NAVITIME Travel

青森のスポット一覧

  • 海の駅わんど
    旅行/観光
    青森県西津軽郡鰺ケ沢町本町246-4
    西津軽郡鰺ヶ沢町本町の大間越街道沿いにある観光案内所、直売所。地元の鮮魚や農産物、「笹餅」などの加工品や「いがめんち」などの惣菜を販売している。食堂や休憩所、また地元出身力士を中心とした相撲に関する展示を行う「鰺ヶ沢相撲館-舞の海ふるさと桟敷-」も併設。
  • 階段国道
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜
    東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜にある国道。竜飛漁港と龍飛埼灯台を結ぶ長さ388.2m、362段の階段で、国道339号に指定されているにもかかわらず車両が通行できないという希少なスポットとして知られている。近隣には「津軽海峡冬景色歌謡碑」も。
  • 青函トンネル入口広場
    遊ぶ/趣味
    青森県東津軽郡今別町浜名地内
    東津軽郡今別町大字浜名にある広場。本州と北海道を結ぶ青函トンネルの入り口近くに整備されたもので、展望台の上から北海道新幹線がトンネルを出入りする様子を観賞できる。冬季は積雪により利用できない場合がある。
  • 森と川と海 ほたて広場
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    お買い物
    青森県東津軽郡平内町土屋鍵懸56
    東津軽郡平内町土屋鍵懸の土屋バイパスおよび奥州街道沿いにある直売所、展示施設。ホタテ貝を中心とした陸奥湾の鮮魚や海産物加工品、農産物を販売している。ホタテをその場で焼いて食べられる「アツアツほたて貝焼きコーナー」や、ホタテエキスを使ったソフトクリームの販売店、休憩コーナーなども併設。また、2階は陸奥湾のホタテ漁に関する展示スペースとなっている。

    値段についてはノーコメント。、ホタテ本来のおいしさを味わいたくて、焼ほたてが食べられるという日曜日を選んで出かけたんですが、それらしきモノはなくて、フレンチだかイタリアンだかよくわからない(美味しくないない)御膳をいただきました。HPの内容と相当かけ離れていて、片道4千円の高速代は何だったんだろうと…。二度と行くつもりもないのでどうでもいいんですが、期待外れ過ぎ。

  • 板柳町ふるさとセンター
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県北津軽郡板柳町福野田字本泉34-6
    北津軽郡板柳町福野田本泉にある、りんごをテーマとした複合施設。世界各国250種のりんごを栽培する見本園や、りんごに関する展示を行う資料館や加工場のほか、コテージなどの宿泊施設や、農産物直売所などの様々な施設を備える。シーズンにはりんごもぎ体験ができるほか、加工場の見学や、工芸や菓子作りなどの体験も可能。

    板柳町にあるセンターです.りんご資料館がメインで,観光案内の他,地元の農産物の販売などをやっています.町の詳しい情報が入手できます.

  • 史跡 亀ヶ岡石器時代遺跡
    旅行/観光
    青森県つがる市木造亀ヶ岡・木造館岡
    縄文時代晩期(紀元前1,000年-紀元前300年頃)の低湿地を伴う集落遺跡。出土した土器や土偶に代表される縄文時代晩期の優れた物質文化は「亀ヶ岡文化」と呼ばれ、その名称の由来となった遺跡だ。その眼部の表現が「遮光器土偶」の名称の起こりとなったことで知られる「左脚を欠いた大型土偶」は国の重要文化財にも指定されている。
  • つがる市縄文住居展示資料館カルコ
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県つがる市木造若緑59-1
    亀ヶ岡遺跡をはじめ、市内や県内各遺跡からの出土品が展示されている資料館。復元竪穴住居もあり、そこでは縄文時代の生活を再現し、縄文人にそっくりな人形が来館者に古代の言葉で語りかける。現在、東京国立博物館に展示されている「遮光器土偶」のレプリカも展示されている。

    遮光器土偶について学べます。 また、近くの木造駅では、ドでかい遮光器土偶が駅舎にはりついています。思った以上のスケールと造りの繊細さにびっくりしました。駅には駐車場もあるので、車を停めて鑑賞できます。駅舎の中にも土偶がデザインされていたり、スタンプが設置されていたりするので土偶ファンが必見です!

  • やきとり天国
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県むつ市横迎町1-1-2
    食材の鮮度にこだわり、常においしいお料理を提供してくれる店。やきとり21種のほか、一品料理も評判だ。新鮮な海の幸のメニューなども揃うなか、一番の人気メニューは牛のさがりステーキ。また月-木曜限定プランや宴会コースなどもあり、目的に合わせて楽しむことができる店だ。

    出張先で、地元の人にオススメされたお店。道路沿いなので、分かりやすいです。親方おまかせの盛り合わせ(サラダ付き)がお得でいい感じです。イチゲンさんでも、カウンター席で気軽に飲めました。

