十和田・八甲田

TOWADA / HAKKODA

自然が生んだ造形美とアートに触れ、心が安らぐ癒やしに満ちあふれたエリア

青森県のほぼ中央にある奥羽山脈の北端、八甲田火山群から南の十和田湖周辺までの、津軽地方と南部地方をつなぐ自然に恵まれたエリア。十和田周辺はもともと南部藩に属し、岩手県と関係の深い文化が根付いている。巨大な噴火によって誕生したカルデラ湖の「十和田湖」から、十和田市方面に流れる渓流沿いの散策路「奥入瀬渓流」は、一年を通じて訪れる人が絶えない人気の観光地。新緑、紅葉、雪景色と季節によって移ろう、景観や空気感の違いが人気の秘密だ。十和田市内はアートな町づくりを進め、芸術性の高い町並みが話題となっている。十和田市から津軽地方に抜ける最短ルートが、八甲田ルートとなる。18もの山々からなる火山群の八甲田には、たくさんの湿原があることから、ほかの高山にはない独特の景観を生んでいる。そんな景観を楽しめるよう、ハイキングコースやロープウェイも整備されており、自然と戯れるアクティビティが充実したエリアだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    十和田湖
    奥入瀬渓流の源流にあたる神秘の湖
    秋田県と青森県の県境にあるカルデラ湖「十和田湖」は、奥入瀬渓流の源流となる水量豊富な湖。冬でも凍らないことから神秘の湖と呼ばれ、自然を満喫できるアクティビティやイベントを楽しめるスポットだ。
    十和田湖を車で一周すると約1時間。途中4か所ほど展望台がある
  • spot 02
    十和田湖遊覧船
    十和田湖の自然を船上から楽しむ50分のクルージング
    十和田湖の湖上を進む船から、絶景を眺めながらの快適クルージング。十和田湖観光のクライマックスは、さまざまなビューポイントを心地良い風に吹かれながら巡る、優雅な湖上散歩で締めくくろう。
    十和田湖の絶景を巡る遊覧船。別ルートの船とすれ違うこともよくある
  • spot 03
    奥入瀬渓流
    まるで絵画のような美しい景観の連続
    青森県内有数の景勝地で、十和田湖を水源とした清冽な流れが、訪れる人々を魅了する奥入瀬渓流。ダイナミックな流れや、糸を引くような繊細な流れの滝など、見どころ満載の感動渓流を歩いてみよう。
    奥入瀬渓流を代表する岩をも砕くような急流「阿修羅の流れ」
  • spot 04
    FORESTONツアー(奥入瀬ネイチャーガイド)
    自然と戯れるツアーで奥入瀬渓流を100倍楽しむ
    奥入瀬渓流では、自然豊かな奥入瀬ならではの、さまざまなネイチャーツアーを楽しむことができる。まずは「奥入瀬渓流館」にあるネイチャーガイドカウンター、「FORESTONツアー」の窓口で相談してみよう。ここはガイド常駐のインフォメーションセンターとして、さまざまなツアーの紹介をしてくれる。「樹木ツアー」や「シダ植物観賞ツアー」「コケさんぽ」など、ふだんは注目しない特定の植物にスポットを当てるものもあって、とてもおもしろい。周辺の地層のあらましや、植物の解説、苔にまつわるトリビアなど、ネイチャーガイドのウィットに富んだ話を聞きながらまわると、通常1時間ほどで行ける距離に数時間かかることも。それでも新しい発見が楽しくて、あっという間に感じてしまう。ルーペで苔をのぞき双眼鏡で木々を眺める。そんなゆったりしたツアーから、希望時間に希望するエリアをガイドする、完全オーダーメイドのツアーなど、ツアーも多彩。最近ではSNS効果もあってか、キノコを探して撮影するツアーも人気沸騰中だとか。
    ガイドと一緒に歩く奥入瀬渓流は、本当に発見と驚きの連続だ
  • spot 05
    十和田市現代美術館
    ひとつの街に見えるような、現代アートの発信基地
    ユニークな展示方法や作品で美術館の概念を覆した「十和田市現代美術館」。「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」を合言葉にした新しいアートの世界を、自分の目で確かめてみよう。
    チェ・ジョンファ作『フラワー・ホース』。駒街道にピッタリの作品だ
  • spot 06
    アート広場
    街全体をアートに染める屋外アートミュージアム
    「アートによるまちづくり」をテーマに、地域活性化を目指す十和田市。街全体を美術館に見立て、アート作品を展示する広場も整備。十和田の街を歩くと、アートの世界にどんどん魅了されていきそう!
    草間彌生作品ですっかりおなじみ、水玉模様が特徴の巨大カボチャ『愛はとこしえ十和田でうたう』
  • spot 07
    官庁街通り
    馬産地として知られる十和田市のシンボルロード
    古くから馬の産地としての歴史をもつ十和田市の、官公庁が集まる通りが「官庁街通り」。整備が進み、十和田市現代美術館やアート広場とともに、県内外から多くの人が集まる街のシンボルロードに発展しつつある。
