弘前のスポット一覧

  • 弘前公園
    rating-image
    4.5
    563件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町1
    青森県弘前市の中心部にある公園で、弘前城の敷地を基として整備された。園内には天守をはじめ5つの城門、櫓といった藩政時代の遺構が残り、国の重要文化財に指定されているものが多い。日本最古のソメイヨシノや桜に囲まれた濠など、県内屈指の桜の名所として知られる。春の桜まつりには大勢の花見客が押し寄せるほか、秋の紅葉まつりや冬の雪灯籠まつりなどもあり、一年を通してイベントが多く行われている。

    桜の名所として必ず名前が挙がる場所です。初めて訪れましたが、良い意味で予想を裏切りました。ただ、ただ、素晴らしい景色で、弘前が印象に残る場所となりました。同じ場所でも早朝、昼、夕方、夜と時間帯を変えると全く違う印象を受けます。その意味で一日いても飽きない場所です。皆さん、城内の有料地域にすぐ入られると思いますが、外濠の花筏や西濠の桜のトンネルなど、城外にも見所がたくさんあります。これからも日本の桜...

  • 弘前城天守
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町1
    慶長16年(1611)に完成した城である。寛永4年(1627)弘前城天守に落雷、五層目から順に燃え広がり天守閣を焼失。その後200年の間、天守がない状態が続いたが、1810年に津軽藩九代藩主・寧親により新築され完成したのが、西南隅に三層を成し、御三階櫓(ごさんかいやぐら)と称される現在の天守である。現在では史料館として、藩政時代の歴史資料が展示されている。
  • 津軽藩ねぷた村
    rating-image
    4.0
    210件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市亀甲町61
    青森県弘前市にある体験型の観光施設で、弘前ねぷたをはじめ津軽地方の文化をテーマにしている。常設展示館には、弘前ねぷたの展示やお囃子の実演などがある。民工芸品の製作風景の見学や製作体験ができ、津軽三味線のコーナーでは生演奏が聴けるだけでなく、プロの指導のもと演奏体験も可能。入場無料のショッピングエリアもあり、地元産の野菜やりんご、工芸品などが購入できる。

    弘前公園の向かい側にあります。青森市が「ねぶた」と呼ぶのに対し、弘前市などの会津地方は「ねぷた」と表現するのを初めて知りました。しかも、その違いは方言から来るとは。また、形(ねぷたは扇形)や楽器(笛が主流)の違いなど、色々と勉強になりました。他にも五所川原市の立佞武多(たちねぷた)など青森県内のねぷたの紹介も印象に残りました。津軽地方や青森県のお土産屋さんも併設されていて、半日いても飽きない場所だ...

  • 藤田記念庭園
    rating-image
    4.0
    127件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字上白銀町8-1
    弘前市出身で日本商工会議所の初代会頭を務めた藤田謙一が、大正8年(1919)に別邸を構える際、東京から庭師を招いて作らせた江戸情緒漂う庭園である。総面積は約6,600坪、東北地方において平泉毛越寺庭園に次ぐ大規模な庭園だ。高台部と低地部に分かれており、低地部でハナショウブやツツジの花を楽しむことができる。

    青森県、弘前市にある藤田記念庭園です。 弘前公園の側にあります。 高台からは岩木山を綺麗に眺望できます。 低地部までは階段でおりますが、美しい庭園でした。 見学者も少なくゆっくり見ることができました。

  • 白神山地
    旅行/観光
    青森県・秋田県
    白神山地は、青森県南西部から秋田県北西部にまたがる広大な山地帯の総称であり、平成5年(1993)に世界自然遺産として登録された。自然のままのブナ天然林が分布しており、多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれている。その規模は東アジア最大級と言われている。
  • 弘前市立観光館
    rating-image
    4.0
    95件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町2-1
    観光コンシェルジュによる観光案内をはじめ、目的に応じて様々なガイドマップを提供してくれる観光館。「ねぷたまつり」の山車で飾られた1階、津軽の伝統工芸を一堂に展示している2階も見どころになっている。物産販売コーナー・レストラン・自転車のレンタルサービスなどもあるので、弘前散策の前には立ち寄りたい。

    1階に大きなねぶたがあり、その向かいにお土産、想い出ショップ想い出ショップさくらはうすがあります。 2階に弘前の工芸品が展示されており凄く勉強になりました。見やすく展示されており、無料で見学できます。是非お見逃しないように。

