NAVITIME Travel

全国の城/城址スポット一覧

  • 首里城公園
    rating-image
    4.0
    5051件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里当蔵町3-1
    琉球王国の国王の居城だった「首里城」。昭和20年(1945)の沖縄戦で焼失したが、平成4年(1992)に沖縄の本土復帰20周年を記念して復元された。平成12年(2000)には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されている。小高い丘の上にあり、那覇市内を一望できるため景勝地としても有名だ。夜はライトアップもしており。昼とまた違った幻想的な「首里城」が楽しめる。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。

    火事のあと、見に行きました。 ポッカリとそこだけ建物がない様子は、 ポッカリと心のなかに穴があいた感じです 復興する日が待ち遠しいです

  • 竹田城跡
    旅行/観光
    兵庫県朝来市和田山町竹田
    まるで虎が臥せている姿にも見えることから「虎臥城」とも呼ばれる、標高353mの地に建てられた山城である。城下から見上げるとまるで空に浮いたように見え、晩秋の早朝には霧が発生し雲海に包まれることから「天空の城」、「日本のマチュピチュ」とも称されるようになった。雲海が発生するシーズンは9月-11月頃で、明け方から午前8時頃までがおすすめ。竹田城の南東にある朝来山中腹「立雲峡」からも、雲海に浮かぶ城の全容を見ることができる。
  • 若松城(鶴ケ城)天守閣
    旅行/観光
    福島県会津若松市追手町1-1 鶴ケ城公園内
    会津若松市追手町にあった日本の城。地元では鶴ヶ城と呼ばれている。名だたる戦国武将が居城としたが、戊辰戦争で損傷し明治7年(1874)に取り壊された。昭和40年(1965)に再建、平成23年(2011)には幕末当時の姿の赤瓦へふき替えし、国内唯一の赤瓦の優美な天守閣を見るができる。また、天守閣は戊辰戦争を中心とした歴代城主の兜や武具、資料等を展示している博物館にもなっている。天守閣周辺は桜の名所でもあり、春は観光客も多く訪れる。
  • 仙台城跡(青葉城址)
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区天守台青葉城址
    仙台市街を見下ろす仙台城址(青葉城址)にある文部科学省認可の歴史博物館。仙台城、伊達政宗公、伊達家をテーマとした展示が行われており、稙宗・晴宗の文書、政宗自筆書状、刀剣、宇和島伊達家の婚礼調度品(化粧道具など)などが実物資料として展示されている。また、伊達政宗公居城である仙台城の本丸「大広間」落成400年を記念したフルハイビジョンCG映像鑑賞や、CGコンテンツを利用した仙台城の一部、伊達家屋敷、城下町などのバーチャル散策を楽しむことができる。
  • 弘前城天守
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町1
    慶長16年(1611)に完成した城である。寛永4年(1627)弘前城天守に落雷、五層目から順に燃え広がり天守閣を焼失。その後200年の間、天守がない状態が続いたが、1810年に津軽藩九代藩主・寧親により新築され完成したのが、西南隅に三層を成し、御三階櫓(ごさんかいやぐら)と称される現在の天守である。現在では史料館として、藩政時代の歴史資料が展示されている。
  • 熱海城
    rating-image
    3.5
    290件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県熱海市熱海1993
    静岡県熱海市の「錦ヶ浦」山頂にある観光施設で、桃山時代の様式に則った天守閣風の建築物。歴史的に実在した城ではなく、昭和34年(1959)に建てられた。天守閣展望台からは海抜160mからの眺望が楽しめ、晴れた日には伊豆半島や大島まで見渡せる。城内には、絶景を眺めながら疲れを癒せるジェット足湯や無料ゲームセンター、江戸体験コーナー、城郭・武家文化の資料館、甘味が楽しめる見晴らし茶屋など施設が充実。別館の「熱海トリックアート迷宮館」も人気がある。入城は有料。

    エレベーターで六階に上がり、下の階に降りながら見学します。城の歴史などの展示が無いので不思議に思い調べてみると、観光用に造られた鉄筋コンクリートの建造物とのことでした。入場料1000円を払った割にはコスパの良くない観光スポットでした。

