NAVITIME Travel

青森のスポット一覧

  • 西吹付山展望台(シーサイドキャトルパーク)
    旅行/観光
    青森県下北郡大間町大間内山48-1
    マグロ一本釣りの町 大間町にある町営観光牧場。小高い丘のてっぺんには赤い屋根の展望台があり、津軽海峡の台パノラマが望める。漁火や函館の夜景も楽しめる。また畜産の資料や道具を展示している、大間町畜産資料館もある。
  • 青森ヒバ専門店 わいどの木
    旅行/観光
    青森県下北郡風間浦村易国間大川目6-7
    「無垢の木=健康」、そして「遊び心」をキーワードに、木(製品)によって住む人の心にしみる商品を提供している木工館。キッチン用品・家具・ガーデニング用品・おもちゃなど、豊富な品揃えだ。青森ヒバは香木ともいわれる香りが強い木でアロマ効果もあるとされている。
  • 鉄道アーチ橋メモリアルロード
    旅行/観光
    青森県下北郡風間浦村下風呂
    かつて大畑から大間へ続く大間鉄道完成に向け工事が進められ、戦時中の諸事情などにより工事が打ち切りになってしまった鉄道を再利用した観光名所。鉄道の下風呂温泉郷にあるアーチ橋に、駅にも見える東屋を設置し、足湯も楽しめるようになっている。夜にはライトアップされるため夜の散歩もお勧めだ。
  • あさの食堂
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県下北郡風間浦村下風呂温泉12-1
    津軽海峡で獲れた海産物を中心にメニュー構成をしている下風呂温泉郷の食堂。生ウニ丼をはじめ、うに・まぐろ丼、うに・あわび丼、みそ貝焼定食、布海苔ラーメンなどがお勧めだ。時期によっては「活きイカ」もいただける。

    国道から町のメインストリートにあります、店の前に車4台は止めれますよ、三色丼2800円を食べましたが前日竜飛で食べたいちご丼より量が多くて美味しかった、大間はこの時期マグロは冷凍物らしいです。

  • 桑畑温泉「湯ん湯ん♪」
    宿泊/温泉
    青森県下北郡風間浦村大字易国間字湯ノ上1-1
    小学校の跡地にできた、高台にある日帰り温泉施設。露天風呂から津軽海峡まで見渡すことができ、晴れた日には遠く北海道も望める。泉質はナトリウム・カルシウム ー塩化物泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩などに効能があるとされる。露天風呂は11月下旬から4月上旬は無いので注意しよう。
  • しーうらんど
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市磯松山の井115-126
    青森県五所川原市にあるタラソテラピーセンター。医科学の根拠を基に作られた本場フランスを超えた海水のプール・アルゴパックやタラソスクラブなどのトリートメントができるマルチキャビン、エアロゾルなどがあり、好みや目的によって利用できる。豊富な運動教室、無料の送迎バスなどもあり人気が高い。

    海水の温水プールです。タラソテラピーという健康効果を謳った施設ですが、運動不足のお父さんにもピッタリです。プールの中で子供と小一時間鬼ごっこをするだけで十分な健康効果があります。翌日または翌々日の筋肉痛付き。中で給水できるので水分補給を忘れないのと、コースの逆走をしなければ、ジャグジーもサウナも露天風呂(風呂じゃないか)もあって、サイコーの施設です!

