北海道のお土産スポット一覧

  • 大正硝子館 本店
    rating-image
    4.0
    194件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市色内1-1-8
    JR「小樽駅」より徒歩約15分のところにある、明治39年に建てられた名取高三郎商店を改装した店舗。店内では、小樽市内で製作された和風硝子器を中心に展示販売している。店舗そばにはミニチュアガラスを集めた「びーどろ館」や、製作体験工房も備えた「とんぼ玉館」など系列店が立ち並ぶ。

    硝子工芸品の並ぶショップでした。建物自体は、「小樽市指定歴史的建造物第7号」に指定されている「旧名取高三郎商店」であり、ショップの品揃えに興味は無くてもレトロ建築を眺める事が出来ました。

  • 小樽オルゴール堂本館
    旅行/観光
    北海道小樽市住吉町4-1
    小樽のシンボル的スポットとして知られているオルゴールの専門店。小樽堺町通りと入船通りが交わる、メルヘン交差点に位置する。明治45年(1912)に建てられたレンガ造りの建物を利用。世界各国から集められたオルゴールが並ぶ店内は、きらびやかでぬくもり溢れる。1時間ごとにボイラーで蒸気を発生させ時刻を告げる蒸気時計が入り口そばにあり、記念撮影スポットとしても人気だ。
  • 流氷硝子館
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    北海道網走市南4条東6-2-1
    網走市の国道39号線沿い、道の駅から徒歩1分の位置にある博物館。ガラス工房、ショップ、カフェが併設されている。使用しているガラス原料は、主に「エコピリカ」と呼ばれる廃蛍光灯リサイクルガラス。輸入されたものではなく、全国の自治体や企業から集められた蛍光灯をリサイクルして原料化している。吹きガラスやトンボ玉制作などの体験メニューもあり、旅の思い出作りにも最適だ。

    「網走道の駅」のすぐ近くにあります。 「流氷硝子館」の商品のガラス原料は「廃蛍光灯のリサイクルガラス」だそうです。この周辺らしく、「クリオネ」を形どった商品もありました。それだけかな-。

  • オルゴール堂(R) 海鳴楼本店
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市堺町1-20
    堺町通りに面したオルゴールの専門店。明治26年(1893)に建てられた歴史的建造物の中で海鳴楼ブランドのオルゴールを展示販売している。小樽市の歴史的建造物に指定された館内はどこか懐かしさを覚える不思議な空間。明るく広々とした店内で穏やかなひとときが過ごせると評判だ。工房を併設しているため、曲と箱をそれぞれ選べる「組合せオルゴール」、それに自分で飾りつけをする「自作オルゴール」、思い出の曲などをオルゴールにする「注文オルゴール」などを作ることもできる。

    「小樽市指定歴史的建造物第9号 旧第百十三国立銀行小樽支店」を使用したオルゴールのショップでした。明治28年建築の建物で、オルゴールにもガラス工芸品にも何の関心もありませんでしたが、レトロ建築を見学する事は可能でした。

  • スカイショップ小笠原
    旅行/観光
    北海道千歳市美々 新千歳空港国内線ターミナルビル2F
    スカイショップ小笠原は新千歳空港ターミナルビル2階にある総合ギフトショップ。北海道の有名メーカーが扱う定番おみやげの他、旬の名産品などを多数取り揃えている。またこのショップ限定の商品「サクサクパイ 新千歳発」は有名洋菓子メーカー六花亭とのコラボスイーツ。冷やしたホワイト生チョコをサクサクの焼き立てパイで包んだお菓子で、「賞味期限が10分しかない」とも言われる人気スイーツである。
  • 阿寒湖きりり
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-3-26
    阿寒湖遊覧船・幸福の森桟橋から徒歩2分の距離にある雑貨屋さん。特別天然記念物である天然まりもをはじめ、まりもグッズや木彫りアイテム、ハンドメイドの食器や小物など幅広い商品を取り揃えている。もこもこのシルエットが可愛いまりもは、一般家庭の水道水で飼育可能なため、阿寒湖土産として大人気。直射日光を避け、週に一回ほど水を交換すれば一年間で2ミリ程度大きくなると言われている。キューピーやガチャピン、だっこちゃんなどのご当地キャラクターグッズも充実している。

    昔ながらの民宿です。実家に帰ったような安心感を感じます。温泉は湯温がとても高いため水を足しながら入る必要があります。

  • 柏屋
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    北海道稚内市宗谷村宗谷岬3-1
    日本の本土最北端の地「宗谷岬」にある「日本最北端の土産店」。宗谷岬をイメージした、入口の三角屋根が特徴的な外観だ。広い店内にはお菓子やお酒、木彫り小物やキーホルダーなどのバラエティに富んだ商品が並んでいる。一番の人気は「日本最北端到着証明書」。到着した日付、時刻を刻印してもらえる。また隣接している「流氷館」では、なかなか見る機会のない本物の流氷に触れることができる。

