NAVITIME Travel

全国の遺跡/墓/古墳スポット一覧

  • 吉見百穴
    旅行/観光
    埼玉県比企郡吉見町北吉見324
    比企郡吉見町北吉見にある横穴墓群。約1,400年前の古墳時代末期に作られた国内最大規模の219基の横穴からなるもので、国の史跡に指定。太平洋戦争時に岩山の地下に作られた地下軍需工場跡が残っているほか、関東では貴重なヒカリゴケの自生地も存在し、国の天然記念物に指定されている。
  • 史跡大板山たたら製鉄遺跡
    旅行/観光
    山口県萩市大字紫福10257-5 山の口ダム北側
    山口県萩市にある製鉄所の跡地。砂鉄を原料に、木炭を燃焼させて鉄を作る製鉄方法で、この時に使う炉を「たたら」と呼ぶ。平成27年(2015)には、ユネスコの世界遺産に認定された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として含まれている。現在、保存整備されている建物跡は幕末期のもの。
  • 荒神谷遺跡
    旅行/観光
    島根県出雲市斐川町神庭873-8 荒神谷史跡公園内
    昭和58年(1983)に発見された「荒神谷遺跡」は、弥生時代の青銅器研究の見直しを迫る銅剣358本の出土をはじめ、銅鐸6個と銅矛16本などの発見により弥生時代への興味と関心を深めた。古代復元住居のある「荒神谷史跡公園」や「荒神谷博物館」で楽しみながら古代に思いを馳せたい。
  • 水戸徳川家墓所
    旅行/観光
    茨城県常陸太田市瑞龍町字塚ノ入2092
    茨城県常陸太田市にある、水戸徳川家累代の墓所。東西約360m、南北約500m、標高65-134mの範囲に営まれ日本では珍しい儒教に基づいて定めた独自の形態の墓である。平成19年(2007)に国の史跡に指定された。
  • 明治天皇伏見桃山陵
    旅行/観光
    京都府京都市伏見区桃山町古城山
    京都府京都市「桃山丘陵」にある明治天皇の陵。明治45年(1912)7月30日に東京都の宮城・明治宮殿で崩御した明治天皇の墓所として知られる。古墳の形式としては「上円下方墳」であり、下段の方形壇の一辺は約60メートル、上段の円丘部の高さは約6.3メートル、表面にはさざれ石が葺かれている。周囲一帯は宮内庁の管理地となっており、東には皇后である昭憲皇太后の伏見桃山東陵(ふしみのももやまのひがしのみささぎ)が隣接している。
  • 上杉家廟所
    旅行/観光
    山形県米沢市御廟1-5-30
    山交バス「小野川温泉行き」御廟前下車、徒歩5分。上杉家家祖上杉謙信公を中心に11代藩主斉定までの廟屋が立ち並ぶ墓所。戦国武将として人気の、上杉謙信の遺骸があることで知られている。昭和59年(1984)に全国の大名家墓所としては5番目に、国指定史跡として登録された。上杉雪灯篭まつり期間中には、雪灯篭と雪ぼんぼりの点灯がされる。隣接する法音寺は上杉家の菩提寺で、越後の春日山から移築したもの。
  • 法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市西御門2
    鎌倉市西御門にある史跡。鎌倉幕府を開いた源頼朝と二代執権・北条義時を慰霊を行った持仏堂(法華堂)の跡。明治時代の廃仏毀釈により堂は破壊され、現在は源頼朝の墓と伝わる石塔や西御門白旗神社が建てられている。国の史跡に指定。
  • 野古墳群
    旅行/観光
    岐阜県揖斐郡大野町大字野
    揖斐郡大野町大字野にある古墳群。5世紀後半から6世紀初頭にかけて築かれた古墳群で、現存するものが9基、さらに発掘調査によって確認されたものが8基、内14基が国の史跡に指定されている。
  • 須曽蝦夷穴古墳
    旅行/観光
    石川県七尾市能登島須曽町夕部21-5
    昭和56年(1981)に国指定史跡に指定された古墳時代終末期の古墳。2324平方メートルが指定面積になっていて、 前室から出土した須恵器(蓋坏)や直刀片などから7世紀中葉前後の築造とみられる。能登国造に属する有力氏族の墳墓だと考えられている。
  • キウス周堤防群
    旅行/観光
    北海道千歳市中央
    道東自動車道千歳東I.Cを降りた場所にあるキウス周堤防群は縄文時代後期の集団墓。同時代に作られた墓としては日本最大とされる。全8基で構成される史跡で、特徴は円形に掘った竪穴の周囲を土で盛り上げるドーナツ状の周堤。これは北海道でしか見られないとされ、当時の葬送や祖先祭祀に関する社会組織を知ることができる。出土品は古墳の西にある千歳市の埋蔵文化財センターに展示されており、実際に見ることが可能。
  • 史跡 難波宮跡(難波宮跡公園)
    旅行/観光
    大阪府大阪市中央区法円坂1
