花巻・遠野

HANAMAKI / TONO

宮沢賢治を生んだ花巻と、民話の里・遠野。岩手が誇る文学エリア

花巻といえば、やはり宮沢賢治。「宮沢賢治童話村」「宮沢賢治記念館」など賢治をテーマにした施設は、ぜひ訪れたい。『銀河鉄道の夜』をはじめとする童話だけでなく、詩、教育、農業、科学、天文学など幅広い分野で活躍した賢治。現存する資料や展示から、尽きない好奇心と想像力、何より人と自然との調和を願った温かいまなざしを感じるだろう。また、賢治もこよなく愛した「花巻温泉郷」やレトロな「マルカンビル大食堂」も一緒に巡りたい。そして、花巻と隣り合う遠野市は、カッパや座敷わらしなど、不思議な話が語り継がれてきた民話の里。「カッパ淵」でカッパとの出合いを期待したり、「伝承園」で娘と馬の悲恋に涙したり。遠野全体が、まるで民話の舞台のようにも感じる。「遠野ふるさと村」や「とおの物語の館」では、遠野が培ってきた自然のなかでの暮らしを当時のまま残しており、年齢問わず、懐かしくて心地良い時間を過ごせるだろう。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    宮沢賢治童話村
    宮沢賢治の童話世界をモチーフにした体感型の展示館
    宮沢賢治の童話世界をテーマにした施設。夢のある童話世界を、テーマ別に楽しく学び「楽習」できる。子どもはもちろん、大人も童心に帰り、賢治の童話ワールドにどっぷり浸ろう。
    宮沢賢治の世界へのプロローグとなる不思議空間のファンタジックホール
  • spot 02
    宮沢賢治記念館
    宮沢賢治の故郷を訪ね、作品世界に触れる
    岩手が生んだ詩人・童話作家、宮沢賢治の生涯にわたる多彩な活動と世界観を紹介する記念館。建物の外にも賢治の作品をモチーフにしたオブジェがいっぱい。賢治が生まれ育った花巻の地で、作品世界に近づいてみたい。
    作品との関連や、賢治が実際に訪れた地名を収録したガラスの地図
  • spot 03
    花巻温泉郷
    東北有数の温泉の街、花巻でゆっくりと温泉に浸かる
    花巻温泉郷は東北有数の温泉郷。奥羽山脈の渓谷沿いに「花巻12湯」と呼ばれる温泉地が点在し、大型リゾートホテルから旅館、自炊ができる温泉宿までさまざまな特色ある宿がある。
    花巻温泉ホテル紅葉館の「紅葉の湯」も日帰り入浴が楽しめる
  • spot 04
    花巻レトロな街並み
    宮沢賢治の故郷、花巻で賢治の時代を探す
    宮沢賢治の故郷、岩手県花巻市。賢治が生まれ育ち、暮らした大正時代のレトロな趣を感じられる花巻の街。その豊かな自然、受け継がれてきた郷土芸能の数々に触れ、作品世界により深く浸りたい。
    立派なたたずまいの岩手軽便(けいべん)鉄道鳥谷ケ崎(とやがさき)駅跡の倉庫
  • spot 05
    マルカンビル大食堂
    箸で食べる!? そそり立つ山のような10段巻きソフトクリーム
    マルカンビル6階にあり、花巻の中心街を一望できるレトロなレストラン。定番メニューはもちろん、内装、食器なども含めて1973年(昭和48)の開業当時の雰囲気をそのままに、2017年(平成29)に復活をした。名物メニューは、ピリ辛あんかけの「マルカンラーメン」や、ナポリタンととんかつとサラダがワンプレートになった「ナポリかつ」。そして、ここに訪れる人の多くは、ソフトクリームを何よりも楽しみにしている。人気の理由は、10段巻きという圧巻の高さ。運ばれてきたときに、大人も子どもも驚きの声がついつい出てしまうほどだ。直接口にするのは難しいので、割り箸で少しずつ削るように食べていくのがおすすめ。休日には、入店待ちの列ができるので、時間に余裕をもって出かけよう。
    これぞ、名物「10段巻きのソフトクリーム」。このボリュームでなんと230円
  • spot 06
    ワインシャトー大迫
    岩手産ブドウにこだわった日本ワインの醸造所
    昭和20年代からブドウ栽培に取り組んできた大迫(おおはさま)エリア。ブドウの生産者とワイナリーが一体となって、オリジナルワイン造りに力を注いできた。この地ならではの日本ワインに、さらに注目が集まっている。
