NAVITIME Travel

釧路・阿寒・根室・川湯・屈斜路のレジャー/アウトドアスポット一覧

  • 釧路市丹頂鶴自然公園
    rating-image
    4.0
    240件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市鶴丘112
    釧路市にある、タンチョウの保護・増殖を目的とした施設。タンチョウは国の特別天然記念物にも指定されており、現在こちらでは約20羽が放飼されている。季節や天候を問わず、いつでもその姿を間近で見ることができる。たんちょう釧路空港からは車で約10分。

    工夫が足りない。ただ、単に鶴を育成しいるだけで、見るところが無い。もっと餌付け内容をアピールしたり、ビデオ展示したり工夫が必要である。時が経てば見向きをされない可能性が大である。

  • 北方館・望郷の家
    rating-image
    4.0
    154件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道根室市納沙布36-6
    納沙布岬の東端・望郷の岬公園内に位置する施設。北方領土を正しく認識するための資料展示や展望施設を設けている。地理的関係から気象条件が悪く濃霧のため視界が閉ざされることも多い納沙布岬で、世論喚起に資するとともに元島民の心の拠所とするため設置された。北方館は北方領土返還要求運動の発祥の地。発生の状況や歴史的経緯を学ぶことができる。また望郷の家には島民の生活関連資料や街並、住居表示を祈り込んだ地図を展示しており、北方領土の歴史と生活について知ることが可能だ。

    昭和47年に北方領土の住民の方々が開設し、現在、根室市の所有となっている「望郷の家」と、北方領土問題対策協会が開設した「北方館」からなる資料館。2つの資料館は2階で繋がっており、一度に両方を見学することももちろん可能。2階には望遠鏡があり、北方領土が間近に見ることができるとともに、ロシアの警備挺も見え、戦後70年経った今も不法に占領されている現実を認識することができます。

  • 釧路市動物園
    rating-image
    4.0
    92件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町下仁々志別11
    釧路空港から車で約10分。ホッキョクグマ、アムールトラ、アルパカ、ニホンザルなどの人気動物を展示するほか、タンチョウやエゾヒグマ、エゾモモンガといった北海道ならではの貴重な動物が住むゾーンでは美しい自然の中でのびのびと活動する動物達の姿を捉えることができる。動物たちの食事が見れる「パクパクタイム」は毎日開催中。冬には「ソリすべり大会」や「たからさがし大会」などのイベントも企画される。

    ミルクとキロルに逢いたくて行ってきました。空港からはレンタカーで行きましたが、周辺にはGSが無く返却時には動物園より遠いGSまでわざわざ行かないといけないので注意が必要です。さてこの動物園は飼育員さんの愛情が溢れているのがよくわかるところで、目的はホッキョクグマだったのですがココアの生育などは感銘しました。一生懸命生きている姿を見ると涙が出てきました。ミルクは評判通り遊びの天才だと思いました。今回...

  • 標津サーモン科学館(サケの水族館)
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道標津郡標津町北1条西6-1-1-1 標津 サーモンパーク内
    サケが産卵する様子も観察出来る標津サーモン科学館は、世界に生息しているサケの仲間18種30種類以上を展示し、生態から食文化までを知ることが出来る。また稚魚の放流など様々な教育活動にも力を入れている。12月から1月は閉館。根室中標津空港から車で約35分。

    表題の通り、釣りが好きで特にサケ・マスが好きで水族館に行った場合、最も時間をかけて観ているのでここに来るのは楽しみでした。 東京に住んでいると日光の「さかなと森の観察園」や山梨の「富士湧水の里水族館」などがサケ・マスに特化しているのでチョクチョク行くのですが、北海道はサケ・マスの本場です。 ミヤベイワナやイトウと云った自力で釣るのは困難な魚も見れ、エサもあげられ大満足だったのですが、インパクトが有...