    JR大阪環状線の森ノ宮駅から徒歩5分。法円坂の一帯に渡っている史跡公園。大阪市立大学の教授である山根徳太郎氏が行なった発掘調査により、記録には残っているものの所在が不明となっていた難波宮の史跡が発見されたもの。約9万平方メートルに及ぶ範囲が国に史跡として指定を受けており、かつて存在した建造物の発掘と復元が進められている。昭和に復元された大極殿からは大阪城を眺望することが出来る。
  • 吉備姫王墓(猿石)
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村平田
    孝徳天皇と斉明天皇の聖母にあたる、吉備姫王の墓の前に並べられた4つの石造物である。左からそれぞれ女、山王権化、法師、男を表しており、このうちの三体には背面にも顔があるという。
  • 箸墓古墳(大市墓 倭迹迹日百襲姫命)
    旅行/観光
    奈良県桜井市箸中
    3世紀後半頃に建造された、全長272mの大規模な古墳。国内最古期・最大級の前方後円墳の一つで、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓とする説もある。現在は宮内庁により第7代孝霊天皇皇女・倭迹迹日百襲姫命の大市墓として管理されている。古墳の周囲に掘られた堀(周濠)は、平成22年(2010)に『箸中大池』として農林水産省のため池百選に選定された。
  • キトラ古墳
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村大字阿部山
    明日香村阿部山の国営飛鳥歴史公園のキトラ古墳周辺地区内にある国指定の特別史跡。昭和58年(1983)の発掘調査により石室内に壁画が発見され、国内で2例目の壁画古墳として知られるようになった。現在では調査の成果を活かした築造時の大きさに復元されており、出土品などの資料は近くの「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」で展示されている(壁画は期間限定で公開されることがある)。
  • 平城京左京三条二坊宮跡庭園
    旅行/観光
    奈良県奈良市三条大路1-5-37
    奈良市三条大路、国道369号線沿いにある遺跡。昭和50年(1975)に行われた発掘調査により発見された奈良時代の庭園遺跡である。園池を中心にした庭園跡は古代の庭園を今に伝える遺跡として歴史的価値が高く、国の特別史跡と特別名勝のいずれにも指定されている。
  • 毛利元就墓所
    旅行/観光
    広島県安芸高田市吉田町吉田
    毛利元就が元亀2年(1571)に亡くなった翌年、孫の輝元により菩提寺である洞春寺が建立された。その境内に建てられた墓である。墓標にはハリイブキが植えられており、毛利氏一族の墓や百万一心碑などがある。
  • 造山古墳
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区新庄下
    全国第四位の規模を誇る前方後円墳。5世紀前半に造られたと推定されており、全長は350m。大量の鏡や鈴などの鉄器が出土しているが、埋葬者はいまだに不明である。
  • 柳之御所史跡公園
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字柳御所
    岩手県西磐井郡平泉町にある遺跡。発掘調査により、掘立柱建設跡や屋敷群跡などが見つかったことから、藤原氏三代秀衡代の平泉館跡の可能性が高いと言われている。10ヘクタールの敷地面積のうち、約半分を柳之御所史跡公園として整備され、池・堀・道路などが復元されている。
  • 真野御陵
    旅行/観光
    新潟県佐渡市真野457
    新潟県佐渡市真野の国中平野を望む丘陵地にある順徳院(順徳上皇)の火葬地跡で、正式名称は「順徳天皇御火葬塚」。承久の乱が失敗に終わった結果、島流しとなった順徳上皇が還京叶わず崩御された際、荼毘に付されたその跡地に松と桜を植えて目印としたもの。墓所ではないが、御陵と同格扱いで宮内庁の管理となっている。塚から徒歩20分程の場所には順徳上皇を祀った真野宮がある。
  • 千曲市森将軍塚古墳
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    長野県千曲市大字屋代29-1 科野の里歴史公園内
    千曲市森にある国指定史跡。4世紀に築造された全長約100mの前方後円墳で、科野を統治していた王の墓であると考えられている。発掘調査を元に復元され、周辺には「科野の里歴史公園」や「千曲市森将軍塚古墳館」などがある。

    埴科古墳群は長野県千曲市にある古墳群で、その中の森将軍塚古墳、有明山将軍塚古墳、倉科将軍塚古墳、土口将軍塚古墳はいずれも国の史跡です。この辺り周辺は他にもたくさんの古墳があり古墳ファンにはたまらない場所でしょうね。 森将軍塚古墳は多くの古墳がある長野県で最大の全長100メートルに及ぶ前方後円墳で、千曲市森将軍塚古墳館のある山の麓辺りから古墳のある山頂を見上げるとうっすらとその姿が見えますが、近づい...

写真から観光情報を探す

目的から探す