全国の教会スポット一覧

  • 軽井沢高原教会
    旅行/観光
    長野県軽井沢町星野
    長野県北佐久郡軽井沢町の歴史ある教会で、大正10年(1921)に材木小屋で始まり、北原白秋や島崎藤村ら文化人が集った「芸術自由教育講習会」を原点として誕生した。軽井沢の自然に囲まれた建物で、とがった三角屋根が特徴である。全ての人に開かれた教会であり、毎週日曜のゴスペル礼拝や季節に合わせたイベントを開催。リゾートウェディングの式場としても人気がある。
  • 函館ハリストス正教会
    rating-image
    4.0
    467件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町3-13
    緑の屋根と白壁のコントラストが美しい、日本で最初のロシア正教会聖堂。弁天末広通りから大三坂を上った先にある。明治の函館大火で焼失した初代聖堂に代わり、大正5年(1916)に現在の聖堂が建てられ、のちに国の重要文化財に指定された。また平成8年(1996)には、鐘楼の鐘の音が「日本の音風景百選」にも選ばれている。

    函館市内にあるハリストス正教会です。 日本最古のギリシャ正教会で、大正5年に建設されたそうです。 チャチャ登りにあり、向かいに聖ヨハネ教会があります。 残念ながら修復中でした。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区なのでゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 東京ジャーミイ・トルコ文化センター
    rating-image
    4.5
    259件の口コミ
    旅行/観光
    東京都渋谷区大山町1-19
    渋谷区大山町、井の頭通り沿いにある日本最大規模のモスク。毎日5回の礼拝の他、結婚式や礼拝を体験するワークショップなどのイベントも行っている。また、礼拝時には見学も受け付けており(5名以上での場合は要事前連絡)、土曜と日曜の14時30分の礼拝時には日本語ガイド付きの案内も行うなど、イスラム教に関する情報発信を積極的に行っている。

    住宅街に溶け込むようにあり、そこだけ外国のようなところで信徒以外も見学ができます。お祈りの時間でなければ静かな礼拝堂をゆっくり見ることができます。以前に訪れた時は説明ツアーに参加しましたが、今回は見学と併設のお店でのショッピングでした。ここで入手できるトルコ紅茶とカレーに欠かせないギー(バングラデシュ産でした)は安くて質が良いと思います。

  • 浦上天主堂
    rating-image
    4.0
    396件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市本尾町1-79
    長崎市の北に位置する、カトリック教会の聖堂。江戸時代の禁教令によって信仰を迫害された浦上の信者たちによって、明治から大正にかけて建設されたのが始まり。しかしその後原爆投下により壁一枚を残して破壊され、現在の建物は1959年に当時の形を模して再建されたものである。路面電車「平和公園」電停から徒歩5分。

    一度目はクリスマスミサ、二度目には葬儀が予定されていたので、祭壇近くには行かれませんでしたが、周りも含めゆっくり見学されると良いと思います。

  • カトリック元町教会
    rating-image
    4.0
    247件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町15-30
    ゴシック建築を用いた大鐘楼が特徴のカトリック元町教会。現在の建物は大正13年(1924)に再建されたもの。キリスト教宣教再開の象徴として、国内では最も古い歴史を持つ教会の一つ。函館市 元町函館山エリア 市電「十字街」電停下車 徒歩10分。

    函館市内にあるカトリック元町教会です。 大三坂沿いにあります。 ゴシック建築のカトリック教会で、大正13年に建築されたそうです。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区、すぐ近くに聖ヨハネ教会、ハリストス正教会があります。 ゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 東京復活大聖堂 (ニコライ堂)
    rating-image
    4.0
    235件の口コミ
    旅行/観光
    東京都千代田区神田駿河台4-1-3
    千代田区神田駿河台、新御茶ノ水駅近くにある教会。「ニコライ堂」の呼称は日本で正教伝道を行った聖ニコライに由来する。聖堂は明治24年(1891)に竣工、関東大震災で被災した後に復興され、昭和37年(1962)には国の重要文化財の指定を受けている。礼拝以外に見学も受け付けている(中学生以上は拝観献金が必要)。

    通称であるニコライ堂の名前とドームを持つビザンチン様式の建築からよく誤解されているが「ロシア正教会」ではなく、あくまでも正教会の大聖堂。あえて正確に言えば「日本正教会」の首座聖堂です。 現在はビルの谷間にひっそりと(しかし並々ならぬ威厳をもって)建っていますが、竣工当時は駿河台の高台に威容を誇っており、昭和4年のヒットジャズ歌謡である「神田小唄」にも歌われるなど、当時においては神田のランドマーク...

