稚内・留萌のスポット一覧

  • 稚内港北防波堤ドーム
    rating-image
    3.5
    349件の口コミ
    旅行/観光
    北海道稚内市開運1
    稚内港にある半アーチ形ドームの防波堤である。昭和6年(1931)から5年の時をかけて建設された。全長427m、円柱70本の古代ローマ建築を彷彿させる回廊は、防波堤としては独特の景観と構造であり、北海道遺産に選定されている。

    最初に訪れた時はドーム内を眺めながら海へ向かって歩くだけでしたが次回からは好きな音楽を聴きながら何回もウォーキングしています。地元の方も何人か同じように何往復もしながら歩いていらしてすれ違う度にお互い会釈するようになりました。安全なので手前の堤防から時間をかけて歩くのがお薦めです。

  • 宗谷岬
    旅行/観光
    北海道稚内市宗谷岬
    北海道稚内市、北海道本島の最北端の位置し、北緯45度31分22秒「日本最北端の地」を標す北極星の一稜をモチーフにした地碑がある。間宮海峡を発見した間宮林蔵の立像もあり、訪れる人が後を絶たない。正面43キロ先には、サハリンの島影を望むことができ、最北端であることを実感できるだろう。
  • ノシャップ岬
    旅行/観光
    北海道稚内市ノシャップ2
    アイヌ語で「岬が顎のように突き出たところ」、「波の砕ける場所」といった意味を表すノシャップ岬。利尻山や礼文島、遠くサハリンを遠望でき、水平線に沈む夕日が美しい。幻の魚・イトウをはじめとした北方の魚を見られるノシャップ寒流水族館もある
  • 利尻島
    旅行/観光
    北海道利尻郡利尻
    稚内港から玄関口の鴛泊港までフェリーで1時間40分、北海道北西部の日本海に浮かぶほぼ円形の島。中央にそびえる利尻山を始めとした雄大な自然美に溢れている。「利尻富士」とも呼ばれる利尻山は高山植物の宝庫で、山頂付近の花畑と360度の絶景が楽しめる。天気が良ければ、麓の原生林に囲まれた「姫沼」からコバルトブルーの沼に映る「逆さ富士」が見られる。変化に富んだ奇岩奇石が続く「仙法志御崎公園」では野生のアザラシが見られることも。
  • 稚内副港市場
    rating-image
    3.5
    115件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道稚内市港1-6-28
    稚内空港から車で20分。稚内第一副港に平成19年(2007)にオープンした日本最北端の複合商業施設。土産処やお食事処などが揃い、屋外にある屋台村の「波止場横丁」では鉄板焼きやアットホームな立呑み居酒屋を併設している。2階にある「稚内市樺太記念館」では、稚内・宗谷の歴史資料を展示しており、明治以降の樺太とそこに生きた人々の姿を偲ぶことが可能だ。

    売り場は水産物、農産物、各種土産までいろいろ買える。コロナウイルスのせいで営業時間は短いが、食堂は復活していた。スナックコーナーも、時間は短いが営業していた。安いお徳用な水産物もあるが、ちょっとお値段高めのものもあった。

  • 稚内市北方記念館・開基百年記念塔
    rating-image
    4.0
    90件の口コミ
    旅行/観光
    北海道稚内市ヤムワッカナイ 稚内市北方記念館・開基百年記念塔
    稚内公園にあり、稚内市の開基100年と市制施行30年を記念して昭和53年(1978)に建てられた地上80m、海抜250mの施設。1階と2階部分には「北方記念館」があり、稚内の歴史を物語る貴重な資料や、アイヌ民族に関する資料、間宮林蔵を中心とした展示を行っている。高さ70mの展望台からは360度の大パノラマが広がり、天気がよければ利尻・礼文両島のほか、条件の良い日には樺太まで見渡すこともできる。10月末-4月中旬ごろの間は閉館となるので注意。

    稚内市内から見えるタワー。冬期は施設自体も閉鎖、そもそも塔がある稚内公園が、道路のゲートが閉められて入れない(徒歩ならゲートをくぐることができるが、車は無理)。実際のところ、徒歩で市内から塔の下まで登ったらば、そこそこ体力と時間を使った(実際にランニングでトレーニングしている人も何人か見かけた)。やはり冬期以外に、ゆっくり車で行くべき場所。なお、サハリンを見たいだけなら、料金を払って塔に登らなくて...