  • Cafe de Ketty(カフェ ド ケティ)
    グルメ/お酒
    青森県むつ市小川町2-19-46
    家族連れからカップルまで、欧風料理でゆったりできると評判のカフェ。落ち着ける内装でアロマ効果が高いとされるコーヒーの香りが漂う。一番人気は酸味の効いたトマトが鶏肉の旨みを引き出したさっぱり味の「若どりスパイシートマト」。
  • 南部せんべい 八戸屋
    お買い物
    青森県むつ市新町47-3
    創業大正12年(1923)の南部せんべい店。昔からの伝統を今も受け継ぎこの店独自の技術を持つ職人たちが、心を込めて丹念に焼き上げている。一週間前後の出来上がりで、オリジナルのプリントせんべいも注文できる。また予約制で手焼きせんべい作りも体験できるので、希望の場合は2日前までに予約しよう。
  • 湯野川温泉 濃々園
    宿泊/温泉
    青森県むつ市川内町湯野川68
    映画「飢餓海峡」のロケ地となった、湯の川温泉にある日帰り温泉場。泉質は単純泉で内臓疾患・神経痛などの効能があるとされる。川面を眺めながらの露天風呂・青森ヒバの香りあふれる内風呂があり、どちらも都会の喧騒を忘れゆったりと過ごせる風情がある。休憩所や自販機はあるが食事を摂れる施設はないので注意しよう。
  • むつ科学技術館
    遊ぶ/趣味
    青森県むつ市大字関根字北関根693
    原子力船「むつ」の原子炉室が展示されている科学技術館。原子炉室の公開は世界でここが初めてで、そのほか、タービンやプロペラ(屋外)の実物・原子力推進の仕組みなどがわかりやすく展示されている。インストラクターによる説明付き館内見学は一週間前までの予約で可能となっており、工作教室や理科実験観察なども実施されている。
  • 斗南藩士上陸の地
    旅行/観光
    青森県むつ市大湊新町
    会津から新しい藩庁が置かれた田名部を目指し、新潟港から日本海回りに海路をとって移住してきた藩士とその家族の一団。明治3年(1870)に大平浦(現 大湊新町)へ上陸したのは約1800名にものぼる。斗南藩上陸の地には、移住の経路を後世に伝えるため平成2年(1990)に建てられた記念碑がある。
  • 美味小屋 蛮
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県むつ市大湊新町16-2
    タワー型のご飯の上にハンバーグが乗せられている「アランドロンカレー」が有名なカフェ。ハンバーグの外側は衣がついていてサクサクとした食感で、ナイフを入れるととろけたチーズがお目見えし、カレーとの相性も抜群だ。アランドロンカレーのほか、和風アランドロン・ドリアやグラタンもお勧めしたい。

    アランドロンカレー食べました。 ライスの上に乗っているメンチカツのような塊を切るとチーズがとろ〜り出てきます。 メンチカツのようなものは揚げたてで熱々でとても美味しいです。 駐車場はお店の前と道路挟んで向かい側にあります。

  • ミルク工房 ボン・サーブ
    お買い物
    青森県むつ市田名部字内田42-606
    斗南丘 原牧場の直営店。生乳を75%以上使用し卵や生クリームを使っていないソフトクリームが有名な店で、ヨーグルトなどの乳製品も販売している。その日搾った新鮮な牛乳からできる自然の味のヨーグルトは、香料・酸味料・安定剤を使用していないロングセラー商品。そのほか、ソフトクリームをカップに詰め込んだアイスなどもある。
  • むつ市脇野沢野猿公苑
    旅行/観光
    青森県むつ市脇野沢七引201-111
    昭和45年(1970)に天然記念物に指定された北限のニホンザルが約50匹ほど飼育されている公苑。テニスコートや散策路の施設が整備されている山村広場には、家族用から15人用の広いものまで揃っているバリエーション豊かなバンガローもある。
  • 愛宕山海水浴場
    遊ぶ/趣味
    青森県むつ市脇野沢瀬野川目
    長さ251m・奥行50mと小規模だがファミリーに人気のある海水浴場。磯遊びやBBQもでき、ジャンボ滑り台もあるため1日楽しく過ごせる。無料駐車場・シャワー・更衣室・トイレがある。キャンプ・水上バイク・夜間の花火などは禁止なので気を付けよう。
  • 佐井村海峡ミュウジアム
    遊ぶ/趣味
    青森県下北郡佐井村佐井字大佐井112
    本州最北の博物館。同村の遺跡より出土した土器・石器等の遺物、江戸時代に北国廻船や中国(清朝)より山丹交易によりもたらされた交易品などが展示されている博物館。また、同村の名誉村民で赤十字の心に生きた医師三上剛太郎の展示もされている。入口には元禄9年(1696)から伝わる、同村の箭根森八幡宮例大祭で使われる山車の模型があり、佐井村の歴史と文化が学べる。
  • 福浦の歌舞伎
    遊ぶ/趣味
    青森県下北郡佐井村福浦川目70-1
    県無形民俗文化財に指定されている全国的にも珍しい漁村歌舞伎。漁師によって120年以上受け継がれてきたもので、春祭り(毎年4/10)に上演され、一般の方も入場可能(有料)。ツアーなども組まれている。また「歌舞伎の館」では、300人収容の観劇スペース・歌舞伎を鑑賞できる映像設備・これまで伝承されてきた貴重な道具等の展示コーナーもあり福浦の歌舞伎の魅力を味わえる。
  • 北通り総合文化センター 「ウイング」
    遊ぶ/趣味
    青森県下北郡大間町字内山48-164
    大間町・風間浦町・佐井町の、3つの町からなる北通りの人々を対象とした、文化・教育・健康及び原子力に関わる知識向上を目指す複合型文化施設。多目的ホール・室内温水プール・屋内運動場・視聴覚室・和室・展望室・図書室・展示コーナーがあり、使用日の1週間前までに利用申請書を提出し許可を取る。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す