弘前の遊び/レジャースポット一覧

  • 弘前公園
    rating-image
    4.5
    563件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町1
    青森県弘前市の中心部にある公園で、弘前城の敷地を基として整備された。園内には天守をはじめ5つの城門、櫓といった藩政時代の遺構が残り、国の重要文化財に指定されているものが多い。日本最古のソメイヨシノや桜に囲まれた濠など、県内屈指の桜の名所として知られる。春の桜まつりには大勢の花見客が押し寄せるほか、秋の紅葉まつりや冬の雪灯籠まつりなどもあり、一年を通してイベントが多く行われている。

    桜の名所として必ず名前が挙がる場所です。初めて訪れましたが、良い意味で予想を裏切りました。ただ、ただ、素晴らしい景色で、弘前が印象に残る場所となりました。同じ場所でも早朝、昼、夕方、夜と時間帯を変えると全く違う印象を受けます。その意味で一日いても飽きない場所です。皆さん、城内の有料地域にすぐ入られると思いますが、外濠の花筏や西濠の桜のトンネルなど、城外にも見所がたくさんあります。これからも日本の桜...

  • 津軽藩ねぷた村
    rating-image
    4.0
    210件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市亀甲町61
    青森県弘前市にある体験型の観光施設で、弘前ねぷたをはじめ津軽地方の文化をテーマにしている。常設展示館には、弘前ねぷたの展示やお囃子の実演などがある。民工芸品の製作風景の見学や製作体験ができ、津軽三味線のコーナーでは生演奏が聴けるだけでなく、プロの指導のもと演奏体験も可能。入場無料のショッピングエリアもあり、地元産の野菜やりんご、工芸品などが購入できる。

    弘前公園の向かい側にあります。青森市が「ねぶた」と呼ぶのに対し、弘前市などの会津地方は「ねぷた」と表現するのを初めて知りました。しかも、その違いは方言から来るとは。また、形(ねぷたは扇形)や楽器(笛が主流)の違いなど、色々と勉強になりました。他にも五所川原市の立佞武多(たちねぷた)など青森県内のねぷたの紹介も印象に残りました。津軽地方や青森県のお土産屋さんも併設されていて、半日いても飽きない場所だ...

  • アクアグリーンビレッジ ANMON(アンモン)
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県中津軽郡西目屋村川原平大川添417
    世界遺産白神山地の入口となる暗門川沿いに位置し、広大なブナ林の中で大自然を体感できる。広場には木製のアスレチック遊具があり、子供達が自然の中で自由に動き回れる環境が揃う。センターハウス内にはレストランや温泉があり、日帰り入浴も可能。コテージでの宿泊が可能なので気軽に手ぶらキャンプが楽しめる。ブナ林散策道や津軽峠など、白神山地トレッキングの拠点としても利用しやすい。

    白神山地の世界遺産登録になっているブナの原生林を歩く為にはこちらがスタート地点となります。 こちらは弘前からバスで直接いけますが、バスの本数が少ないので、弘前から西目屋町役場までバスで行き、予約をしておいた北星タクシーで行きました。料金は4700円くらいでした。 コインロッカーに荷物を置いて、1時間コースを回ってきました。 戻ってきてからの青リンゴソフトクリームは美味しかったです。

  • 弘前市立博物館
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町1-6 弘前公園内
    弘前城跡三の丸の一角にある博物館。前川國男氏の設計による荘重な佇まいで、弘前藩政の歴史資料や美術工芸資料などを展示している。博物館所蔵の、縄文時代の猪形土製品を模したマスコットキャラクター「いのっち」も人気。

    弘前公園の中にある弘前市立博物館です。 パリの見た夢展見に行ってきました。 最終日の日曜日でしたが空いてました。 展示は写真撮影禁止でしたが、常設の弘前の歴史の展示は撮影可能でした。どちらも面白く、ゆっくり見れて良かったです。