  • 釧路市立博物館
    rating-image
    4.0
    60件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市春湖台1-7
    2016年に開館80周年を迎えた、東北海道屈指の歴史を持つ博物館。釧路地方の多様な自然とそれに育まれた歴史・文化がテーマ。豊富な資料数を誇るアイヌ文化展示やリニューアルされた魚類・両生類展示、北海道遺産に選定された開拓を支えた鉄路「簡易軌道」の新コーナーなども必見。

    入口にマンモスの骨格標本があり迫力があります。北海道の動物や自然の展示があったり、アイヌ民族の展示があったり思ったより充実していました。また建物も鶴が羽ばたく姿をイメージしたものらしく、おもしろいなぁと思いました。

  • 釧路市こども遊学館
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市幸町10-2
    五感を使う様々な経験を通して、子供たちの豊かな感性や創造力を高めることを目的に建設された文化施設。釧路地方合同庁舎の裏に、プラネタリウムや遊具など様々な設備が整っている。館内一階の「さんさんひろば」にあるのは、国内最大級の屋内砂場。天候に左右されず、自由に砂遊びが楽しめる。スコップやバケツなどの遊具を用意しており、自由に使用することが可能だ。車いすに乗ったままでも砂遊びが楽しめるテーブル状の砂場も完備しているのも嬉しい。科学や自然を学ぶイベントも開催しており、親子で一日中楽しめる施設だ。

    屋内に大きな砂場があるので甥っ子は大喜びでした。プラネタリウム、ワークショップなど様々な体験展示物があったので、大人も子供も楽しめました。子供の夏休みの宿題にも最適です。お土産に宇宙食をショップで買って帰りました。

  • 明治公園
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道根室市牧の内81
    明治8年(1875)に創設、北海道では二番目に古い歴史を持つ、牧場の跡地を利用した「サイロ」がシンボルとなっている公園である。赤褐色が印象的なサイロは、現存するレンガ造りのサイロとしては国内でも有数の古さであり、有形文化財に指定されている。初夏にはタンポポが咲き、美しさに華を添える。

    根室市に在る公園です。 赤いサイロが非常に特徴的です。地元の人で賑わっており、フリスビーをする人や犬の散歩をする人などが多数います。

  • 北海道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道根室市穂香110-9
    日本(ニ)とロシア(ロ)を繋ぐ北海道(ホ)の施設。北方四島の歴史や人々の暮らしについて学ぶことができる。センターの一番の自慢は視聴覚機器をふんだんに使った展示室。英語やロシア語にも対応しており、青少年から大人まで楽しく北方四島について学べると評判だ。他にもロシアの文化を体験できるロシア文化ルームや北方資料館などが併設されており、目で見て耳で聞いて様々な方法で北方四島を身近に感じとれる。

    北方領土問題の学習会で訪問しました。 主催者の企画もありましたが展示物や展望室も現地に来ることで感じることが出来るものかなと感じました。 ロシアとの関係など、興味のある方は一度訪問することをお勧めいたします。

  • 達古武オートキャンプ場
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路郡釧路町達古武65-2
    達古武湖のほとりに位置するオートキャンプ場。フリーサイトとオートサイトがありフリーサイトからは達古武湖を眺めることができる。売店やシャワー室、トイレなど基本的な設備はそろっているほか、電源水道設備のそろったロッジを借りることもでき快適なキャンプが楽しめる。またレンタルサイクルやレンタルカヌーもあり、達古武湖の自然を満喫できる。周辺には遊歩道が整備され、湿原の真ん中を散策することができる。