  • カトリック松が峰教会
    rating-image
    4.0
    103件の口コミ
    旅行/観光
    栃木県宇都宮市松が峰1-1-5
    栃木県宇都宮市にある教会。大谷石を使用した聖堂は、現存する最大級のロマネスク建築として知られている。設計はスイス人の建築家マックス・ヒンデル。昭和7(1932)年に竣工し、日本では数少ない双塔の教会となっている。国の「登録有形文化財」にも選ばれており、聖堂や敷地内は見学が可能。多くの観光客が訪れているだけでなく、地元の人々の結婚式などにも利用されている。

    大谷石資料館で発掘された石を使って建てられた教会やねー 当日は、教会の中には入れませんでしたが 中も見学出来たらね!!!

  • 函館聖ヨハネ教会
    rating-image
    3.5
    111件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町3-23
    近くのロープウェイに乗って見下ろすと茶色い屋根が十字架になっているのがわかる、印象的な建物の函館聖ヨハネ協会。元町の有名な教会群の一角にある。平成18年(2006)に新設された隣接する牧師館は函館都市景観賞を受賞。市電 十字街 電停下車徒歩15分。

    函館市内にある聖ヨハネ教会です。 チャチャ登りにあり、向かいにハリストス正教会があります。 赤い屋根に特徴のある形です。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区なのでゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 津和野カトリック教会
    rating-image
    4.0
    100件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町後田ロ66-7
    昭和6年(1931)にドイツ人の神父により建てられた教会で、西洋ゴシック様式の外観が目を引く美しい建物。内部は畳が敷かれた和洋折衷の空間になっており、色とりどりのステンドグラスが印象的である。津和野の「乙女峠」では。明治元年(1868年)から明治5年(1872)の間、キリシタンの流刑地として棄教を迫る残酷な行為が行われ、多数の人々が殉教した。津和野カトリック教会の隣には「乙女峠展示室」があり、殉教資料などを展示している。最寄は津和野駅。

    仕事が終わってから歩いたのですぐに暗くなってしまったのですが。 暗くなってから見る教会もまた素敵だなと思いましたよ^_^

  • トラピスト修道院
    rating-image
    4.0
    133件の口コミ
    旅行/観光
    北海道北斗市三ツ石392

    修道院までの一本道はとても感動します。 国道からはすこし分かりにくいので、必ずナビらないとだめです。函館からいくと、途中、案内板があるので安心して走っていると通りすぎます。 トラピスチヌ修道院とかその点が不親切ですね。 売店がありますが、ここでしか買えないバター飴はチェックして見てください。

  • 天使の聖母 トラピスチヌ修道院
    旅行/観光
    北海道函館市上湯川町346
    バス停「トラピスチヌ前」から徒歩で約10分。函館山と市街地に挟まれた高台にある修道院で厳律シトー会に属している。明治31年(1898)に日本で初めての女子観想修道院として創設された。当初使用されていた旧孤児院は嵐によって失われ、再建された建物も火事によって消失した。現在ある修道院は昭和2年(1927)に再建されたもので、煉瓦の外壁や半円状の窓が特徴的。資料館と売店が併設された天使園ではフランスのケーキ「マダレナ」がお土産として人気が高い。
  • カトリック碑文谷教会(サレジオ修道会)
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    旅行/観光
    東京都目黒区碑文谷1-26-24
    江戸のサンタマリアに捧げられた教会。白を貴重とした優しい外観の建物だ。白大理石製の「ピエタ」や「ドンボスコ像」、「ルルドの聖母像」など美しい彫刻がある。はじめて教会を訪ねる時は、入口で「はじめてです」と伝えるとマナーやルールを教えてもらえる。

    国内屈指の規模を誇るロマネスク様式の建物が目を引くカトリック碑文谷教会・通称サレジオ教会。芸能人やスポーツ選手の挙式でも有名です。聖堂脇の入り口から自由に中へ入ることができるので、是非素晴らしいステンドグラスと天井の壁画を見て下さい...

