NAVITIME Travel

青森の旅行/観光スポット一覧

  • 青森県立郷土館
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市本町2丁目8-14
    石器時代にまでさかのぼった青森の文化や自然、人々の暮らしを総合的に紹介している。特設展示コーナーの「りんごと青森県」も好評。

    青森らしく、特に、縄文関係の展示が充実してました。企画展などが開かれる大ホールは、元青森銀行本店だったようで、柱や天井など、建物内部自体が見所になってました。

  • 八甲田山頂公園
    旅行/観光
    青森県青森市大字荒川字寒水沢
  • 特別史跡 三内丸山遺跡(休業中)
    旅行/観光
    青森県青森市大字三内字丸山305
    平成4年(1992)に行われた調査で発見された、日本最大級の縄文集落遺跡である。平成12年(2000)に国の特別史跡に指定。広大な土地に突然姿を現す大型掘立柱建物は、地面に穴を掘り、栗の木柱を立てて造ったもの。六本柱で長方形の大型高床建物と考えられている。その他にも竪穴住居や掘立柱建物が見られ、土偶の出土が多いのも特徴の一つだ。
  • 青森県立美術館(休業中)
    rating-image
    4.0
    377件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安田字近野185
    平成18年(2006)に開館した美術館で、青森県青森市の郷土文化や芸術を主に収蔵・展示している。隣接する三内丸山の縄文遺跡と一体化したユニークな建築デザインが特徴。館内中心の「アレコホール」では、巨匠マルク・シャガールによるバレエ「アレコ」の舞台背景画3点を一度に見ることができる。収蔵品は洋画・日本画・現代美術まで幅広く、郷土作家の作品も多く常設展示されている。青森駅から市営バス「県立美術館前」下車。

    「あおもり犬」と呼ばれる、奈良美智さんの犬の作品が有名です。作品が野外にあるので、頭に雪が積もると帽子のようだと、話題にもなってます。最近、奈良美智さんの別作品、森の子という立体作品も登場しました。

  • 青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ
    rating-image
    4.0
    811件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安方1-1-1
    青森市のウォータフロントエリアにある博物館で、青森ねぶた祭の歴史や魅力を紹介する目的で平成23年(2011)に開館した。館内には、ねぶたの歴史を学べるコーナーや祭りで使用された4台の大型ねぶたが展示されている。青森港を眺めながらランチブッフェなどが楽しめる食事処も人気。

    展示品なので、祭りの本番の雰囲気が少し伝わりにくいかな! 何時かは本番での勇壮な空気を感じたいものですね。 少し悔やまれるかなぁ?

  • 八甲田ロープウェー
    rating-image
    4.0
    294件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市荒川字寒水沢1-12
    山麓駅と山頂公園駅を結ぶロープウェーで、片道約10分。ゴンドラの窓や山頂公園駅からは、四季に彩られた雄大な八甲田の山並みをはじめ、青森市外や陸奥湾を見渡せる。周辺には池沼や高山植物の宝庫である散策コースがあり、秋の紅葉シーズンには観光客で賑う。冬はスキー場としても知られている。

    酸ヶ湯温泉を拠点に周辺の紅葉鑑賞です。 八甲田山は中腹が見頃とのことでロープウェイに乗りました。 紅葉のじゅうたんの上を空中散歩、大きな窓からは360°の大パノラマが楽しめます。 燃えるように鮮やかな紅葉に感動しました。