  • 広島城
    旅行/観光
    広島県広島市中区基町21-1
    豊臣秀吉の五代大老の一人・毛利輝元が築いた広島城は、別名「鯉城」とも呼ばれており、日本三大平城に数えられている。1598年に創建された大天守は昭和6年(1931)に国宝に指定されたが、原爆により倒壊。昭和33年(1958)に外観復元され、鉄筋コンクリート構造となった。築城400年を迎えた平成元(1989)年に、二の丸復元や堀の浄化作業、内部改装が行なわれ、現在では武家文化をテーマとした歴史資料館となっている。
  • 浜松城
    rating-image
    3.5
    529件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県浜松市中区元城町100-2
    静岡県浜松市にある城跡。石垣は当時のままに、「天守門」や「天守閣」は復元されたものを見ることができる。場内は見学可能となっており、絵や模型などの展示や、最上階には展望台も完備されている。また、周辺は浜松城公園として整備されており、観光客だけでなく、地元の人々の交流の場としても利用されている。

    浜松も家康公にちなんだ場所があります。 ゆるキャラには家康くん。。。 浜松城もそのゆかりの一つ。春には桜がきれいで花見をする方がたくさんいます

  • 出石城跡
    rating-image
    4.0
    74件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県豊岡市出石町内町
    豊岡市出石町内町にある城跡。1604年に小出吉英により築城され、その後、国替えによって仙石氏の居城となった。現在は昭和43年(1968)に本丸跡に復元された隅櫓(すみやぐら)などを見ることができる。桜の名所としても知られ、春には「桜まつり」が開催される。

    風情ある町並みに趣を加える出石城跡です。隣には稲荷社や神社があります。大手前駐車場からすぐのところにあります。

  • 上田城跡公園
    旅行/観光
    長野県上田市二の丸
    真田幸村の父・昌幸によって築城された上田城。かつて徳川軍を二度にわたり撃退したことで、難攻不落の城としてその名をとどろかせた。現在では上田城址公園として整備され毎年春には「上田城千本桜まつり」が催される花見の名所となっている。
  • 岡山城天守閣
    rating-image
    3.5
    1127件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
    豊臣秀吉の五大老の一人・宇喜多秀家が8年の歳月をかけて造り上げ、慶長2年(1597)に完成したのが岡山城である。天守閣の壁に、黒漆塗りの下見板を取りつけるのがこの時代の特徴であり、そのため外観が黒く「烏城」とも呼ばれた。三層六階の望楼形天守閣は不等辺五角形の天守台であり、織田信長の安土城天守閣を模したともいわれている。国宝であった天守閣は戦災で焼失、昭和41年(1966)に再建された。

    現存天守ではないけれど 後楽園側から観ると存在感があります 内部はエレベーターですので年配の人でも簡単にあがれます 天守からの景色とてもきれいで後楽園も見えます 現存天守が好きな人には物足りないかもしれませんが お城の歴史を知ることができます

  • 岡崎城
    rating-image
    4.0
    321件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県岡崎市康生町561-1
    日本100名城に数えられるこの城は、徳川家康が誕生した城として有名。桶狭間の戦い後に、今川氏から城を奪還、独立を果たした。その後、家康は本拠地を元亀元年(1570)に浜松城へ移した。慶長20年(1615)大坂の陣で豊臣家を滅ぼすまでは、豊臣家の田中吉政が城主だった。家康の天下統一後は城主に家格の高い譜代大名が就いた。城内の各階ではテーマ別に歴史資料を展示。展望室からは岡崎市内を一望できる。そして桜の名所にもなっている。

    日本百名城巡りの一環として初めて行きました。受付で御城印を購入し、入館料も払いました。百名城のスタンプは近くの机に隠されていました。階段を上ると、岡崎城の歴史をまとめた映像も見られました。最上階から市街地を一望できました。

