある天台宗の寺院。最上三十三観音霊場の第一番。別名を若松観音といい、和銅元年(708)鈴の音に導かれた行基が鈴立山にて光り輝く三十三観音像を感得したことによって開山されたと伝えられる。観音様は縁結びにご利益があると言われ、境内ある縁福大風鈴を鳴らすと良縁と幸福に恵まれるとも。重要文化財として観音堂や金銅聖観音像懸仏、板絵著色神馬図が指定を受けている。

    縁結びで有名なお寺です。縁結び祈願の絵馬がたくさんありました。 雨が降っていましたが、なんだか荘厳な雰囲気で身が引き締まるような感覚になりました。またお遍路の1番所でこれからお遍路に回る予定の方がいらっしゃいました。たまたま聞けたのですが、おいずりの色が3種類あって、赤は両親が健在の方、青は片親しか生きていない人、白は両親がどちらともいない方、のようです。

  • 山形県郷土館「文翔館」
    旅行/観光
    山形県山形市旅篭町3-4-51
    山形市旅篭町の県道49号線沿いにある施設。大正5年(1916)建造の旧県庁舎及び県会議事堂を修復、保存して利用しており、英国近世復興様式の建物は国の重要文化財にも指定されている。館内では復元の記録や県の歴史・文化に関する展示などを行っているほか、ホールや会議室、中庭などの貸出も行っており、様々なイベントに利用されている。
  • 広重美術館
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県天童市鎌田本町1-2-1
    「東海道五十三次」などで有名な浮世絵師、歌川広重の作品を収集保管、展示している美術館。天童藩との交流の経緯を紹介するほか、天童藩の依頼で描かれた肉筆画をはじめとした浮世絵などの作品を鑑賞できる。ほかにも刀剣資料コーナーでは、片岡銀作押型のコレクションや月山銘刀が展示されている。ミュージアムショップでは歌川広重をはじめとした浮世絵関連グッズや、特産の月山和紙のグッズを購入できる。

    こじんまりしていて良かったが、イメージしていたのとちょっと違って、もう少し展示と説明があったらなお良かったと思いました。

  • 公益財団法人 上山城郷土資料館
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    山形県上山市元城内3-7
    上山市元城内の月岡公園内にある城跡。元は最上氏の治世下、山形藩最南端の城塞として建てられたもので、その後土岐氏の下で整備された城郭の見事さから「羽州の名城」と称えられた。1692年に幕命により取り壊され、現在では堀や石垣などが残っている。復元された城郭は郷土資料館として使用されており、資料展示のほか、天守閣からの眺望も楽しめる。

    かみのやま温泉で一番の観光スポットだと思います。 別名上山城跡です。入場料は420円でお城の中に入れますが、 新型肺炎の時期で閉鎖されていました。しかしお城の周囲 は桜が満開で大変綺麗でしたし、お城も規模は大きくないですが とても綺麗でした。無料駐車場もあります。

  • 王将果樹園
    遊ぶ/趣味
    山形県天童市大字川原子1303
    天童市川原子の関山街道沿いにある果樹園。市内で唯一温室のさくらんぼハウスを備え、栽培面積は約6haと、県内最大級の規模を誇る。5月中旬から7月中旬のさくらんぼ狩りの他、ぶどうや桃、りんごなど、時期に応じた果物狩りを体験できる。果物を使ったソフトクリームやパフェなどを提供するカフェや、果物や加工品、地酒などを販売するショップも併設している。
  • 山形チェリーランド&上山観光フルーツ園
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県上山市三上半道路1241-47
    上山市三上字半道路、フルーツライン沿いにある果樹園。6月上旬から7月中旬まで、人気の佐藤錦はもちろんのこと、園で開発した貴美錦や大将錦といった品種が食べ放題のさくらんぼ狩りで楽しむことができる(予約不要)。さくらんぼ以外にも、ぶどうやりんご、梨、桃、希少な最高級プラム「月光」など、時期に応じて様々な果物狩りを楽しめる。

    山形県上山市にある『山形チェリーランド』 6月初旬-7月下旬まで、さくらんぼ狩りのシーズン さくらんぼ狩りに初訪問 料金は[通常コース]佐藤錦など 40分食べ放題、大人¥1600 広大な敷地に沢山の品種のさくらんぼの木がある この農園で造った「大将錦」 「貴美錦」「初夏の香」など珍しい品種もあり [特別コース]にすると珍しい品種も 食べ放題に入る 通常コースで今の時期は「佐藤錦」が旬 「初夏...

山形の主要エリア

around-area-map

山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。

山形の写真集

目的から探す