  • 澄海岬
    旅行/観光
    北海道礼文郡礼文町船泊字西上泊
    礼文島の西海岸、コバルトブルーの大海原を望めるのが澄海岬(すかいみさき)である。断崖に囲まれた小さな入江で海水の透明度が高く、海底がくっきり見えるほどだ。その名の通り「澄んだ海」が眼下に広がる、絶好のビュースポットである。
  • スコトン岬
    旅行/観光
    北海道礼文郡礼文町船泊字スコトン
    礼文島の最北端にある岬であり、海に突き出た断崖がそのまま岬となっている。大海原は青く澄み渡り、岬の先には無人島「トド島」があり、その名の通りトドが訪れる島を望むことができる。気象条件が揃えば、遠くロシアのサハリンも望める景勝地だ。
  • 重要文化財 旧花田家番屋
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富35-2
    小平町にあるニシン御殿。昭和38年(1905)頃に建築された日本最北端の国指定重要文化財。道内に現存する番屋の中では最大規模で、当時は200人以上の雇入れ人数を誇る大鰊漁家だった。建物に使われている木は、地元「大椴」の山からすべて切りだして使われている。一般公開されており、当時の貴重な道具類を見ることができる。また、「道の駅」を併設し、毎年5月下旬に開催される鰊番屋まつりでは各種ゲームやイベントが催され、多くの来場者で賑わう。

    かっての鰊漁の全盛期には200名以上が生活していたという番屋、非常に大きな建物で内部では生活様式の一端が窺える。 使われている柱は非常に太く立派で当時の鰊漁がとてつもなく繁栄していたことを感じさせられた。 隣接して道の駅もあるので立ち寄りは少し時間の余裕をもって見学するのがいいかなと思います。

  • 宗谷丘陵
    旅行/観光
    北海道稚内市宗谷岬
    宗谷岬の裏手に位置する、なだらかな丘陵地帯である。氷河時代に形成された、地中の水分が凍結と融解を繰り返すことで形成される「周氷河地形」を肉眼で観察できるため観光ルートとしても人気で、北海道遺産に指定されている。ホタテの貝殻を敷き詰めた「最北の白い道」も見どころの一つだ。
  • 赤岩展望台
    rating-image
    4.5
    17件の口コミ
    旅行/観光
    北海道苫前郡羽幌町天売
    海中から突き上げるようにそそり立つ赤岩を望む展望台。展望台付近はウトウやウミネコの繁殖地で、5月から7月にかけてはウトウの群を間近で見られるチャンスがある。

    天売島にある展望台の一つが赤岩展望台です。断崖絶壁の上にある展望台で海を見下ろす漢字で眺める事ができます。時期が良ければ海鳥の姿を見ることもできるそうです。

  • はまとんべつ温泉ウイング
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    宿泊/温泉
    北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔40
    クッチャロ湖のウォーターフロントとして人気の日帰り入浴施設。国内トップレベルの泉質を誇る天然温泉が自慢で、炭酸水素イオンが2,850mg/kも含有された「美人の湯」は滑らかな肌触り。温泉の他にバードウォッチングやサイクリングなども楽しめる。

    温泉に入ってさっぱりした後の 中華料理とビールの組み合わせはさいこうです。家が近ければ毎日行くのになー。

  • 礼文島温泉うすゆきの湯
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    宿泊/温泉
    北海道礼文郡礼文町香深村ベッシュ961-1
    礼文島の香深港そばにある源泉掛け流しの日帰り温泉施設。神経痛や関節痛、疲労回復、慢性皮膚病などに効果があるとされており、利尻富士を望む露天風呂と内湯、ジャグジー、サウナ、家族風呂を備える。源泉かけ流しの透き通ったお湯は、肌にもやさしく入浴後に長くあたたかさが持続すると評判だ。

    宿の温泉が加温循環だし、団体客で混雑しそうだったので、すぐ近くてある加温掛け流しのここに入ってみました。 ネットでみたとおり、礼文島は温泉イマイチですね。都市部の温泉施設と大差ないなかぁ。利用料600円レンタルタオル200円と温泉が少ない観光地としてはリーズナブルだし、私のようにどうしても温泉に入りたいなら利用価値あると思います。

  • 蛇の目
    rating-image
    4.0
    54件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道留萌市錦町3-1-13
    昭和51年(1976)創業の寿司店。北海道の旬のネタを味わえる人気店で、中でもおすすめは「蛇の目スペシャル」。21貫のお寿司が並ぶ姿は圧巻で、ホタテやウニ、ホッキ貝やイクラなどを心ゆくまで味わえる。

    以前ドライブで寄ったことがありました。安くてとても美味しかったので今回も伺いましたが・・・まず値段の高いのにビックリ!札幌の高級寿司店と同じくらい!以前の倍近い値段になっていました。せっかく来たので頼みましたが…味は普通でした。 札幌の回転寿司の方が安くてネタも大きく美味しいですよ。笑 それに店員さんの接客態度の悪く、もう二度と行きません。

