網走・北見・知床の遊び/レジャースポット一覧

  • 博物館網走監獄
    rating-image
    4.5
    780件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字呼人1-1
    網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、平成22年(2010)に全面リニューアルされている。デジタル映像や立体音響などの最新技術を採用し、当時の受刑者の過酷な労働に焦点をあてた「赫い囚徒の森・体感シアター」は必見。他にも、解説員による「監獄ガイドツアー」や、受刑者が実際に食べている食事が頂ける「体験監獄食」などもある。移築した建造物2件8棟が重要文化財に指定されている貴重な建物である。

    子供の頃から一度は行きたかった網走監獄。 ゴールデンカムイにも刺激されて初めて行きました。 ゆっくり見ても2時間と予想してましたが、興味津々な私には、それでは足りなかった。各種展示や上映ものをちゃんと見るなら半日は必要。 コロナのため、監獄食堂は場所を変えて営業してました。 今の北海道があるのは、昔の囚人や看守の人達あってのものなのだと、感謝感激です。

  • オホーツク流氷館
    rating-image
    4.0
    385件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市天都山244-3
    網走市・天都山に位置する、流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設。見どころは、北海道最大級のプロジェクションマッピングをはじめ、オホーツク海に生息するクリオネなどの不思議な生き物の展示など。その他、300インチのスクリーンを正面に左右上下に展開する5面シアターは迫力満点。流氷体感テラスでは、濡れたタオルを凍らせる「しばれ実験」が大人気。最上階の展望テラスからは360度の大パノラマが望め、その絶景は1938年に国の名勝にも指定されている。

    家族旅行で道東巡りをしました。初日はウトロ温泉に宿を取り、翌日は網走まで足を延ばしました。オホーツク海を見晴らす高台に、流氷館がありました。館内は零下十五度に保たれて、流氷を採取して展示している部屋があります。

  • 北の大地の水族館
    rating-image
    4.0
    180件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道北見市留辺蘂町松山1-4
    日本初の滝つぼ水槽がある北の大地の水族館は、北の大地に息づく川辺の生き物達を堪能できる。幻の淡水魚イトウは約1m級に育ったものが飼育されている。温根水で育つ世界の淡水魚も是非ご覧あれ。JR留辺蘂駅から道の駅おんねゆ行きバス約20分。終点下車徒歩2分。旭川空港から車で約2時間20分。

    道の駅おんねゆ温泉に併設している、小さな水族館です。小ぶりですが創意工夫がありおもしろいです。滝つぼを下から見るとか、滝登りに挑戦するイワナとか大きなイトウが悠々と泳ぐ姿とか普段見れない光景です。

  • ひがしもこと芝桜公園
    rating-image
    4.5
    128件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走郡大空町東藻琴末広393
    北海道網走郡大空町にある公園。芝桜が一面ピンク色に染まる毎年5月から6月にかけて「芝桜まつり」が開催され、多くの花見客が訪れる。また公園内には、温泉施設「芝桜の湯」や、独特な形状が特徴のバンガローを備えたオートキャンプ場もあり、夏季にはアウトドアを楽しむことができる。

    車のドアを開けると満開の芝桜の花の香りで一杯です。とても甘い匂いがあたり一帯を漂わせています。 今年はコロナの影響で入園は出来ませんでしたが、入り口前から見ても辺り一面の満開の芝桜、山の斜面も全てです。 長い冬から目覚める北海道は道東の風物詩、いつまでも続けてもらいたい一つです。

  • 北海道立北方民族博物館
    rating-image
    4.5
    132件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字潮見309-1 天都山・道立オホーツク公園内
    日本では唯一の、世界でも数の少ない北方地域を専門とする民族学博物館。北海道を含めた北方諸地域の人々やその歴史、文化の特徴を調査研究した成果を展示している。講座、講習会も豊富で、ショップは北方に関する書籍も充実。JR網走駅から車で約10~15分。バスなら観光施設めぐり線に乗車。

    第35回特別展「北で生きるよすがー北方民族の世界観」を見に行きました。観覧料は常設展・特別展セットで800円。JAF会員割引は常設展のみ。コロナ対策で検温や氏名・電話番号を記帳させられます。写真撮影可と太っ腹。北太平洋民族の風俗が良く分かります。北方民族には北の番外地ではなく、南のターミナル的存在の網走。トイレの温水洗浄便座も勢い良く水圧が溢れ心地よいです。

  • 北きつね牧場
    rating-image
    3.5
    81件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道北見市留辺蘂町花丘52-1
    北海道北見市留辺蘂町にある、キツネとタヌキの動物園。放し飼いにされたキタキツネとエゾタヌキを、近くで見ることができる。春先には毎年、子ギツネが産まれるため、成長を見届ける観光客で一年中賑わっている。お土産も充実しており、オリジナルのぬいぐるみやキーホルダーが人気。

    札幌在住です。小さな頃からきつねにはエキノコックスが付いてるから近づいてはいけないと教えられてきました。だからなんとなく、遠い存在だと思っていましたが、ここの北きつね牧場さんに来て感動!こんなに近くできつねを見られる日が来るなんて!クリクリとしたかわいい目でこちらに来てくれる子もいて、もふもふ好きには天国でした^_^二日通っちゃいました! そのくらいかわいいですよ!きつねちゃん! このためだけに...