    手前がワイナリー直売店。奥の建物は、2階に見学コーナーを併設した醸造施設。ともに入場無料
  • spot 07
    カッパ淵
    カッパ淵で、キュウリをエサにしてカッパ釣りに挑戦!?
    柳田國男の『遠野物語』にも登場するカッパ。カッパが棲むというカッパ淵には、今もカッパを捕まえようとする人が全国から訪れる。「カッパ捕獲許可証」を入手し、カッパ捕獲にチャレンジしよう。
    うっそうとした木々に囲まれるカッパ淵。本当にカッパが出てきてもおかしくない雰囲気
  • spot 08
    伝承園
    千体のオシラサマを祀る御蚕神堂(オシラ堂)は必見
    遠野の生活文化、風習などを受け継いでいくために造られたのが「伝承園」。民俗学者・柳田國男が記した『遠野物語』の世界は、遠野の地に今も確かに受け継がれている。
    旧家の家屋を改装した乗込長屋(のりこみながや)が受付や売店を兼ねている
  • spot 09
    乗込長屋
    卵の形のような団子に熱い汁をかけた郷土料理「けいらん」
    南部曲り家として有名な旧菊池家住宅のある「伝承園」。その受付と売店を兼ねている「乗込長屋」は、1850年(嘉永3)頃に建てられた農家の納屋を移築したもの。かつては物置や作業場として使われ、玄関や門の役割も担っていたといわれている。乗込長屋の右側奥は食事処へとつながっており、そこでは遠野の伝統的な料理を提供している。「けいらん」もそのひとつ。その名のとおり、鶏卵のような形の団子をお椀に入れ、熱い茹で汁を注いだ甘味だ。団子はこし餡を米粉の皮で包み茹であげている。そのまま食べてもいいし、団子に箸を入れ、中から出てくるこし餡を湯に溶かして飲んでもいい。ほっとするような温かさとやさしい味わいが、体中に広がる郷土料理だ。
    けいらん390円。米粉で作られる真っ白な団子は、まさに鶏の卵のよう
  • spot 10
    遠野ふるさと村
    日本の原風景、どこか懐かしい遠野の山里を再現した村
    豊かな自然あふれる遠野の里山にある「遠野ふるさと村」。江戸中期から明治中期の茅葺き屋根の曲り家が移築されている。田んぼや畑が広がる集落にたたずみ、小川のせせらぎ、水車の音、鳥のさえずりに耳を傾けてみよう。
    春から夏にかけて、村内では青々とした田園風景も見られる
  • spot 11
    とおの物語の館
    『遠野物語』の昔話の世界を映像と音声で体感できる
    『遠野物語』の昔話の世界を、映像や音声で体感し楽しめる施設。遠野の語り部による昔話を聞いたり、伝統的な郷土芸能を見たりすることができる。『遠野物語』の世界に触れてみよう。
    エントランスを入ってすぐ、独特の世界観に引き込まれる
  • spot 12
    滝観洞
    3億年前の石灰岩の中にできた国内屈指の鍾乳洞を探検する
    3億年前の石灰岩を地下水が削り出すことで生まれた、ダイナミックな滝観洞。全長4kmにも及び、今も調査が続けられている。観光洞窟として開放している約800m区間で探検気分を味わおう。
    歩いてたどり着ける最終地点「天の岩戸の滝(男滝)」。この奥にもまだまだ神秘の世界が続いている
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    岩手県内の復興支援道路は無料で通行できるが、花巻市と遠野市を結ぶ「東北横断自動車道釜石秋田線」のうち、花巻-東和間は有料区間。間違えないように注意しよう。

  2. その2

    花巻市と遠野市は、文化や伝統などの面で似通った部分が多い地域。共通項を探して旅をするのもおもしろいかも知れない。

  3. その3

    花巻市と釜石市を結ぶJR釜石線は、岩手軽便鉄道の後継とされる路線。花巻市や遠野市、住田町には岩手軽便鉄道の遺構が数多く残っているので、遺構を訪ね歩くドライブ旅もオススメだ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

岩手のその他のエリア

+ -
back
open

花巻・遠野エリア