  • 柏屋
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    北海道稚内市宗谷村宗谷岬3-1
    日本の本土最北端の地「宗谷岬」にある「日本最北端の土産店」。宗谷岬をイメージした、入口の三角屋根が特徴的な外観だ。広い店内にはお菓子やお酒、木彫り小物やキーホルダーなどのバラエティに富んだ商品が並んでいる。一番の人気は「日本最北端到着証明書」。到着した日付、時刻を刻印してもらえる。また隣接している「流氷館」では、なかなか見る機会のない本物の流氷に触れることができる。

    宗谷岬にある土産物店ですが、鮮やかな空色の外観が目立っていました。宗谷岬を訪問した大半の観光客が立寄っているとみても過言では無く、自分もその一人でした。但し、時節柄、宗谷岬観光自体が閑散としており店内もがらんとしていました。その店内では、今では珍しくなった「ペナント」が並んでおり懐かしさもあってミニサイズのものを購入しました。

  • うにむき体験センター
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    北海道礼文郡礼文町香深村キトウス
    北海道礼文郡礼文町にあり船泊漁業協同組合が運営する、文字通りうにむきを体験することができる施設。礼文島産の新鮮なうにの殻を剥き、海水に浸して食べられる。専用の殻むき機を使用し、スタッフの指導も受けられるので、家族みんなで楽しめるのが大きな魅力。自分で食べられる状態にした分、一番いい時期の上質なうにをより一層美味しく感じられる。センター内には、礼文島で水揚げされた鮮魚が並ぶ。春から秋にかけての時期のみ営業している。

    ウニ剥きを体験できる施設です。 ウニを割ると、ウニのフンがたくさん入っていて、それを丁寧に取り除くのがとても大変です。 ウニを食べる際は、そんな作業工程があったことを思い出します。

  • ノシャップ寒流水族館
    遊ぶ/趣味
    北海道稚内市ノシャップ2-2-17
    日本最北の水族館として100番目に建設されたノシャップ寒流水族館では、北方系の海の生き物を見学できる。迫力ある水量90トンの回遊水槽では、幻の魚とも呼ばれているイトウや、迫力のあるオオカミウオなど見所満載だ。アザラシショー、餌やり体験もお勧めしたい。JR稚内駅から宗谷バスでノシャップ行きに乗車し、ノシャップで下車。停留所から徒歩5分。
  • 礼文町 高山植物園
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道礼文郡礼文町船泊村上泊
    北海道礼文郡礼文町にある植物園。5月初旬から9月にかけて礼文島に咲く、たくさんの高山植物を楽しむことができる。植物園内にある高山植物は50種類、2万本。8月には人工培養により開花時期を調整した「レブンアツモリソウ」が展示されている。「フラワーアイランド」とも言われている礼文島の観光施設の一つとなっている。

    レブンアツモリ草は5月下旬から6月中旬までとのこと。7月下旬では時期が違っておりました。但し、瓶に詰めたレブンアツモリ草は見ることはできました。砂が花びらに当たるだけで色が変わってしまう、可憐な花とのこと。その他、礼文島の高山植物を一通り見ることができます。

  • 北の味心竹ちゃん
    rating-image
    4.0
    86件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道稚内市中央2-8-7
    稚内駅から徒歩5分ほどのところにある海鮮料理店。日本海・オホーツク海で獲れた新鮮な食材を使った寿司、海鮮丼、郷土料理などが楽しめる。人気の品は、稚内の特産品ミズダコを使った唐揚げやしゃぶしゃぶ。又、地元産の海と山の幸を一緒に楽しめるコースメニューは、一名からでも注文できる。

    稚内駅から徒歩5分のところにある海鮮をメインにした和風居酒屋。店内は入口近くにテーブル席、その奥がカウンター席と小上がりになっている。 メニューには北海道らしく、ほっけ、イカ、ホタテ、いくら、ウニなどが載っている。ウニは高騰しているとのことで寿司1カンが800円もするが本当に美味しい。海鮮以外はだし巻き玉子の味付けがちょっと甘めだが串焼きや揚げ物なども満足いくレベル。GOTOトラベルのクーポンやク...

  • 豊富温泉
    宿泊/温泉
    北海道天塩郡豊富町豊富温泉
    北海道天塩郡豊富町にある温泉。大正時代に噴出した温泉は含よう素-ナトリウム-塩化物温泉と含よう素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉の2つの泉質で、わずかに含まれた油分による保温保湿効果と抗炎症作用でアトピーや乾癬にも効能がある。源泉かけ流しの町営温泉入浴施設「豊富温泉ふれあいセンター」をはじめ、「川島旅館」、「ニュー温泉閣ホテル」、「ホテル豊富」といった温泉宿があり、いずれも日帰り入浴可。また、長期滞在しやすいシェアハウス型やウィークリーマンション型の宿泊施設も点在しているなど、湯治場としての利用がしやすいのも特徴。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す