  • 岩木山神社
    旅行/観光
    青森県弘前市百沢寺沢27
    創建約1,200余年の歴史を持ち、農漁業の守護神として信仰されてきた「岩木山神社」は、別名「お岩木さま」「お山」とも呼ばれている。鳥居から本殿までの長い参道は杉木立に囲まれている。境内には本殿・拝殿・奥門・楼門が立ち並び、これらの美しい建造物は重要文化財に指定されている。
  • 道の駅 いなかだて 弥生の里
    rating-image
    4.0
    99件の口コミ
    交通
    青森県南津軽郡田舎館村大字高樋字八幡10
    田んぼをキャンパスに見立て、巨大な絵を描く『田んぼアート』で知られる青森県田舎館村の国道102号沿いに位置する道の駅。約7.5haもの面積を誇る広大な敷地内には、地域の特産品を取り扱う産直センターや、弥生うどんをはじめとするご当地グルメを味わえるレストランがあるほか、公園や遊具広場、パターゴルフ場、動物触れ合い施設等、様々なレジャー施設が整備されており、家族連れを中心に幅広い年代に人気のスポットだ。

    国道102号線沿いにある道の駅で、施設は産直市場とレストラン、博物館と埋蔵物文化財センターのほか、パターゴルフ、遊具、田んぼアート第二会場など、多くの施設が整備されていました。 ただし、田んぼアート第二会場と展望台は10月6日終了で展望台も閉鎖、遊具は入場料の他に施設内にある電車や自転車などは別途利用料がかかり、パターゴルフも有料と、ちょっと使いづらい施設と思います。 産直市場にはりんごやお米はじ...

  • 鶴の舞橋
    旅行/観光
    青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢81-150
    津軽富士見湖にかかる全長300mの橋である。木造三連太鼓橋としては日本一の長さを誇っており、緩やかなアーチが美しい。岩木山を背景に湖に夕日が沈みゆく中、照らし出される橋の姿が絶景であり、多くの観光客が訪れる。
  • 道の駅ひろさき サンフェスタいしかわ
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    交通
    青森県弘前市石川泉田62-1
    弘前市内有数のりんごの産地・石川地区の大鰐弘前インターチェンジのほど近くに位置する道の駅。施設内にはおやきやりんごのスイーツといったご当地グルメを味わえる軽食コーナーや、りんごの歴史や流通等を学ぶことができる学習体験施設があるほか、農産物直売所並びに農産物加工施設が併設されており、りんごをはじめとする地元の新鮮な果物や野菜、りんごをふんだんに使ったジャムやアップルパイ、りんごパン等の加工品等を販売している。

    八百屋さんのように沢山の野菜が売られており、地元の方で賑わっていましたが他府県産の商品が多かったようです。お菓子等のお土産品の品揃えも負けず劣らず充実していました。

  • 最勝院五重塔
    rating-image
    4.0
    85件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字銅屋町63
    津軽における寺社への大きな影響力をもった金剛山最勝院が有する国指定重要文化財で、寛文7年(1667)に建立された。塔の内部は金箔や銀箔のほか、群青など極彩色で彩られ、本尊胎蔵界大日如来、脇仏に稚児聖徳太子像、十王像が安置されている。境内の枝垂桜や新緑とのコントラストなど、四季折々に変化する美しい景観も見所のひとつ。津軽統一戦の戦没者の供養のために建立された最勝院は、五重塔をはじめとして深い歴史を感じさせる。

    朝、早起きをしてホテルから散策しました。 五重塔と、枝垂れ桜がとてもきれいでした。 小雨の降る早朝、瑞々しい景観に、癒されました。

  • 大正浪漫喫茶室
    グルメ/お酒
    青森県弘前市上白銀町8-1
    藤田記念庭園にある洋館は大正10年(1921)に実業家藤田謙一の別邸として建てられたもの。大正浪漫喫茶室はその大広間とサンルームを利用したカフェである。人気メニューは6種類あるアップルパイで、どれもが弘前市内の人気洋菓子店で扱っているものである。それぞれドリンクが付くセットメニューもあり存分に食べ比べができるのが特徴。窓から見える庭園の木々を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすことができる。
  • ランプの宿 青荷温泉
    宿泊/温泉
    青森県黒石市沖浦字青荷沢滝ノ上1-7
    昭和4年(1929)に開湯した「青荷温泉」は、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する、ひなびた風情を感じる秘湯で、ランプの宿としても知られている。団体向けのはなれも本館も是非宿泊したい施設となっているが、日帰り・立ち寄り入浴も可能だ。
  • 道の駅つるた 鶴の里あるじゃ
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    交通
    青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
    1600種類以上の青森のお土産が揃う「道の駅 つるた」は、朝どり野菜・果物、農産物やお花の直売もしている場所でいつも賑わっている。レストランコーナーでは鶴田町産の食材を活かしたメニューが味わえる。鶴田産大豆「おおすず」の豆乳を使った豆乳担担麺や、生産量日本一のスチューベンを練りこんだ生地を使用した「スチューベン餃子」はここでしか味わえない。