  • 川倉賽の川原地蔵尊
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市金木町川倉字七夕野426-1
    恐山のほかに津軽半島にあるもう一つの霊場。それが、五所川原市金木町にある川倉賽の河原地蔵尊だ。大小約2000体の地蔵様が祀られており独特の雰囲気がある。旧暦6/22-24には例大祭が行われ、恐山と同様にイタコの口寄せが行われる。

    召集令状をうけて戦地に赴き、無念にも戦死した若者に、死んでからお嫁さんをとらせてやろうとの親心で、ここの御堂の中には無数のカップルの人形が奉納されています。その光景は「よかったねェ」とはとても思えぬ気持悪さを感じてしまいました。また賽の河原に見立てた道の両側にはクルクルと風車が回っていて、妙に雰囲気を演出しているといった嫌な感じを受けました。

  • 五所川原市市浦歴史民俗資料館
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市十三土佐1-298
    市浦地区の歴史と文化の紹介に努めている民俗資料館で平成元年(1989)に開館された。平成11年(1999)からは、北方世界との交易・流通拠点の窓口として役割を果たした中世日本有数の湊町、十三湊遺跡を紹介している。平成10年(1998)に行われた青森県立郷土館と国立歴史民俗博物館による十三湊展を踏まえたものとなっており見応えがある。

    中世における道南を含めた日本海側の歴史に対する安東氏の影響は大きく、その拠点である十三湊訪問を楽しみにしていました。 市浦歴史民俗博物館は、十三湊での出土品・古文書等を展示しており、小さいながらも興味深かったです(入館料300円)。ただ、残念だったのは映像展示コーナーで放映される映像が1993年度にNHKで放送された遺跡発掘調査のものであったこと。この映像自体は素晴らしいのですが、直近の調査状況に...

  • 津軽フラワーセンター
    遊ぶ/趣味
    青森県五所川原市大字神山字殊ノ峰117-602
    標高142mの小高い山にある自然公園。梅の名所としても知られ、園内には約1400本の「北限の梅林」があり、毎年4月下旬-5月上旬には新緑と共に見事に咲き誇る。また園内には県立梵珠少年自然の家があり、眺望も素晴らしいことから人気のある公園だ。
  • 旧平山家住宅
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市湊字千鳥144-1
    五所川原市の代表的な文化財。昭和53年(1978)に重要文化財に指定された建造物だ。津軽地方の上層農家の規模や形式をほぼそのまま伝えているとみられることや、奥で寝室部が分割されていること、地震後の再建ということで、二重梁や蜘壁が使用されていることなどが特徴としてあげられる。重要な資料であり建設年代を確定できる県内の数少ない建造物だ。

    五能線五所川原駅から歩いて半時間、バスの五所川原営業所から歩いて十分という表示です。交通は不便な場所ですが、それだけに穴場と言えそうで宇。母屋の建坪だけで百十坪もあります。広い屋敷と、豪華な調度に目を奪われます。

  • 津軽鉄道
    rating-image
    4.5
    108件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市大町39
    ストーブ列車として有名な、奥津軽の風物列車。昭和5年(1930)に五所川原から金木間開業し、同年11月に全線開業(20.7km)、そしてその冬12月よりストーブ列車の運転をはじめ今に至る。ストーブ列車の運行は12/1から翌年3/31まで。その他時期により風鈴列車・鈴虫列車も走っている。

    JR五能線と津軽中里を結ぶ超ローカル線。冬場はだるまストーブを備えた、旧国鉄の旧型客車が運行されるので、乗車してきました。 静かな雪の津軽平野の景色を楽しみたかったのですが、地元観光協会の方と思われるおばちゃんアテンダントが乗車。大声でストーブで焼くスルメを販売しており、情緒感ゼロ。全くの期待はずれでした。連結されている一般の気動車に乗車すればよかった。

  • 弘前市立郷土文学館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市下白銀町2-1
    弘前とゆかりの深い文学者を紹介している施設。「陸 羯南・佐藤 紅緑・葛西 善蔵・太宰 治」など津軽の9人の文学者たちの作品が常設されている。また企画展も開催され、郷土の文学に理解が深まる工夫がなされている。また文学者それぞれの文学碑の案内もしており、ゆかりの地・思い出の地めぐりに重宝する。

    弘前市と関わりの深かった文豪たちの資料等が展示されています。 太宰治など、有名な方々も展示されていて、文学に興味のある人にはたまらない施設です。学都として栄えた弘前だからでしょうか。