  • 八甲田山
    旅行/観光
    青森県青森市八甲田山
    青森市の南に位置する複数火山の総称で、大岳を主峰とする北八甲田と櫛ヶ峰など6峰の山で構成される南八甲田に分かれている。日本百名山のひとつ。ブナの林や渓谷が美しく、湿原植物や高山植物が多く見られる散策コースがいくつかある。田茂萢岳に設置されたロープウェイは、ハイキング客やスキー客が多く利用。世界有数の豪雪地帯であり、明治35年(1902)に起きた青森の歩兵第五連隊210名中199名が遭難した事件「八甲田雪中行軍遭難事件」でも広く知られている。
  • 青森県観光物産館アスパム
    rating-image
    3.5
    475件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市安方1-1-40
    昭和61年(1986)青森の産業振興の拠点として建設され産業・郷土芸能などを紹介する。アスパムの由来は、青森県観光物産館を英語に直訳し(Aomori,Sightseeing, Products, Mansion)、それぞれ頭文字をとっている。13階の展望台からは、青森市街をはじめ、下北・津軽・夏泊の各半島、むつ湾、青森ベイブリッジなどが眺望できる。360度の圧巻のパノラマビューを堪能したい。

    1Fは土産フロア、2Fは観光案内所や映像シアター、13Fは360°展望台と、観光に必要なものが一通り揃った建物です。12月は、クリスマスイルミネーションも素敵です。

  • 夏泊崎
    旅行/観光
    青森県東津軽郡平内町大字東田沢横峰68-1
    東津軽郡平内町東田沢にある岬。津軽半島と下北半島の間、陸奥湾に向かって突き出した夏泊半島の先端に位置する。隣接する大島とは干潮時には砂州によって地続きとなるほか、満潮時にも渡れる橋がかかっており、陸奥大島灯台などにアクセスできる。また、同半島の東側約2kmには、ツバキが自生する北限地として国天然記念物に指定されている椿山がある。
  • 八甲田・十和田ゴールドライン
    旅行/観光
    青森県青森市荒川-青森県十和田市奥瀬
  • 又兵衛の茶屋
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市駒込字南駒込山1-244
    気軽に利用できる休憩所で、民宿や足湯もありトレッキングを楽しむ人達からも評判の茶屋。ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉の温泉の日帰り入浴もできる。茶屋では店主が自分で採ってきた山菜やきのこを料理した、きのこ汁と山菜そばが人気だ。

    八甲田山の麓にあるレストラン(お土産屋さん)です。 地元のラジオでもお馴染みのおじさん(又兵衛さん)が尺八を奏でています。 ここのソフトクリームは少しシャリシャリしてサッパリします。

  • 青森県近代文学館
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市荒川字藤戸119-7
    明治以来多くの個性的な文学者を育んできた青森と文学の関わりを総合的に紹介する目的で平成6年(1994)に開設された文学館。常設展示室では、青森県を代表する佐藤紅緑・秋田雨雀・葛西善蔵・福士幸次郎・石坂洋次郎・北村小松・北畠八穂・高木恭造・太宰治・今官一・三浦哲郎・長部日出雄・寺山修司の13人の作家を中心に展示している。また年に3回企画展示も行われている。

    図書館2階。入場無料も著作権上の問題により内部は写真撮影禁止。青森県を代表する13人の作家たち、太宰や寺山以外はあやふやでも没問題。周囲は青森煮干し系人気ラーメン店が集積。連食箸休め腹休めの時間調整場所としておススメ。

  • 青森公立大学 国際芸術センター青森
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市大字合子沢字山崎152-6
    国際的に活躍する建築家安藤忠雄氏が設計した芸術センター。国内外のアーティストを招いたアーティスト・イン・レジデンスプログラムを中心とした展示発表・アーティスト自身や専門家によるセミナーやシンポジウムなどを開催している。また創作活動を体験することができるワークショップも行っている。