    オートサイトは広くて余裕があり、窮屈な感じはしない。設備は整っているが過剰ではなく、キャンプらしさを楽しむことができる。なにより安いのがいい。

  • 厚岸水鳥観察館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道厚岸郡厚岸町サンヌシ66
    道東の空の玄関口・釧路空港から一時間ほどの距離にある観察館。平成5年(1993)にラムサール登録湿地に認定された厚岸湖・別寒辺牛湿原において、動植物と湿地の保全調査を行っている。1階にある展示室ではタンチョウの抱卵から子育ての様子をとらえた湿原の映像を放送しており、湿原をより身近に感じることが可能だ。タンチョウとカヌーの遭遇による事故を防ぐため、カヌー施設開放期間の制限やコントロールも行っている。タンチョウの営巣地に近づかないため、湿原内に入る際は観察館に立ち寄って情報を確認するのがよい。

    自然いっぱいの厚岸には多くの野鳥が生息しています。季節になると渡り鳥も姿を見せます。中でも水鳥が豊富で観察館からすぐの場所でバードウォッチングすることが可能です。

  • TAITOネイチャー倶楽部
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-5 HOTEL TAITO内
    プロの写真家の和田氏がオーナーのホテルTAITOのモデルプランは早朝5時にホテル出発し、釧路湿原の秘境特別保護区までトレッキング、野生のタンチョウに感動。4月下旬-10月下旬5400円。1日(終日)撮影ガイド(通年)2名まで4万円(※1名増すごとに1万円プラス)。 【写真提供】和田 正宏

    食事込みの宿泊で利用しました。優しい味付けで美味しかったです。地元産チーズとソフトクリームも美味しくて良かったです。

  • 尾岱沼ふれあいキャンプ場
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道野付郡別海町尾岱沼岬町66 尾岱沼ふれあいキャンプ場
    バンガローやグリルキャビンや炊事場、水洗トイレなどが整備されたキャンプ場。バードウォッチングの拠点としても便利で、多くの観光客が訪れる。5月から6月上旬にかけては、前浜で潮干狩りも楽しめる(毎日ではないので、要事前確認)

    尾岱沼は風蓮湖に接する場所でその一角にキャンプ場があります。景色の眺めが素晴らしいキャンプ場です。夜には満天の星空を楽しむことができます。施設も揃っているため安心して利用できます。

  • 虹別オートキャンプ場
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道川上郡標茶町字虹別690-32
    道東らしい広大な牧草地の中にあるキャンプ場。世界遺産の知床まで約2時間、釧路湿原国立公園までは約50分という恵まれた立地にあり、観光客に人気。設備も整っておりアウトドアライフを満喫できる。

    設備の整ったキャンプ場です。特に芝生が全面敷かれていて、裸足で歩いたりしても気持ち良いです。全国的にも芝のキャンプ場は珍しいというか、ここしかないのではないかと思います。

  • リバー&フィールド
    rating-image
    5.0
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道川上郡弟子屈町屈斜路コタン
    平成7年(1995)に設立した自然ガイド・カヌー、カヤックツアーのガイドカンパニー。春から秋にかけてのグリーンシーズンにはカヌーツアーが、冬にはスノーシューツアーが楽しめる。目の前に広がる屈斜路湖の他釧路川源流や藻琴山、摩周湖のある屈斜路カルデラなどフィールドは様々。冬にはシベリアから訪れたハクチョウが越冬する様子も観察できる。釧路川源流をゆったりくだり、川の上でのティータイムを挟んだ「みどり橋コース」は早朝や夕方におすすめだ。

    初夏の釧路&知床の旅の間にカヌーツアーに参加しました。平日だったせいか、ガイドさんと私たち2人だけのプライベートツアー状態でとても贅沢でした。 最初にライフジャケットを付け、非常時の対応方法などを説明されます。「非常時」はめったに起こらないとはいえ、最初に説明があると安心です。信頼できるガイドさんだなと思いました。 基本の漕ぎ方を教わって、湖で少し漕ぐ練習してから川へ。木漏れ日がキラキラと光る中で...

