白神・男鹿の遊覧船/水中観光船スポット一覧

  • 男鹿遊覧透視船
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦2
    男鹿半島北西の突端 入道崎灯台の下にある磯が、船の発着場になっている海底透視船。沖合いの岩礁・水島までとの間を約30分をかけて往復しており、気軽に男鹿の海底を眺めることができる。海藻類や魚を間近で眺められると評判だ。お勧めシーズンは水が最も澄む夏場。
  • 太平湖遊覧船
    旅行/観光
    秋田県北秋田市森吉字小沢国有林太平湖
    毎年6/1~10/31まで運行している遊覧船。森吉ダムの完成によってできた太平湖は周囲30km・面積195ha・深さ58mの人造湖で、シーズン中は9時半から15時半の間、1時間に一本、秘境 小又峡へ案内してくれる。特に秋の紅葉シーズンは素晴らしい景観が楽しめる。

秋田の主要エリア

around-area-map

「なまはげ」で有名な秋田県は、日本海に面する豊富な山海の幸が魅力です。 県内には秋田空港があり、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港からも直行便が出ていて、飛行機でのアクセスが便利です。東京からは1時間5分で到着します。 北には青森から連なっている雄大な山々を有する「白神山地」、県南には県内で最初の国の名勝に指定された「旧池田氏庭園」、国の天然記念物で奥の細道最北の地「象潟(きさかた)」があります。春には川に沿って桜が咲き誇る「檜木内川堤サクラ」も人気があります。県内の中央では、重要文化財「秋田市立赤れんが郷土館」や、毎年8月3日~6日の間には「秋田竿燈まつり」が楽しめます。 また、秋田に行ったら食しておきたいのが、郷土料理きりたんぽ鍋です。他にも魚のはたはたが有名で、鍋に入れて食べるしょっつる鍋や塩焼き、唐揚げなど、さまざまな方法でおいしくいただけます。

秋田の写真集

目的から探す