NAVITIME Travel

全国の滝スポット一覧

  • カムイワッカ湯の滝
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町岩尾別 知床国立公園内
    活火山である知床硫黄山中腹から涌き出る温泉が流れ込み、川全体が温泉のようになっている滝。現在は「一の滝」までが立ち入り可能で、それより上流は立ち入り禁止。最寄駅がないため専用シャトルバスを利用するか車で向かうことになるが、マイカー禁止の期間もあるので事前に調べてから訪れよう。また滝では毎年滑落事故が発生しているので注意や準備が必要。
  • 轟の滝
    旅行/観光
    徳島県海部郡海陽町平井字王余魚谷
    日本の滝百選の一つ。四国一の大きさを誇るこの滝は、その名の如く大地を震わす轟音が響き渡る豪快さが特長で、轟神社・龍王寺もまつられている。上流から大烏小烏滝、鳥返滝など大小様々な滝が連続しており、総称して「轟九十九滝」とも呼ばれている。
  • マリユドゥの滝
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町上原
    沖縄県西表島、浦内川上流にある日本の滝百選に選定された川。マリは「丸い」、ユドゥは「淀」のことで、その名の通り滝つぼが丸いことが特長だ。滝へは遊覧船の上流船着場からジャングルの中を40分ほど歩くと辿り着くが、足元が滑りやすいので注意しよう。
  • 湯滝
    旅行/観光
    栃木県日光市湯元
    湯ノ湖の南端に位置する高さ70m、長さ110mの壮大な滝。湯川をせき止め「湯ノ湖」をつくった三岳溶岩流の岩壁を湖水が一気に流れ落ちる様は、まさに圧巻。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停が近くにあるためアクセスも便利だ。
  • 布引の滝
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区葺合町
    六甲山の布引渓流にある四つの滝(雄滝・雌滝・夫婦滝・鼓ヶ滝)の総称であり、日本三大神滝の一つでもある。なかでもも雄滝は高さ43mの迫力ある滝であり、巌頭から5段に折れて落下しているが、それぞれには甌穴があり、竜宮城に続いているという伝説も残されている。日本滝百選にも選定される名瀑。
  • 大川の滝
    旅行/観光
    鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生
    88mもの落差を豪快に流れ落ちる「大川の滝」は、屋久島の滝としては最大規模を誇っており「日本の滝百選」にも選定されている。滝壺の真下まで歩いて行けるので、ぜひ間近でその迫力を味わい、水しぶきを体感してみよう。近くには「大川湧水」が湧き出しており、こちらも「名水百選」に選定されている。屋久島交通・大川の滝行きバス終点で下車、徒歩約3分。
  • 沈堕の滝
    旅行/観光
    大分県豊後大野市大野町矢田
    大野川の本流にある高さ20m、幅100mの雄滝と、支流の平井川にある高さ18m、幅4mの雌滝の総称であり、「大野のナイアガラ」とも呼ばれている。雄滝の近くまでは遊歩道が整備されており、遊歩道突き当たりの滝見台からの眺めはまさに圧巻。室町時代の水墨画家・雪舟の「鎮田瀑図」にも描かれた名瀑である。
  • 鍋ケ滝公園
    旅行/観光
    熊本県阿蘇郡小国町黒渕
    阿蘇のカルデラを作った約9万年前の噴火でできたとされる滝である。落差は約10m、幅は約20mの小さな滝だが、まるでカーテンのように幅広く落ちる水が太陽の光に輝く様は非常に優美だ。滝の裏側に回り滝を楽しむ「裏見の滝」も人気。春には、滝を裏側からライトアップするイベントも開催されている。
  • 蛹沢不動滝
    旅行/観光
    埼玉県秩父市大滝
    埼玉県秩父市にある滝。滝沢ダムを起点とした荒川に流れる滝で、国道140号線からアクセスすることができる。埼玉県の滝の中では唯一日本の滝百選に選ばれている。滝は3段になっており、1段目は12メートル、2段目は14メートル、3段目は50メートルもの高さとなっている。滝の近くには不動堂があり、「草薙の水」と名付けられたご神水を飲むことができる。
  • 暗門の滝
    旅行/観光
    青森県中津軽郡西目屋村川原平大川添
