網走・北見・知床のスポット一覧

  • 博物館網走監獄
    rating-image
    4.5
    780件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字呼人1-1
    網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、平成22年(2010)に全面リニューアルされている。デジタル映像や立体音響などの最新技術を採用し、当時の受刑者の過酷な労働に焦点をあてた「赫い囚徒の森・体感シアター」は必見。他にも、解説員による「監獄ガイドツアー」や、受刑者が実際に食べている食事が頂ける「体験監獄食」などもある。移築した建造物2件8棟が重要文化財に指定されている貴重な建物である。

    子供の頃から一度は行きたかった網走監獄。 ゴールデンカムイにも刺激されて初めて行きました。 ゆっくり見ても2時間と予想してましたが、興味津々な私には、それでは足りなかった。各種展示や上映ものをちゃんと見るなら半日は必要。 コロナのため、監獄食堂は場所を変えて営業してました。 今の北海道があるのは、昔の囚人や看守の人達あってのものなのだと、感謝感激です。

  • オホーツク流氷館
    rating-image
    4.0
    385件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市天都山244-3
    網走市・天都山に位置する、流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設。見どころは、北海道最大級のプロジェクションマッピングをはじめ、オホーツク海に生息するクリオネなどの不思議な生き物の展示など。その他、300インチのスクリーンを正面に左右上下に展開する5面シアターは迫力満点。流氷体感テラスでは、濡れたタオルを凍らせる「しばれ実験」が大人気。最上階の展望テラスからは360度の大パノラマが望め、その絶景は1938年に国の名勝にも指定されている。

    家族旅行で道東巡りをしました。初日はウトロ温泉に宿を取り、翌日は網走まで足を延ばしました。オホーツク海を見晴らす高台に、流氷館がありました。館内は零下十五度に保たれて、流氷を採取して展示している部屋があります。

  • 知床五湖
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町字岩宇別549
    北海道斜里町にある原生林に囲まれた5つの湖。世界自然遺産に登録された知床連山や原生林が水面に映る幻想的な風景は、訪れる人の心を掴んで離さない。高架木道と地上遊歩道の二つが整備されており、どちらからも壮大な自然を楽しむことができるが、一方でヒグマが目撃されることもあるので注意。ヒグマ活動期の地上遊歩道は「知床五湖登録引率者」によるガイドツアー参加が義務付けられている。
  • 神の子池
    旅行/観光
    北海道斜里郡清里町字清泉
    摩周湖の地下水によってできたと伝えられる、周囲220m、水深5mの小さな池である。摩周湖はアイヌ語では「キンタン・カムイ・トー(山の神の湖)」と呼ばれ、その伏流水からできたとされるため「神の子」池と呼ばれるようになった。この小さな池から湧き出す水の量は一日12,000トン。水温は年間を通して8度程度に保たれており、神秘的な青さは透明度が高く、底まで見ることができる美しい池である。
  • 道の駅 流氷街道網走
    rating-image
    3.5
    263件の口コミ
    交通
    北海道網走市南3条東4
    道道網走港線沿いにある道の駅 流氷街道網走は、網走川河口に位置するオホーツク海と知床を望む観光拠点。観光の情報発信、地元の農水産加工品販売などを行っている。毎年1月後半から3月末頃に運行する流氷観光砕氷船「おーろら」は、「道の駅」前の網走川から運行している。運航期間はお出かけの際に確認を。

    網走湖畔にあるホテルに宿泊した翌朝、網走の市街地にあるこちらの道の駅に立ち寄りました。「流氷街道網走」という名前の道の駅です。 道の駅の裏手は網走港の岸壁になっていて、そこに、流氷観光船や知床の観光船として活躍している「おーろら号」が停泊していました。 こちらの道の駅では、網走名物にもなっている真っ青な色が特徴的な「網走ビール」を見つけたので、購入しました。

