NAVITIME Travel

北海道のレジャー/アウトドアスポット一覧

  • 旭川市旭山動物園(2020/5/31まで休業中)
    遊ぶ/趣味
    北海道旭川市東旭川町倉沼
    旭川市にある動物園。360度見渡せる水中トンネルから、空を飛ぶように泳ぐペンギンを見ることができる「ぺんぎん館」や、300kgの巨体がダイナミックに泳ぎ回る「ほっきょくぐま館」、あざらしの特徴的な泳ぎを観察できる「あざらし館」、さまざまな角度からトラやライオン、ヒョウなどを観察できる「もうじゅう館」などがあり、動物たちの表情を間近で見ることができる。雪が積もる季節に野外で行われる「ペンギンの散歩」も人気。
  • サッポロファクトリー
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区北2条東4
    約160のショップと施設が集まる、全天候型エンターテイメント&ショッピングセンター。サッポロビールの前身である「開拓使麦酒醸造所」跡地に建てられている。レンガ館は当時の赤れんがを残しており、歴史を感じさせる。限定商品や国内唯一のショップ、緑溢れる屋内庭園や、シネコン、ビヤホールなどもあり、多彩な楽しみ方ができる。
  • 博物館網走監獄(休業中)
    rating-image
    4.5
    751件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字呼人1-1
    網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、平成22年(2010)に全面リニューアルされている。デジタル映像や立体音響などの最新技術を採用し、当時の受刑者の過酷な労働に焦点をあてた「赫い囚徒の森・体感シアター」は必見。他にも、解説員による「監獄ガイドツアー」や、受刑者が実際に食べている食事が頂ける「体験監獄食」などもある。移築した建造物2件8棟が重要文化財に指定されている貴重な建物である。

    ツアーの中で、流氷館と網走監獄のどちらか一方のみの見学という事で、こちらを選択しました。 限られた時間の中でしたので、忙しく回った感じでしたが、当時の歴史的な背景や、時代を感じさせる建物などに、直に触れる事でタイムスリップしたような感覚になりました。 11月でしたが、結構寒かったです。

  • 塘路元村キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    北海道川上郡標茶町塘路原野北8線169
  • カントリーテラスコロポックル
    遊ぶ/趣味
    北海道空知郡中富良野町字中富良野東1線北4号
  • 大通公園
    rating-image
    4.0
    3740件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区大通西7
    札幌市の中心部に位置し、通西1丁目から大通西12丁目までの長さ約1.5Kmの特殊公園。街を南北に分ける起点にもなっている。園内には美しい花壇や芝生のほか92種4700本にも及ぶ樹木が配され、四季を通じてその表情の変化を楽しめる。ライラックまつり、YOSAKOIソーラン祭り、雪まつりの会場でもあり、多くの市民や観光客が集う憩いの場としても親しまれている。

    60年以上前から よく来ていました。昔から雄大で テレビ塔に上っては 美しい 景色として眺めていたものです。 20年ぶりに 2年前 今年と、高校クラス会のついでに静岡から出向きました。今は「オータムフェスティバル」とやらのものが人気の様で、何時間もかけて見て回り...

  • JR TOWER(ジェイアールタワー)
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区北5条西2
    JR「札幌駅」直結の複合商業施設。「アピア」「エスタ」「パセオ」「札幌ステラプレイス」の4つのショッピングセンターと大丸札幌店、シネマコンプレックス、展望室、プラニスホール、オフィスプラザさっぽろ、ホテル日航札幌からなる。最上階38階の展望室「T38」からは、札幌市内が一望できる。エスタ内のラーメンのテーマパーク「札幌ら-めん共和国」は観光客にも人気。
  • 札幌オリンピックミュージアム
    rating-image
    4.0
    166件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区宮の森1274 大倉山ジャンプ競技場内
    札幌駅から車で約30分の大倉山ジャンプ競技場内にある博物館。館内では、昭和47年(1972)に開催された冬期オリンピック札幌大会時の貴重な資料の展示をはじめ、大画面を見ながらスキージャンプの体験ができるシミュレーターなども設けられている。見て触れて、ウィンタースポーツの楽しさを実感できるスポットだ。

    オリンピックの歴史だけでなく、ウィンタースポーツの体験ができてとても面白かったです。 実際ジャンプなんてできませんが、バーチャルなのでどのくらいのタイミングでジャンプしたらいいかなど楽しめてよかったです。