  • 弘前市立郷土文学館
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町2-1
    弘前とゆかりの深い文学者を紹介している施設。「陸 羯南・佐藤 紅緑・葛西 善蔵・太宰 治」など津軽の9人の文学者たちの作品が常設されている。また企画展も開催され、郷土の文学に理解が深まる工夫がなされている。文学者それぞれの文学碑の案内もしており、ゆかりの地・思い出の地めぐりに重宝する。

    郷土出身の文人を扱っています。入館料は100円と安いですが、中身の充実感は素晴らしいものです。2階は石坂洋次郎の展示室になっており懐かしいポスターが多く展示されています。 陸羯南と石坂洋次郎と太宰治の図録を各500円で購入しました。こちらも中身が濃く満足です。 何点か質問したら、受付の若い女性と館長さんらしき方が真摯に対応してくれました。また行きたいです。

  • 板柳町ふるさとセンター
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県北津軽郡板柳町福野田字本泉34-6
    北津軽郡板柳町福野田本泉にある、りんごをテーマとした複合施設。世界各国250種のりんごを栽培する見本園や、りんごに関する展示を行う資料館や加工場のほか、コテージなどの宿泊施設や、農産物直売所などの様々な施設を備える。シーズンにはりんごもぎ体験ができるほか、加工場の見学や、工芸や菓子作りなどの体験も可能。

    林檎や自然に関して楽しみながら体験学べる施設です。 林檎の資料館やもぎ取り体験、バーベキューをする場所 やコテージもあります。

  • 森の中の果樹園
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市十面沢字轡426
    サクランボやラズベリー、桃、ぶどう、梨など様々な果物狩りを楽しめる果樹園である。来園した日に収穫できる全ての果物が食べ放題で、親子連れにも人気。旬の果物のお土産販売もある。
  • 弘前市りんご公園
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市大字清水富田字寺沢125
    青森県弘前市にある公園で、地元弘前の特産であるりんごの生産体験ができる観光施設。お馴染みの品種から珍しい品種まで約80種、約1500本のりんごの木が植えられている。生産体験園では園路を自由に散策できるほか、8月上旬から11月中旬にかけてりんごのもぎとり体験の受付があり、収穫したりんごはその場で食べられる。園内には、売店やレストラン、展示コーナーを備えた「りんごの家」や、旧農家住宅を移築した農機具の展示室、ふれあい広場やピクニック広場もある。
  • 岩木山観光りんご園
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市百沢字寺沢120-3
    面積が1万坪あるりんご園。大小合わせて2,000本のりんごの木があり、7月下旬のビスタベラという品種から、昔懐かしいインドりんごなど40種類のりんごを栽培している。りんごの他にモモ・プラム・ネクタリン・なしなども栽培しており青森の果実のフルーツ狩りが楽しめる。
  • りんご史料館
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県黒石市牡丹平字福民24
    英国・イーストモーリング研究所の建築様式を参考にして昭和6年(1931)に建てられた史料館。館内は、文化や観光・学習の拠点施設として対応できるようになっている。試験研究の成果や、青森りんごの歴史などを見学することができる。展示物のほか、PCを使ってクイズに挑戦する「りんご体験ゾーン」や、りんご栽培の1年を見る映像シアターなどもある。

    黒石市にあるりんごに関する資料館です.青森県内にはこのようなりんごに関する資料館が数多くありますが,ここはかなり規模が大きいです.

  • 岩木山百沢スキー場
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市百沢字東岩木山国有林32林班
    岩木山の雄大な自然に囲まれた景観の良いスキー場で、最長2000mを一気に滑り降りる、迫力満点の『ダウンヒル』をはじめとする多彩なコースと豊富な積雪量、良質な雪質が魅力だ。雪遊びができるキッズパークや、雪だるま体験、かまくら作り体験等、子供向けの施設や体験も充実しており、家族連れの人気も高い。スキー・スノーボード一式やウェア、シューズ等のレンタルも行っているため、手ぶらで手軽にウインタースポーツを楽しむことができる。

    青森スプリングリゾートが意外と早く滑りきれたので、こちにも行ってみました。 リフト3本の小さなスキー場!と勝手なイメージでいましたが、滑ってみると1本が長い長い!また景色はかなり良く、迫ってくる岩木山景、青森の広い平野部を望む景色、青森の中央の山々の白銀景が凄く良かったです。