    希少な動植物が生息していることから、平成5年(1993)に日本で初めて世界遺産に登録された、白神山地の山中にある滝。上から順に落差42メートルの第一の滝、37メートルの第二の滝、26メートルの第三の滝の三つの滝の総称が暗門の滝となっている。暗門渓谷ルートとして暗門休憩所から第一の滝まで歩道や板を使って整備されているものの、落石が多い地点もあり危険を伴うため、通行届が必須となる。事前に予約し、ガイドに同行してもらうのを推奨。
  • 壇鏡の滝
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町那久
    隠岐の島町「壇鏡神社」境内にある滝。岩壁に立つ壇鏡神社の両側から落ちる落差40メートルの滝の水は、古くから生活用水や農業用水に利用されていた。雄滝(「裏見の滝」とも呼ばれ、裏側から見ることが出来る)と雌滝の二本の滝であり、「長寿の水」「勝者(女神)の水」「火難防止の水」として、闘牛大会や隠岐古典相撲大会の前夜には、この水で身を清める風習が残っている。また、水量も豊富で「日本の滝100選」にも選定されている。
  • 清水の滝
    旅行/観光
    佐賀県小城市小城町松尾
    長崎自動車道「佐賀大和IC」より約25分、全国名水百選のひとつ清水川の上流にある滝。高さ75m、幅13mの清流が垂直に流れ落ちる様子は別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれている。古くから観世音菩薩信仰が盛んで、滝壺の降り口にある「清水観音宝地院」は滝うけ行の霊場ともなっている。小城の奥座敷として周辺には名物の鯉料理を振る舞う店が軒を連ね、夏季には避暑に訪れる人で賑わう。紅葉に彩られた姿も夏とは違った趣がある。
  • 白猪の滝
    旅行/観光
    愛媛県東温市河之内
    正岡子規や夏目漱石ら俳人が足を運び、多くの短詩形文学を残したとされる名瀑。皿ヶ嶺連峰県立自然公園の中にある、落差96mの雄大な滝だ。周囲は遊歩道や滝見台、駐車場等があり、誰でも訪れやすいように整備されている。毎年11/3には「白猪の滝まつり」が開催され、錦に染まった紅葉を背景に、餅まきや農産物の販売会などが行われる。冬には滝全体が凍結し、まるで氷の彫刻のような幻想的な姿を見せることもある。
  • 東椎屋の滝
    旅行/観光
    大分県宇佐市安心院町東椎屋
    宇佐市安心院町東椎屋にある滝。高さ85mの直下型の滝で、日光の華厳の滝に姿が似ていることから「九州華厳」とも称される。新緑や紅葉などの渓谷の自然とのコントラストも美しく、「日本の滝百選」にも選出された。
  • 千尋の滝
    旅行/観光
    鹿児島県熊毛郡屋久島町
  • 犬飼滝
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市牧園町
  • 丸尾滝
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市牧園町高千穂
  • 龍門の滝
    旅行/観光
    栃木県那須烏山市滝
    那須烏山市滝にある滝。江川沿いに位置し、高さ約20m、幅約65mに及ぶ。周辺には遊歩道が整備されており、滝を間近に観賞できる。近くを烏山線が走っているため、滝と列車を同時に撮影できる写真スポットとしても知られ、夏季などにはライトアップも行われる。
  • 縁結びの滝
    旅行/観光
    群馬県利根郡みなかみ町相俣
    猿ケ京温泉を流れる赤谷川沿いの森の中にある小さな滝。滝のすぐそばには小さな洞窟と、観音様を祀るほこらがある。その昔、嫁に逃げられた若者が観音様に祈っていたところ、同様に嫁ぎ先から返されてしまう娘と出会い末永く結ばれたという伝説がある。現在はその伝説にあやかろうと、良縁をのぞむ男女が訪れる。ほこらのそばには、願いをかける絵馬棚があり、さまざまな願いが書き込まれている。
  • 丸神の滝
    旅行/観光
    埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森
    両神山の山裾を流れ落ちる落差76m3段の滝。小鹿野の両神山麓キャンプ場へ向かう県道367号線沿いに展望台への入り口があり、駐車場もあるので車でも行くことができる。埼玉県内では唯一「日本の滝百選」に選ばれた名瀑。少量の水が静かに流れるためとても綺麗な色をしているのが特徴である。また周辺地域が観光地化としてあまり開発されておらず、自然そのままの風景が楽しめるのも魅力のひとつ。秋の行楽シーズンには紅葉が色づき、ハイキングの行き先としても楽しめる観光地である。

写真から観光情報を探す

目的から探す