  • 北海道立近代美術館(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.0
    111件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区北1条西17
    昭和52年(1977)に札幌のほぼ中心部に開館した美術館。北海道の地域性と国際性をテーマに活動を展開している。所蔵作品をさまざまな切り口で紹介する「近美コレクション展」のほか、国内外の優れた作品を紹介する「特別展」を企画・開催。また、道内各地での移動美術館を実施するなどのユニークな取り組みも行っている。

    2019/7/28まで開催されていた、「拝啓、藤田嗣治様」ーフランク・シャーマンと藤田、戦後の交友をめぐってーを見に行ってきました。 あくまでもレビューは、北海道近代美術館として。 [高評価したい点] ・外は芝生が青々としており(冬は除いて)、幼稚園児たちの遊び場となっている。 ・この美術館は1977年に開館しており、43年目の現在でも街に溶け込む建物。 [低評価したい点] ・なし

  • モエレ沼公園
    rating-image
    4.5
    822件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
    札幌市北東部にある、世界的な彫刻家イサム・ノグチが基本設計を手がけた札幌市の総合公園。「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトの元に270万tの廃棄物を埋め立てた地に造成がすすめられ、平成17年(2005)にオープンした。東京ドーム40個分の広大な敷地内には、幾何学形態をした山や噴水、遊具などが配され、自然とアートが融合した景観が楽しめる。春は桜、夏は水遊び、秋は紅葉、冬はクロスカントリースキーと、四季折々の楽しみ方ができるのも魅力。

    初めて行きました。札幌中心街からは遠かったです。天気が悪かったせいもあり、わざわざ行く必要は感じませんでした。

  • 五稜郭公園
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市五稜郭町44
    戊辰戦争で最後の戦いである、箱館戦争の舞台となった星型城郭。日本で最初の洋式城郭であり、国の特別史跡にも指定されている。12月からは堀にイルミネーションが灯され、入り口にある五稜郭タワーから幻想的な景色を楽しむことができる。4月下旬頃には園内のソメイヨシノが咲き乱れ、多くの人が訪れる花見の名所でもある。
  • 大沼国定公園
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道亀田郡七飯町大沼町1023
    函館にほど近い「大沼国定公園」は、総面積9,083ヘクタールの広大な公園。3つの湖や点在する大小の島々、駒ケ岳を抱いており、大自然を満喫できる。夏にはサイクリングや遊覧船、カヌーに乗馬、冬にはワカサギ釣りうあスキー・スノーシューなど四季折々の楽しみ方ができる。最寄りの大沼公園駅からは徒歩5分。函館空港などからバスも通っており、アクセスが良い。

    観光案内所で情報を聞くの良いとおもわれます。大沼公園の写真展をやってました。近くにお土産店や食堂があるので何が良いか聞くのも良いかと思われます。

  • 小樽市総合博物館 運河館
    rating-image
    3.5
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内2-1-20
    「小樽駅」より小樽運河方向へ徒歩約10分、小樽の歴史や自然に関した資料を集めた博物館。20分ほど歩いた場所に本館があり、二日間に渡って利用できる共通入館券もある。運河館は明治26年(1893)に建てられた歴史的価値も高い石造りの「旧小樽倉庫」を利用しており、博物館自体も貴重なものとなっている。小樽が最も華やかな時代だった大正時代の街並みを実物大で復元したコーナーでは、当時の電話やオルガンにも触れることができる。

    [高評価したい点] ・実際に使われていた倉庫を活用。 ・小樽の文化・繁栄してきた歴史背景のほか、小樽に生息している生物など、小樽のすべてを学ぶことができる。 [低評価したい点] ・なし

  • 洞爺湖ビジターセンター・火山科学館(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142-5
    洞爺湖周辺の自然環境、有珠山の自然史などを紹介した展示施設。巨大空撮写真を中心に、解説パネルや実物標本などで火山活動についてや、動植物の生態、湖のしくみなどが学べる。洞爺湖の真ん中に約5万年前に誕生した中島を散策する体験や、木の実を使った時計づくりなどのワークショップやイベントも定期的に開催。楽しみながら自然に触れ合うことができる。

