NAVITIME Travel

弘前のスポット一覧

  • 弘前城天守
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町1
    慶長16年(1611)に完成した城である。寛永4年(1627)弘前城天守に落雷、五層目から順に燃え広がり天守閣を焼失。その後200年の間、天守がない状態が続いたが、1810年に津軽藩九代藩主・寧親により新築され完成したのが、西南隅に三層を成し、御三階櫓(ごさんかいやぐら)と称される現在の天守である。現在では史料館として、藩政時代の歴史資料が展示されている。
  • 石場家住宅(重要文化財)
    旅行/観光
    青森県弘前市亀甲町88
    弘前城の北側、亀甲門前にある商家。江戸時代から荒物を商ってきたが、現在はお酒、たばこを売っている。雪国の歴史の重さを感じる。
  • 滝ノ沢展望台
    旅行/観光
    秋田県鹿角郡小坂町十和田湖滝ノ沢
  • 藤田記念庭園
    rating-image
    4.5
    105件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字上白銀町8-1
    弘前市出身で日本商工会議所の初代会頭を務めた藤田謙一が、大正8年(1919)に別邸を構える際、東京から庭師を招いて作らせた江戸情緒漂う庭園である。総面積は約6,600坪、東北地方において平泉毛越寺庭園に次ぐ大規模な庭園だ。高台部と低地部に分かれており、低地部でハナショウブやツツジの花を楽しむことができる。

    洋館のカフェも良いのですが、予想以上に庭園が見応えがありました。岩木川の河岸段丘をうまく使った庭園は、非常に見応えがあります。ゆっくり散策するのが良いかと思います。また、弘前城公園も近く、併せて観光するのが良いでしょう。

  • 弘前市りんご公園
    rating-image
    4.5
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市大字清水富田字寺沢125
    青森県弘前市にある公園で、地元弘前の特産であるりんごの生産体験ができる観光施設。お馴染みの品種から珍しい品種まで約80種、約1500本のりんごの木が植えられている。生産体験園では園路を自由に散策できるほか、8月上旬から11月中旬にかけてりんごのもぎとり体験の受付があり、収穫したりんごはその場で食べられる。園内には、りんごについて学べる「りんごの家」や旧農家住宅を移築した農機具の展示室、ふれあい広場やピクニック広場もある。

    迷いました。リンゴカレーか冷やし中華か !! 結果冷やし中華にしました。 だって りんごカレーは「りんごとはちみつのバーモントカレー」は家でも出来るのです。冷やし中華は私好みでした。

  • 津軽藩ねぷた村
    rating-image
    4.0
    168件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市亀甲町61
    青森県弘前市にある体験型の観光施設で、弘前ねぷたをはじめ津軽地方の文化をテーマにしている。常設展示館には、弘前ねぷたの展示やお囃子の実演などがある。民工芸品の製作風景の見学や製作体験ができ、津軽三味線のコーナーでは生演奏が聴けるだけでなく、プロの指導のもと演奏体験も可能。入場無料のショッピングエリアもあり、地元産の野菜やりんご、工芸品などが購入できる。

    タイトル通り、同じ青森でも呼び方が微妙に違うとは知りませんでした。しかも弘前のねぷたは扇型・・・形も違うとは非常に興味深かったです。

  • 田中屋
    お買い物
    青森県弘前市一番町角
    弘前公園から徒歩約5分の位置にある津軽塗の老舗で、明治30年(1897)創業。旧弘前市役所の木材を再利用した黒塗りの柱が特徴的な店構えで、店内には箸から座卓まで、唐塗・七子塗・寿々喜塗など様々な塗りを施した津軽塗製品が揃う。半地下に落ち着いた雰囲気の喫茶室もあり。併設の津軽塗資料館では、ガラス越しに津軽塗の工房内を見学できる。
  • 岩木山神社
    rating-image
    4.5
    143件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市百沢寺沢27
    創建約1,200余年の歴史を持ち、農漁業の守護神として信仰されてきた「岩木山神社」は、別名「お岩木さま」「お山」とも呼ばれている。鳥居から本殿までの長い参道は杉木立に囲まれている。境内には本殿・拝殿・奥門・楼門が立ち並び、これらの美しい建造物は重要文化財に指定されている。

    岩木山のふもとにある神社です.厳かな雰囲気があります.岩木山がまじかにそびえ,近くには公園などもあります.

  • 暗門の滝
    旅行/観光
    青森県中津軽郡西目屋村川原平大川添
    希少な動植物が生息していることから、平成5年(1993)に日本で初めて世界遺産に登録された、白神山地の山中にある滝。上から順に落差42メートルの第一の滝、37メートルの第二の滝、26メートルの第三の滝の三つの滝の総称が暗門の滝となっている。暗門渓谷ルートとして暗門休憩所から第一の滝まで歩道や板を使って整備されているものの、落石が多い地点もあり危険を伴うため、通行届が必須となる。事前に予約し、ガイドに同行してもらうのを推奨。
  • 最勝院五重塔
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字銅屋町63
    弘南バス弘前高校前下車、徒歩約3分。津軽における寺社への大きな影響力をもった金剛山最勝院が有する国指定重要文化財で、1667年に建立された。塔の内部は金箔や銀箔のほか、群青など極彩色で彩られ、本尊胎蔵界大日如来、脇仏に稚児聖徳太子像、十王像が安置されている。境内の枝垂桜や新緑とのコントラストなど、四季折々に変化する美しい景観も見所のひとつ。津軽統一戦の戦没者の供養のために建立された最勝院は、五重塔をはじめとして深い歴史を感じさせる。

