NAVITIME Travel

弘前の旅行/観光スポット一覧

  • 津軽藩ねぷた村
    rating-image
    4.0
    201件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市亀甲町61
    青森県弘前市にある体験型の観光施設で、弘前ねぷたをはじめ津軽地方の文化をテーマにしている。常設展示館には、弘前ねぷたの展示やお囃子の実演などがある。民工芸品の製作風景の見学や製作体験ができ、津軽三味線のコーナーでは生演奏が聴けるだけでなく、プロの指導のもと演奏体験も可能。入場無料のショッピングエリアもあり、地元産の野菜やりんご、工芸品などが購入できる。

    弘青森銀行旧館などの観光中心地から少し距離がありましたが、レンタサイクルであっという間に到着できました。ねぷたの展示のほかに、きれいな日本庭園や時間があえば津軽三味線の生演奏も聞けるなど、いろいろ楽しめて大満足でした。

  • 岩木山神社
    rating-image
    4.5
    164件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市百沢寺沢27
    創建約1,200余年の歴史を持ち、農漁業の守護神として信仰されてきた「岩木山神社」は、別名「お岩木さま」「お山」とも呼ばれている。鳥居から本殿までの長い参道は杉木立に囲まれている。境内には本殿・拝殿・奥門・楼門が立ち並び、これらの美しい建造物は重要文化財に指定されている。

    まっすぐに伸びる参道を囲む大きな木の雰囲気や本殿の様子など、派手さはないものの荘厳な雰囲気がありました。

  • 藤田記念庭園
    rating-image
    4.0
    124件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字上白銀町8-1
    弘前市出身で日本商工会議所の初代会頭を務めた藤田謙一が、大正8年(1919)に別邸を構える際、東京から庭師を招いて作らせた江戸情緒漂う庭園である。総面積は約6,600坪、東北地方において平泉毛越寺庭園に次ぐ大規模な庭園だ。高台部と低地部に分かれており、低地部でハナショウブやツツジの花を楽しむことができる。

    冬は入り口近辺の上方部を無料で開放しており、そこから下の庭園を眺めることになります。やっぱり下まで降りられないと・・・、という気分ですが、仕方ないですね。洋館も週末は貸し切りになることが多いようで、入れませんでした。結果、大正浪漫喫茶室という良さげな喫茶店にも入れず、和カフェという、ショップ併設のカフェで焼きリンゴとかリンゴのタルトを食べました。おすすめです。

  • 道の駅 いなかだて 弥生の里
    rating-image
    4.0
    99件の口コミ
    旅行/観光
    青森県南津軽郡田舎館村大字高樋字八幡10
    田んぼをキャンパスに見立て、巨大な絵を描く『田んぼアート』で知られる青森県田舎館村の国道102号沿いに位置する道の駅。約7.5haもの面積を誇る広大な敷地内には、地域の特産品を取り扱う産直センターや、弥生うどんをはじめとするご当地グルメを味わえるレストランがあるほか、公園や遊具広場、パターゴルフ場、動物触れ合い施設等、様々なレジャー施設が整備されており、家族連れを中心に幅広い年代に人気のスポットだ。

    田んぼアート第二会場と石のアートを鑑賞するために訪問しました。アート関係の他にも子供用の遊び場もあり、とても広大な道の駅で、地元品を売るお店もありました。

  • 弘前市立観光館
    rating-image
    3.5
    92件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町2-1
    観光コンシェルジュによる観光案内をはじめ、目的に応じて様々なガイドマップを提供してくれる「弘前市立観光館」は、「ねぷたまつり」の山車で飾られた1階、津軽の伝統工芸を一堂に展示している2階も見どころになっている。物産販売コーナー・レストラン・自転車のレンタルサービスなどもあるので、弘前散策の前には立ち寄りたい。

    弘前公園からもすぐ近くにある、弘前観光館では冬のあいだは、観光客にながぐつのレンタルを用意してあります。

  • 最勝院五重塔
    rating-image
    4.0
    80件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字銅屋町63
    弘南バス弘前高校前下車、徒歩約3分。津軽における寺社への大きな影響力をもった金剛山最勝院が有する国指定重要文化財で、1667年に建立された。塔の内部は金箔や銀箔のほか、群青など極彩色で彩られ、本尊胎蔵界大日如来、脇仏に稚児聖徳太子像、十王像が安置されている。境内の枝垂桜や新緑とのコントラストなど、四季折々に変化する美しい景観も見所のひとつ。津軽統一戦の戦没者の供養のために建立された最勝院は、五重塔をはじめとして深い歴史を感じさせる。

    それほど広い境内ではありませんが、葉っぱが赤や黄色に色づく季節はとても美しかったです。青い空を背景に、横から射し込む夕日が五重塔を照らす風景を見ていると、冬の足音が聞こえてくるようでした。