  • 北の大地の水族館
    rating-image
    4.0
    180件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道北見市留辺蘂町松山1-4
    日本初の滝つぼ水槽がある北の大地の水族館は、北の大地に息づく川辺の生き物達を堪能できる。幻の淡水魚イトウは約1m級に育ったものが飼育されている。温根水で育つ世界の淡水魚も是非ご覧あれ。JR留辺蘂駅から道の駅おんねゆ行きバス約20分。終点下車徒歩2分。旭川空港から車で約2時間20分。

    道の駅おんねゆ温泉に併設している、小さな水族館です。小ぶりですが創意工夫がありおもしろいです。滝つぼを下から見るとか、滝登りに挑戦するイワナとか大きなイトウが悠々と泳ぐ姿とか普段見れない光景です。

  • 網走流氷観光砕氷船おーろら・おーろら2
    rating-image
    4.5
    246件の口コミ
    旅行/観光
    北海道網走市南3条東4-5-1 道の駅流氷街道網走内
    オホーツクの流氷を砕いて進む期間限定就航の大型観光船。展望デッキからは氷を砕く音と衝撃を楽しめるほか、運がよければアザラシなどの野生動物の姿を捉えることもできる。暖房の効いた1階・2階客室からもゆったりと観賞可能。流氷の状況によって就航スケジュールが決まるため、事前に公式ホームページを確認するのがおすすめ。女満別空港・JR網走駅ともに、バスターミナルから直行バスが運行している。

    網走港から出る流氷観光船おーろら号。網走の市街地にある道の駅流氷街道網走に立ち寄った時に、道の駅の裏手の岸壁に停泊していました。 ここは、流氷観光船の発着場所なんですね。私たちが訪れた4月は流氷観光も終わっています。おーろら号は、この後、知床観光船として活躍するはずなので、メンテナンスか何かで停泊していたのかもしれません。

  • ぐるっとパノラマ美幌峠
    rating-image
    4.0
    113件の口コミ
    交通
    北海道網走郡美幌町古梅
    北海道網走郡美幌町にある道の駅。美幌峠にあり、標高約525mから雄大な景色を眺めることができる休憩スポットになっている。オホーツクのズワイガニが入った「かにラーメン」を味わえる食堂や、熊笹製品、峠名物の「あげいも」をはじめとした様々なお土産を取り扱う売店、展望室、観光情報スペース等、充実した設備を持つ。

    なんと言っても晴れの日の景色が最高。前に大雪山、後ろに屈斜路湖、ぐるっとパノラマです。早朝には雲海が発生するそうです。

  • オシンコシンの滝
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西
    知床八景の一つであり、日本の滝百選にも選定された「オシンコシンの滝」。幅30m、落差80mを一気に流れ落ちる迫力ある名瀑で、途中から流れが2つに分かれることから「双美の滝」とも称されている。滝の上の展望台からは知床連山やオホーツク海を遠望でき、流氷の季節には白い海原を見渡せる景勝地だ。
  • 天に続く道
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町峰浜
    北海道斜里郡斜里町にある国道334号・244号の景色が綺麗な直線道路。約18kmの道の先が、天に続いているように見えるということで「天に続く道」と愛称が付けられた。晴天の日や、夕暮れ時に見ることが出来る斜里平野を通る一本道は、知床ドライブの絶景スポットとして多くの人が訪れる。
  • ひがしもこと芝桜公園
    rating-image
    4.5
    128件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走郡大空町東藻琴末広393
    北海道網走郡大空町にある公園。芝桜が一面ピンク色に染まる毎年5月から6月にかけて「芝桜まつり」が開催され、多くの花見客が訪れる。また公園内には、温泉施設「芝桜の湯」や、独特な形状が特徴のバンガローを備えたオートキャンプ場もあり、夏季にはアウトドアを楽しむことができる。

    車のドアを開けると満開の芝桜の花の香りで一杯です。とても甘い匂いがあたり一帯を漂わせています。 今年はコロナの影響で入園は出来ませんでしたが、入り口前から見ても辺り一面の満開の芝桜、山の斜面も全てです。 長い冬から目覚める北海道は道東の風物詩、いつまでも続けてもらいたい一つです。

