NAVITIME Travel

小樽の文化/見学スポット一覧

  • 小樽市総合博物館 運河館
    rating-image
    3.5
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内2-1-20
    「小樽駅」より小樽運河方向へ徒歩約10分、小樽の歴史や自然に関した資料を集めた博物館。20分ほど歩いた場所に本館があり、二日間に渡って利用できる共通入館券もある。運河館は明治26年(1893)に建てられた歴史的価値も高い石造りの「旧小樽倉庫」を利用しており、博物館自体も貴重なものとなっている。小樽が最も華やかな時代だった大正時代の街並みを実物大で復元したコーナーでは、当時の電話やオルガンにも触れることができる。

    [高評価したい点] ・実際に使われていた倉庫を活用。 ・小樽の文化・繁栄してきた歴史背景のほか、小樽に生息している生物など、小樽のすべてを学ぶことができる。 [低評価したい点] ・なし

  • おたる水族館
    rating-image
    4.0
    397件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市祝津3-303
    常時約250種以上の動物や魚の生態を間近で観察できる水族館。迫力満点のイルカやトドのパフォーマンス、飼育スペースから海まで歩く「ペンギンの海まで遠足」など多彩なショーが大人気。館内にある海を仕切っただけの「海獣公園」では野生のトドやアザラシなどがありのままの姿を見せてくれる。JR小樽駅から水族館行の北海道中央バスが運行している。

    昔は今のところより下の海のところにありました。 地元の人間にとっては庭みたいなもんです。 オタリアのショーは笑えます。 ただ入場料は少し高いですが、飼育されている動物たちの餌になると思って許してくださいね。

  • 小樽市総合博物館 本館
    rating-image
    4.0
    133件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市手宮1-3-6
    平成19年7月に開館した、小樽市の歴史と自然、北海道の交通史、科学技術をテーマにした総合博物館。施設は本館と運河館の2つに分かれており、本館内には、北海道鉄道の歴史を紹介する常設展示や蒸気機関車「しづか号」をはじめとした、北海道を代表するおよそ50もの鉄道車両が保存・展示されているほか、プラネタリウム、科学展示室があり、土・日・祝日には簡単な実験や工作体験を実施している。夏期には屋外で1909年アメリカ製の蒸気機関車「アイアンホース号」の運行があり、無料で乗車することができる。

    昔は小樽鉄道記念館があった場所がそのまま博物館になりました。 昔の博物館は少し札幌よりの錦町にありました。 運河のそばにある運河館に移転し、今の手宮に移転しました。

  • 小樽オルゴール堂2号館 アンティークミュージアム
    rating-image
    4.0
    153件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市堺町6-13
    北海道をはじめ都内や京都、沖縄など全国に店舗を持つオルゴールの専門店。「小樽オルゴール堂本館」から100mほど離れたノスタルジックな空間で「天上からの音楽」を身近に楽しむことができる。歴史的価値の高いアンティークオルゴールが並んだ館内はミュージアムになっており、明治41年(1908)にイギリスで製造された「エオリア・パイプオルガン」を見学することが可能だ。自動演奏のパイプオルガンとしては日本で初めて紹介されたものであり、今も当時と変わらない音色を響かせている。

    良い雰囲気ですね。入場料無料ですし、ぜひ、訪れてみてください。 オルゴールはもちろん、年代物のパイプオルガンがあったりと、とても雰囲気が良いです。ぜひ、訪れてみてください。

  • 北一ヴェネツィア美術館
    rating-image
    3.5
    132件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市堺町5-27
    外観はウェネツィアのグラッシィ宮殿をモデルに、2、3、5階展示室は18世紀頃の宮殿の部屋を再現してある優雅な美術館。四季に応じたウェネチアのテーブルコーディネートやムラノガラスの常設巡回展に加え特別展示も豊富。衣装文化体験で貴族のドレスやカーニウァル衣装で仮装撮影もできる。JR南小樽駅から徒歩10分、小樽ICから車で10分。

    イタリアのベネチアの商品がたくさんあります。ベネチアのゴンドラが中央に飾られていました。同じガラス細工でも、変わったものが手に入ります。

  • 市立小樽文学館・市立小樽美術館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内1-9-5
    文学館は、小林多喜二、石川啄木や伊藤整など、小樽ゆかりの作家の貴重な資料を展示。美術館は、日本を代表する風景画家 中村善策、現代版画の鬼才 一原有徳の作品を始め小樽ゆかりの作家の作品を中心に収蔵。JR小樽駅から徒歩約10分。

    伊藤整や小林多喜二など、小樽ゆかりの作家に関する展示をしています。1952年に建てられた元の小樽地方貯金局が使われているのですが、この建物が質実剛健でシンプルな味わいを醸しています。企画展示も大変勉強になります。

  • 市立小樽美術館
    rating-image
    3.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内1-9-5
    一階に小樽生まれの風景画家、中村善策の画業を伝える中村善策記念ホールがあり、二階には常設展示室、三階には市民ギャラリーも併設する。

    美術館・文学館共通観覧券500円。美術館は建物1階3階。文学館と異なり写真撮影禁止。小樽所縁の画家の作品を展示。文学館に展示されている文学者と比べて控え目。市展といった市民のための美術展示スペースと捉えたほうが健康で文化的。

  • 森ヒロコ・スタシス美術館
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市緑1丁目16-33
  • 我楽古多博物館
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市奥沢1丁目16-14
  • 手宮緑化植物園
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市手宮3-12-1

    搭配手宮植物園中多樣的植物拍攝遠眺景色很不錯,在小樽山上,往北眺望小樽港,被列為小樽市重要眺望地點,免費入園,喜愛植物的人可以多花一些時間欣賞植物。

  • ニトリ 小樽芸術村
    rating-image
    4.5
    26件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内1-3-1

    休館日の見学ツアーに参加しました。 ステンドグラス美術館は、歴史的建造物に指定されている高橋倉庫を活用していて、二階建ての館内に素晴らしいステンドグラスが所狭しと置かれています。 圧巻のステンドグラスに加えて丁寧な説明もあり、楽しい時間を過ごすことができました。 写真も自由に撮ることができ、座りながら眺めることもできるので、ステンドグラスに興味のある方にはお勧めです。

  • 似鳥美術館
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内1-3-1
  • 中野植物園
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市清水町26-30
  • もったいない博物館
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市住ノ江1-7-25
  • 小樽和光荘
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市潮見台2丁目4-1
  • 小樽市青少年科学技術館
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市緑1丁目9-1
  • 手宮洞窟保存館
    rating-image
    3.5
    27件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市手宮1丁目3-4

    こじんまりとした「手宮洞窟」ですが、とても興味深い古代ロマンあふれる洞窟壁画でした。 これは宇宙人か?と思わせる洞窟壁画です。二本の角が生えた人間の姿っぽい壁画がありました。宇宙人を描いたのだろうか。 ちなみに、一般的な説によると、北海道を中心とした紀元前3世紀頃から紀元後7世紀「続縄文時代」といわれる時代、祭礼や儀式のために描かれた洞窟壁画だそうです。祭式や儀式のためだと、冠というか、飾りとして...

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す