  • カトリック弘前教会
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市百石町小路20
    弘前公園から東へ5分程歩いた場所にあるカトリック弘前教会は明治43年(1910)に建てられた聖堂。尖塔を有するロマネスク様式を基調としており、左右隅に伸びる柱が特徴的である。また内部正面にあるナラの木で作られた祭壇はアムステルダムの聖トマス教会から譲り受けたもの。慶応2年(1866)に完成し、当時ベルギーのアントワープで行われた展覧会で最優秀賞を受けたものでもある。

    現在も使用されている教会です。旧弘前図書館あたりの観光の中心からは少し離れていますが、平坦な道で行きやすかったです。外観は白っぽいモルタルですが、内部は木のぬくもりが感じられるところでした。

  • 日本キリスト教団弘前教会
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字元寺町48
    日本キリスト教団弘前教会は明治39年(1906)に弘前メソヂスト教会の教会堂として建設された建物。弘前城植物園の近くにあり、双塔式のゴシック風木造建築は明治期の建築物として全国的にも珍しい。また説教台や聖餐台は津軽塗が施され、献金籠にはあけび細工が施されるなど伝統工芸品が使われている。見学は可能だが、職員不在時や教会の行事日等は見学できないので注意が必要となる。

    弘前にはカトリックもプロテスタントも、どちらも立派な教会があります。このプロテスタントの教会も非常に落ち着いた感じで、街に馴染んでいて、本当に市民のための教会という感じです。

  • 盛美園
    rating-image
    4.0
    42件の口コミ
    旅行/観光
    青森県平川市猿賀石林1
    昭和28年(1953)国の名勝の指定を受けた「盛美園」は、1階は純和風、2階は洋風仕立ての洋館で、庭園を眺めるために建てた和洋折衷の建物だ。この建物は日本庭園を融合した独特の美しさがあり明治文明開化の面影をしのばせる。尚、2階は現在、一般公開をしていない。弘南電鉄弘南線「津軽尾上駅」より徒歩約10分。

    映画『借りぐらしのアリエッティ』に登場するお屋敷があると知り、平日午後に訪問しました。お屋敷は一階のみ中を観覧できて二階は保存のため上がれませんでした。一階は建物の外観と違って畳敷き。見られなかった二階は洋風だそうです。この建物:盛美館も一見の価値がありますが、日本庭園と御宝殿も見事です。御宝殿は、公式サイトで「保存のため、30分ごとに1回約3分間のペースで公開」と案内されていました。自分たちはあ...

  • 道の駅いかりがせき津軽関の庄
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    旅行/観光
    青森県平川市碇ケ関碇石13-1
    特産品の直売所やレストランはもちろん、屋内温水プールや大浴場、御関所資料館もある道の駅である。特産品の自然薯を使ったそばやラーメン、マルメロ羊羹、湯上りドリンクが人気だ。

    関所にしてはアクセスしやすいと思ったら、実際はここにあったわけじゃないそうです。温泉もあって地元の人が多く利用していました。農産物直売所では、ここの名産なのかいろんな種類のカボチャを並べて販売していました。

  • 津軽伝承工芸館
    rating-image
    3.5
    33件の口コミ
    旅行/観光
    青森県黒石市袋字富山65-1
    黒石市袋富山にある複合施設。「津軽塗」や「こけし灯ろう」などの伝統工芸や郷土食の6つの工房を備え、手作り体験も実施している。約1,600アイテムを取り扱う特産品の売店や、津軽三味線の定期公演を行う劇場も併設。レストランではご当地B級グルメの「黒石つゆやきそば」などのメニューを提供している。

    せっかく来たのに休みだ! 藁で編んだものが多いですね。簑でしょうか? 大きなこけしです。 隣の室にはカヌーやテントがあり、キャンプの写真が展示されていた。 説明がない。 幸せの鐘です。雪で行けません。 土産店もありました。 パネルがたくさん展示されていました。映画のが多い。 じょんから劇場は入場料100円です。箱に入れて勝手に見てまわる。 津軽三味線関連でしょうか? ダットサン ロードスター。こん...

  • 石場家住宅
    rating-image
    3.5
    28件の口コミ
    お買い物
    青森県弘前市亀甲町88
    国の重要文化財にも指定されている、江戸時代中期に建てられたと推定される屋敷である。代々「清兵衛」と名乗り、藩内のワラエ品と荒物を取り扱っていた石場家。現在も酒屋として営業中で、居間の囲炉裏などが趣深い建物だ。

    弘前城の北側の門のすぐ近くにある住宅です。この地区にある観光用の歴史的住宅の中で唯一二階建ての大きな家でした。身分は士農工商の順というけれど、弘前でもやっぱりいちばん豊かな生活をしていたのは商人なんだなと思いました。

  • 弘前市立博物館
    rating-image
    3.5
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町1-6 弘前公園内
    弘前城跡三の丸の一角にある博物館。前川國男氏の設計による荘重な佇まいで、弘前藩政の歴史資料や美術工芸資料などを展示している。博物館所蔵の、縄文時代の猪形土製品を模したマスコットキャラクター「いのっち」も人気。

    三の丸地域にある茶色の低層の博物館で、落ち着いた色遣いと自然な雰囲気で造られていました。ここでは」弘前藩政を中心とした歴史と津軽地方の風土・伝統に培われた文化が紹介されていました。