  • 釧路湿原美術館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町上阿寒23-38
    湿原の画家と呼ばれた佐々木榮松さんの残した作品、資料、遺品を保管・展示している釧路湿原美術館。阿寒国際ツルセンターと隣接しているためタンチョウ鶴も観察できる。佐々木さんは道東の風土をテーマに置いた心象作品を制作した。たんちょう釧路空港より阿寒バスに乗車、「タンチョウの里」下車、約16分。

    北海道の自然画を新聞の連載で見て興味を持ち訪問しました。目が覚めるかのような鮮やかな赤で釧路湿原を表現した作品が印象的でした。

  • 塘路元村キャンプ場
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道川上郡標茶町塘路原野北8線169
    釧路川カヌーツアーのベース基地・塘路湖の湖岸にあるキャンプ場。木立の間から湖を見渡せる草地のテントサイトは、自然との一体感が味わえるのが魅力だ。ベンチ付きの野外炉も含めて、場内の設備はいずれもシンプルなデザインで、周辺の自然環境とマッチしている。また、キャンプ場の管理を兼務する、隣接のカヌーステーション「元村ハウスぱる」では、専門ガイドによるカヌーツアーなど、さまざまな体験メニューを用意。初心者でも、気軽に自然と親しめる。

    子供の頃によく見たような、そんな素朴なキャンプ場です。塘路湖の湖畔に降りられる道があり、そこから湖畔をみると、最高です。

  • 釧路市山花公園オートキャンプ場
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町下仁々志別11-37
    釧路湿原の西、東京ドーム約120個分という広大な敷地を誇る山花公園内にあるキャンプ場。設備が充実したキャンプ場のため、キャンプ初心者でも利用しやすい。公園内には釧路動物園や山花温泉リフレなどがある。

    コテージは家みたいに快適に過ごせました。遅く到着しましたが、問題なく受け入れていただき助かりました。山花温泉リフレまでは6時以降はキャンプ場からのゲートが閉まってしまします。早めに利用した方が楽でしょう。

  • 阿寒摩周国立公園
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市、川上郡弟子屈町、他
    日本最大のカルデラ湖・屈斜路湖をはじめとする3つのカルデラ湖と、雌阿寒岳、硫黄山等の活火山を有する、北海道で最も歴史の長い国立公園。湖や火山の影響を受けた一帯では独特の生態系が築かれている。阿寒湖南の湖畔に位置する阿寒湖温泉と、硫黄山を源とする川湯温泉付近は人気の温泉街で、年間を通して多くの観光客で賑わう。エリア内にある阿寒湖畔エコミュージアムセンターでは阿寒国立公園の自然の紹介やツアーガイド、冬期のスキー・スノーシューの貸し出しを行っている。
  • 釧路湿原国立公園
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市、釧路郡釧路町、川上郡標茶町、阿寒郡鶴居村
    日本最大の湿原『釧路湿原』を有する国立公園で、ミツガシワやエゾイソツツジ、エゾリス等の希少な動植物が生息している。細岡展望台をはじめとする5つの展望台と湿原内や湖畔を歩ける6つの遊歩道が整備されており、快適にバードウォッチングや散策を楽しむことができる。また、遊歩道の一部区画はバリアフリーとなっており、車椅子やベビーカーでの利用も可能。エリア内にある温根内ビジターセンターでは、釧路湿原国立公園内の季節ごとの見所の紹介や、双眼鏡・車椅子・スノーシューの貸し出しを行っている。
  • 千代ノ浦マリンパーク
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市千代ノ浦1
    太平洋に向かい半円状に突き出た形が特徴的な公園。地域住民が漁業などの水産業を身近に感じられるように作られたもので、一年を通して護岸で釣りが楽しめるほか、6月から9月の間のみ水路広場を流れる川は海水となっている。擬岩山にも滝のように海水が流れていて、涼が取れるだけでなく子供たちの遊び場としても人気。他にもブランコや砂場などの遊具が並び、予約をすればバーベキューコーナーの利用も可能。デイキャンプ教室も行なわれている。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す