NAVITIME Travel

全国の坂スポット一覧

  • 二寧坂(二年坂)
    旅行/観光
    京都府京都市東山区桝屋町
    清水寺の参拝道として造られたもので、緩やかな石畳と家並みが京都らしい風情を醸し出す美しい坂である。和菓子や和雑貨、ちりめん山椒など京土産を取り扱う店が軒を連ねるため、人気のショッピングスポット。参拝途中に甘味処で一休みするのにもおすすめだ。
  • 第二いろは坂 (日光市)
    旅行/観光
    栃木県日光市細尾町
    栃木県日光市にある国道の有料道路。「第二いろは坂」は、上り線用となっている。第一と第二を合わせて48のカーブがあることで有名。また、坂の途中には「明智平展望台」などもあり、「第一いろは坂」や四季折々の風景を眺めることができる。紅葉の名所として、シーズンには渋滞になることも多い。
  • 八幡坂
    旅行/観光
    北海道函館市末広町
    坂の多い函館でも最も美しい絶景が見れる坂として名高い坂。CMのロケ地にも使われ、「チャーミーグリーンの坂」として愛された。坂をのぼりきると、海に向かってまっすぐ伸びた美しい道に圧倒される。季節ごとに違った表情があるのも魅力。坂上までは手すり付きの階段が整備されている。
  • オランダ坂
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町
    東山手の一角にある石畳の坂道。開国後、長崎の人々が異国人を「オランダさん」と総称していたことから、外国人居留地の坂に「オランダ坂」の名が付いたとされる。近隣には、日本で最初の女学校である活水学院や、洋風住宅7棟がある。路面電車「大浦海岸通」から徒歩7分。
  • 団子坂
    旅行/観光
    東京都文京区千駄木3-35(文京区千駄木2と3の間)
    文京区千駄木2丁目と3丁目境を東へ下る坂。名前の由来は、昔坂の下に団小屋があったからという説や、急な坂のため、雨の日に転ぶと団子のように泥まみれになるからという説がある。森鴎外の「青年」、二葉亭四迷の「浮雲」、江戸川乱歩の「D坂殺人事件」など、多くの文芸作品に登場する。坂上にはかつて、夏目漱石、高村光太郎、森鴎外が居住していた。下った先は谷中に続いている。
  • 夏目坂
    旅行/観光
    東京都新宿区喜久井町
    地下鉄東西線の早稲田駅前から喜久井町の来迎寺に向かって南東に上る坂。慶応3年(1867)にこの地で生まれた夏目漱石の父・直克が名づけたもの。このあたりの大地主であった直克が自分の姓で呼んでいたのが人々に広まり、やがて地図に載るようになったと伝えられている。現在の牛込保健所側で漱石が晩年を過ごした「漱石山房」の跡は都営アパートになり、その後漱石公園という小さな公園になって今に至る。公園内に佇む漱石の胸像と共に建てられた猫塚は、猫、犬、小鳥たちの供養塔だ。
  • 船見坂
    旅行/観光
    北海道小樽市稲穂・富岡
    国道5号線・船見坂下交差点から山側へまっすぐ伸びた道。高台からは小樽港に停泊する船を眺めることができ、その眺望が絵になる景色だったため「船見坂」の名前が付けられた。坂の最高勾配は15%強。坂の町・小樽でも屈指の急坂として知られている。小樽を舞台としたテレビや映画には必ずといっていいほど登場するスポットだ。早朝には海から太陽が昇る様を拝むことができるため、静かな小樽の街が朝焼けに染まる瞬間を見に散歩している人も多い。
  • 地獄坂
    旅行/観光
    北海道小樽市富岡・緑
    緑1丁目交差点あたりから小樽商業高校を繋ぐ道の通称。今では住宅街となったこのエリアは小樽商大の前身、第五高等商業学校が開校した当時は住宅はおろか、荒涼たる原野が広がっていた地域。冬は深い雪の中を泳ぐように、夏は暑さに汗を流しながら通学していたことから「地獄坂」の名前が付けられたと言われている。坂の斜度は約10%。下るときは海に向かって一直線に降りていく感覚を味わうのも楽しい。
  • 二十間坂
    旅行/観光
    北海道函館市元町
    電停「十字街」から徒歩で約5分。大三坂と南部坂の間に位置する坂で、道幅が二十間あるのが名前の由来となっている。明治12年(1879)に大火を受けて整備されたもので、当時は木々の多さから緑坂、近辺に大工が多く住んでいたことから大工町坂とも呼ばれた。国内で最古の鉄筋コンクリートで作られた寺院「東本願寺」がある他、坂を進んだ先には函館朝市も。冬季には沿道の木がライトアップされた幻想的な風景を楽しむこともできる。