  • 道の駅つるた 「鶴の里あるじゃ」
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
    1600種類以上の青森のお土産が揃う「道の駅 つるた」は、朝どり野菜・果物、農産物やお花の直売もしている場所でいつも賑わっている。レストランコーナーでは鶴田町産の食材を活かしたメニューが味わえる。鶴田産大豆「おおすず」の豆乳を使った豆乳担担麺や、生産量日本一のスチューベンを練りこんだ生地を使用した「スチューベン餃子」はここでしか味わえない。

    長距離ドライブの際に実家のある弘前から竜飛や十三湖方面にドライブするときの休憩ポイントとして利用している。昔はよくここで売られている巨大な調理パンを買っていたが、流石に歳を食ってからはあの量はキツくて食べられない。 ここ最近は青果売り場が隣に移動して果実や野菜の販売が充実している。近くにコンビニもあり、運転の疲れを癒すにはちょうど良い位置にある大きな道の駅と言える。トイレは24時間利用できる...

  • 弘前城天守
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町1
    慶長16年(1611)に完成した城である。寛永4年(1627)弘前城天守に落雷、五層目から順に燃え広がり天守閣を焼失。その後200年の間、天守がない状態が続いたが、1810年に津軽藩九代藩主・寧親により新築され完成したのが、西南隅に三層を成し、御三階櫓(ごさんかいやぐら)と称される現在の天守である。現在では史料館として、藩政時代の歴史資料が展示されている。
  • 弘前市立郷土文学館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町2-1
    弘前とゆかりの深い文学者を紹介している施設。「陸 羯南・佐藤 紅緑・葛西 善蔵・太宰 治」など津軽の9人の文学者たちの作品が常設されている。また企画展も開催され、郷土の文学に理解が深まる工夫がなされている。また文学者それぞれの文学碑の案内もしており、ゆかりの地・思い出の地めぐりに重宝する。

    弘前市と関わりの深かった文豪たちの資料等が展示されています。 太宰治など、有名な方々も展示されていて、文学に興味のある人にはたまらない施設です。学都として栄えた弘前だからでしょうか。

  • 大円寺
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    青森県南津軽郡大鰐町蔵館村岡12
    津軽で「大鰐の大日様」として信仰を集める寺院。奈良時代に聖武天皇の国分寺建立の際、本尊大日如来を大安国寺に安置したことが始まり。建久2年(1191)に「高伯寺」に移奉され、明治4年(1871)の神仏分離の時に弘前市から大円寺が移された。本尊の「大日様」と呼ばれている「阿弥陀如来坐像」は国指定重要文化財。平泉を訪れていた都の仏師がヒバ材を使い大鰐の地で彫ったものと考えられている。

    昔は温泉街として栄え今はなんとなく寂しい町なので 目立つ寺院です。国の指定重要文化財である本尊の 無阿弥陀仏木如来坐像が安置されてます。 大鰐駅から徒歩10-15分位です。

  • 高橋家住宅
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    青森県黒石市中町38 こみせ通り
    江戸の藩政時代に黒石藩の御用達であった米穀商・高橋家の邸宅。宝暦年間(1751-1763年)頃に建設されて以来、200年以上もの歴史を誇る歴史的建造物で、国の重要文化財に指定されている。敷地内には喫茶店があり、井戸から汲んだ水を使ったコーヒーやお茶、手作りのあんみつが人気。

    黒石観光で中町こみせ通りを散策しました。 高橋家住宅は江戸時代の商家の建物です。 宝暦13 年、1763年建立。 国重要文化財になっているようです。 通路の上に屋根がありました。 高橋家住宅や津軽こみせ駅や中村亀吉酒造などは古い建物です。

  • 松の湯交流館
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    青森県黒石市中町33
    地域の人々に長く愛され続けた銭湯・松の湯をリノベーションして誕生した観光交流施設。往時の姿を色濃く残す館内には、無料の休憩所や市民サロン、観光案内所があるほか、授乳室や多目的トイレ、コインロッカー等が整備されており、黒石市の観光起点として、また、地域の人々の新たな憩いの場として幅広い年代に利用されている。

    黒石、こみせ通りの景観の一部となっている建物。かつての銭湯、松の湯が利用されて、観光案内やイベント会場になっています。銭湯の湯船も残されていました。

  • 道の駅ひろさき サンフェスタいしかわ
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市石川泉田62-1
    弘前市内有数のりんごの産地・石川地区の大鰐弘前インターチェンジのほど近くに位置する道の駅。施設内にはおやきやりんごのスイーツといったご当地グルメを味わえる軽食コーナーや、りんごの歴史や流通等を学ぶことができる学習体験施設があるほか、農産物直売所並びに農産物加工施設が併設されており、りんごをはじめとする地元の新鮮な果物や野菜、りんごをふんだんに使ったジャムやアップルパイ、りんごパン等の加工品等を販売している。

    国道沿いにある道の駅です 時期的にリンゴが売っていました 他にも野菜や果物、菓子類など 土産物が多数ありました

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す