盛岡・つなぎの旅行/観光スポット一覧

  • 盛岡八幡宮
    rating-image
    4.0
    91件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市八幡町13-1
    延宝8年(1680)、第29代南部重信公によって建立された盛岡八幡宮。農業、工業、商業、学問、衣食住など、人間生活の根源の神として、古来より地域の人々から崇められている。山車行事、流鏑馬神事など年間を通して様々な祭りが斎行されており、知る人も多い。

    岩手県盛岡市八幡町にある盛岡の総鎮守とされる神社です。 城下町鎮護のためにおかれた南部家の氏神でもあり盛岡城からは1kmぐらい南東方向にあります。 さすが総鎮守!! 入口の鳥居から社殿まで荘厳な雰囲気でした。 もともとは源頼義が安倍氏討伐の際に、戦勝を祈願して石清水八幡を勧請した「鳩森八幡宮」が始まりで、その後南部氏が盛岡城を築城した際に城内鎮守の神社として再建し、青森より南部氏の氏神であった...

  • 岩手県立美術館
    rating-image
    4.0
    66件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
    岩手県盛岡市にある、平成13年(2001)に開館した美術館。萬鐵五郎・松本竣介・舟越保武など、岩手県にゆかりのある作家の絵画や彫刻の作品を展示している。また、常設展ではボランティアの方による作品解説や、コレクショントークなどのイベントが定期的に開催されており、観光客も多く訪れている。

    行った日は、ジブリ展が開催されていて 人の多さにびっくりしました。 ジブリも見れたらと思っていましたが、 諦めて常設展示だけ見ました。広い空間 をのんびり見れて良かったです。

  • もりおか歴史文化館
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市内丸1-50
    岩手県盛岡市の「盛岡城跡公園」内にある平成23年(2011)に開館した博物館。盛岡の歴史や、文化に関する資料展示などを見ることができる。また、「盛岡さんさ踊り」の公演や季節の行事、ワークショップなどの様々なイベントが定期的に開催されている。地元の人々だけでなく、観光客も多く訪れている。

    日本百名城スタンプを押すついでに、こちらの中も見学しました。 盛岡や南部藩の歴史を展示物と共に丁寧に説明しています。 歴史好きの方にはオススメの場所です。

  • もりおか啄木・賢治青春館
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-25
    石川啄木と宮沢賢治に関する資料館。明治、大正期にかけてそれぞれに盛岡で青春時代を過ごした2人や、当時の盛岡の街に関する資料を展示している。建物は明治43年(1910)に竣工した旧第九十銀行本店本館を利用したもので、国の重要文化財にも指定されている。

    岩手県盛岡市の中津川に架かる中の橋付近にある資料館。 盛岡で青春期の10年を過ごした石川啄木と宮沢賢治を紹介してる場所です。 文学や芸術に疎い私でも二人の名前だけは知っているくらい有名人ですが、この土地にゆかりがある事は知りませんでした。 観光で付近を歩いていたらたまたまここを通ったのでふらっと入ってしまいました。 この周辺は素敵な建造物がいくつかあり、この資料館も明治43年に竣工した旧第九十銀...

  • 岩手銀行赤レンガ館
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-2-20
    岩手県盛岡市中ノ橋通にある、岩手銀行の建造物。改装の後の平成28年(2016)より一般公開されており、岩手銀行に関する資料なども展示されている。また多目的ホールも完備されており、様々なイベントに使用されている。建物は国指定の重要文化財にも選ばれており、多くの観光客が訪れている。
  • 啄木新婚の家
    rating-image
    3.5
    64件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中央通3-17-18
    岩手県盛岡市にある歴史的建造物。詩人の石川啄木が、妻・節子と両親、妹と共に3週間ほど生活していた住居。昭和59年(1984)には、盛岡市の指定有形文化財となっている。随筆「我が四畳半」にて書かれている家であり、盛岡市内に残る唯一の啄木の遺跡となっている。

    盛岡駅から徒歩10分強、県道1号線から入った所にありました。 外観は平凡な古い民家ですが説明板があり、啄木が新婚生活を始めた家で、ここで「閑天地」や「我が四畳半」などの作品を作ったそうです。 冬期(12月-3月)火曜、水曜日休館を知らないで行ったため、内部は見学できなかった。

  • 三ツ石神社
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市名須川町160
    盛岡市東顕寺の片隅にある神社。「岩手」の名の由来とも言われる。病気平癒や多産、良縁にご利益があるとも。かつて「三ツ岩様」と呼ばれる神様がこの地で暴れていた羅刹鬼を退治し、二度と悪さをしない約束として神社にある岩に手形を残させたという伝説が残る。毎年8月に行われる東北五大祭り「さんさ踊り」はこの神様へ感謝を示す踊りが発祥とされ、三ツ岩神社の境内では奉納演舞が行われている。

    さもない小さな神社ですが、岩手県の県名の由来になった「岩に鬼の手形」がある(らしい)です。どこにあるのかすら確認できませんが、そこは想像力を働かせて・・・「さんさ踊り」発祥の地でもあります。