    通りのあちらこちらに、馬の銅像や関係するオブジェが飾られている
  • spot 08
    司 十和田バラ焼き大衆食堂
    ご当地グルメで有名になった「十和田バラ焼き」を味わおう!
    十和田市民の間で食されてきた、牛のバラ肉と玉ねぎを甘辛い醤油ダレで炒める「バラ焼き」。そのバラ焼きをご当地グルメの祭典で優勝に導いた市民団体、「十和田バラ焼きゼミナール」が運営するのが「司 十和田バラ焼き大衆食堂」だ。十和田市民にはなじみの料理だったバラ焼きが、市外ではほとんど認知されていないと知った人々が、2008年(平成20)、「十和田バラ焼き」を観光の呼び水にしようと立ち上がった。以来、地道な活動やご当地グルメの祭典に出展を続け、2014年(平成26)の第9回「B-1グランプリ」で優勝を獲得。この店は、「タワー焼き」と呼ばれる焼き方が特徴。鉄板に敷いたタマネギの上に、タワー状にした牛バラ肉を置き、玉ねぎから出る水分で肉を蒸し焼きにする。ゆっくりと火を通すため、肉がやわらかく仕上がるという。最後は肉と玉ねぎ、タレをからめて汁気が飛ぶまで炒めよう。甘辛くてご飯が進むだけでなく、酒のつまみにもピッタリの味だ。
    「十和田バラ焼きランチ」はご飯と汁もの、漬物付きで1000円。ボリューム満点だ
  • spot 09
    八甲田
    レジャーに、登山に、冬山スキーにと国内外から訪れる
    八甲田は十和田八幡平国立公園内にあり、十和田湖とともに青森県の主要な観光地になっている。春は新緑、秋は紅葉と自然の美しさに癒やされ、夏は登山、冬はパウダースノーを楽しめるスキー場として、国内だけでなく世界各国からも観光客が訪れている。
    八甲田大岳を中心に前岳、井戸岳、石倉岳など10峰からなる北八甲田
  • spot 10
    八甲田ゴードライン
    八甲田の大自然を体感できる散策道
    八甲田という名前の由来は、多くの「甲(かぶと)」のような峰々の間に「田代(湿原、池塘)」と呼ばれる湿原が点在することによる。八甲田の山々を背景に、湿原や美しい高山植物の広がる景色を楽しめる散策道が「八甲田ゴードライン」だ。
    八甲田の山々を望む湿原展望所。前方に赤倉岳、井戸岳、八甲田大岳を望む
  • spot 11
    八甲田ロープウェー
    四季を通して雄大な八甲田山系の美しさに感動
    青森市の中心部から、車で約45分。標高667mに位置する八甲田ロープウェー山麓駅から、八甲田の代表的なトレッキングコースの玄関口、田茂萢(たもやち)岳山頂公園駅(標高1314 m)までを結ぶロープウェイ。101人乗りの大型ゴンドラで、標高差約660 mの山頂公園駅まで約10分の空中散歩が楽しめる。出発して間もなく眼下に広がるのが、ブナの落葉広葉樹林。次第にダケカンバやアオモリトドマツの混交林となり、山頂付近ではハイマツが生育。標高差によって植生の変化が楽しめる。また、ゴンドラから眺める八甲田山系の雄大な美しさは感動的だ。山頂公園駅の屋上展望 デッキからは、北に青森市、むつ湾を囲む津軽半島と下北半島が広がり、目を西に転じると遠く岩木山も望める。冬には山頂公園駅を基点としたスキー場がオープン。全長3.5kmのダイレクトコース、5kmのフォレストコースがあり、樹氷を身近に眺めながらスキーを楽しめる。
    八甲田山系の山々を眺められる「八甲田ロープウェー」。遠く左に見えるのは岩木山
  • spot 12
    十和田湖
    奥入瀬渓流の源流にあたる神秘の湖
    秋田県と青森県の県境にあるカルデラ湖「十和田湖」は、奥入瀬渓流の源流となる水量豊富な湖。冬でも凍らないことから神秘の湖と呼ばれ、自然を満喫できるアクティビティやイベントを楽しめるスポットだ。
    十和田湖を車で一周すると約1時間。途中4か所ほど展望台がある
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    公共交通機関でのアクセスは良くないので、車移動がベストなエリア。ただし東北道、八戸道の高速道路最寄りICから十和田市内、奥入瀬渓流、八甲田まで30分超-1時間半を要する。時間に余裕をもって計画を立てよう。

  2. その2

    車移動で十和田湖・奥入瀬渓流散策をするのなら、焼山の無料駐車場に駐車して、レンタサイクルか徒歩とバスを組み合わせて散策するのがオススメ。

  3. その3

    十和田湖一周のドライブを試みるのなら、細心の注意を払おう。いくつも続くヘアピンカーブに加え、想像を遥かに超えた高低差に、思った以上の時間と労力がかかる。しかしそのぶん、途中にある展望台からの眺めは感動的。

recommend spot

関連記事

記事一覧

青森のその他のエリア

+ -
back
open

十和田・八甲田エリア