  • 黒石観光りんご園
    遊ぶ/趣味
    青森県黒石市大字浅瀬石龍ノ口
    9月上旬-11月上旬まで開園している観光りんご園。広大な津軽平野と岩木山を一望できる場所にある。園内では、ふじ・つがる・王林・北斗・ジョナゴールドなどを収穫時期に合わせ、直接もぎ採り味わうことができる。
  • あじゃらの森キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字萢頭28-74
    あじゃら山麓に広がる高原に作られたキャンプ場。美しい自然に囲まれた施設で眺めも良く、ここから見られる市街地の夜景は特におすすめ。施設内にはバリアフリー設計のケビン、森の中にあるバンガロー、芝生が広がるテントサイトがある。他にも、管理棟、炊事場があり、テントや毛布などは貸し出しも行っている。テニスコート、わんぱく広場などがあるあじゃら山麓のアウトドア施設や温泉施設にも好アクセスなのが嬉しい。
  • 鶴の里ふるさと館
    遊ぶ/趣味
    青森県北津軽郡鶴田町廻堰字大沢地内
    平成7年(1995)に後中野集落にあった藁葺き民家を移築した文化館。移築時築120年だった民家の材料を使用し、座敷や居間、土間や馬小屋に至るまで忠実に再現されている。館内では当時の生活の様子を感じられる様々な生活用具が展示されており、鶴田町の歴史を肌で感じることが可能だ。入館は無料となっており、近くには日本一の木造三連太鼓橋・鶴の舞橋もあるためあわせて見学に訪れる観光客の姿も多い。
  • アクアグリーンビレッジ ANMON(アンモン)
    遊ぶ/趣味
    青森県中津軽郡西目屋村
    白神の大自然を存分に楽しめる総合キャンプ場。施設内にはキャンプ場サイト、コテージ、遊具、温泉など、様々な設備が備わっており、白神山地散策の拠点としても利用可能だ。散策で汗を流した後に、施設内の「暗門の湯」に立ち寄って疲れを癒す観光客の姿も見られる。
  • 津軽高原ゴルフ場
    遊ぶ/趣味
    青森県平川市小国深沢18-42
    アーノルド・パーマー氏が設計した18ホールがある「津軽高原ゴルフ場」は、八甲田連峰を望む雄大なロケーションと高原特有の爽やかな風が心地良いゴルフ場だ。また環境に優しいバッテリー式のカートを使用しており遠隔操作可能なリモコン操作ができるためラウンドも快適にできる。
  • 富士見湖パーク
    遊ぶ/趣味
    青森県北津軽郡鶴田町大字廻堰字大沢81-150
    津軽富士見湖の湖畔に広がる、緑豊かで景観の美しいレジャーパーク。12.4ヘクタールもの面積を誇る広大な園内には、日本初の360゜ループのローラー滑り台やアスレチックのあるわんぱく広場や、バーベキューを楽しめるピクニック広場があるほか、清水城主と白上姫の伝説で知られる日本一長い木製の橋・鶴の舞橋をはじめとする数々の名所があり、年代を問わず一日中楽しむことができる。
  • 丹頂鶴自然公園
    遊ぶ/趣味
    青森県北津軽郡鶴田町大字廻堰字大沢12-11
  • 岩木青少年スポーツセンター 嶽キャンプ場
    rating-image
    5.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市大字常盤野字湯段萢1-2

    急遽、テント泊から館内泊にしたが、安くて快適だった。綺麗とは言えないが、岩木山にアクセスが良いと同時に、嶽温泉の湯質がよく、肌がすべすべになった。

  • イオンシネマ弘前
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市高崎2-15-1

    弘前市にあるシネマコンプレックスです。かつてはワーナーマイカルシネマズ弘前でしたが、現在は「イオンシネマ弘前」になっています。規模はあまり大きくありませんが、実質弘前唯一の映画館です。駐車場は広めですし、クレジットカードも問題なく使えます。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す