    宗谷岬にある土産物店ですが、鮮やかな空色の外観が目立っていました。宗谷岬を訪問した大半の観光客が立寄っているとみても過言では無く、自分もその一人でした。但し、時節柄、宗谷岬観光自体が閑散としており店内もがらんとしていました。その店内では、今では珍しくなった「ペナント」が並んでおり懐かしさもあってミニサイズのものを購入しました。

  • 余市町観光物産センター エルラプラザ
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    北海道余市郡余市町黒川町5-43
    JR余市駅に隣接する観光物産センターで、特産品の販売や観光情報の提供を行っている。お土産コーナーでは、NHKの連続テレビ小説でも有名なニッカウヰスキーや余市ワインをはじめ、多種多様なお酒を販売。地元農家のりんごをたっぷり使った焼きたてアップルパイや手作りジェラートは、観光客だけでなく地元の人々にも愛されている。2階には「ジャンプ王国余市展示ホール」があり、スキージャンプの五輪メダリストが使用したスキー板など約200点を展示している。

    余市駅ビルの位置付けのようで、土産物類のショップとバス案内所が同居していました。一寸した土産物調達には便利で列車待ち時間に有効利用出来ました。

  • 柳月 三方六studio店(スタジオ)
    旅行/観光
    北海道千歳市美々 新千歳空港 国内線ターミナル2F
    新千歳空港国内線ターミナルビル2F、帯広に本社を置く老舗の菓子店「柳月」の直営店。店を代表する人気の菓子「三方六 プレーン」は、ホワイトチョコとミルクチョコレートで白樺の木肌を表現し、薪の形に作り上げたバウムクーヘン。十勝産の小麦を100%使用し、北海道産のバター、砂糖、卵でしっとりと焼き上げている。お土産にも便利なミニサイズの個包装タイプ「三方六 小割」も人気。
  • おみやげの店 こぶしや
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区南3条西4(狸小路4西角)
    札幌の中心部、狸小路商店街4丁目にある土産物専門店。白い恋人、六花亭、ロイズなどの人気銘菓は勿論、「こぶしや」ならではのオリジナル商品も多く取り揃えている。海産物や北海道のお酒、熊出没注意シリーズのグッズなどの豊富な品揃えは、見ているだけでも楽しめる。1976年に誕生した、さっくりとしたラングドシャクッキーでホワイトチョコレートをサンドした「白い恋人」は、今でも変わらぬ人気だ。
  • かま栄 新千歳空港店
    旅行/観光
    北海道千歳市美々 新千歳空港 国内線ターミナル2F
    かま栄は明治38年(1905)創業の歴史あるかまぼこ店。新千歳空港ロビー内にある店舗では揚げたてのかまぼこをその場で食べることができる。人気はかまぼこをパンで包んだ独自商品の「パンロール」。消費期限が短いためその場でしか味わえない逸品である。またじゃがいもとコーンとチーズが入った千歳空港店限定の「じゃがコーン」も人気が高い。他にもオリジナリティ溢れる商品が多く、お土産を選ぶにも良いお店である。
  • 北一硝子 花園店
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市花園1-6-10
    小樽の硝子製造販売会社・北一硝子のサテライトショップ。国道5号線に面したレトロな建物で硝子の彫刻体験に挑戦できる。ガラスの表面に砂を吹き付けて自分だけのオリジナル模様を描く「サンドブラスト体験」は小学生でも簡単に製作が可能。当日すぐに渡してもらうことができるので、家族や友達との思い出作りにも最適だ。好きなとんぼ玉とパーツを組み合わせて作る「とんぼ玉アレンジメント体験」も実施している。人気観光スポットの小樽運河からは少し離れた距離にあるため、ゆったり静かに過ごせるのも魅力だ。

    ほとんど観光客も来ない寂れた街小樽と言うのが40年前自分たちが北大生時代に感じた率直な印象です。ゴミが浮かぶ小樽運河やかつての栄華を忍ばせる銀行などまさに廃れゆく街そのものでした。 そんな中で港町として、漁業の浮きとして利用するガラス球の製造を担っていたのが北一硝子。副業として始めたランプやガラス細工が徐々に人気を集め始めていたのが40年前。それが今では多くの支店を出すまでに発展した姿に時の流れ...

  • ワッカナイセレクト
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    北海道稚内市中央3-6-1 キタカラ1F
    JR「稚内駅」の複合施設「キタカラ」内にあるお土産物屋。北海道各地のスイーツや雑貨などの特産品を販売しており、観光客を中心に賑わう。また、同エリアはカフェや食事処も立ち並んでいるグルメゾーンにもなっており、休憩や食事をする人々も多く訪れる。

    複合施設「キタカラ」内、稚内駅改札横にある土産物店。稚内観光の帰りに立ち寄るのにはちょうどいい店ではないでしょうか。

  • たんばや 釧路空港売店
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    北海道釧路市鶴丘2 釧路空港2F
    道東の空の玄関口、釧路空港の二階にある土産店。「お客様に喜ばれる事」をモットーに、釧路を中心とした道内の銘菓や海産物、地酒や特産品などを幅広く取り揃えている。夕日の町・釧路にちなんだ地酒「夕日」はこの店のみで販売しているオリジナル商品。お土産としてはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも最適だ。国内最大級の炭田をイメージしたチョコレート生地の洋風まんじゅう「くしろの街からこんにちは」は手土産としても好評。