    訪問したところ外装工事中でしたが、通常通り開館していました。併設されている火山科学館は有料ですが、洞爺湖ビジターセンターは無料なので、有珠山観光に行く前に立ち寄ると良いと思います。有珠山のなりたちや有珠山の地形などを学ぶことができます。

  • 平取町立二風谷アイヌ文化博物館(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.5
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道沙流郡平取町二風谷55
    北海道・沙流郡にあり、アイヌ民族の文化を伝える貴重な民具を展示した施設。アイヌの伝統的で美しい技巧や文様が施された古道具のほか、日本一の大きさを誇る丸木船などを間近で鑑賞することができる。「木彫・刺繍」「講話」「舞踊」「ムックリ演奏」などアイヌ文化の体験学習も楽しめる。(要予約)

    アイヌに関する色んな資料が、分かりやすく展示してあります。北海道という厳しい環境の中での、生活の様子を感じることができました。屋外も庭園のように整備してあって、気持ちが安らぎました。

  • 男山酒造り資料舘
    rating-image
    4.0
    168件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道旭川市永山2条7-1-33

    江戸時代から素晴らしい酒として将軍家に愛飲されてきた男山。館内では酒樽、道具、浮世絵、公文書等でその歴史を紹介しています。無料の試飲コーナーもおいしいです。特に有名なのが純米大吟醸の男山です。 北海道はお米がおいしいので日本酒もおいしいです。入館は無料でした。

  • オホーツク流氷館
    rating-image
    4.0
    371件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市天都山244-3
    網走市・天都山に位置する、流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設。見どころは、北海道最大級のプロジェクションマッピングをはじめ、オホーツク海に生息するクリオネなどの不思議な生き物の展示など。その他、300インチのスクリーンを正面に左右上下に展開する5面シアターは迫力満点。流氷体感テラスでは、濡れたタオルを凍らせる「しばれ実験」が大人気。最上階の展望テラスからは360度の大パノラマが望め、その絶景は1938年に国の文化財「名勝」にも指定されている。

    網走市内から少し車でいった、天都山の頂上にたつ、オホーツク流氷館。外から見るとなにやらデザイナーズビルみたいですが、中に入ると広々した空間。そして、地下におりてみると…流氷の謎や、クリオネの展示。そして、流氷が体感できる零下ルームがありました。ここで、濡れたタオルをくるくる回すと、タオルが凍ってしまうなんて体験もできます。つくりもの人形ではありますが、流氷の上のキタキツネやゴマフアザラシと記念撮影...

  • 釧路市丹頂鶴自然公園(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.0
    240件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市鶴丘112
    釧路市にある、タンチョウの保護・増殖を目的とした施設。タンチョウは国の特別天然記念物にも指定されており、現在こちらでは約20羽が放飼されている。季節や天候を問わず、いつでもその姿を間近で見ることができる。たんちょう釧路空港からは車で約10分。

    工夫が足りない。ただ、単に鶴を育成しいるだけで、見るところが無い。もっと餌付け内容をアピールしたり、ビデオ展示したり工夫が必要である。時が経てば見向きをされない可能性が大である。

  • 北海道開拓の村
    rating-image
    4.5
    541件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
    北海道開拓当時の情景を再現した、開拓の歴史を身近に学ぶことのできる野外博物館。集落を模した園内は、当時の市街地、農村、漁村、山村といった4つのエリアに分けられ実際に歩きながらそれぞれの雰囲気を味わうことができる。館内の「開拓の村食堂」では素朴な味ながらも美味しいと評判の「いももち」や食堂オリジナルの「屯田兵定食」などが味わえる。

    あまり期待してなかったのだが、想像以上だった。特に鰊御殿周辺は興味深い。あんな馬車鉄道が本当に市内を走っていたのかと想像すると、それだけでも楽しめる。

  • 白い恋人パーク
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市西区宮の沢2条2-11-36
    札幌を代表する銘菓「白い恋人」の製造工場の見学(有料)ができるテーマパーク。白い恋人に絵を描けるコースなど子供から大人まで楽しめる体験アクティビティもある。イギリスのアンティークに囲まれた空間でスイーツを楽しめるラウンジや、キャンディ職人の実演が見られるキャンディ・ラボなど、目で見ても味わっても楽しめるスポットが満載。冬と夏で違う表情を見せる美しいローズガーデンも見どころ。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す