  • 石の教会 内村鑑三記念堂
    旅行/観光
    長野県軽井沢町星野
  • 崎津教会
    旅行/観光
    熊本県天草市河浦町崎津539
    昭和9年(1934)に再建されたゴシック様式の教会。尖塔の上に十字架を掲げた重厚な建物内に、国内でも珍しい畳敷きの礼拝堂が広がっている。羊角湾に面した崎津集落一帯は寛永15年(1638)の禁教令以後、激しい弾圧を受けながらも240年間近くに渡って「潜伏キリシタン」として信仰が守られてきた土地。「海の天主堂」とも呼ばれる崎津教会が建つ漁港一帯は、平成23年(2011)に国の重要文化的景観に選ばれている。
  • 鶴岡カトリック教会天主堂
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市馬場町7-19
    鶴岡駅からバスで、市役所前下車徒歩約5分。鶴岡市にある、赤い屋根と白亜の聖堂が美しいカトリック教会。明治36年(1903)にパピノ神父の設計で建てられた、明治ロマネスク様式建築の傑作。聖堂の副祭壇には、世界でも貴重な日本で唯一の「黒いマリア像」が安置されている。また、天主堂の窓を彩っている「窓絵」は、ステンドグラスの代わりに透明な紙に描いた聖画を2枚のガラスで挟んだものとなっており、日本ではこの教会でしか見られない。

    鶴岡市内の中心部、鶴ヶ丘城址のすぐ近くにある鶴岡カトリック教会てんしゅどう。建設されたのが1903年と歴史があり、当時の建物が残っている日本の教会としては非常に珍しい教会だ。教会は白亜の壁、聖楼も細く高いので、とても美しい建物だ。

  • 日本二十六聖殉教者天主堂(大浦天主堂)
    旅行/観光
    長崎県長崎市南山手町5-3
    元治元年(1864)に建立された、現存する中では日本最古のキリスト教の建造物。1597年に処刑された日本二十六聖人に捧げられており、殉教地の長崎市西坂に向かって建てられている。未だ禁教令の敷かれていた1865年、隠れキリシタンが信仰告白を行った場としても有名。昭和28年(1953)、国宝に指定された。路面電車「大浦天主堂下」電停から徒歩5分。
  • カトリック弘前教会
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市百石町小路20
    明治43年(1910)に建てられた聖堂。尖塔を有するロマネスク様式を基調としており、左右隅に伸びる柱が特徴的である。また内部正面にあるナラの木で作られた祭壇はアムステルダムの聖トマス教会から譲り受けたもの。慶応2年(1866)に完成し、当時ベルギーのアントワープで行われた展覧会で最優秀賞を受けたものでもある。

    弘前市にあるカトリック教会です。ロマネスク様式を取り入れた建物は華麗そのもの。すぐ隣には教会併設と思われる幼稚園があり、元気な園児の遊ぶ声が聞こえていました。教会の中に入ると、縦長の窓にあるステンドグラスが輝いて見えます。スタッフのかたが親切に神父さまを紹介していただきました。お陰様で、メキシコ出身の神父さまと15分ほど旅行談義ができて、嬉しかったです。

  • 日本キリスト教団弘前教会
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字元寺町48
    日本キリスト教団弘前教会は明治39年(1906)に弘前メソヂスト教会の教会堂として建設された建物。弘前城植物園の近くにあり、双塔式のゴシック風木造建築は明治期の建築物として全国的にも珍しい。また説教台や聖餐台は津軽塗が施され、献金籠にはあけび細工が施されるなど伝統工芸品が使われている。見学は可能だが、職員不在時や教会の行事日等は見学できないので注意が必要となる。

    出張中のホテルから夜の散歩に出かけ、ライトアップされたこの教会に出会いました。ライトアップの効果もあって、弘前らしくシードル色に浮かび上がる素敵な建物です。休日には沢山の車が止まっていたので、まだまだ現役の教会のようです。

  • 出津教会
    rating-image
    4.5
    63件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市西出津町2633
    ユネスコの世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産の内「外海の出津集落」に含まれる。明治12年(1879)に出津に赴任したド・ロ神父が信者たちとともに建設し、明治15年(1882)に完成。漆喰の白壁と強い海風を考慮した屋根の低い造りが特徴。見学の際には事前連絡が必要。

    こちらの教会も現在は使用されていないとのことですが 信者の方が来られて前の席で座られていました 誰でも祈りをささげることができるようにか 鍵はかかっておらず中に入ることができました 大通りからも教会は見えます。わりと来るのは分かりやすいと思います

  • 青砂ヶ浦天主堂
    rating-image
    4.5
    53件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241
    南松浦郡新上五島町奈摩郷にある教会。明治11年(1878)頃に初代の教会が建設されたとされ、現在の建物は明治43年(1910)に建設された3代目にあたる。長崎で多くの教会建築を手がけたことで知られる鉄川与助の設計で、信徒たちが海岸からレンガを運んで作り上げたという。国の重要文化財に指定。

    係の方が駐車も案内してくれました。レンガ造りも素晴らしく、中もゆっくり見学でき、ガラス張りの教会横の会館にはお手洗いがあるのでどうぞと教えてくださいました。夕方で夕焼けも美しかったです。

写真から観光情報を探す

目的から探す