    品揃えが各社微妙に異なり切磋琢磨されているようです。空港は綺麗に良く整備されている印象で、直行便を取れて満足です。市街地から西に約20kmと結構な距離があります。阿寒湖方面に向かうには良い位置、根室方面へ高規格道路がつなげる工事がなされていてアクセス時間が短縮されそうです。

  • 函館空港売店ポルックス
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市高松町511 函館空港2F
    函館駅からバスで20分。函館空港の2階、出発口のすぐ脇にある売店。北海道旅行の締めに最適な土産が取り揃えられていて、定番から話題の人気商品まで多数扱っている。商品の発送にも対応しているのが嬉しい。白い恋人やマルセイバターサンドなどの銘菓からサッポロクラシック、道内限定の日本酒も多い。「漁師の手づくり がごめ昆布入りいくら醤油漬け」は11月中旬から5月頃にポルックス限定で販売している商品。

    2F出発フロアに並ぶ土産物店の1つでした。土産物店の中では最も広いスペースを占有しており、当然ながら品数も豊富に陳列されていました。市内店舗では見掛けない焼菓子も並んでおり土産物として喜ばれました。

  • Wine&Cheese(ワインアンドチーズ)北海道興農社
    旅行/観光
    北海道千歳市美々 新千歳空港国内線ターミナルビル2F
    新千歳空港国内線旅客ターミナルビル2階で北海道産ワインとチーズを中心に販売する農畜産品専門店。新興ワイナリーによる北海道ワイン「OcciGabiワイン」や本場イタリアのチーズ職人が作る「Fattoria Bio Hokkaidoチーズ」、北海道の上質な素材を使った農産加工品のブランド「NORTH FARM STOCK」などの商品が並ぶ。また運営する北海道興農社が生産するトマトの販売もしている。
  • 出塚水産 新千歳空港店
    旅行/観光
    北海道千歳市美々 新千歳空港 国内線旅客タ-ミナルビル2F
    新千歳空港・国内線ターミナルビル2階にある、昭和5年(1930)創業の老舗かまぼこ店。オホーツク産の新鮮な魚介類を使用したかまぼこが人気で、揚げたてのかまぼこを1個から購入することができる。新千歳空港店でしか販売していない「ベーコン&クリームチーズかまぼこ」は、洋菓子を思わせるお洒落なパッケージが魅力的で、若い女性にも人気の一品。その他に「ほっけの開き」などオホーツク紋別の海の幸も数多く取り揃えている。
  • BLUESKY(ブルースカイ) 新千歳空港出発ロビー売店
    旅行/観光
    北海道千歳市美々新千歳空港 国内線ターミナルビル2F
    新千歳空港の国内線ターミナルビル2Fにある総合土産店。「美味しいものはいつも空港から。」をコンセプトに、十勝トテッポ工房の機関車サブレや、ほたてフリッターおせん「ほがじゃ」などの銘菓を販売している。またISHIYAの白い恋人ソフトクリームは、新千歳空港内ではブルースカイのみで味わえる一品。北海道の生乳と白い恋人に使用されるホワイトチョコの組み合わせは、あっさりとした味わいが特徴。
  • おみやげの店こぶしや小樽店
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市堺町5-29
    小樽の中心部「堺町通り」にある北海道土産の専門店。小樽の他に札幌や函館でも営業している。いずれの店舗も北海道全土の銘菓や地酒などを豊富に取り揃えているため、まとめて購入したい時に便利なお店である。白い恋人、六花亭、ロイズ、じゃがポックル、花畑牧場など定番の銘菓が一通り揃っている。英語・中国語を話せるスタッフがいるのも、外国人観光客にとっては安心できるポイントだ。石造りの外観が、小樽のレトロな街並みにうまく溶け込んでいる。

    商店街のほぼ中央にある石造りの倉庫が目印の土産店です。広い店内には、石屋製菓、六花亭、ロイズ、じゃがポックル、花畑牧場と人気商品が幅広くあり、北海道の土産が勢揃いしています。5000円以上購入すると送料が四国、九州、沖縄が800円、その他が600円となることです。まとめ買いをするなら、お勧めです。

  • 函館 元町日和館
    旅行/観光
    北海道函館市元町10-13
    船魂神社へ上る「日和坂」と元町教会群から公会堂へ向かう「港が丘通り」の交差点にある洋館。大正10年(1921)に建てられ、「函館市伝統的建造物」に指定されている。モスグリーンの落ち着いた外観は、周囲のフォトジェニックなロケーションもあって、思わず写真に収めたい雰囲気だ。店内では函館作家の作品や手作り雑貨などを販売している。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す