  • 忍城址・御三階櫓
    旅行/観光
    埼玉県行田市本丸17-23
    行田市本丸の国道125号線沿いにある城跡。関東七名城の一つに数えられ、1590年の豊臣秀吉の関東平定の際、石田三成による水攻めに耐えたことから「浮き城」とも呼ばれた忍城の跡地が公園として整備されている。明治初期に取り壊された本丸跡には忍城御三階櫓が再建され、行田の歴史と文化に関する展示を行う行田市郷土博物館の一部となっている。
  • 安土城跡
    旅行/観光
    滋賀県近江八幡市下豊浦
    織田信長の居城。安土山に天正4年(1576)に築城を開始し、天正7年(1579)に信長が入城した。外観5層内部7階(地上6階地下1階)の華麗な天主をもっていたとされる城は、本能寺の変の数日後、完成からわずか3年で焼失。現在は、天主台、本丸、二の丸などに石垣が残るのみだが、平成元年(1989)から20年にわたり発掘調査・環境整備が行われ、国の特別史跡に指定されている。登り口から天主跡までは徒歩約30分。
  • 清洲城
    rating-image
    4.0
    145件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県清須市朝日城屋敷1-1
    清須は誰もが手中に収めたいと思う場所だった。それは鎌倉街道と伊勢街道が交わる交通の要所だったからだ。弘治元年(1555)に織田信長が入城。信長の後継者についての清須会議が行われた場所としても有名だ。天主閣の1階から4階の展示では、清須の歴史や覇者たちの偉業などについて学べる。春の最上階からの眺めは、五条川沿いに桜が咲き誇り一段と素晴らしい。

    新幹線の車窓からは結構目立つのですが、 (目立つ、とは言え、魅力的に映るわけではありませんが…) 行ってみると結構がっかりです。 もちろん再築なので、そこに関してはとやかく言うつもりはないですが、 博物館としての展示品もあまり魅力的には感じませんでした。

  • 篠山城跡
    旅行/観光
    兵庫県丹波篠山市北新町2-3
    舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」より東へ約10分、笹山と呼ばれる小丘陵に築かれた平山城の跡。城址には堀や石垣、天守台が残されている。天守閣が存在しなかった篠山城の中核をなす建物「大書院」は、平成12年(2000)3月に再建された。院内では江戸時代の篠山藩内のでき事をパネルで展示している他、展示室では模型などによって築城の様子や城下町の形成、藩主の移り変わり等を知ることができる。シアター室ではビデオによる紹介もある。
  • 今帰仁城跡
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
    琉球王国成立以前、沖縄本島の北部から奄美地方にかけて治めていた「北山王」が居城した城跡である。平成12年(2000)には世界文化遺産に登録された。標高100mの山頂に位置し、自然の地形を巧みに利用し古生代石灰岩を高く積み上げた城壁の曲線美は必見。「御内原」からの眺めがおすすめだ。
  • 上野公園
    遊ぶ/趣味
    三重県伊賀市上野丸之内122-1
    伊賀線上野市駅の正面に広がる城址公園。シンボルである伊賀上野城は戦国武将藤堂高虎が築いた高石垣が特徴。白い三層の城郭の美しさから別名「白鳳城」とも呼ばれる。また園内にはどんでん返しやかくし戸などがある「伊賀流忍者屋敷」や芭蕉の旅姿をかたどった「俳聖殿」、「芭蕉翁記念館」といった歴史情緒あふれる施設が居並ぶ。特に忍者屋敷では伊賀流忍術の実演も行われ、歴史ファンから小さな子供まで楽しむことができる。また四季折々の花々が植えられており、特に桜の名所としても有名。4月には多くの花見客が訪れている。
  • 赤穂城跡
    旅行/観光
    兵庫県赤穂市上仮屋1
    JR「播州赤穂駅」から徒歩20分、または山陽自動車道「赤穂IC」から車で約10分。浅野長直の指示によって1648年から13年あまりの歳月をかけて築かれた、赤穂義士ゆかりの地として有名な城跡。赤穂城は近世城郭史上非常に珍しい変形輪郭式の海岸平城で、複雑に折れ曲がる石垣や角度を違える諸門など、戦を強く意識した構造が特徴。天守台のみ築かれ、天守は構築されなかった。国指定史跡であり、名勝にも指定され、都市公園としての整備も進んでいる。
  • 八王子城跡
    旅行/観光
    東京都八王子市元八王子町3-2715-2(管理棟)
    八王子市元八王子町にある国指定史跡。八王子城は戦国時代の末期に北条氏照によって築かれた日本最後の大規模山城であったが、秀吉による関東制圧の際に落城。落城から400年にあたる平成2年(1990)に石垣や石畳などを発掘調査の成果を活かして復元し、見学者のための整備がなされた。戦国時代の山城の貴重な遺構であることから日本城郭協会の「日本100名城」にも選定されている。

写真から観光情報を探す

目的から探す