  • 知床観光船 おーろら
    rating-image
    4.0
    132件の口コミ
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ東107
    4月下旬から10月下旬まで毎日運航している知床観光船。船から眺められる原始境はまさに絶景。大型船ならではの安定感で揺れも少ない。一階の自由席、二階の指定席のどちらもゆったりと景観を楽しめるが、ベストショットを狙うなら展望デッキがお勧めだ。JR知床斜里駅からバスで約50分。女満別空港から車で約2時間。

    オーロラ号は冬季には網走の流氷を観光するため運行しているが、夏季は知床半島を周回するため運行されている。 1日4便運行も、この時期は予約が少なく午前中の1便を除き運休で、最少乗船客は15人とのことだった。 本来は出航20分前に乗船券を購入できるが、運休だったのでお詫びとして次回利用時に10%割引となるクーポン(大人:3,300円→2,970円)と引き換えてもらった。

  • 北海道立北方民族博物館
    rating-image
    4.5
    132件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字潮見309-1 天都山・道立オホーツク公園内
    日本では唯一の、世界でも数の少ない北方地域を専門とする民族学博物館。北海道を含めた北方諸地域の人々やその歴史、文化の特徴を調査研究した成果を展示している。講座、講習会も豊富で、ショップは北方に関する書籍も充実。JR網走駅から車で約10~15分。バスなら観光施設めぐり線に乗車。

    第35回特別展「北で生きるよすがー北方民族の世界観」を見に行きました。観覧料は常設展・特別展セットで800円。JAF会員割引は常設展のみ。コロナ対策で検温や氏名・電話番号を記帳させられます。写真撮影可と太っ腹。北太平洋民族の風俗が良く分かります。北方民族には北の番外地ではなく、南のターミナル的存在の網走。トイレの温水洗浄便座も勢い良く水圧が溢れ心地よいです。

  • 道の駅 メルヘンの丘めまんべつ
    rating-image
    3.5
    82件の口コミ
    交通
    北海道網走郡大空町女満別昭和96-1
    網走郡大空町にある道の駅。駅内からは網走湖が望めるほか、地平線が身近に感じられる丘陵地など、フォトスポットとしても人気が高い。地元の農畜産物の加工品を取り扱うアンテナショップ「ほのか」や、特産品のしじみをふんだんに使ったご飯が味わえる食堂など、お土産選びや休憩スポットとして賑わっている。

    道東旅行で女満別空港に降り立ち、レンタカーを借りて網走へ向かうと最初ある道の駅。 網走に向かって右側に建つ、ちょっと痛いデザインの道の駅。 地元で採れた野菜などがお手頃価格で販売されています。 メルヘンチックな建物が時代に合わなくなるのでは?と、ちょっと心配になります

  • 流氷観光船 ガリンコ号2
    rating-image
    4.0
    121件の口コミ
    旅行/観光
    北海道紋別市海洋公園1
    昭和62年(1987)に始まった世界初の流氷砕氷観光船ガリンコ号は、平成9年(1997)より全長35m、旅客店員195名を乗せられる「2」へ代替わりした。夏季には遊漁船としても活躍しており年間を通しダイナミックな姿を見せてくれる。流氷を砕きながら進むさまは日本最北の海ならでは。オホーツク紋別空港から連絡バスで約12分。JR旭川駅から都市間バスで約3時間。年間を通しイベントも盛り沢山だ。

    2021年2月現在ガリンコ号Ⅲはデビュー済です。が、私のときは機材繰りのためガリンコ号Ⅱで運行でした(500円引き)。さらに流氷がなかったのでさらに500円引きでした。 機材種別はともかくとして、やはり船に乗るなら流氷があるときに乗ったほうがいいです。船旅は快晴で良かったですが、やっぱり流氷がないと。。 初号機はチケット売り場の建物から5分ぐらい歩いた場所にあります。