    弘前にある五重塔。近くで見ると大きくて圧倒されます。立派な五重塔です。お寺自体はそんなに広くはありませんが、本堂と五重塔の配置がよく、よく配置が考えられたお寺さんだと思います。 ここもお勧めですので、是非、訪れてみてください。

  • 板柳町ふるさとセンター
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県北津軽郡板柳町福野田字本泉34-6
    北津軽郡板柳町福野田本泉にある、りんごをテーマとした複合施設。世界各国250種のりんごを栽培する見本園や、りんごに関する展示を行う資料館や加工場のほか、コテージなどの宿泊施設や、農産物直売所などの様々な施設を備える。シーズンにはりんごもぎ体験ができるほか、加工場の見学や、工芸や菓子作りなどの体験も可能。

    板柳町にあるセンターです.りんご資料館がメインで,観光案内の他,地元の農産物の販売などをやっています.町の詳しい情報が入手できます.

  • 弘前市立郷土文学館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町2-1
    弘前とゆかりの深い文学者を紹介している施設。「陸 羯南・佐藤 紅緑・葛西 善蔵・太宰 治」など津軽の9人の文学者たちの作品が常設されている。また企画展も開催され、郷土の文学に理解が深まる工夫がなされている。また文学者それぞれの文学碑の案内もしており、ゆかりの地・思い出の地めぐりに重宝する。

    弘前公園の近くの観光館のすぐ横にあります。 主に「石坂 洋二郎」の紹介ですが、津軽地方の小説家の展示もあります。

  • AtoZ Memorial Dog(エートゥーゼット メモリアル ドッグ)
    旅行/観光
    青森県弘前市大字吉野町2-1 弘前れんが倉庫美術館内
  • 高照神社
    旅行/観光
    青森県弘前市高岡字神馬野87
    四代藩主信政を祀る廟所に始まる神社。吉川神道に基づいた独特な社殿構成であり、全国的にほとんど類例がなく、近世神社建築の展開の一端を示すものとして価値が高い。幣殿・随神門・津軽信政公墓・廟所拝殿・廟所門が重要文化財に指定されている。
  • 日本聖公会弘前昇天教会教会堂
    旅行/観光
    青森県弘前市山道町7
    大正10年(1921)に建てられた協会で、設計者は米国人J.M.ガーディナー。イギリス方式で積み上げられたレンガと青森県特産のヒバ材が多く使われていて最上部には鐘楼がある。また120年の時を経てもまだ現役のオルガンも有名だ。貴重な洋式建物として県の重要文化財に指定されている。
  • 旧岩田家住宅
    旅行/観光
    青森県弘前市若党町31
    寛政時代末から文化年間(1800年前後)に建てられたものと考えられる建物。主要構造部材や屋根などはほぼ建築当初のままで今日に至っており、現在は調査に基づいて第一次改造時の姿に復元されている。弘前城下の中級武士の住宅として当時の生活を知る貴重な遺構だ。
  • 旧梅田家住宅
    旅行/観光
    青森県弘前市若党町80
    一般公開されている仲町地区(国の重要伝統的建造物群保存地区)の武家住宅のうちのひとつ。かつて弘前城北側の追手の守護のために町割りされた侍町の一区画であり、簡素ながらも剛健な江戸時代後期の中級武士の生活を偲ばせてくれる。
  • 成田専蔵珈琲 城東店
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県弘前市城東北2-7-4
    弘前市から生まれた本格的な味わいを提供するカフェ店。北の珈琲工房で専門の焙煎士が心をこめて作った珈琲豆を使用し、独自のネルドリップを行い、真心こめて一杯一杯提供してくれる、と人気が高い。また飾り棚にある世界中の珈琲カップや、古くに使われていた歴史ある珈琲器具は店の歴史を感じさせてくれる。

    岩木山神社をお参りした後、暑くて喉が乾いたところ、珈琲店に気づきました。夕方だったので、閉店前でしたが、アイスコーヒーを頼みました。スッキリした味わいでおいしかったです。コーヒードーナツも美味しそうでした。

  • 岩木さんぽ館
    旅行/観光
    青森県弘前市常盤野字湯の沢149-2
    岩木の自然や歴史、文化などの情報提供をしている施設。東北自然歩道の概要をグラフィックパネルや大型タペストリーで展示しているほか、自然歩道と岩木山エリアの地形模型も見られる。見どころや広域観光ガイド・年間のイベントの紹介などもしている。また敷地内には足湯もあり、ほっとひと息つける場としても人気だ。
  • 岩木屋
    お買い物
    青森県弘前市常盤野字湯の沢7-1
    自然の恵みあふれる津軽の味を届けてくれる店。採れたての竹の子を漬け込みし、職人が季節ごとに気候に合わせた鮨を作り上げている「竹の子押し寿司」は、創業以来の伝統がある看板商品。保存料を一切使用していないため3日間が賞味期限だ。そのほか「十三湖産しじみ貝レトルト」や青森産のりんごがスパイスになっている「りんごカレールー」などもお勧め。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す