  • 北海道立オホーツク流氷科学センター GIZA(ギザ)
    rating-image
    4.0
    87件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道紋別市元紋別11
    「道の駅 オホーツク紋別」内にある流氷をテーマにした体験施設。流氷発生の仕組みに関する資料展示のほか、オホーツクの自然の様子を大型全天周スクリーンに投影する展示や、マイナス20度の世界を体験できる厳寒体験室などを備える。

    お土産品が買えるのかなと道の駅オホーツク紋別へ行ってみるとトイレと自動販売機があるだけだったので、敷地内にあるオホーツク流氷科学センターへ行ってみました。あまり期待してはいなかったのですが、さすがに道立だけあって、流氷だけでなく、南極越冬隊などもあって展示が充実していました。残念ながら、紋別からは流氷が去り、厳寒体験は点検中で体験できませんでしたが、1000匹以上のクリオネやドームシアターなど十分...

  • 網走市立郷土博物館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市桂町1-1-3
    北海道網走市にある博物館。米村喜男衛名誉館長に提供された約3000点に上る考古、民族資料を基礎に、網走をはじめとしたオホーツクの豊かな自然と古代から現代に至る歴史の流れを中心に展示紹介をしている。常設展ではヒグマやエゾシカ、アザラシなどの陸海の動物、色彩豊かな鳥類など多種多様な生物を展示している。ほかにも江戸から現代へ続く網走の開拓の歴史を当時の生活用具や漁業、林業の資料を通して学ぶことができる。また建物は田上義也氏の設計で、建築資料としても貴重な建造物となっている。

    郷土資料館ということで値段がとても安い割りに、昔の人々の生活を感じたり楽しめました。動物の剥製が大量にあります。個人的には、建物自体がユニークでステンドグラスがステキな、当時のモダンな雰囲気が感じられて好きでした。

  • 北海道立オホーツク流氷公園
    rating-image
    4.5
    37件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道紋別市元紋別101
    北海道紋別市にある、設計から行なわれるイベントに至るまで住民と密接に繋がっている地域密着型の道立公園。広大な土地に約1万7000本を植えたオホーツクラベンダー畑にはサロンとカフェが併設されており、ゆっくり景色を楽しむことができる。竪穴式コンビネーション遊具や大波滑り台のある海と大地の遊び場や、知床連山の見える屋外展望台など、自然に触れられるエリアが多い。季節に合わせた体験会や講習会などのイベントも盛りだくさん。

    2020年、7月12日にラベンダーを見に伺いましたが見頃を迎え始めた感じ。 ラベンダー畑向かいのショップの方が今年は咲くのが遅かったとおっしゃってました。 雨が降っていたので訪れる人もまばらでした。 広い公園内には遊具や施設が多く子どもが楽しめる公園です。

  • よこやま果樹園
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字中園358-6
    北海道網走にある果樹農園。6月下旬-10月下旬までいちご、さくらんぼ、ハスカップ、ブルーベリー、プラム、プルーン、りんご、梨など季節ごとの様々な果物狩りが楽しめる。なかでも豊富な品種が揃うさくらんぼ、いちご、北海道特産のハスカップが食べられる7月頃は、多くの来園者で賑わう。入園料で園内のフルーツは食べ放題。入園料や持ち帰り料金はフルーツによって違い、天候などで収穫時期が変更になるので行く前に是非確認を。

    網走で予想外のイチゴ狩りを楽しみました。果樹園に寄るとイチゴが食べ放題との事で早速お願いしました。関東などに比べるとリーズナブルで友人たちと思う存分楽しみました。

  • 北のアルプ美術館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道斜里郡斜里町朝日町11-2
    知床斜里駅から車で5分、西洋風の外観が特徴の私設美術館。昭和33年(1959)から25年に渡って発刊されていた山の文芸雑誌「アルプ」の誌面を展示紹介している。創刊から一貫して「自然賛歌」の世界を志してきた「アルプ」は、自然を愛する多くの人々のつながりを作ってきた精神性の高い雑誌。現代の病んだ心を癒す緑として「アルプ」の精神を繋ぎたいという思いから平成4年(1992)に設立された。2階建ての館内には全国の読者に影響を与えてきた寄稿作品や原稿、原画など約5万点を収蔵している。

