山形の植物園スポット一覧

  • 川西ダリヤ園
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県東置賜郡川西町大字上小松5095-11
    国内初となる「ダリヤ」のみの観光植物園で、ダリヤが650種、約10万本が咲いており、芝生と樹木で整備された約4haの広大な園内で、ゆっくりと鑑賞することができる。また、温泉施設が隣接しており、展望テラスからダリヤ園を一望することができる。毎年シーズンとなる8月頃から11月頃まで開園している。

    そろそろ見頃かと思い見に行きました。大輪や小ぶりなダリヤ、そして様々な色のダリヤを楽しめました。花の名前も色々あってなかなか面白いと思います。まだ咲いていないダリヤも多数あったのでもう少し後半に行っても見応えがありそうです。園内は30分くらいあれば一通り見ることが出来ます。園内の奥には子供が遊ぶ遊具があったり入口付近にはチョットした売店と軽食をとれる場所があるのでゆっくりする事も出来ます。

  • 山形市野草園
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山形県山形市大字神尾832-3
    山形市大字神尾の西蔵王高原ライン沿いにある野草園。「花の草原」、「自然ふれあいゾーン」、「観察ゾーン」などからなる園内に、およそ1,000種類の様々な野草や樹木が群生している。ガイドウォーキングをはじめ、季節ごとにバードウォッチングやホタル観察会、各種体験教室などのイベントも行われる。

    4月上旬に行きました。山形市中心部からは車で25分くらいですがバスでも行けるみたいでした。入場料は300円取られますが、駐車場は無料でしたが、肝心の公園内は野草なので特に色鮮やかな花もなく、地味な感じで桜もありませんでした。4月はオススメしないです。

  • どんでん平ゆり園
    遊ぶ/趣味
    山形県西置賜郡飯豊町大字萩生3341
    西置賜郡飯豊町萩生にある植物園。東京ドームの4倍以上の広大な敷地を有し、約50万本の様々な品種のゆりを植栽している東日本最大のゆり園である。園内には展望台や親水広場のほか、飯豊牛のバーベキューも味わえるレストハウスを併設している。
  • 東沢バラ公園
    遊ぶ/趣味
    山形県村山市楯岡東沢1-25
    東沢バラ公園は村山市大沢貯水池の畔に広がる植物園。世界各国約750品種2万株余りものバラを栽培している。代表的なバラとしては村山市オリジナルの品種「むらやま」や希少性の高い「バイオレット」が見られる。バラが見頃となる時期は6月から9月、最盛期には毎年バラまつりが開催される。平成13年(2001)には「かおり風景100選」に、また平成27年(2015)には「恋人の聖地」にも選ばれている。
  • 寒河江公園つつじ園
    遊ぶ/趣味
    山形県寒河江市寒河江長岡
    寒河江市寒河江長岡の「寒河江公園」内にあるつつじ園。3.2haの敷地に約4万3000株、11種類のつつじを植栽しており、東北でも最大級の規模を誇る。5月には「寒河江つつじまつり」が開催され、ライトアップなどのイベントが行われる。
  • 蔵王自然植物園
    遊ぶ/趣味
    山形県山形市蔵王
    蔵王連峰の三宝荒神山山頂付近にある植物園。6月から9月にかけて、シャクナゲをはじめとする様々種類の高山植物や、草が赤く色づく「草紅葉」などを観賞できる。蔵王温泉から地蔵山の山頂付近まで通っているロープウェイでアクセスし、植物園を一周するトレッキングも楽しめる。
  • あつみ温泉ばら園
    遊ぶ/趣味
    山形県鶴岡市湯温海地内
    鶴岡市湯温海の県道44号線沿いにあるバラ園。温泉街の高台に位置する園内で約90種、3,000本ほどのバラを植栽している。6月から10月にかけて開花する様々なバラを観賞できるほか、6月には「あつみ温泉ばら園まつり」も開催される。
  • 双松バラ園
    遊ぶ/趣味
    山形県南陽市宮内4396-2
    フラワー長井線「宮内駅」より徒歩約15分のところにあるバラ園。双松公園内の頂上付近にあり、340種、約6000本のバラが植えられている。盆地から吹き上がる風によってバラの香りが立ち上り、「香りのバラ園」として親しまれている。品種はオールドローズが多く、今ではなかなか手に入らないバラも数多くありバラ愛好家にも人気。6月から7月にかけて「南陽バラまつり」が開催されている。
  • 梅林公園
    遊ぶ/趣味
    山形県鶴岡市湯田川
    古くから「鶴岡の奥座敷」と呼ばれ、国民保養温泉地に指定されている湯田川温泉内にある竹林に囲まれた風光明媚な公園。春になると、約300本の紅梅・白梅が咲き乱れ多くの観光客が訪れる。見ごろは3月下旬-5月上旬まで。また、見ごろにあわせて梅まつりが開催され、各旅館の女将たちによる野点などのほか、茶店も出店され賑う。梅のほかにも、ぼたん、つつじ、さつき、あやめ、水仙など、様々な花を観賞できる公園。
  • カムロファーム倶楽部
    遊ぶ/趣味
    山形県最上郡金山町大字有屋1247-2

山形の主要エリア

around-area-map

山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。

山形の写真集

目的から探す