男鹿の旅行/観光スポット一覧

  • 男鹿総合観光案内所
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船越一向207-219
    男鹿半島の入口にある、約15メートルもの巨大なまはげ像二体が目印の観光案内所。職員と対面で最新の観光情報を聞くことができるほか、エリア毎に分けられたパンフレットも用意されている。パソコンが設置された情報コーナーがあり、男鹿に関連する情報を即座に引き出せるようになっている。特産品の販売も行なう。イベントや観光施設の映像を常時放映。珈琲店では軽食を楽しむことも可能で屋外にステージや花畑がある。

    大きななまはげを見て、トイレ休憩を兼ねて訪問。建物の中の観光案内所といっても、たいした資料もあまりありません。お土産売り場です。

  • スカイパーク寒風山回転展望台
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県男鹿市脇本富永寒風山62
    景観の名所として知られる、寒風山の頂上に立つ展望台。1階にはお土産屋とレストラン、2階・3階八郎潟干拓をはじめとする写真や、男鹿半島の歴史・自然にまつわる文献等を展示する資料室がある。4階には施設名の通り回転展望室があり、「世界三景寒風山」と称される寒風山からの絶景を、360度見渡すことが出来る。

    男鹿半島の先にある山の上にある展望台で、いつでもではありませんが、回転して秋田の青い海や雄大な大地を食事をしながら見る事が出来ますが、冬は雪のため、何も見る事が出来ません。

  • 真山神社
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
    秋田県男鹿市にある神社。「瓊瓊杵命(ににぎのみこと)」と「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」を主祭神として祀っている。正月の 「柴灯祭」や、2月に行われる「なまはげ柴灯祭り」が有名で、シーズンには毎年多くの参拝客が訪れている。また近隣には、なまはげ習俗を体験できる「男鹿真山伝承館」などがある。

    「なまはげ」ゆかりの地として、毎年2月に「なまはげ柴灯まつり」が行われることで知られる真山神社の参道、岩の階段を5~6分上がっていくと、その五社殿はありました。訪れたのが、真冬のみぞれが降る夕方だったこともあり、人影もなく静かで、神聖な気持ちで参拝できました。 五社殿は、その昔五社堂と呼ばれ、5つの社があったが、火災で焼失し、1社にまとめられたと伝えられているそうです。また社殿は、随所に仏教建築の...

