NAVITIME Travel

青森のスポット一覧

  • 酸ケ湯温泉
    宿泊/温泉
    青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50
    酸ヶ湯温泉で有名なのが、「千人風呂」。160畳もの巨大な浴室にある総ヒバ造りの巨大浴槽は、見る者を圧倒させる。源泉の泉質はすべて酸性・含硫黄泉であり、伝統療法「湯治」に適した効能が認められている。主な効能として、神経痛、筋肉痛、関節痛などがあり、国民保養温泉地第一号として指定される。
  • 青森県立郷土館
    旅行/観光
    青森県青森市本町2丁目8-14
    石器時代にまでさかのぼった青森の文化や自然、人々の暮らしを総合的に紹介している。特設展示コーナーの「りんごと青森県」も好評。
  • 八甲田山頂公園
    旅行/観光
    青森県青森市大字荒川字寒水沢
  • 特別史跡 三内丸山遺跡
    旅行/観光
    青森県青森市大字三内字丸山305
    平成4年(1992)に行われた調査で発見された、日本最大級の縄文集落遺跡である。平成12年(2000)に国の特別史跡に指定。広大な土地に突然姿を現す大型掘立柱建物は、地面に穴を掘り、栗の木柱を立てて造ったもの。六本柱で長方形の大型高床建物と考えられている。その他にも竪穴住居や掘立柱建物が見られ、土偶の出土が多いのも特徴の一つだ。
  • 青森県立美術館
    rating-image
    4.0
    322件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安田字近野185
    平成18年(2006)に開館した美術館で、青森県青森市の郷土文化や芸術を主に収蔵・展示している。隣接する三内丸山の縄文遺跡と一体化したユニークな建築デザインが特徴。館内中心の「アレコホール」では、巨匠マルク・シャガールによるバレエ「アレコ」の舞台背景画3点を一度に見ることができる。収蔵品は洋画・日本画・現代美術まで幅広く、郷土作家の作品も多く常設展示されている。青森駅から市営バス「県立美術館前」下車。

    あおもり犬が有名なのでそれを目当てにする人も多いと思いますが、 奈良美智による他の展示も素晴らしいし、シャガールの舞台背景画も衝撃的だし、 建物もおしゃれでエレベーターなど細かなところも工夫が凝らされていて、 明らかに美術コンサルタントのような方の手が入っていますね。 行政のできることではない。

  • ねぶたの家 ワ・ラッセ
    rating-image
    4.0
    675件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安方1-1-1
    青森市のウォータフロントエリアにある博物館で、青森ねぶた祭の歴史や魅力を紹介する目的で平成23年(2011)に開館した。館内には、ねぶたの歴史を学べるコーナーや祭りで使用された4台の大型ねぶたが展示されている。青森港を眺めながらランチブッフェなどが楽しめる食事処も人気。

    青森ねぶたの実物が展示されており、迫力満点です。入場料が高い安いは各々の価値観ですが、本物見られてあの値段は、お手頃と私は判断しました。

  • 新鮮市場
    rating-image
    3.5
    182件の口コミ
    お買い物
    青森県青森市新町1-3-7 AugA(アウガ)B1
    JR青森駅から徒歩1分のショッピング施設「AUGA」の地下1階にある市場で、青森市民の台所として多くの人で賑うスポット。鮮魚や海産物加工品、野菜、果物、惣菜、精肉などの専門店が所狭しと並び、地元産食材を使った食堂やレストランもある。お土産として地方発送も可。朝5時から営業。

    役所の地下にある市場、というのは面白いですが、 とりたててみるべきものがありませんでした。 値段も「ザ・観光用」なので、街中で海鮮丼食べたほうがましですね。

  • A-FACTORY(エーファクトリー)
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市柳川1-4-2 A-FACTORY
    JR「青森駅」から徒歩約3分の場所にある平成22年(2010)開業の商業施設。施設内には、青森県産の食材にこだわったショップや工房、飲食店が集まっている。地元産の「あおい森の牛乳」を使ったジェラートなどのスイーツやフードが味わえるほか、青森ならではの「食」をテーマにしたお土産が購入できる。館内には8個の醸造タンクをもつシードル工房もあり、醸造工程の見学やテイスティング(有料)も可能。
  • お食事処 おさない
    rating-image
    4.0
    221件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県青森市新町1-1-17
    JR「青森駅」の駅前にある郷土料理店で、陸奥湾産のホタテなど新鮮な魚介が味わえる。青森郷土料理の「けの汁」を味噌仕立てのラーメンにアレンジした「けの汁ラーメン」。青森を代表する料理「ほたて貝焼みそ」「ほたてフライ」の定食は、冷凍やボイル物ではないホタテの旨味が堪能でき、観光客にも人気がある。店内に昔ながらの定食屋の風情が漂い、一人でも入りやすい雰囲気。

    ホテルに聞いて初めて訪問しました。普通の食堂で20時には閉まるようです。はらこ飯を食べました。いくらはぷりぷりでした。ホタテがメインかもすれませんが美味しく頂けました。