  • AtoZ Memorial Dog(エートゥーゼット メモリアル ドッグ)
    旅行/観光
    青森県弘前市大字吉野町2-1 弘前れんが倉庫美術館内
  • 高照神社
    旅行/観光
    青森県弘前市高岡字神馬野87
    四代藩主信政を祀る廟所に始まる神社。吉川神道に基づいた独特な社殿構成であり、全国的にほとんど類例がなく、近世神社建築の展開の一端を示すものとして価値が高い。幣殿・随神門・津軽信政公墓・廟所拝殿・廟所門が重要文化財に指定されている。
  • 日本聖公会弘前昇天教会教会堂
    旅行/観光
    青森県弘前市山道町7
    大正10年(1921)に建てられた協会で、設計者は米国人J.M.ガーディナー。イギリス方式で積み上げられたレンガと青森県特産のヒバ材が多く使われていて最上部には鐘楼がある。また120年の時を経てもまだ現役のオルガンも有名だ。貴重な洋式建物として県の重要文化財に指定されている。
  • 旧岩田家住宅
    旅行/観光
    青森県弘前市若党町31
    寛政時代末から文化年間(1800年前後)に建てられたものと考えられる建物。主要構造部材や屋根などはほぼ建築当初のままで今日に至っており、現在は調査に基づいて第一次改造時の姿に復元されている。弘前城下の中級武士の住宅として当時の生活を知る貴重な遺構だ。
  • 旧梅田家住宅
    旅行/観光
    青森県弘前市若党町80
    一般公開されている仲町地区(国の重要伝統的建造物群保存地区)の武家住宅のうちのひとつ。かつて弘前城北側の追手の守護のために町割りされた侍町の一区画であり、簡素ながらも剛健な江戸時代後期の中級武士の生活を偲ばせてくれる。
  • 成田専蔵珈琲 城東店
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県弘前市城東北2-7-4
    弘前市から生まれた本格的な味わいを提供するカフェ店。北の珈琲工房で専門の焙煎士が心をこめて作った珈琲豆を使用し、独自のネルドリップを行い、真心こめて一杯一杯提供してくれる、と人気が高い。また飾り棚にある世界中の珈琲カップや、古くに使われていた歴史ある珈琲器具は店の歴史を感じさせてくれる。

    オープン20分前、車の中でオッサン一人待機しています。変チャ-変な光景です。「ん??なんでか???」オッサンは前日友達から是非ともって--事。 大型ショッピングモール近く、土地勘が有ったので、それ程不安なく到着。60過ぎのオッサンが一人、一番乗り---!!雰囲気良いです、皆さんイメージしてみて下さい、たった一人オッサンが珈琲を飲んでる姿を。しかも女性向のお店の中、ひつこい様ですが、「一番乗り、、た...

  • 岩木さんぽ館
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市常盤野字湯の沢149-2
    岩木の自然や歴史、文化などの情報提供をしている施設。東北自然歩道の概要をグラフィックパネルや大型タペストリーで展示しているほか、自然歩道と岩木山エリアの地形模型も見られる。見どころや広域観光ガイド・年間のイベントの紹介などもしている。また敷地内には足湯もあり、ほっとひと息つける場としても人気だ。

    足湯を利用できるとのことで行ってみました。硫黄の匂いがして期待が高まります。足をつけたら冷たかったです。季節が限定されるのかもしれません。

  • 岩木屋
    お買い物
    青森県弘前市常盤野字湯の沢7-1
    自然の恵みあふれる津軽の味を届けてくれる店。採れたての竹の子を漬け込みし、職人が季節ごとに気候に合わせた鮨を作り上げている「竹の子押し寿司」は、創業以来の伝統がある看板商品。保存料を一切使用していないため3日間が賞味期限だ。そのほか「十三湖産しじみ貝レトルト」や青森産のりんごがスパイスになっている「りんごカレールー」などもお勧め。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す