    わかりにくい場所ですがしゃれた建物です。冬季間は休館中なので折角出向いても入れませんのであしからず。

  • オホーツクとっかりセンター(アザラシランド)
    遊ぶ/趣味
    北海道紋別市海洋公園2
    紋別市海洋公園にある海獣保護施設。ゴマフアザラシとワモンアザラシの2種類、20頭以上のアザラシを飼育している。屋外に4つ、屋内に10のアザラシ池を備え、泳いでいる姿を大きな窓から観察できる水中行動観察室や、アザラシへの給餌や生態の解説などを行うあざらし広場でアザラシたちとふれあえる。
  • 知床ネイチャーオフィス
    遊ぶ/趣味
    北海道斜里郡斜里町ウトロ東365
    多くの自然が手つかずで残る、世界遺産・知床。その知床を熟知し、知床五湖一周ツアーやスターウォッチングなどに案内してくれるのが、ネイチャーガイドである。季節ごとに様々な自然体験コースが用意されており、知床の魅力に触れることができる。
  • 網走市立郷土博物館分館 モヨロ貝塚館
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市北1条東2
    女満別空港から女満別空港線バスに乗ってモヨロ入口で下車、徒歩5分のところにある網走市立郷土博物館分館。オホーツク海にそそぐ網走川の河口に位置する遺跡・モヨロ貝塚とオホーツク文化を見て知る事ができる。常設展示ではモヨロの人々の暮らしに焦点を当てた映像やジオラマが見られる他、遺跡内を回る園路も公開されている。併設する墓域展示室では、発掘された墓地の様子を間近に見学することができる。季節限定の展示や土器作りを体験できるイベントなど、その時期だけの要素も。
  • SHINRA(シンラ)
    遊ぶ/趣味
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西187-8
    知床を訪れる観光客のためのガイドを行っているシンラ。季節ごとに様々な体験ツアーがあり、より深く知床の魅力に触れることができる。
  • 朝日ヶ丘公園
    遊ぶ/趣味
    北海道網走郡大空町女満別朝日44-2
    北海道網走郡大空町にある公園。高台に位置しているため、網走湖や斜里岳、知床連山といった景色が眺望できる。園内には、パノラマを一望できる展望台のほかに、厩舎や全36ホールあるパークゴルフ場がある。また夏から秋にかけて、一面を埋めつくすヒマワリの風景が人気。画家ゴッホの「カラスのいる麦畑」の景色に似ていることから、「ゴッホの丘」ともいわれている。
  • レイクサイドパーク・のとろ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市能取港町5-1
    網走市能取湖のほとりにあり、森に囲まれた豊かな自然が広がる。網走市内から車で約15分と市街地にもほど近い。キャンプ場内にはテントサイトのほか、コテージや常設のテントサイト「パオ」を設置。テントや寝袋のレンタルも行っている。またキャンプ場内には全36ホールからなるパークゴルフ場や芝生の広がるイベント広場、アスレチック遊具のある遊戯広場と子供達が気軽に遊べる場所が多いのも特徴。4月中旬から7月中旬にかけては能取湖にてアサリの潮干狩りも楽しめる。
  • 知床国立公園
    遊ぶ/趣味
    北海道斜里郡斜里町、目梨郡羅臼町
    北海道・知床半島にある、手付かずの自然が残る国立公園で、ユネスコ世界遺産(自然遺産)にも登録されている。原生林の中に点在する知床五湖や、知床半島を望む羅臼岳山頂からの美しい景観は一見の価値あり。エリア内には数箇所のビジターセンターやフィールドハウス、資料館があり、遺産地域内でのルールやマナーの説明並びに知床国立公園の見所等に関する情報の提供を行っている。羅臼ビジターセンターでは長靴・クマ対策スプレー等の貸し出し(有料)がある。
  • 美幌博物館
    遊ぶ/趣味
    北海道網走郡美幌町字美禽253-4
    「美幌みどりの村」内にある博物館。常設展示では「川とともに」、「農業と身近な自然」、「アートにふれる」の3つの展示室がある。美幌周辺の自然や農業、アイヌ民族の文化、開拓などの歴史に関する資料展示や、地元にゆかりのある美術作品が鑑賞可能だ。特別展や企画展のほか、自然や歴史、文化に関する博物館講座などのイベントも開催。
  • 藻琴山展望駐車公園
    遊ぶ/趣味
    北海道川上郡弟子屈町字川湯
    藻琴山の途中にある公園で駐車スペースや東屋があり、屈斜路湖や和琴半島、硫黄山などを眺望できる絶好のビュースポットだ。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す