  • 光原社 本店
    rating-image
    4.5
    33件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市材木町2-18
    JR盛岡駅から北上川を渡った場所にある「光原社」は南部鉄器やうるし塗りなどの民芸品を扱うお店。また県内だけでなく沖縄のガラス製品や島根の出西窯など全国の商品を販売している。また創業者及川四郎は岩手を代表する童話作家宮沢賢治と同窓生で、童話集「注文の多い料理店」の出版にも携わっている。敷地内には賢治に関わる品々を展示する「マヂエル館」や喫茶店「可否館」があり、賢治ファンが連日訪れる場所でもある。

    宮沢賢治作品が好きなので盛岡出張の際には必ずこちらに立ち寄ります。お土産店の裏側にコーヒーショップがあります。 カウンターでゆっくりするだけても落ち着けます。 そういえば、雨ニモ負ケズの手ぬぐいが見つかりませんでした。

  • 南昌荘
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市清水町13-46
    盛岡市清水町にある歴史的建造物。同市出身の実業家・瀬川安五郎が明治期に建てた邸宅で、市の保護庭園および景観重要建造物、庭園は国の登録記念物に指定されている。現在は一般公開されており、お茶会やコンサートなどのイベントにも利用されている。

    盛岡城跡公園から南にあるいて17分くらい のところにあります。明治時代の木造の建物 で、庭がこじんまりとしていますが、綺麗に整備 されていて、非常に赴きのある雰囲気を醸し出して いました。入場は無料ですので、誰でも見れますが 駐車場はありませんでした。

  • あさ開 昭和旭蔵
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市大慈寺町10-34
    盛岡市大慈寺町にある明治4年(1871)創業の酒蔵。伝統的な手づくり工程と、最新設備を駆使した近代工程により銘酒「あさ開」を醸造している。酒造りの工程の無料見学を実施しているほか、併設の地酒物産館では無料試飲や、限定酒、珍味、酒器などの販売を行っている。

    工場見学はせず、お店を見に行きました。 日本酒の試飲が出来たり、日本酒だけでなく日本酒を使ったケーキなど色々な品物がありました。 ちょうどテレビの撮影が来ていて人気のあるお店なのだと思いました。

  • 岩鋳鉄器館
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市南仙北2-23-9
    岩手県盛岡市南仙北にある南部鉄器のテーマパーク型工場。約400年の歴史を持つ南部鉄器の展示ギャラリーや、製造行程を無料で見学することができる。併設ショップでは、昔ながらの南部鉄器や、さまざまな鉄器のお土産が販売されている。最近では、伝統の技術はそのままに、現代の生活にマッチした新しいデザイン製品も多く、特にモダンなデザインや、カラフルな調理器具が人気。

    場所が分かりにくいです。大きなスーパーの裏手にあります。 お店は普通の広々とした土産物屋さんで、伝統工芸の南部鉄器やそのキーホルダーなどが置いてあります。店に併設されている工場では職人さんが鉄器を製造していました。博物館というほど説明が整備されているわけではなく、工場の中を覗く感じでした。おみやげ品は他のお店よりも安かったです。

  • 岩手県立博物館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県盛岡市上田字松屋敷34
    岩手県盛岡市にある、昭和55年(1980)に「盛岡県制百年」の記念に開館した博物館。地質時代から現代までの、岩手の自然や歴史などの資料を展示している。晴天の日には、2階から岩手山を一望することができる。敷地内では、重要文化財になっている民家「旧佐々木家住宅」「旧藤野家住宅」を展示しており、多くの観光客が訪れている。

    盛岡駅から松園バスターミナル行き路線バスに乗り、松園バスターミナルでバスを乗り換え片道410円、約40分位。入館料310円。 予想以上に立派な建物で、展示内容もとても充実していたので大満足。新型ウィルス感染症の世界的流行で観光施設が軒並み営業中止している中やる事がなくなり、博物館へ急遽行き先変更。特に、岩手県の地質についてはとても印象的で、化石が数多く発掘されているのが面白かった。 ただ、松園...

  • ベアレン 本社工場(見学)
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市北山1-3-31
    JR上盛岡駅より徒歩10分のところにある醸造所。ドイツ南部より醸造設備を買い上げ、伝統的な製法でクラシックビールを造っている。「第一回 世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストにて最高賞を受賞、創業から受賞までの軌跡を綴った書籍も出版された。見学ルームと直売所があり、できたての地ビールを試飲することができる。「クラシック」は創業時より造られている定番ビールで、コクと苦味のバランスが良いのが特徴。

    ベアレン醸造所の「KABOSU BAEREN RADLER 」という柑橘系の瓶のビール飲みました!さわやかですごく飲みやすいしおいしいです。おすすめです!