    竜飛岬の帰りにキャンピングカーで車中泊しました。 パン屋さんも(道の駅左手)併設されていて、ジャンボドーナツ買っちゃいました。また道の駅右手には「農産物直売所」が新設されていて野菜や果物、ブドウやリンゴのジュースなどがお手頃価格で販売されています。ブドウを購入しキャンピングカー内で食べましたが、新鮮で糖分が高くとても美味しかったです。

  • 道の駅いかりがせき津軽関の庄
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    交通
    青森県平川市碇ケ関碇石13-1
    特産品の直売所やレストランはもちろん、青森ヒバを使ったかけ流しの大浴場、温泉資料館、御関所資料館もある道の駅である。特産品の自然薯を使ったそばやラーメン、たこ焼き、マルメロ羊羹が人気だ。

    国道7号線にある道の駅、高速道路が並行して走っているので利用する機会は少ないですがたまに寄りたくなります。 かつては関所があった地域、趣向が凝らされた外観です。 施設は広く名産も揃っています。 今回は長芋を購入。粘りも強く美味しくいただきました。

  • カトリック弘前教会
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市百石町小路20
    明治43年(1910)に建てられた聖堂。尖塔を有するロマネスク様式を基調としており、左右隅に伸びる柱が特徴的である。また内部正面にあるナラの木で作られた祭壇はアムステルダムの聖トマス教会から譲り受けたもの。慶応2年(1866)に完成し、当時ベルギーのアントワープで行われた展覧会で最優秀賞を受けたものでもある。

    弘前市にあるカトリック教会です。ロマネスク様式を取り入れた建物は華麗そのもの。すぐ隣には教会併設と思われる幼稚園があり、元気な園児の遊ぶ声が聞こえていました。教会の中に入ると、縦長の窓にあるステンドグラスが輝いて見えます。スタッフのかたが親切に神父さまを紹介していただきました。お陰様で、メキシコ出身の神父さまと15分ほど旅行談義ができて、嬉しかったです。

  • 日本キリスト教団弘前教会
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字元寺町48
    日本キリスト教団弘前教会は明治39年(1906)に弘前メソヂスト教会の教会堂として建設された建物。弘前城植物園の近くにあり、双塔式のゴシック風木造建築は明治期の建築物として全国的にも珍しい。また説教台や聖餐台は津軽塗が施され、献金籠にはあけび細工が施されるなど伝統工芸品が使われている。見学は可能だが、職員不在時や教会の行事日等は見学できないので注意が必要となる。

    出張中のホテルから夜の散歩に出かけ、ライトアップされたこの教会に出会いました。ライトアップの効果もあって、弘前らしくシードル色に浮かび上がる素敵な建物です。休日には沢山の車が止まっていたので、まだまだ現役の教会のようです。

  • 盛美園
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    旅行/観光
    青森県平川市猿賀石林1
    昭和28年(1953)国の名勝の指定を受けた1階は純和風、2階は洋風仕立ての洋館。庭園を眺めるために建てた和洋折衷の建物になっている。日本庭園を融合した独特の美しさがあり明治文明開化の面影をしのばせる。尚、2階は現在一般公開をしていない。

    弘前の藤田記念庭園は和館と洋館が別々に建っているが、ここは一階が和風、2階が洋風という不思議な建物です。庭園も立派で一見の価値あり。ちょうど御宝館の開館時間だったので、こちらも見学しました。まあ昔の金持ちは大したものだと、つくづく感心しました。

  • 旧弘前市立図書館
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町2-1
    明治39年(1906)に竣工した、八角形の双塔が印象的なルネサンス様式を基調とした洋館である。昭和6年(1931)までは市立図書館として利用されていた木造モルタル三階建ての建物で、現在も一般公開されている。
  • 岩木山
    旅行/観光
    青森県弘前市
    青森県の最高峰として知られる、標高1625mの二重式火山。岩木山8合目付近まで有料自動車道・津軽岩木スカイラインが開通しているほか、鳥海山噴火口までのリフトが整備されており、手軽に登山や散策を楽しむことができる。山頂からは八甲田連峰や七里長浜、天気のいい日には遠く北海道の松前崎まで見渡すことができる。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す