  • 入道埼灯台
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦
    男鹿市北浦入道崎昆布浦の県道121号線沿いにある灯台。白と黒の縞模様がついた特徴的な外見の灯台で、日本に16ヶ所しか存在しない「登れる灯台」としても知られる。男鹿半島や日本海、沖にある水島の景色を一望できるほか、灯台資料展示室も併設。また、北緯40度ラインを示すモニュメントも隣接している。
  • 赤神神社五社堂
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船川港本山門前字祓川35
    秋田県男鹿市にある「なまはげ伝説」が伝えられている神社。鬼が一晩で積んだと伝承される「999段の石段」があることで有名である。境内には、赤神を祀る「中央堂」を含む5つの堂「五社堂」が建てられており、国の重要文化財に指定されている。
  • なまはげライン
    旅行/観光
    秋田県男鹿市
    国道101号交点の船川港仁井山交差点から秋田県道55号交点の北浦野村交差点間での区間の道で、道幅が広く快適なドライブができるが、そもそもは広域農道。「7つの橋」が架かっていることでも知られる。橋は南から青鷺橋・なまはげ大橋・青鬼橋・赤鬼橋・鰰(ハタハタ)橋・ぶりこ橋・秋鮭橋。
  • 男鹿国定公園
    遊ぶ/趣味
    秋田県男鹿市
    男鹿市の総面積の、約1/3が指定を受けている国定公園。寒風山・男鹿三山などの山々や、日本渚百選に選ばれている鵜ノ崎海岸、天然記念物に指定されたヤブツバキ北限の自生地 椿地区など、自然を堪能できる場所の殆どが国定公園内にある。
  • 男鹿観光海底透視船
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦入道崎字昆布浦2
    男鹿半島北西の突端 入道崎灯台の下にある磯が、船の発着場になっている海底透視船。沖合いの岩礁・水島までとの間を約30分をかけて往復しており、気軽に男鹿の海底を眺めることができる。海藻類や魚を間近で眺められると評判だ。お勧めシーズンは水が最も澄む夏場。
  • 入道崎
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦
    男鹿半島の先端に位置する岬である。緑の芝生が続く岬の先には白と黒のカラーが特徴的な灯台があり、青い大海原を一望でき絶景。北緯40度ラインのモニュメントは男鹿半島から産出される安山岩でできている。
  • 男鹿真山伝承館
    遊ぶ/趣味
    秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
    秋田県男鹿市北浦真山にある、ナマハゲを体験できる伝承館。ナマハゲを展示している「なまはげ館」の隣に立っている、男鹿地方の典型的な曲家民家が「男鹿真山伝承館」。ここでは、観光客が大晦日以外にはなかなか見ることのできない「ナマハゲ習俗」を、ナマハゲ習俗学習講座として体験することができる。また、この地域の生活民具などの展示も行われている。なまはげ館との共通券がお得。
  • なまはげ館
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢地内
    JR男鹿線羽立駅から車で20分のところにある、男鹿の民俗行事「なまはげ」の資料展示施設。男鹿産出の寒風石の石積み造りの外壁と、秋田杉を内装に使った雰囲気ある館内にナマハゲ伝説の貴重な資料が展示されている。見どころは、男鹿市内各地で実際に使われていた110体&40枚ものナマハゲ面。ずらっと並んだ多種多様な姿は圧巻そのもの。また、なまはげ変身コーナーでは、本物のなまはげの衣装を身につけ記念撮影ができる。
  • ゴジラ岩
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船川港小浜
    男鹿半島の南、潮瀬崎にある巨岩である。まるで横を向いて口を開いていりゴジラのように見えることからこの名がつけられた。
  • 門前のなまはげ立像
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船川港本山門前
    男鹿市船川港本山門前にある、なまはげの像。鬼が築き上げたという伝説がある近くの赤神神社五社堂の999段の石段にちなみ、高さは9.99mとなっている。同地区のシンボルとして、記念撮影のスポットにもなっている。
  • 八望台
    旅行/観光
    秋田県男鹿市戸賀
    男鹿半島でも有数の、夕陽のみどころである「八望台」は、戸賀湾・一ノ目潟・二ノ目潟・奥羽山脈、そして青森県境までも眺望できる景勝地だ。「八望台」という名は、高松宮殿下が命名されたことでも有名な場所だ。
  • 寒風山
    旅行/観光
    秋田県男鹿市脇本富永寒風山
    標高約355mのなだらかな成層火山で、景観の名所として知られている。なまはげの棲家であるといわれている巨石の山・鬼の隠れ里や、名水が湧く涌水地帯・滝の頭等様々な見所がある。頂上には展望台が設置されており、4階の回転展望室からは男鹿半島の海岸線や鳥海山、白神山地、大潟村等を360度見渡すことができる。山の中腹から山頂にかけてススキが群生しており、秋には一面に広がるススキが日差しに照らされ、白銀色に輝く幻想的な光景を目にすることが出来る。
  • 男鹿半島
    旅行/観光
    秋田県男鹿市
    秋田県男鹿市にある半島。「なまはげ」の地としても有名であり、男鹿の入口には「なまはげ立像」がある。「寒風山」には回転展望台があり、360度の広大な風景を楽しむことができる。また、パラグライダー体験ができるアクティビティも人気。「男鹿温泉郷」などの温泉で、観光の道中にゆっくりと時間を過ごす人々も多い。
  • 男鹿半島西海岸
    旅行/観光
    秋田県男鹿市戸賀塩浜・船川港他
    約3,000万年前、日本列島がユーラシア大陸の東の端にあった時代の、火山噴火で引き起こされた泥流が堆積したと考えられている断崖のある海岸。昭和45年(1970)に大桟橋有料道路として開通する前までは、船が主な交通機関となっていた歴史がある。風化した岩石は様々な造形をつくり出しており、海からの眺めがより素晴らしい。
  • 能登山の北限の椿
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船川港椿
    北緯39度52分。椿漁港近くの能登山は国内の椿自生北限地。約30平方mの広さに500本ほどのヤブツバキが自生し、毎年4月上旬ごろ鮮やかな赤い花をつける。能登から来た若い漁師と村の娘との悲恋伝説も残る。
  • 西海岸(男鹿半島線)
    旅行/観光
    秋田県男鹿市
    荒々しい岩肌に波が打ち寄せる男鹿西海岸。ドライブルート周辺にはダイナミックな風景が広がり、沿道にある舞台島・芦倉(大桟橋)・白糸の滝・カンカネ洞、各駐車場からも絶景を眺望できる。
  • 男鹿市観光協会
    旅行/観光
    秋田県男鹿市船川港船川字泉台66-1

秋田の主要エリア

around-area-map

「なまはげ」で有名な秋田県は、日本海に面する豊富な山海の幸が魅力です。 県内には秋田空港があり、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港からも直行便が出ていて、飛行機でのアクセスが便利です。東京からは1時間5分で到着します。 北には青森から連なっている雄大な山々を有する「白神山地」、県南には県内で最初の国の名勝に指定された「旧池田氏庭園」、国の天然記念物で奥の細道最北の地「象潟(きさかた)」があります。春には川に沿って桜が咲き誇る「檜木内川堤サクラ」も人気があります。県内の中央では、重要文化財「秋田市立赤れんが郷土館」や、毎年8月3日~6日の間には「秋田竿燈まつり」が楽しめます。 また、秋田に行ったら食しておきたいのが、郷土料理きりたんぽ鍋です。他にも魚のはたはたが有名で、鍋に入れて食べるしょっつる鍋や塩焼き、唐揚げなど、さまざまな方法でおいしくいただけます。

秋田の写真集

目的から探す