  • 芝ざくら滝上公園
    rating-image
    4.5
    87件の口コミ
    旅行/観光
    北海道紋別郡滝上町元町
    毎年5月上旬から6月上旬にかけ、芝桜があたり一面に咲き誇る公園である。広さは約10万平方メートル。まるで鮮やかなピンクのじゅうたんを敷き詰めたようなその景観は、見る者を夢心地にする美しさだ。芝桜が咲く時期に合わせ「芝ざくら祭り」も開催され、ヘリコプターによる遊覧飛行も行われる。

    ひがしもこと芝桜公園と共にツートップと言われる、北海道の芝桜の名所です。 毎年、5月上旬からの約1ヵ月間、10万㎡の丘陵地がピンクのカーペットで覆われます。 当初は桜の名所だった所ですが、1954(昭和29)年の台風により壊滅したため、当時の町長さんの発案で、害虫や寒さに強い芝桜の植栽を始めて今に至るとのこと。 今回の道東行きでは、他方の東藻琴がコロナ禍のため早くに閉園を決めていたので、今年はこち...

  • 氷海展望塔オホーツクタワー
    rating-image
    4.0
    97件の口コミ
    旅行/観光
    北海道紋別市海洋公園1
    北海道紋別市にある展望台。紋別の海岸線から沖に約1000m、水深10mに建築された洋上部4階、水中部1階の海中展望塔になっている。オホーツク海の観光名所となっていると同時に、観測・研究支援施設としても利用されている。また冬場には、雪化粧を施した知床連山や、流氷を目にすることもできる。

    ミニ水族館、4Dのミニ映画館、流氷に触れて写真をとれる、展望台。お客さんに楽しんでもらおうという努力と工夫を感じます。 あの規模の施設なので期待していなかった、4Dミニ映画。おすすめします。皆さん侮っていてあまり行きませんが(私もでした)、面白いと思います。 ミニ水族館はテーマパークの実験室のようです。クリオネもいます。

  • 夕陽台展望台
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ香川
    その名の通り、知床国設野営場の一角にある夕陽の名所。オホーツク海に沈む夕陽が海面を橙色に染まる景色が素晴らしく、知床八景の一つに数えられている。4月下旬~12月上旬の無雪期のみ楽しめる場所なので天候などを確認してから訪ねたい。

    夕陽台はキャンプ場の中にあります。キャンプ利用をしない方も駐車場があるので心配ありません。夕陽を見れる場所は色々ありますが港の船と岩がアクセントになりとても綺麗です。見れる場所は狭いので良いポジションを確保するには少し早めに行くとよいでしょう。

  • 美幌峠
    旅行/観光
    北海道網走郡美幌町古梅
    国道243号線にあり、弟子屈町と美幌町との境界ともなっている峠である。標高は525m。屈斜路湖と湖に浮かぶ中島を眼下に見下ろせ、摩周岳や斜里岳といった山々も一望できる。昭和28年の名画「君の名は」のロケ地ともなった景勝地である。
  • 北きつね牧場
    rating-image
    3.5
    81件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道北見市留辺蘂町花丘52-1
    北海道北見市留辺蘂町にある、キツネとタヌキの動物園。放し飼いにされたキタキツネとエゾタヌキを、近くで見ることができる。春先には毎年、子ギツネが産まれるため、成長を見届ける観光客で一年中賑わっている。お土産も充実しており、オリジナルのぬいぐるみやキーホルダーが人気。

    札幌在住です。小さな頃からきつねにはエキノコックスが付いてるから近づいてはいけないと教えられてきました。だからなんとなく、遠い存在だと思っていましたが、ここの北きつね牧場さんに来て感動!こんなに近くできつねを見られる日が来るなんて!クリクリとしたかわいい目でこちらに来てくれる子もいて、もふもふ好きには天国でした^_^二日通っちゃいました! そのくらいかわいいですよ!きつねちゃん! このためだけに...

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す