  • プラザおでって
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-10
    岩手県盛岡市にある複合施設。新鮮な野菜や果物などを購入できる「まちなか産直」のほか、ホールや会議室などの様々な施設が完備されている。また、英語対応が可能な観光案内所の「観光文化情報プラザ」も。地元の人々だけでなく、外国からの観光客なども多く利用されている。

    赤煉瓦の旧盛岡銀行の向かいにある、複合施設です。一階が物産店、二階には観光案内所もあります。二階は広々として、歩くのに疲れたら腰を下ろして休憩することもできます。観光地や催し物の広報物が並んでいます。

  • つなぎ温泉観光案内所
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市繋舘市89
    岩手県盛岡市から車で約30分のところにある「御所湖」の近くにある観光案内所。「盛岡の奥座敷」と親しまれているつなぎ温泉の情報や、周辺の宿「四季亭」や世界遺産の「平泉」などの観光地の紹介も行っている。また、定期的にイベントも行われており、多くの観光客が訪れている。

    役に立ちません。コミュニケーションはゼロに近い。特に、外国人が入ると、ビビったスタッフが黙り込んで何もしてくれない。お茶が用意されている様だが、勧めてくれないし、もらってもいいかどうか戸惑う雰囲気。日本の「オモテナシ」がどこに消えたか。

  • 岩手県公会堂
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市内丸11-2
    岩手県盛岡市にある「岩手県庁舎」に隣接し、昭和2年(1927)より開館している公共施設。会議室や大ホール、ギャラリーなどが完備されている。また、音楽演奏会や演劇などの様々なイベントが定期的に開催されており、地域の人々の交流の場として多く利用されている。

    岩手県盛岡市にある公共施設で盛岡城跡公園の少し北側にあります。 1927年に建てられた歴史を感じさせる素敵な建物でした。 日比谷公会堂と同じ建築家・佐藤功一が手掛けたものだそうです。 ここを訪問したのは原敬の胸像があるからで、公会堂西側の庭園内にありました。 「平民宰相」の名で知られる岩手の生まれの第19代...

  • 原敬記念館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市本宮4-38-25
    盛岡駅よりタクシー利用で約5分のところにある記念館。平民宰相として最初の政党内閣を組閣した、原敬の生家に隣接した記念館。政界の貴重な資料をはじめ、「原敬日記」や遭難時の衣服、遺品などを展示している。敷地内にある生家は1850年に建築されたもので、原敬が15歳まで過ごした場所。盛岡市指定文化財、盛岡市保存建築物に認定されており、期間限定で一般公開している。

    平民宰相として民衆の支持を集めた、原敬の記念館です。遭難時の服や遺品等も展示されていて、想像以上に本格的なものでした。

  • らら・いわて盛岡店
    rating-image
    3.5
    18件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市菜園1-3-6 農林会館1F
    岩手公園の入り口前にある農林会館の1階に位置するらら・いわて盛岡店は、岩手の民芸品や特産品を販売するアンテナショップ。岩手のお土産を買うには困らないほどの豊富な品揃えが特徴。食品は畜産物や農産物だけでなく南部煎餅や地酒、三陸からの海の幸と多種多様に取り揃えている。またクラフト館では南部鉄器から秀衡塗、琥珀、岩谷堂箪笥とこちらも取扱数が豊富である。

    岩手公園のそば、ビルの一階にある物産館、うっかりすると見逃してしまいそうなところにあります。駐車場はなく最寄りの提携先に駐車しなければならないのも残念です。 ただし店内には岩手の名産品がずらっとそろっています。 迷ってしまってなかなか決められないほどでした。

  • ござ九・森九商店
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市紺屋町1-31
    中津川に沿った住宅街にある「ござ九」は竹細工の日用品を扱う雑貨店。平屋の日本家屋は盛岡市の保存建造物に指定されており、NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」のロケ地にも採用されている。建物は、江戸後期から明治にかけて建てられたもので、当時は燈明用の燈心売や藁工品などを扱う商家だったとのこと。現在は、手作りの暖かみが感じられる昔なじみの籠や笊や藁ぐつなどを販売している。

    岩手県盛岡市の中津川沿いにある江戸時代後期の文化13年(1816年)に創業した紺屋町にある商家。 レトロな消防署の紺屋町番屋のすぐ近くにあり、こちらも実に趣のある素敵な建物です。 昔ながらの長屋って感じで、私の年齢的にはさすがに懐かしいという感情は無いですが、一瞬だけタイムスリップしたかのような古めかしい景観が目の前にありました。 いつまでも残しておいて欲しい風景です。ちなみに早朝の訪問だった...

  • 深沢紅子 野の花美術館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県盛岡市紺屋町4-8
    盛岡市紺屋町にある美術館。盛岡市出身の洋画家・深沢紅子と、その夫で同郷の洋画家・深沢省三の作品を収蔵。季節ごとにテーマを設けて両作家の作品を展示している。中津川を眺めながら過ごせる「Cafe 野の花」やミュージアムショップも併設。

    深澤省三と紅子夫妻のミニ美術館です。主に紅子さんの作品が展示しています。昔、隣家の火事のためにほとんどの作品をうしなったそうです。

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す