  • 大三坂
    旅行/観光
    北海道函館市元町・末広町
    電停「十字街」から徒歩で約5分。八幡坂と二十間坂の間に位置する坂で、国土交通省による日本の道100選にも選ばれている見事な石畳が特徴となっている。秋には沿道に植えられたナナカマドが紅葉し、より美しい景色が見られる。坂の入口にあった郷宿の家印から現在の名前が付けられたとされる。坂の上にあった家から木下の坂と呼ばれていたことも。カトリック元町教会があるなど日本の古き良き街並みと異国情緒が調和した景観が魅力。函館の代名詞「エキゾチック」を体現した区画となっている。
  • 幸坂
    旅行/観光
    北海道函館市船見町
    電停「函館どつく前」から徒歩で約5分。千歳坂と姿見坂の間に位置する坂で、坂の下にあった湾を埋め立てできたのが幸町だったのが名前の由来。約620mと函館にある坂の中でも1,2を争う長さがあり、また急勾配なのが特徴となっている。それだけに坂の上から見る景色は壮観で、市街を眺望できる夜景も大きな魅力。明治12年(1879年)まで山上大神宮が神明社と呼称されていたことから神明坂と呼ばれた時代もあった。途中には旧ロシア領事館がある。
  • 弥生坂
    旅行/観光
    北海道函館市大町
    電停「大町」で下車してすぐ目の前にある坂で、常盤坂と東坂の間に位置する。元は2本の坂だったのが1本となったことから、函館山の山麓にある代表的な坂の中で最も長い約720mにもなる。大火後に1本に整備され、地域の発展と繁栄を祈願し現在の名前が付けられた。それ以前は称名寺坂や寺町の坂、改心坂など、それぞれ様々な名前で呼ばれていた。周辺には臨海研究所や己巳役海軍戦死碑といった名所が見られる。
  • 護国神社坂
    旅行/観光
    北海道函館市宝来町
    電停「宝来町」から徒歩で約1分。谷地坂とあさり坂の間に位置する坂で、突き当たりに函館護国神社があるのが名前の由来となっている。グリーンベルトのある幅広の道が特徴で、江戸幕府とロシアの間に立って交渉を行なった豪商の高田屋嘉兵衛の銅像が建てられている。1860年創業の千秋庵総本家や明治時代の土蔵を使用した茶房 ひし伊など歴史を感じさせる名店が多く立ち並ぶ。函館護国神社が招魂社と呼称していたことから招魂社坂、町名から汐見坂と様々な別名を持っていた。
  • 日和坂
    旅行/観光
    北海道函館市末広町
    電停「末広町」で下車してすぐのところにある坂で、基坂と八幡坂の間に位置する。坂の先には函館港の旧桟橋があり、そこから函館港全体と空を眺望できたことからこの名前が付けられたとされる。また突き当たりにある船魂神社ではトンビが飛んでいる光景がよく見られたことからトビ坂と呼ばれていたという。周辺に北島三郎記念館や函館市文学館、旧相馬邸がある。道端には紫陽花が植えられており、旬の時期には綺麗な花を見ることができる。
  • 三年坂(産寧坂)
    旅行/観光
    京都府京都市東山区清水2
    東山の観光名所として有名な、八坂から清水寺に通じる、急な石畳の約100メートルの坂道。大同3年(808)清水寺創建の際、参拝拝道としてつくられたもので、道沿いには、みやげもの店や陶磁器店、料亭などが軒を連ね京情緒あふれる風景となっている。この坂は、「産寧坂」ともいい、語源には諸説あるが、子安塔に安産祈願に向かう参道に当たることからその名がついたと言われている。
  • 土管坂
    旅行/観光
    愛知県常滑市栄町地内
    愛知県常滑市にある坂道。左右の壁は、明治期の土管と昭和初期の焼酎瓶で覆われ、土管の焼成時に使用した捨て輪の廃材「ケサワ」を敷き詰め坂道は、歩きやすいようになっている。観光スポット「やきもの散歩道」の中でも人気のある場所として、多くの観光客が訪れる。
  • 潮見坂
    旅行/観光
    静岡県湖西市白須賀
    静岡県湖西市白須賀にある坂で、太平洋の眺望が美しい坂として有名である。歌川広重の作品・東海道五十三次の「白須賀宿」にも描かれていることで有名。また、近隣には「潮見坂公園」や「道の駅潮見坂」などもあり、多くの観光客が訪れている。
  • 龍馬通りの坂 (寺町)
    旅行/観光
    長崎県長崎市寺町
  • 播磨坂 (小石川)
    旅行/観光
    東京都文京区小石川4丁目
  • スペイン坂 (宇田川町)
    旅行/観光
    東京都渋谷区宇田川町

写真から観光情報を探す

目的から探す