    中間に観客席と水面を配置して建物が取り囲んでいて見る角度によって異なる風景が現れます。建物自体のメンテナンスが行き届かない感があり少し残念な感じでした。

  • 青森観光りんご園 まるせん川村
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市田茂木野字大沢35
    青森県の八甲田山麓のふもとにある観光りんご園。26種類もあるりんごのほか、さくらんぼ・グミ・プラム・桃・梨・柿などの収穫・持ち帰りも可能だ。りんごの種類や果実によって収穫できる時期が変わるので事前に確認してから訪ねたい。贈答用のりんごの詰め合わせも注文できる。
  • 青森市森林博物館
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市柳川2-4-37
    青森駅西口より徒歩約10分の博物館。緑に囲まれた美しいルネッサンス式の木造建築物は、明治41年(1908)に青森大林区署庁舎として建設され市の指定有形文化財にもなっている。館内は緑の大切さや森林と人間の結びつきをテーマに、郷土・青森を軸とした7つの展示室と、映画「八甲田山」にも使われた旧営林局長室を公開。子どもからお年寄りまで楽しみながら学習できる。また、庭にはソメイヨシノやヒッコリー、ヒバなど約100種が植えられ、四季折々の色どりを添えている。
  • 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市柳川1-112-15
    青森駅から徒歩5分にある博物館。明治41年(1908)に鉄道連絡船として就航を開始して以来、昭和63年(1988)まで多くの乗客や貨物を函館へと運んできた青函連絡船に関する展示を行っている。歴代最長の期間活躍した「八甲田丸」をほぼ就航当時のまま保存し、施設として利用しており、操舵室やエンジンルームなどを見学することもできる。
  • 田代平湿原
    旅行/観光
    青森県青森市駒込字深沢
    十和田八幡平国立公園内・北端に位置する広大な湿原で、青森市の天然記念物に指定されている。湿原内には遊歩道や休憩所が設置されており、手軽に散策を楽しむことができる。数多くの湿生・水生植物が群生しており、6月から8月にかけて、様々な花がかわるがわる咲き誇る。秋になると紅葉した湿生・水生植物で一面黄金色に染まる。
  • あおもり 旬味館
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市石江字高間140-2
    青森の美味しいものが集まる「あおもり 旬味館」は、飲食店と土産物屋が並ぶ場所だ。またイベントも多く、県内若手生産者・創業者が期間限定で出展することもあり、いつも賑わっている。JR新青森駅にあり便利な場所だ。
  • 棟方志功記念館(休業中)
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市松原2-1-2
    青森湾に流れる駒込川からほど近い場所にある棟方志功記念館。ここは文化勲章受賞など数多くの業績を残した版画家、棟方志功の作品を展示する博物館である。代表作「釈迦十大弟子」を初め多数の作品を展示。また絵葉書などのレプリカを購入することもできる。展示品は季節ごと入れ替えており、一点一点じっくり見れる配置を心がけている。建物は校倉造りを模し、池泉回遊式の日本庭園と調和した四季折々の風景を生み出している。

    二度目の訪問。ここへ来るまで、棟方志功と言えば版画しか知らなかったが、こちらでは数多くの油絵も見ることができる。これまで知らなかった作家の世界がさらに広がり、そのバックグラウンドを知ることで作品の見方が深くなるようだ。棟方志功の生涯をたどる資料からは、氏が版画に、柵にどのように向き合って、どのように取り組んでいたかを伺うことができる。青森駅からは少し距離があるが、バスの本数も割りと多い。今回は雪の...

  • 北洋硝子株式会社
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市富田4-29-13
    津軽の職人たちの巧みな技術と技法によって手作りならではの柔らかな形に仕上がっている「津軽びいどろ」は、青森の力強さ・優しさ・静かさなど、その四季や風景をうつしとっている。「北洋硝子(株)」は工場見学も可能だが個別の問い合わせが必要だ。現在体験教室はしていない。

    沖縄の琉球ガラスが好きな私は、勝らずとも劣らない『びいどろ』というものが見てみたくて工場見学をさせていただきました。女性の方が2階にある作業場へ案内してくださいました。すごい熱気の中で色んな作業をされている工程を説明していただき、とても良かったです。伝統工芸士に認定されている方もいらっしゃり、複雑で高度な制作過程も見せていただきました。びいどろの美しさに惹かれましたが、琉球ガラス同様、気に入ったも...

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す