  • 八甲田ロープウェー
    旅行/観光
    青森県青森市荒川字寒水沢1-12
    山麓駅と山頂公園駅を結ぶロープウェーで、片道約10分。ゴンドラの窓や山頂公園駅からは、四季に彩られた雄大な八甲田の山並みをはじめ、青森市外や陸奥湾を見渡せる。周辺には池沼や高山植物の宝庫である散策コースがあり、秋の紅葉シーズンには観光客で賑う。冬はスキー場としても知られている。
  • 八甲田山
    旅行/観光
    青森県青森市八甲田山
    青森市の南に位置する複数火山の総称で、大岳を主峰とする北八甲田と櫛ヶ峰など6峰の山で構成される南八甲田に分かれている。日本百名山のひとつ。ブナの林や渓谷が美しく、湿原植物や高山植物が多く見られる散策コースがいくつかある。田茂萢岳に設置されたロープウェイは、ハイキング客やスキー客が多く利用。世界有数の豪雪地帯であり、明治35年(1902)に起きた青森の歩兵第五連隊210名中199名が遭難した事件「八甲田雪中行軍遭難事件」でも広く知られている。
  • MILK ROOM(ミルクルーム)
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安方2-16-13 ワイ・スポットビル3F
    青森駅の程近くにある県内最大級のナイトクラブで、店内はヒップホップやR&Bを中心としたクラブミュージックに特化させた良質なサウンドシステムと非日常間を演出する多彩な照明設備を導入した『BLACK』と、交流をメインとした『RED』の2フロアに分かれており、音楽に合わせて踊ったり、DJのパフォーマンスで盛り上がったり、音楽を楽しみながら談笑したりと、目的に応じた楽しみ方をすることができる。
  • 森と川と海 ほたて広場
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    お買い物
    青森県東津軽郡平内町土屋鍵懸56
    東津軽郡平内町土屋鍵懸の土屋バイパスおよび奥州街道沿いにある直売所、展示施設。ホタテ貝を中心とした陸奥湾の鮮魚や海産物加工品、農産物を販売している。ホタテをその場で焼いて食べられる「アツアツほたて貝焼きコーナー」や、ホタテエキスを使ったソフトクリームの販売店、休憩コーナーなども併設。また、2階は陸奥湾のホタテ漁に関する展示スペースとなっている。

    値段についてはノーコメント。、ホタテ本来のおいしさを味わいたくて、焼ほたてが食べられるという日曜日を選んで出かけたんですが、それらしきモノはなくて、フレンチだかイタリアンだかよくわからない(美味しくないない)御膳をいただきました。HPの内容と相当かけ離れていて、片道4千円の高速代は何だったんだろうと…。二度と行くつもりもないのでどうでもいいんですが、期待外れ過ぎ。

  • 八甲田・十和田ゴールドライン
    旅行/観光
    青森県青森市荒川-青森県十和田市奥瀬
  • 地酒庵さとう
    お買い物
    青森県青森市安方1-4-4
    地酒・銘酒を取り揃えている酒店。実際に見て、触れることができるよう店内氷冷貯蔵リーチインも設置してあり、日本酒のほかワインも豊富に揃っている。江戸時代、明治時代から創業の酒造から美味しい酒を取り寄せており季節限定の商品もある。
  • 甚太古
    グルメ/お酒
    青森県青森市安方1-6-16
    囲炉裏のあるお座敷で、郷土料理をいただきながら、津軽三味線の人間国宝 高橋竹山の一番弟子、西川洋子さんの三味線が聴ける店。津軽三味線ファンは遠方からも訪れる人が多い。貝焼きや青森おでん、けの汁・じゃっぱ汁など素朴な郷土料理と青森の銘酒を楽しみながら三味線の調べを堪能できる。
  • モヤヒルズオートキャンプ場
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市雲谷梨野木63
    冬は初心者から上級者まで楽しめるスキー場、そして夏はヒルズサンダーをはじめ、ケビン・キャンプ場・テニスコートで楽しめるレクリエーション施設。またセンターハウスである「ヒルズクラブ」は1年を通してアウトドアスポーツ&レクリエーションを楽しむ際に利用できる施設で、レストランやキッズルームもある。

    コースが単調で、大人には物足りないかも。 雪が初めての外国人、子供であれば十分楽しめます。 ソリ遊びとか?

  • かやの茶屋(酸ヶ湯温泉直営店)
    グルメ/お酒
    青森県青森市横内字八重菊62
  • 又兵衛の茶屋
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市駒込字南駒込山1-244
    気軽に利用できる休憩所で、民宿や足湯もありトレッキングを楽しむ人達からも評判の茶屋。ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉の温泉の日帰り入浴もできる。茶屋では店主が自分で採ってきた山菜やきのこを料理した、きのこ汁と山菜そばが人気だ。

    3年前に宿泊しました。6月でした。付近に田代湿原、グダリ沼が在ります。 平日だったので僕一人でしたが予め予約しておいたのでラクにチェックイン。 ドライブインがメインの施設なので泊まるところは食堂の奥になります。 温泉も在るので入浴だけの人もいるらしいのですが15時頃にチェックインしたので 温泉は独り占めでした。夕飯、朝食は食堂の座敷で食べることになります。 ご主人は気さくな方で色々とお話を聞くこと...

  • 青森県近代文学館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市荒川字藤戸119-7
    明治以来多くの個性的な文学者を育んできた青森と文学の関わりを総合的に紹介する目的で平成6年(1994)に開設された文学館。常設展示室では、青森県を代表する佐藤紅緑・秋田雨雀・葛西善蔵・福士幸次郎・石坂洋次郎・北村小松・北畠八穂・高木恭造・太宰治・今官一・三浦哲郎・長部日出雄・寺山修司の13人の作家を中心に展示している。また年に3回企画展示も行われている。

    青森県立図書館の2階にある青森県近代文学館は青森県を代表する13人の作家さんなどの文学資料を展示しています。 入館は無料なので気軽に入れますが、文学に興味ある人は是非。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す